理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/12/17(火) 16:48:13.72 ID:???0

 
引退したソビエトの人工衛星「オコ」(ミサイル攻撃早期警告システムの一部だった)が18日、地上に落下するかもしれない。
16日、インターファクス通信が、多国籍株式会社「ヴィンペル」の情報分析センターの発表をもとに報じた。

「おそらく18日、『オコ』は墜落する。ソ連時代、弾道ミサイル発射を探知する目的で打ち上げられた。すでに稼動を止めて久しく、「モルニア」タイプの人工衛星と同じ高さの軌道にまで落ちてきていた」と同センター。

こうした衛星は退役しても10年ほど軌道に留まることがある。
しかし打ち上げから数ヵ月後に大気圏で燃え尽きることもある。
今回のものは破片が地表に到達する可能性がある。

http://japanese.ruvr.ru/2013_12_17/126025327/
ダウンロード



ソビエトの衛星システム「オコ」、地上に落下かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/17(火) 16:21:56.11 ID:???0

★カラシニコフ氏が重体に 世界的な自動小銃設計者

世界的に有名なカラシニコフ自動小銃を設計したミハイル・カラシニコフ氏(94)が重体になったと、ロシア主要メディアが16日報じた。胃の出血のため11月17日から同国中部ウドムルト共和国イジェフスクの病院で治療を受けている。

共和国保健当局者は「安定しているが重体」と述べた。

カラシニコフ氏は1945~47年に自動小銃開発コンテストに参加し、カラシニコフ自動小銃の初期モデル、AK47を設計。49年にソ連軍に採用され、その後、旧東側諸国やアフリカの紛争地など世界中に広がった。

1b93ff56.jpg

2013/12/16 21:03 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013121601002665.html



カラシニコフ氏(94)が重体に 世界的な自動小銃「AK47」設計者の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 超竜ボム(庭) 2013/12/15(日) 00:51:51.01 ID:emT+PkFzP BE:2160060285-PLT(12572) ポイント特典

ソース: http://apital.asahi.com/article/nagao/2013121300006.html
《1336》 ロコモ対策に有効な男性ホルモン
男はつらいよ 医療篇
長尾和宏 (ながお・かずひろ)
テストステロンは異性に対する関心のみならず、筋肉や骨の老化も防ぎます。

ロコモティブシンドローム(通称 ロコモ)を知っていますか?
日本語名は「運動器症候群」で、略称を「ロコモ」といいます。
身体を動かすのに必要な器官(腰や膝など)に障害が起こり、自分で移動する能力が低下して要介護になる危険度が高い状態。
日本整形外科学会は、ロコモ対策をさかんに提唱しています。
寝たきり予防の第一歩は、ロコモ対策からです。

実は、このロコモにもテストステロンが有効であることが分かってきました。
寝たきり予防には、男女ともテストステロンが鍵を握っています。
老化は自然現象であり、避けられない、避けてはいけないものだ、とこれまで私も思っていました。
年齢とともに枯れることは、決して悪いことではありません。
しかし、生きている限り何歳になっても若々しくありたい、と願うのが多くの人の気持ちでしょう。
アンチエイジング医学(抗加齢医学)と聞くとアレルギーを示す人でも、「若さを保つ方法」とか「健康長寿の秘訣」と聞くと、興味を示します。
そのためには、若いうちからテストステロンを下げない生活を心がけることが男女とも大切なのです。

続きます
12



【男の魅力成分】男性ホルモンは独身のままだと減るとのことの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/14(土) 17:29:20.40 ID:???

世界各地の淡水に分布する藻の一種が、世界で最も小さい多細胞生物であることを東京大の大学院生、新垣陽子さんと野崎久義准教授らの研究チームが確認した。
単細胞生物から多細胞生物へ進化した初期段階の解明につながるという。
11日付の米オンライン科学誌プロスワンで発表した。

 この藻は4個の細胞で構成され、大きさは全体で20~30マイクロメートル(1マイクロメートルは1ミリの1千分の1)。
四つ葉のクローバーのような形をしていることから、研究チームは「シアワセモ」と名付けた。

 これまで最も小さい多細胞生物は10個前後の細胞からなる鞭毛虫(べんもうちゅう)の仲間だと考えられてきた。
この藻は19世紀から知られていたが、単細胞生物が四つ寄り集まったと解釈され、注目されてこなかったという。

 研究チームは顕微鏡で詳しく観察。泳ぐときに四つの細胞が組み合わさって回転していること、細胞分裂して次世代を生み出すときに、それぞれの細胞が手をつなぐような構造になっていることから、単細胞生物とは異なり、多細胞生物だと結論付けた。

 この藻は、2億年前から存在していたとみられている。野崎准教授は「さらにゲノムを調べることで、どういう遺伝子が進化して多細胞生物ができたのかが分かる可能性がある」と話す。

0e98a276.jpg

2013年12月12日17時50分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/TKY201312120117.html

東京大学プレスリリース
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2013/47.html

プロワン
The Simplest Integrated Multicellular Organism Unveiled
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0081641



【生物】「シアワセモ」世界最小の多細胞生物と確認/東大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ナガタロックII(宮城県) 2013/12/14(土) 08:25:54.08 ID:8TKA7mZg0 BE:2164659438-PLT(22236) ポイント特典

1:原因不明の体重の減少
ダイエットもしていないのに10ポンド(約4.5キロ)以上も体重が減ったり、急に食欲が減退したりすることは、最も一般的ながんの初期症状だと医師は言う。
米国癌学会(ACS)によると、これらの兆候はすい臓、胃、食道、肺のがんが疑われるとか。

2:いつまでも続く微熱
白血病、ホジキン病、非ホジキンリンパ腫の初期に見られる症状。

3:悪化する疲労感
1日のうち、3~4時間程度の昼寝をしないと夜まで起きていられないほど疲れている人はがんを疑ったほうが良い。
ACSの報告では、大腸がん・胃がんによる失血や、白血病に冒された場合にこういった症状が見られるという。

4:いつまでも皮膚疾患が治らない
皮膚の炎症や発疹などがなかなか快癒しないとき。
クリーブランド病院でがんを専門としているデール・シェパード博士によると、頭皮にできた湿疹がなかなか治らず、検査したところ大腸がんが見つかった男性がいたという。

5:飲み込みにくい、声が枯れる
治らない唇の炎症、出血、口の痛みもしくは麻痺、慢性的なのどの痛みなどとともにこの症状が現れた場合、口腔がんの可能性がある。

>>2以降へ
18



癌の兆候 痩せる・微熱・疲労感・皮膚疾患・声がれ・口内炎などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/12/14(土) 22:56:32.16 ID:???

無人探査機のデータで描く小惑星ベスタの素顔
2013年12月14日 15:58 発信地:宇宙

【12月14日 AFP】独マックスプランク太陽系研究所(Max Planck Institute for Solar System Research)はこのほど、火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星ベスタ(Vesta)の表面の画像を公開した。

画像は米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ドーン(Dawn)」が収集したデータに基づいて新たに作成されたもので、ベスタの変化に富んだ独特の地形を描き出している。(c)AFP

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年12月14日15:58配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3005076

696fb0f6.jpg

独マックスプランク太陽系研究所(Max Planck Institute for Solar System Research)が公開した、
小惑星ベスタ(Vesta)にあるクレーター「アエリア(Aelia)」の画像(作成日不明、2013年12月13日提供)。
(c)AFP/NASA/JPL-CALTECH/UCLA/MPS/DLR/IDA
【画像】
http://afpbb.ismedia-deliver.jp/mwimgs/f/0/512x/img_f0926bbac770073b670796604fdcb047281286.jpg
http://afpbb.ismedia-deliver.jp/mwimgs/6/b/512x/img_6b8549d3738936c534f36370c2060c73239251.jpg
http://afpbb.ismedia-deliver.jp/mwimgs/1/e/512x/img_1ef05c3f82d29612221ed177e0ea6b04238655.jpg

▽関連リンク
Max Planck Institute for Solar System Research
Pressenotiz 22/2013 - 13. Dezember 2013
"Reisefuhrer" zu Vestas verborgenen Sehenswurdigkeiten
http://www.mps.mpg.de/en/aktuelles/pressenotizen/pressenotiz_20131213.html



【宇宙】無人探査機「ドーン(Dawn)」のデータで描く小惑星ベスタの素顔/独マックスプランク太陽系研究所の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ