理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/08/08(木) 00:01:10.09 ID:???

鳥インフルH7N9型で「ヒト・ヒト感染」を初確認か、中国研究チーム
2013年08月07日 11:39 発信地:パリ/フランス

【8月7日 AFP】中国で、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)のヒトからヒトへの感染とみられる事例が初めて確認されたと、江蘇(Jiangsu)省の疾病予防当局のチームが7日、英医師会雑誌(BMJ)のウェブサイトに発表した。
中国では3月からH7N9型ウイルス感染が広がり、これまでに40人以上が死亡している。

江蘇省は中でも感染者数が多い。
江蘇省疾病予防管理センターの鮑昌俊(Bao Chang-jun)氏は、「憂慮すべき展開」で厳重に監視する必要があると指摘しつつも、現時点ではH7N9型ウイルスにヒト間で感染が拡大するほどの強い感染力はないとの見方を強調。
「パニックになるべきではない」と述べている。

研究者らはかねてより、H7N9型ウイルスが変異してヒトからヒトへの感染が起きる可能性を懸念していた。

鮑氏らの報告によると、ヒト間感染の例とされるのはH7N9型感染が確認された後病院で死亡した男性(60)と娘(32)。
父親から娘に感染したとみられるという。

娘は約1週間にわたって父親の看病をしていたが、H7N9型に感染した疑いのある鳥類とは接触していなかった。
このため研究チームは、家禽市場に出入りしていた父親から感染したとみるのが「最も可能性の高い説明だ」と結論付けた。

遺伝子検査で、父と娘から採取したウイルスが「ほぼ同一」であることも確認された。

ただ、研究チームは直接感染の可能性を示す証拠が得られたとしながらも、ウイルスの感染力は「限定的で持続可能ではない」としている。
この父娘と密接な接触があった病院の職員など43人は、いずれも感染していない。(c)AFP/Mariette LE ROUX

8f522a68.gif

▽記事引用元 AFPBBNews2013年08月07日 11:39配信記事
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2960513/11144842

▽関連リンク
Probable person to person transmission of novel avian influenza A (H7N9) virus in Eastern China, 2013: epidemiological investigation
BMJ 2013; 347 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.f4752 (Published 6 August 2013)
Cite this as: BMJ 2013;347:f4752



【感染症】鳥インフルH7N9型で「ヒト・ヒト感染」を初確認か/中国研究チームの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ショルダーアームブリーカー(dion軍) 2013/08/07(水) 19:20:36.96 ID:dIktBGwuP BE:1719031076-PLT(13337) ポイント特典

◆鉄道・車・航空機…応用へ夢膨らむ「マグネシウム合金」

 次世代の高性能マグネシウム合金が相次ぎ開発されている。
マグネシウム合金は実用的な金属の中で最も軽いことから、アルミニウム合金に代わって鉄道車両や自動車や航空機などへの応用が期待されている。
強度や燃えやすさなどが課題だったが、高強度や不燃性のマグネシウム合金が開発され、普及の可能性が広がってきた。

つづき(要会員登録)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG02009_S3A800C1000000/
8



アルミより軽い「マグネシウム合金」 高強度&不燃性化成功で、自動車や航空機などへの応用への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: フランケンシュタイナー(チベット自治区) 2013/08/07(水) 18:34:02.89 ID:iQCxE6zPT● BE:746453055-PLT(12000) ポイント特典

【ロンドン=佐藤昌宏】牛の幹細胞を試験管で人工培養して作ったハンバーグの公開試食会が5日、ロンドンで開かれた。

 試験管での牛肉培養は世界初といい、食肉増産に向けた技術として注目されている。試食した食物学者は「口当たりは本物の肉に近いが、脂分がなくジューシーではない」と感想を語った。

 培養肉を作ったのは、オランダ・マーストリヒト大のマーク・ポスト教授。2頭の種類の異なる牛から取り出した幹細胞を3週間培養し、約2万の筋繊維にした。
これを、西洋赤カブなどで赤く着色した上、パン粉などをつなぎにして140グラムの生地にした。焼き上がりは、普通のハンバーグのような見た目だった。

 ポスト教授は、この研究に5年をかけた。約25万ユーロ(約3200万円)の研究費は、インターネット検索サービス最大手・米グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリン氏が「動物保護のため」として負担した。

 ポスト教授は会場で「(培養肉は)魚や鶏でも可能で、10~20年後にはスーパーマーケットで販売されているだろう。20年後には台所での培養も可能になるのではないか」と語った。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130807-OYT1T00383.htm?from=ylist
a17843a1.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130807-997799-1-L.jpg



牛の幹細胞を試験管で人工培養して作ったハンバーグの公開試食会がロンドンで開かれたの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/08/07(水) 23:49:27.28 ID:???

イルカは仲間の「名前」を20年以上記憶、米研究
2013年08月07日 13:10 発信地:パリ/フランス

【8月7日 AFP】バンドウイルカは、「名前」として使っている互いの鳴き声を20年以上にわたり記憶することができるとの研究論文が7日、英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」で発表された。
これまでに観察された動物の社会的な記憶としては過去最長という。

研究を率いた米シカゴ大学(University of Chicago)精神・生物学研究所(Institute for Mind and Biology)のジェーソン・ブラック(Jason Bruck)氏によると、これまで最も優れた記憶力を持つとされてきた動物はゾウだが、その根拠は事例的なものだったという。

研究についてブラック氏は、20年以上続く動物の社会的な記憶を示した初めての例となったとし、「人間以外の種で最長の純粋な記憶」である可能性もあると述べた。

ブラック氏は、米国と英領バミューダ(Bermuda)諸島の6か所の動物園・水族館で飼育されているイルカ43匹の鳴き声を録音し、水中スピーカーから流す実験を行った。

先行の研究では、イルカたちはそれぞれの固有の鳴き声で互いを識別し、互いの鳴き声に反応するという結果が示されている。
イルカたちは個体特有の音を編み出して自分を識別する「名前」のように使っているとされ、これは人間が互いを顔で識別するのと同じだという。

ブラック氏は、イルカたちのいる水槽に、過去に一緒に飼育されたことのあるイルカとそうでないイルカの鳴き声をスピーカーから流した。
するとイルカたちは、知らない鳴き声にはあまり関心を示さなかったが、聞いたことがある鳴き声には強い反応を示した。
イルカたちはスピーカーに近づき、自らも鳴き声で呼び掛け「返答」があるかを試すといった行動が見られたという。

一例を挙げると、米国のブルックフィールド動物園(Brookfield Zoo)で飼育されている「アリー(Allie)」という名の雌イルカの鳴き声をバミューダで飼育されている雌の「ベイリー(Bailey)」に聞かせた。
2匹はかつて米フロリダキーズ(Florida Keys)諸島で一緒に飼育されていたが、アリーが2歳、ベイリーが4歳の時に離ればなれとなった。
だが、それから20年以上経過したのにもかかわらず、ベイリーはアリーの鳴き声をはっきりと認識したという。

イルカたちのこういった反応は、仲間と一緒に過ごした期間や、性別、血縁関係の影響は受けていなかったと、ブロック氏は述べている。(c)AFP

502bb2d6.jpg

▽記事引用元 AFPBBNews 013年08月07日 13:10配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2960518/11144482

▽関連リンク
Proceedings of the Royal Society B
Decades-long social memory in bottlenose dolphins
http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/280/1768/20131726.full

▽関連スレッド
【生物】イルカは名前で呼び合っている/英セント・アンドリューズ大学
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374595595/



【生物】バンドウイルカは「名前」として使っている互いの鳴き声を20年以上記憶/米シカゴ大学の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ビッグブーツ(チベット自治区) 2013/08/07(水) 14:19:54.42 ID:WFrJCO13T● BE:638208239-PLT(12554) ポイント特典

http://tozanabo.com/archives/31343999.html

攻殻機動隊に出てくるような二足歩行型巨大パワードスーツの動きが滑らか過ぎる!
2013年08月07日
d107457f.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/crownbirds-rikeinews/imgs/5/e/5ec9594e.jpg

これはジャイアントメカスーツの歩行テストの様子です。もはや、近未来のSFロボット映画でも見ているようです。
Giant Robot Mech WALKING TEST - YouTube Geek Week - Stan Winston School (スタン・ウィンストン・スクール)BRUCE D. MITCHELL SUIT PERFORMER / FABRICATOR - LEGACY EFFECTS

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=UhxVOAhaNlw



d608964d.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/crownbirds-rikeinews/imgs/6/8/68d46563.jpg
中には人が入っていて、機体に内臓されたセンサーと電子制御での歩行補助によって二足歩行と自立を維持しています。

このパワードスーツを製作した「レガシー・エフェクツ」はスタン・ウィンストン氏による「スタン・ウィンストン・スタジオ」の後身。
スタン・ウィンストン(Stan Winston, 1946年4月7日 - 2008年6月15日)は、アメリカの主に特殊メイクを手がけたSFXスタッフでアニマトロニクスも得意としていました。ヴァージニア州立大学卒で、映画監督として有名なジェームズ・キャメロンとは盟友です。
スタン・ウィンストン氏の死去に伴いスタン・ウィンストン・スタジオも解散しましたが、彼の門下のVFXスーパーバイザー達により、スタッフをほぼ引き継ぐ形で新たに立ち上げられたのが「レガシー・エフェクツ」(Legacy Effects)です。
こんな凄いものを作ってしまうとは、レガシー・エフェクツは彼の意思を十二分に引き継いでいるようです。
面白そう!是非乗って見たいものですね!



攻殻機動隊に出てくるような二足歩行型巨大パワードスーツの動きが滑らか過ぎる!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ショルダーアームブリーカー(宮崎県) 2013/08/07(水) 07:03:00.57 ID:vXHmhAn90● BE:165773524-PLT(44620) ポイント特典

 ニコンは6日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を活用した再生医療の研究に取り組む「日本網膜研究所」(福岡市)に出資すると発表した。網膜研が実施する5億円の第三者割当増資を引き受ける。重点領域として掲げる健康・医療分野を強化する狙いがある。

 ニコンは網膜研に独自の画像解析ソフトを組み込んだ細胞の観察装置を提供。iPS細胞を活用した網膜疾患の治療法の研究に役立ててもらう。ニコンも網膜研との協業を通じ、再生医療に関する知見を深めたい考えだ。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/130807/bsc1308070500002-n1.htm

37d1c44d.jpg

その他iPSニュース
臍帯血をiPS細胞備蓄に提供 国内初、兵庫のNPOバンク
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130806/bdy13080621390008-n1.htm
宮崎大学・理研、ヒト型iPS細胞の品質改善に成功
http://www.qlifepro.com/news/20130806/miyazaki-university-succeeded-to-improve-the-quality-of-human-ips-cells-riken.html



ニコン、iPS細胞研究企業に出資の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ