理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 依頼@ベガスφ ★ 2013/09/30(月) 20:47:54.67 ID:???

"ガソリン作る大腸菌を開発=韓国の研究チーム"

韓国の研究チームが世界で初めてガソリンを作る微生物を開発した。
酵母が糖分を分解してビールを作るように、この微生物は雑草や木くずを分解してガソリンを作り出す。
今回の研究をさらに発展させれば、非食用の植物資源から自動車燃料やプラスチックといった石油化学製品を作ることができ、エネルギー不足の解消・環境保護に大きく貢献するものと期待される。

韓国科学技術院(KAIST)生命化学工学科のイ・サンヨプ教授(ディスティングイッシュト・プロフェッサー)とチェ・ヨンジュン博士らの研究チームは「代謝工学を利用し木・雑草などの非食用植物からガソリンが生産できる大腸菌を開発した」と29日、明らかにした。
代謝工学とは微生物の遺伝子を変形させたり、存在しない遺伝子を加えたりして作りたい化合物を生産する技術だ。

ガソリンは本来、石油から作られるものだ。普通、原油をセ氏30-140度に加熱すると気体に変わるので分離可能になる。自動車燃料のディーゼル油は原油を250度以上に加熱して初めて気体になる。
双方とも炭素と水素からなる鎖構造を持つ炭化水素化合物だ。

では、両者は何が違うかというと、鎖構造の長さだ。ガソリンは炭素数が4-12個だが、ディーゼル油は13-17個と長くなっている。大腸菌は糖を分解して16-18個の炭素からなる脂肪酸を合成する。
研究チームは大腸菌の遺伝子を変形させ炭素10-12個の脂肪酸を作った。
そしてもう一つの変形遺伝子はここから炭素をもう一つ取り、体外に排出させた。
その結果、大腸菌から炭素10-11個のガソリンができることになるというもの。
2010年に米国の研究者が科学誌「サイエンス」に植物からディーゼル油を作る微生物を開発したと発表したが、炭素鎖がディーゼル油よりも短いガソリンを微生物で作ったのはこれが初めてだ。

特に、イ教授が作った大腸菌は木くずや雑草といった非食用植物でガソリンを作ることができるという点で意義が大きい。
原油価格の上昇に伴ってトウモロコシやサトウキビを微生物で発酵させて作るバイオエタノールが注目されたが、トウモロコシ価格の高騰や農地開発による森林破壊という後遺症が発生した。
さらに、バイオエタノールは自動車燃料添加剤としては使えるが、完全にガソリンに取って代わることはできない。

イ教授の研究チームは今回、大腸菌培養液1リットルでガソリン580ミリグラムを得た。
同教授は「米国研究チームのディーゼル油よりは効率が良いが、まだごくわずか。
微生物でガソリンが作れると証明したことに意味がある」と話す。
チェ博士は「効率を少なくとも数十倍以上に上げなければ実用化は不可能だろう」と言った。

今回の研究結果は、「サイエンス」と共に世界2大科学誌といわれる「ネイチャー」電子版(30日付)に掲載された。
イ教授は論文の責任を負う責任著者(コレスポンディングオーサー)で、チェ博士は第1著者だ。

代謝工学=細胞の遺伝子を操作して特定物質を生産する技術。
代謝工学によりプラスチック、繊維、ディーゼル油、ガソリンなどの生産も可能だ。

リンク先に画像あり
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2013/09/30/2013093001125_0.jpg
2013/09/30 10:19
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/30/2013093001190.html

Microbial production of short-chain alkanes
429e16e3.jpg

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/images/nature12536-f1.jpg
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature12536.html



【微生物】ガソリンを作る大腸菌開発 /韓国の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/01(火) 14:59:28.49 ID:???0

★早発閉経女性が出産=卵子活性化で世界初-聖マリアンナ医大

 若いうちに月経がなくなり妊娠が難しくなる早発閉経の女性の、卵子のもととなる「原始卵胞」を人工的に活性化させて妊娠、出産させることに世界で初めて成功したと、聖マリアンナ医大の石塚文平特任教授らのチームが1日発表した。論文は米科学アカデミー紀要に掲載された。

 今後は加齢に伴う不妊の女性にも対象を広げる方針で、日本産科婦人科学会や厚生労働省と協議する。

 出産したのは25歳で早発閉経と診断された女性。30歳で治療を受け、31歳だった昨年12月、出産した。母子に異常はないという。

 チームは女性の卵巣を摘出していったん凍結した。解凍して細かく切断した上で、化学物質を加えて原始卵胞を活性化。卵管に移植して卵子に発育させた上で取り出し、体外受精させて再び体内に戻した。

 チームは27人の女性に治療を実施。このうち14人は原始卵胞が残っていなかった。
残っていた13人のうち3人が受精卵の移植まで進み、2人が妊娠し、1人は流産した。
(2013/10/01-13:13)

4

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013100100424

日経:「早発閉経」の女性が出産 聖マリアンナ医大、世界初の成功
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0100T_R01C13A0CR0000/
NHK:凍結保存の卵巣組織使い出産
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131001/k10014939521000.html



早発閉経女性が出産=卵子活性化で世界初-聖マリアンナ医大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/10/01(火) 00:05:23.85 ID:???

むかわ町の町立穂別博物館は29日、2009年に地元の小学生がむかわ町穂別の約7000万年前の地層の岩石から発見した化石を基に欧州や日本の研究者が共同研究し、イカの祖先の一つに当たる新属として「ロンギベルス属」と命名したことを発表した。
共同研究に関わった博物館の西村智弘嘱託学芸員(34)は「イカの進化の過程を調べる上で重要な発見」と話している。

 発見の契機になった化石は、2009年8月の博物館主催の化石を探す体験教室で、当時穂別小6年生だった中村剛瑠(たける)君(16)=三笠高校1年生=が見つけ、寄贈した。

 博物館によると、イカやタコなどの鞘形(しょうけい)類の殻の化石で、円すい形。長さ2.5センチ。
この化石が鞘形類では従来発見がなかった時代の地層からの採取だったので、西村さんが貴重と感じて、ドイツ・ベルリン自由大学のデャーク・フックス助教に調査を依頼、化石の写真などを送った。

 研究は西村さんとフックス助教の他、オックスフォード大学(英国)や北海道大学、東京大学の研究者も加わり、世界中の鞘形類化石のデータを集めて、進められた。

 この結果、穂別を含めて道内産出の鞘形類の化石はこれまで別の属に含まれていたが、その属で見られない特徴が殻の表面や構造にあったため、新属と判定し、今月発行の英国古生物学会誌に論文が掲載された。「ロンギベルス」には「細長い弾丸」の意味がある。

 穂別産の化石について西村さんは「保存状態が良く、新属の判断にも役立った」と説明。
穂別産の化石が後期白亜紀のマーストリヒチアン(約7000万年前)の地層から産出した点も重要視し、「新属の中で最も新しい地層からの発見。この時代は海の生物や恐竜なども絶滅した頃である。
イカの進化史を知るのにも、重要な手掛かり」と続けた。

 寄贈者の中村君は「見つけた時は何の化石か分からなかったが、こうして世界的な研究に役立ってよかった」と笑顔を見せた。

 化石は穂別博物館で10月1日から展示公開される。

苫小牧民報社
http://www.tomamin.co.jp/2013095330

3

http://pomu.town.mukawa.lg.jp/secure/3003/%E3%AD%E3%B3%E3%AE%E3%99%E3%AB%E3%B9%E5%B1%E7%A4%BA%E3%9D%E3%B9%E3%BF%E3%BC.jpg

プレスリリース
http://pomu.town.mukawa.lg.jp/secure/3002/%e3%ad%e3%b3%e3%ae%e3%99%e3%ab%e3%b9%E3%80%e3%97%e3%ac%e3%b9%e3%aa%e3%aa%e3%bc%e3%b9.pdf

Palaeontology
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/pala.12036/abstract



【古生物】2009年に小学生が発見した化石が、イカの進化史に迫る新属のものと判明・「ロンギベルス属」と命名されるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/09/30(月) 23:47:29.80 ID:???

バレリーナの回転、バランスの秘密は脳の変化
2013年09月28日 13:53 発信地:パリ/フランス

【9月28日 AFP】バレリーナの脳の構造は長年訓練を積むうちに、体のバランスを崩さずに回転できるよう変化することを突き止めた研究論文が27日、英医学誌「Cerebral Cortex(大脳皮質)」最新号で発表された。
研究結果は、慢性的な目まいの治療への応用が期待される。

英ロンドン大インペリアルカレッジ(Imperial College London)の論文によると、プロのバレリーナたちの脳スキャンを行ったところ、内耳にある平衡器官からの信号を処理する部位と、目まいを認識する部位の2か所で、一般の人々と違いがみられた。

多くの人は素早く回転すると、その後しばらくふらつきを感じる。
これは頭の回転を感知する平衡器官の中に入っている液体が、回転を止めた後もしばらく揺れ続け、この揺れが有毛細胞を通じてまだ回転していると認識されるためだ。

これに対しバレーダンサーは、つま先で片足立ちし素早く体を旋回させる「ピルエット」をふらつくことなく続けることができる。
科学者たちは長らくこの謎の解明に挑んできた。

インペリアルカレッジの研究チームは、バレリーナ29人と、年齢や運動能力が同程度の女性ボート選手20人を暗い部屋で回転椅子に座らせ、その椅子を回転させる実験を行った。
被験者には回転が止まった後、感じている回転リズムで椅子に取り付けられた小型ハンドルを回してもらった。
その結果、椅子を止めた後もバレリーナたちが回転を感じていた時間は驚くほど短かった。

合わせてチームは、MRI(磁気共鳴画像装置)を使ってバレリーナたちの脳も調べた。
すると運動機能をつかさどっている小脳の中で、平衡器官からの信号を処理する部位が、バレリーナの脳では通常よりも小さかったという。

研究を主導したバリー・シームンガル(Barry Seemungal)氏は、バレーダンサーは何年もの訓練を経て(回転に関する感覚の)受容が抑制されるよう脳が適応し、このためピルエットで回転してもバランスを崩さずに踊り続けることができると説明している。

また同氏は、慢性的なめまいに苦しむ患者の脳の同じ部分を調べれば、より良い治療法への道が開ける可能性があると話した。(c)AFP

90a1bdd6.jpg

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年09月28日 13:53
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2970720/11417324

▽関連リンク
Imperial College London
Ballet dancers' brains adapt to stop them feeling dizzy
by Sam Wong 27 September 2013
http://www3.imperial.ac.uk/newsandeventspggrp/imperialcollege/newssummary/news_26-9-2013-17-43-4#fni-5



【脳神経】バレリーナの脳の構造は長年訓練を積むうちに、体のバランスを崩さずに回転できるよう変化/英ロンドン大インペリアルカレッジの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 紅茶飲み(゚д゚) ◆MILKTEAwJUd. @紅茶飲み(゜д゜)φ ★ 2013/09/30(月) 22:09:04.33 ID:???0

気象庁の組織改編に伴い、函館、神戸、長崎の各海洋気象台が1日、地方気象台に変わる。
舞鶴海洋気象台(京都)は本庁組織の「日本海海洋気象センター」に改編。
これにより、全国で海洋気象台という組織はなくなる。

海洋の解析や予測に関する業務を札幌や大阪といった管区気象台などに集約し、機能強化を図る。
最も古い神戸海洋気象台は1920(大正9)年設立で歴史は90年余り。函館は42年、舞鶴と長崎は47年に設立された。

神戸など3海洋気象台は地方気象台になっても、天気予報や注意報・警報・特別警報発表の業務に変更はない。

09/30 18:18、09/30 18:54 更新
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/495053.html
画像:取り外される函館海洋気象台の文字プレート=30日午後、北海道函館市
1

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/photonews/image/0509_2.jpg


神戸海洋気象台(神戸市中央区)が10月1日から神戸地方気象台に改編されるのを前に、
看板や案内板の名称を貼り替える作業が30日、始まった。

気象庁の組織改編により、神戸が担ってきた海洋業務は大阪管区気象台や高松地方気象台へ移管。
1920(大正9)年から続く、日本最古の海洋気象台の名が消える。

30日は午前9時から、気象台が入る神戸防災合同庁舎の案内板など約20カ所に
「神戸地方気象台」のシールを貼る作業が行われた。
旧庁舎(神戸市中央区中山手通7)で阪神・淡路大震災を経験した岡村佐一郎・総務課長は
「船員の安全に力を尽くしたことなど、さまざまな思い出がよみがえる。
今後も災害を減らすために業務に当たりたい」と話した。

9/30 14:02
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/0006381564.shtml
画像:「神戸地方気象台」のシールを貼る関係者=30日午前、神戸市中央区脇浜海岸通1
999686db.jpg

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/img/b_06381565.jpg



「海洋気象台」が消滅…90年余りの歴史に幕、気象庁の組織改編の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/09/29(日) 18:08:28.59 ID:???0 BE:411505643-PLT(12557)

沖縄本島北部のやんばる地域のみに生息する日本最大の甲虫で、国の天然記念物のヤンバルテナガコガネが1983年9月に発見されてから30年となった。

森林伐採やマニアによる密猟の横行などで絶滅が危ぶまれ、環境省や警察などが合同パトロールで密猟者の摘発を目指している。

6
59c1436d.jpg

*+*+ nikkansports +*+*
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130929-1197095.html



【絶滅危機】日本最大の甲虫テナガコガネの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ