理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: エタ沈φ ★ 2013/08/13(火) 16:56:33.44 ID:???

鳥取大病院の植木賢(まさる)・次世代高度医療推進センター准教授(41)が進めている大腸がん検診用の新型内視鏡の研究が、経済産業省の課題解決型医療機器等開発事業で今年度、採択候補とされた。

植木准教授は、4年後の商品化に向けて技術開発が加速するとし、「安全で苦痛のない内視鏡の完成や普及に向け、大きな一歩になる。世界に誇れる製品にしたい」と話している。

開発中の内視鏡は、先端付近に取り付けた2個のゴム風船を片方ずつ膨らませたり、しぼませたりして大腸の中を自走させる「先端駆動式」と呼ばれる機器。従来の内視鏡は医師が押し込むため腸壁の曲がった部分が刺激されて苦痛を感じ、力の入れ具合では腸壁を損傷させる恐れもあった。

新たな内視鏡では、先端に取り付けた触覚センサーで動きの強弱も判断できる。レンズの視野もほぼ全周囲が見られる320度あり、がん細胞など病変部の見落としがかなり防げるという。

植木准教授は医学生の頃、大腸の内視鏡検査で患者が涙を流して痛がる様子を目にしたのが出発点だという。鳥取大工学部と農学部の協力で2007年に研究を始め、多数の特許を申請しながら開発に努めてきた。「世界各地で開発されている同様の内視鏡に比べ、高い安全性を実現できる」
と自信を見せる。

経産省は、医療分野で日本のものづくり技術を生かすため同事業を実施。9月には事業採択の予定で、年間最大8000万円の開発費を3年間受け、同病院が関連企業4社と共同で、国に代わって先端的な医療機器を作ることになる。世界的な市場があり、同病院の北野博也院長は「(鳥取大の)病院が取り組む次世代技術の研究の中で最も実用化に近い。挑戦を進めて一日も早く完成させてほしい」
と話していた。

2013年8月13日 読売新聞
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=82870

画像:新しい内視鏡を説明する植木准教授(鳥取大病院で)
1

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/image.jsp?id=82869



【医療】「痛くない内視鏡」商品化へ加速/鳥大病院の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 栓抜き攻撃(神奈川県) 2013/08/14(水) 11:58:45.52 ID:r3e2l0FeP BE:3429317186-PLT(12001) ポイント特典

ブラジル、100年後に砂漠化か アマゾンで洪水と干魃の繰り返し

 大量の酸素を生産し「地球の肺」と呼ばれるアマゾン熱帯雨林を抱える南米ブラジルで、地球温暖化による洪水と干(かん)魃(ばつ)が繰り返され、生態系に変化が出始めている。北東部の高地は最悪の場合、100年後に砂漠になるとの予測もあり、専門家は「今すぐ行動しなければ手遅れ。 地球全体にとって深刻な問題だ」と訴えている。(SANKEI EXPRESS)

 アマゾン川が見る見るうちに増水し、街が水浸しになった。昨年5月、ジャングルを切り開き発展した北部の都市マナウスが雨期の終わりに洪水に襲われた。
2009年に続きアマゾン上流で豪雨が長引き、支流の水位は1902年の観測開始以来最高を記録した。

 一方で05年と10年には極度の干魃に見舞われ、大河アマゾンの渇水がニュースに。三日月湖が干上がり、ひび割れた湖底には干からびた魚の死骸が残った。

 ブラジル国立宇宙研究所(INPE)地球科学システムセンターのリンコルン・アルベス研究員は「アマゾンでは太古の昔から豪雨と干魃が繰り返されてきたが、温暖化でその間隔が著しく短くなっている」と指摘。「大西洋の表面水温の上昇が原因だ。違法森林伐採や焼き畑も影響している」と説明する。

 ブラジル政府は、放牧地開墾や木材の違法伐採の取り締まりと監視を進め、伐採面積は過去4年間、最低を更新し続けている。それでも、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などによると、アマゾン熱帯雨林の面積は2100年に現在の3分の2になるとの試算もある。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130814/amr13081410110006-n1.htm
2



ブラジルは100年後に砂漠化するらしいの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆3333333SUM @ガブラッチョφ ★ 2013/08/15(木) 08:47:26.45 ID:???

東京大学大学院工学系研究科の古澤明教授と武田俊太郎大学院生らは、量子ビットの情報を遠隔地に送る「量子テレポーテーション」技術を従来比100倍以上の高効率で実現した。絶対に安全な量子暗号通信や超高速な量子コンピューターの実用化が近づく。詳細は15日発行の英科学誌ネイチャーに掲載される。


 光子の量子ビットを、光の振幅や位相を転送する「光の波動の量子テレポーテーション装置」を使って遠隔地に送る。この装置は無条件で常に動作させられるうえ、従来手法の100倍以上となる61%の高効率で量子ビットの情報を劣化させることなく転送できる。


 従来手法は、転送後に量子ビットを測定して転送できたかどうかを判定する必要があり、量子ビットの転送効率も原理的に上げることは不可能だった。


 新方式は転送後の判定が不要な無条件動作が可能。今後、用いる光のエネルギーを高めることで、原理的に100%近くまで転送効率を高められるという。
古澤教授は「従来の欠点を全て克服した完全な量子テレポーテーションを実現した」と話している。


 このテレポーテーション装置を1単位として、二つ、三つと多段階にシステムを拡張していけば、従来方式の1万―100万倍の高効率な転送が可能になるという。こうした多段階の装置の接続により、量子通信の長距離化や大規模な計算が可能な量子コンピューターなどを構築できる。

(ニュースソース)朝日新聞
http://www.asahi.com/tech_science/nikkanko/NKK201308150003.html
3



【光粒子】東大、「量子テレポーテーション」を100倍以上高効率化-無条件動作可能な新方式の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: エタ沈φ ★ 2013/08/13(火) 15:55:04.46 ID:???

熊本大学は8月12日、さまざまながん細胞/組織で高発現が認められるエピジェネティック制御因子「MCAF1(MBD1-containing chromatin associated factor 1)」が、細胞周期遺伝子やヒストンの発現を制御することで細胞の増殖と老化に関与することを見出したと発表した。

同成果は同大細胞医学分野の中尾光善 教授、笹井信広氏らによるもの。詳細は「PLoS ONE」に掲載された。

具体的には、ヒト正常細胞株「IMR90」において、MCAF1をsiRNAによりノックダウンしたところ、細胞の増殖が止まり、老化細胞に特徴的なヘテロクロマチン構造「Senescence‐associated heterochromatin foci(SAHF)」の形成やSA-β-Gal活性の増加といった老化の表現型が示されたという。

また、MCAF1ノックダウン細胞では、細胞周期関連遺伝子やヒストン遺伝子の発現が著しく減少することも確認されたことから、MCAF1はこれら遺伝子の発現を活性化することで細胞の増殖を維持しているとの結論に至ったという。

さらに、IMR90細胞において核内構造体(PMLボディ)に局在するMCAF1の調査として、老化を誘導したところ、老化に伴ってMCAF1のPMLボディへの局在が顕著に示されたほか、老化細胞でSUMO(Small Ubiquitin-related(like)Modifier)タンパク質がPMLボディに蓄積すること、MCAF1がSUMO結合モチーフ(SIM)を持っていることなどが示されたことから、SUMO化がMCAF1の局在や活性の制御に関係しているという考えに至ったとのことで、これらの結果から、MCAF1が細胞増殖と老化の経路において重要な役割を担っていることが示唆されたと研究グループでは説明している。

132521d7.gif

マイナビニュース 2013/08/13
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/13/086/index.html

熊本大学発生医学研究所 New Press
http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/newpress/np62.html

PLOS ONE
The Transcriptional Cofactor MCAF1/ATF7IP Is Involved in Histone Gene Expression and Cellular Senescence
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0068478



【分子生物学】エピジェネティック制御因子が細胞の増殖と老化に関与することを発見/熊本大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 腕ひしぎ十字固め(WiMAX) 2013/08/13(火) 13:49:11.24 ID:H6Q8PsnVP BE:1351233735-PLT(14000) ポイント特典

「チューブ列車」を提唱=最高時速1220キロ-テスラ創業者

 【シリコンバレー時事】米電気自動車(EV)専業テスラ・モーターズ創業者で最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏(42)は12日、チューブの中をカプセル型の乗り物が走る次世代交通システム「ハイパーループ」構想を発表した。
実現すれば、サンフランシスコ-ロサンゼルス間(約600キロ)を35分で結べるという。

 構想では、空気抵抗を減らすために減圧したチューブの中を、リニアモーターカーのように電磁力で駆動するカプセルを走らせる。最大28人乗りで最高時速は1220キロ。
電力はソーラーパネルから供給する。「既存の交通手段と比べ、安全で速く、コストも安い」としている。
 総事業費は推定60億ドル(約5800億円)で、実用化には早くても7~10年かかるという。
カリフォルニア州政府は2030年ごろの全線開通を目指すサンフランシスコ-アナハイム間(約800キロ)の高速鉄道整備に680億ドルを投じる計画だが、マスク氏は計画を変更し、ハイパーループを採用するよう訴えている。(2013/08/13-11:47)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013081300335

2
3
4
5
6
7
8

http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/b7018e8c919ecfef2d0ad2a48283fc91/35035881_001.png
http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/aa19ddce43574af274ab0ad12af4ff31/35035881_002.jpg
http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/4584a7e45ab018d03d23feeb4ca76eca/35035881_003.jpg
http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/31516b028c2338a8c8e6cf442cdd3ba9/35035881_005.jpg
http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/3d6f9e54db949644bc33248a0e692f53/35035881_006.jpg
http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/6267090953146a19010a4e1c7236a4da/35035881_007.jpg
http://japan.cnet.com/storage/2013/08/13/cd1b32b93adb9a625385b1148baa0609/35035881_010.jpg
(全画像は下のリンクから)
サンフランシスコ-ロス間をわずか約30分--新交通システム「Hyperloop」とは [CNET Japan]
http://japan.cnet.com/news/service/35035881/



テスラCEO「チューブに入れたカプセルで輸送すれば速すぎワロタ」 時速1220km アメリカで実用化?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ウィンストンρ ★ 2013/08/12(月) 14:18:03.95 ID:???

長期間の飼育が難しいとされる国内唯一の淡水クラゲ「マミズクラゲ」の展示を滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)が1年以上続け、世界最長記録を更新している。成功の秘密は、水や空気をあえて循環させず、池で育ったエサを与えるなど本来の生息環境に近づける工夫だという。

マミズクラゲは体長約3センチで、全国の湖や池で生息が確認されている。一方、毎年同じ場所で発生するケースが少ないため採集が難しく、増殖も困難。
生態はよくわかっておらず、わずかな環境の変化で全滅することも珍しくないことから、国内での継続展示は碧南海浜水族館(愛知県碧南市)の105日が最長だった。

クラゲの幼生は「ポリプ」と呼ばれ、イソギンチャクのように小石などに固着し、水温が上がると先端からクラゲを発生させる。
クラゲになると自由に水中を泳ぎ回り、動物プランクトンを捕食しながら成長し、ポリプを生み出す。ポリプの状態でも分裂して増殖する。

琵琶湖博物館は昨年5月、岡山市の研究者からポリプの提供を受けて飼育を始め、クラゲを発生させた。
ポリプの増殖にも成功し、クラゲを安定的に確保できるようになったため同年8月2日に展示を始め、今月2日で丸1年が過ぎた。

クラゲを飼育する際は通常、卵の状態から水中で孵化するプランクトンを餌に使うが、同館では、敷地内の池で育った10種類程度のプランクトンを捕獲して与えている。また、濾過装置や空気ポンプを使用せず、水の循環が少ない池の環境に近づけるよう工夫している。

世界でも例のない長期展示を続けていることから海外の研究者からの注目も集めているといい、同館の楠岡泰学芸員は「飼育方法を確立させて、謎の多いマミズクラゲの生態解明に結びつけたい」と話している。
マミズクラゲは無料で見学できるコーナーに展示している。問い合わせは琵琶湖博物館へ)。

ソース MSN産経 関西版
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130812/wlf13081212390001-n1.htm
画像 滋賀県立琵琶湖博物館が1年超の展示に成功したマミズクラゲ(同館提供)
1

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130812/wlf13081212390001-n1.jpg



【生物】琵琶湖博物館(滋賀県草津市)が〝世界記録〟更新中! マミズクラゲ1年超え展示の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ