理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/07/24(水) 01:18:50.37 ID:???

ES細胞培養移植でマウスの視力回復に成功、英研究
2013年07月22日 10:53 発信地:パリ/フランス

【7月22日 AFP】マウスの幹細胞を用いて、失明したマウスに視力を回復させる実験に成功したという論文が21日、英科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー(Nature Biotechnology)」に発表された。
この成果は、進歩が速い網膜治療の分野にさらなる追い風となると期待されている。

英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London、UCL)のロビン・アリ(Robin Ali)氏率いる研究チームは、マウスの胚から採取した幹細胞を培養し、未熟な「光受容体」に分化させた。光受容体は、網膜中にある光を捉える細胞。

この光受容細胞約20万個をマウスの網膜に注入したところ、その一部が元の細胞と滑らかに融和して、視力を回復させた。
マウスが光に反応することを確かめるために、水迷路での歩き方の検査や検眼鏡での検査を行った。

英医学研究会議(Medical Research Council)は、ES細胞(胚性幹細胞)には
「将来、人間の失明を治療する網膜移植のための健康な光受容体に関して潜在的に無制限の供給を実現できる可能性がある」とプレスリリースで述べた。

光受容体の喪失は、網膜色素変性や加齢黄斑変性(AMD)などの眼の変性疾患の一因となっている。

アリ氏の研究チームはこれまでの研究で、健康なマウスの網膜から採取した、かん体細胞と呼ばれる未熟な光受容体の移植によって、失明したマウスの視力回復が可能なことを明らかにしていた。

今回の最新の研究でさらに進歩した点は、移植された物質が、視覚に必要な神経細胞とは全く異なる細胞で構成され、他の動物から採取されたものでもないことだ。
移植したのは、日本で最初に開発された、網膜の形状を複製する新技術を用いて、実験室で培養して適切に分化させた細胞だ。

アリ氏は「次の段階は、臨床試験を開始できるようにするために、ヒトの細胞を使ってこの技術をさらに改良することだ」と述べている。
目標は、いわゆる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使用して、AMDの治療法を試験することだ。(c)AFP

7

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年07月22日 10:53配信記事
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2957177/11067815

▽関連リンク
Nature Biotechnology (2013) doi:10.1038/nbt.2643
Received 13 March 2013 Accepted 22 June 2013 Published online 21 July 2013
Photoreceptor precursors derived from three-dimensional embryonic stem cell cultures integrate and mature within adult degenerate retina
http://www.nature.com/nbt/journal/vaop/ncurrent/abs/nbt.2643.html
University College London(UCL)
Scientists transplant photoreceptors from retina grown ‘in a dish’
21 July 2013
http://www.ucl.ac.uk/news/news-articles/0713/21072013-Scientists-transplant-photoreceptors-from-retina-grown-in-a-dish-Ali



【再生医療】ES細胞培養移植でマウスの視力回復に成功/英研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 超竜ボム(千葉県) 2013/07/28(日) 16:35:02.89 ID:pMX5pObV0 BE:404856364-PLT(12001) ポイント特典

高速走行中に急ブレーキも!? クルマのハッキングの恐怖!

米の経済誌『フォーブス』誌が車載システムをハッキングして車を自在に繰るという実験を行い、その模様を映像で公開した。

実験に使用されたのはトヨタ「プリウス」だが、ダッシュボードは外され配線は丸見えの状態に。

結論から言うと実験は成功で、この実験に協力したセキュリティの専門家の一人が後部座席からノートPCでコマンドを打ち込むとクラクションが鳴りっぱなしになったり、低速で走行しているのにスピードメーターには199mphと実際の走行速度とは全く違う速度が表示された。

専門家によれば、車載システムをハッキングすることで高速走行中に急ブレーキをかけることさえ可能だという。そのことを運転中に告げられた、運転席に座るフォーブス誌の記者は気が気じゃなかったに違いない。

では早速、やけに楽しげなセキュリティの専門家2人が自動車をハッキングする模様を、ビデオでご覧いただこう。
b7be9b33.jpg

http://www.blogcdn.com/jp.autoblog.com/media/2013/07/-1374799025.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=oqe6S6m73Zw


http://jp.autoblog.com/2013/07/28/watch-how-hackers-can-take-control-of-your-car/



お前ら車のハッキング対策やっている?乗っ取られんぞ!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 白夜φ ★ 2013/07/28(日) 23:39:56.76 ID:???

北極圏:永久凍土解けメタン放出で 世界の被害60兆ドル
毎日新聞 2013年07月28日 21時22分


北極圏の永久凍土が解けて温室効果ガスのメタンが大気中に放出されると、地球温暖化が加速して被害額が全世界で60兆ドル(約6000兆円)増えるとの試算をオランダと英国のチームがまとめた。
北極圏開発への期待が高まる中、チームは「(メタンという)“時限爆弾”にもっと注意を払うべきだ」と警告する。
英科学誌ネイチャーに掲載された。

メタンは、温暖化に及ぼす影響が二酸化炭素の25倍にも上る強力な温室効果ガス。
チームは東シベリア海の海底凍土層に閉じ込められたメタン500億トンが2015?25年にかけ大気中に放出され、世界の平均気温上昇が加速すると想定。
海面上昇、洪水などによる2200年までの経済影響を試算した。

その結果、対策なくメタンがそのまま放出された場合は、被害が累計で60兆ドル増えるという結果になった。
被害の8割はアフリカ、アジア、南米の途上国に集中するという。

北極圏には、世界の未開発の天然ガスの3割、石油の13%が眠っているとされる。
温暖化で氷が解ければ、資源確保や航路開拓が容易になる可能性が高いが、チームは「被害は資源採掘などの短期的な利益をはるかに上回る」と指摘する。【大場あい】

202ee897.gif

▽記事引用元 毎日jp 2013年07月28日 21時22分配信記事
http://mainichi.jp/select/news/20130729k0000m040036000c.html

▽関連リンク
Nature 499, 401?403 (25 July 2013) doi:10.1038/499401a
Published online 24 July 2013
Climate science: Vast costs of Arctic change
http://www.nature.com/nature/journal/v499/n7459/full/499401a.html



【環境】北極圏の永久凍土が解けメタン放出で 世界の被害60兆ドルの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/07/25(木) 23:46:23.39 ID:???

ムサシトミヨの繁殖成功 北本の県自然学習センター

巣から離れて泳ぎ始めたムサシトミヨの稚魚(県自然学習センター提供)
4

http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/07/25/06.jpg

北本市の県自然学習センターで飼育展示されているムサシトミヨが、繁殖に成功した。
同センターは「ムサシトミヨは非常に臆病な魚。
隔離された水槽や池ではなく、展示中の水槽で繁殖するのはまれなケース」としている。

ムサシトミヨはトゲウオ科の魚で、体長5センチ前後。
冷たい湧き水を好み、熊谷市の元荒川源流域にのみ生息する。
環境省のレッドデータブックで絶滅危惧IA類に指定されている希少魚。県、熊谷市の魚でもある。

同センターでは、熊谷市のムサシトミヨ保護センターから10匹を譲り受け、今年3月下旬から飼育展示している。ムサシトミヨはオスが巣を作って子育てをする習性があり、縄張り争いをしていた1匹のオスをつがいとなるメスとともに別の水槽に移し、繁殖を試みた。

刺激しないよう囲いを設けるなどして管理したところ、6月18日に産卵、26日にはふ化が確認された。20匹余りの稚魚は別の水槽で保護。
成育不良で減少したが、現在、10匹程度が1センチほどに成長しているという。

県自然学習センターは「順調に成長してある程度の大きさになったら、一般公開する予定。
大勢の人に見に来てもらいたい」と話している。

埼玉新聞 2013年7月25日(木)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/07/25/06.html



【生物】ムサシトミヨの繁殖成功 展示中の水槽で 絶滅危惧IA類の希少魚の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: チリ人φ ★ 2013/07/27(土) 11:39:43.51 ID:???

人工多能性幹細胞(iPS細胞)をめぐる倫理問題をテーマに京都大iPS細胞研究所は26日、シンポジウムを開催した。所長の山中伸弥教授は「新しい科学技術には倫理問題も伴う。何をどこまで受け入れるのか、答えを出すのは社会です」と述べた。

山中教授は冒頭のあいさつで、「新しい科学技術をどこまで受け入れるのかは国や文化によって違い、正しい答えはない」と強調。「iPS細胞の研究は驚くべきスピードで進んでいるが、良いことばかりではなく、新しい問題も発生している」と指摘した。

その後講演では、倫理問題として、人間のiPS細胞から精子や卵子を作ることや豚の体内で人間の臓器を作ることなどを挙げ、「社会全体で議論して答えを出すためには、研究内容の公開や発信といった科学者と社会のコミュニケーションが大切だ」と述べた。

1

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130726/wlf13072622090023-n1.htm


【再生医療】世界初のiPS臨床研究を厚労省部会が了承 早ければ7月中に大臣が了承意見、手続き終了へ
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1373639718/



【再生医療】山中教授「何をどこまで受け入れるのか、答え出すのは社会」 iPS細胞めぐる倫理問題でシンポの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: グロリア(家) 2013/07/28(日) 16:36:32.00 ID:fjypGlcQP BE:1294629236-PLT(12000) ポイント特典

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130728/k10013350961000.html
今回の記録的な大雨について、気象庁の横山博予報課長は午後0時半から記者会見を開き、「山口県と島根県ではこれまでに経験のないような大雨になっている。命を守るための行動を今すぐ取ってほしい」と呼びかけました。

横山課長は大雨になった原因について、「高気圧の縁を回って流れ込む暖かく湿った空気と、日本海にある動きの遅い低気圧周辺を回る空気が、ちょうど山口県と島根県の県境付近に集まって雨雲が発達した。低気圧の動きが遅いので、雨が同じような場所で降り続いて大雨になったと考えている」と説明しました。
そのうえで、今回の大雨は去年7月の九州北部豪雨に匹敵し、来月から運用を開始する「特別警報」に相当すると述べました。この地域では、昭和58年に107人の死者・行方不明者が出た「山陰豪雨災害」が起きています。
気象庁は「自治体が発表する避難勧告などの情報に注意して直ちに避難所へ避難し、外出するのが危険な場合には2階に上がるなど家の中にとどまって安全を確保してほしい」と呼びかけました。
f5b1f3db.jpg



【速報】気象庁「直ちに命守る行動を」の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ