理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: エタ沈φ ★ 2013/10/17(木) 17:06:49.22 ID:???

急速に大きくなる悪性のがんを迅速に見分ける新しい手法を開発したと、国立がん研究センター東病院の研究チームが英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

松村保広・新薬開発分野長の研究チームは、悪性がんの周りには絶えず微量の出血があり、この血を固めるたんぱく質が働いていることに注目。このたんぱく質に特徴的な構造と、このたんぱく質だけに結合する目印物質を発見した。

この物質をマウスの血管に入れ、コンピューター断層撮影法(CT)で、目印が悪性がんには集まり、悪性度の低いがんには集まらないことを確認した。松村さんは「悪性がんの出血を止めるたんぱく質の構造はマウスも人も同じ。体外から撮影するため、治療が必要ながんを迅速に判別できる。
3年以内には臨床試験を始めたい」と話している。

(2013年10月14日18時03分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131013-OYT1T00188.htm

国立がん研究センター プレスリリース
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20131007.html

Scientific Reports
Discovery of an uncovered region in fibrin clots and its clinical significance
http://www.nature.com/srep/2013/130906/srep02604/full/srep02604.html

a7234554.gif
13e1a94b.gif
5fb43011.jpg

http://www.ncc.go.jp/jp/information/image/20131007_01.gif
http://www.ncc.go.jp/jp/information/image/20131007_02.gif
http://www.ncc.go.jp/jp/information/image/20131007_03.jpg



【腫瘍】悪性がんに集まる「目印」発見…判別に新手法/国立がん研究センターの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: クロスヒールホールド(宮城県) 2013/10/19(土) 04:45:26.54 ID:7x5gV2ff0 BE:1443106728-PLT(22236) ポイント特典

タイメディアによると、タイ東北部スリン県に世界一背が高い可能性のあるタイ人男性がいることが18日までに分かった。

身長257センチとされ、現在のギネス世界記録251センチを上回っている。

男性は、ポンチャイ・サオシーさん(24)で、体重は約225キロ。

17日にポンチャイさんの自宅を訪れた政府関係者によると、ホルモンが過剰に分泌されている可能性があるという。

膝の痛みのため歩行が困難で、左目もよく見えないなど健康に問題があり、首都バンコクの病院での治療を検討している。

http://www.hokkoku.co.jp/newspack/kurasi2013101801001995.html

真ん中
8

http://www.minpo.jp/common/news/newspack/PN2013101801002005.-.-.CI0003.jpg



【タイ】 世界一でかい人が見つかる。の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ジャンピングパワーボム(芋) 2013/10/19(土) 07:00:10.64 ID:rZf8UgKo0 BE:86077049-PLT(12000) ポイント特典

あるAnonymous Coward 曰く、
地球の自転エネルギーを使って発電するというシステムが考案された(東スポ)。

地球の回転エネルギーを取り出そうというわかりやすい仕組みだ。これなら永久機関でもないし、嘘っぱちだと言われる心配も無いだろう。
が、中薗豊 エネルギーで検索で検索していただけると判るだろうが、かなり怪しげな雰囲気である(意見には個人差があります)。

# ちなみに、土曜ワイド劇場の「火災調査官・紅蓮次郎」に出てくる中薗豊とは関係ない。

南極に、地球の回転軸を中心とする直径10kmの巨大な歯車を設置し、さらにその回転軸上に巨大なやじろべえのようなものを設置。
やじろべえに取り付けられた発電機に歯車がかみ合って回ることで発電する、という。「酒瓶にやじろべえを乗せて瓶を回したらやじろべえが回らなかった」ことから発想したそうだ。

http://slashdot.jp/
7



【朗報】地球の自転を使って発電するシステムが考案される【人類の救世主】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 足4の字固め(神奈川県) 2013/10/19(土) 09:07:12.89 ID:9cNxQXXx0 BE:2500544257-PLT(12001) ポイント特典

「水素は新しいエネルギーのタイプであり、水素の時代が今やってこようとしている。」これは、川崎重工の三浦良三氏が述べた言葉だが、予言的な響きがある。

新しい工業技術の導入において世界のリーダー的立場にある川崎重工は、ロシア極東マガダン州のコリマ河岸に液体水素生産工場を建設する意向だ。
このタイプの燃料は、日本でますます人気を集めており、その需要は、あらゆる事から判断して、今後増加の一歩をたどると思われる。例えば、トヨタと日産は、2015年までに液体水素燃料で走る自動車を生産すると発表した。

パイロット・プラントの稼働は、2017年までに計画されている。初め工場は、一昼夜10トンの液体水素を生産するにすぎないが、次の段階では、生産量は300トンまで増加する可能性がある。現在解決が迫られている主な課題は、液体水素の安全な保管とその輸送である。

川崎重工の代表達は「最果ての地コリマ河岸に工場を持つような企業は、世界にはまだ例がない。これは最初の経験になるだろう」と指摘した。提起された投資条件は日本側を満足させており、一方彼らは、環境を汚すことなく生産活動をすると約束した。

専門家らは、水素は、最も将来性のあるクリーンなエネルギー源の一つだと見ている。その埋蔵量は、事実上、無限である。家庭用・工業用に水素を幅広く使用すれば、環境保護に役立つ。水素の場合、燃焼しても、蒸留水の蒸気になるに過ぎないからだ。

VOR記者は、未来の燃料としての水素の将来性について、ロシア科学アカデミー・シベリア支部理論・応用力学研究所のアリベルト・ラトィポフ主任研究員に意見を聞いた。
同研究所では、20世紀半ば、液体水素で走る最初の自動車実験が成功裏に行われている―

「これは、極めて有望な事業です。マガダンに工場を建設するそうですが、素晴らしい事です。液体状のもののみならず、あらゆる水素は、化学、医学、無線工学、電子工学、航空そして輸送など多くの産業分野で用いられています。
水素が応用されている、あるいは応用され得る分野も枚挙に暇はありません。
http://japanese.ruvr.ru/2013_10_18/123042444/
6



川崎重工「水素の時代がやってくる!」 ロシア最果ての地に液体水素工場を建設への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: トペ コンヒーロ(新疆ウイグル自治区) 2013/10/19(土) 10:23:47.27 ID:QkZEvaYF0 BE:721232674-PLT(12231) ポイント特典

巨大小惑星、地球の近く通過していた


(CNN) 先月、直径約400メートルの巨大な小惑星が地球の近くを通過していたことが明らかになった。

この小惑星は、10月8日にウクライナ人の天文学者らが発見し、「2013 TV135」と名付けた。当時、米国では政府機関の一部が閉鎖されている最中で、米航空宇宙局(NASA)も閉鎖されていた。

2013 TV135は直径が約400メートルあり、フットボール競技場4個分の大きさだ。

この小惑星は、向こう20年以内に地球に衝突する恐れがあるとして、17日にマスコミが大きく取り上げた。
実際に衝突すれば、その衝撃力は原爆数千発分に相当する。

d6e07834.gif

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-35038713-cnn-int



【やっときた】 原爆数万個分の破壊力 超巨大惑星がまもなく地球に衝突する見込み (^◇^)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/10/18(金) 18:13:28.99 ID:???

ヒマラヤの雪男の謎、ついに解明?

(CNN) 英国の遺伝学者が、ヒマラヤ山脈で採取された動物2頭の毛を調べた結果、古代のホッキョクグマとDNAが一致したと発表した。

ヒマラヤ山脈に生息していると伝えられてきた伝説の雪男「イエティ」の謎を解く手がかりになるかもしれないとの期待が高まっている。

この研究結果は英テレビ局チャンネル4のドキュメンタリー番組で紹介される。
同局の発表によると、オックスフォード大学の遺伝学教授ブライアン・サイクス氏は昨年、世界から未確認生物の毛などの組織提供を募り、集まった30以上のサンプルを調査した。

この中でも特に、ヒマラヤ山脈で採取された2つのサンプルに注目した。
この2つは約1300キロ離れた場所で別々に採取されたものだったが、DNAを調べた結果、100%の確率で、ノルウェー北端のスバールバルで見つかった4万年~12万年前のホッキョクグマの顎の骨のものと完全に一致したという。

サイクス氏はこの結果について、「どう解釈するかについてはさらなる研究が必要だ」としながらも、ヒマラヤの高地にホッキョクグマを祖先にもつヒグマの仲間が生息している可能性や、ヒグマと古代のホッキョクグマを祖先とするクマとの混合種がいる可能性に言及している。

CNN.co.jp 2013.10.18 Fri posted at 12:23 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35038678.html?tag=cbox;fringe
3



【調査】ヒマラヤの雪男の謎、ついに解明? 古代のホッキョクグマとDNA一致の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ