1: 2014/07/30(水) 05:41:11.08 ID:???.net
エボラの治療法開発はどっちつかずの状態だ
物流と資金の問題で治験中の薬とワクチンをアフリカのエボラ流行地で使うことができない。
Sara Reardon, 29 July 2014

シエラレオネの医師がエボラ治療センターの高リスク区画に入るところ。
http://www.nature.com/polopoly_fs/7.18738.1406644462!/image/evhr_01316097_PURCHASED_WEB.jpg_gen/derivatives/landscape_630/evhr_01316097_PURCHASED_WEB.jpg

西アフリカで発生したエボラ・アウトブレイクと戦っている医療救護チームは歓迎されていない。すべての死をもたらしたのは防護服を着た来訪者たちだと思われているからだ。
仮設病院に入った多くの患者は死に、死体は家族の見えないところで処理されている。
これらの新来者たちが臓器を取り出して人体実験をしているという噂も飛びかっている。

そのせいで人々が寄りつかず、悪い状況をますます悪化させている。エボラの歴史上で最大となったアウトブレイクは、西アフリカでこれまでに670人以上の死者を出し、その他に約400人が感染していると考えられ、収まる気配を見せない。

感染者に医師ができる治療法はない。人手不足の病院は感染者を隔離し、家族がいたら隔離された場所で検査し、病気を拡散しないための方法を一般の人々に教育することで精一杯だ。エボラのワクチンと治療法はいくつか存在するが、治験のさまざまな段階で留まっている。資金と国際的需要が不足しているためだ。それらの治験が前に進んだとしても、それを必要とする人々に処置が届くまでに数ヶ月でなく数年がかかる見込みだ。

アメリカ国立アレルギー感染症研究所(NIAID、モンタナ州ハミルトン)のウイルス学者、ハインツ・フェルドマン(Heinz Feldmann)などの研究者たちは、この状況は避けられたものだと考えている。2005年、彼は水疱性口炎ウイルス(VSV)に基づくワクチンプラットフォームを発表し、そこからマカクザルで有効性が確かめられたエボラワクチンが生まれている(T. W. Geisbert et al. 2005)。しかし次のステップの健康なヒトでワクチンの安全性を確かめる段階に進むには資金が足りない、とフェルドマンは話した。マラリアやHIVに比べて、「エボラは世界中の公衆衛生問題のなかで大きな部分ではなかった」ため、公的・私的基金の興味を引けなかったという。


「エボラに役立つのは昔ながらの良い公衆衛生だ」とアメリカ疾病予防管理センター(CDC、ジョージア州アトランタ)の医師、トマス・フリーデン(Thomas Frieden)は話した。「ワクチンがあれば素晴らしいが、作るのは簡単ではなく誰でテストすべきかも明らかでない」

大規模なアウトブレイク。これまで800人以上の患者が確認されている今回のエボラウイルス・アウトブレイクは歴史上最大だ。3月に最初の患者がギニアで報告されてから、ウイルスは隣接するリベリアとシエラレオネに広がった。以前のアウトブレイクの多くは中央アフリカだった。
http://www.nature.com/polopoly_fs/7.18756.1406644221!/image/ebola.jpg_gen/derivatives/fullsize/ebola.jpg

続きはソースで

ソース:Nature News(31 July 2014)
Ebola treatments caught in limbo
http://www.nature.com/news/ebola-treatments-caught-in-limbo-1.15634

引用文献:PLoS Medicine
Thomas W Geisbert, et al. 2005. Development of a New Vaccine for the Prevention of Lassa Fever.
http://www.plosmedicine.org/article/info:doi/10.1371/journal.pmed.0020183

引用元: 【感染症】エボラ出血熱の治療薬・ワクチン開発は途上段階

スポンサーリンク
3: 2014/07/30(水) 06:05:27.34 ID:kCh6sDlj.net
これやばいな。数日前に治療に当たってた医師も感染したな

6: 2014/07/30(水) 10:02:02.71 ID:5uzYM+fR.net
>>3
お亡くなりに

エボラ熱流行拡大のシエラレオネ、「国民的英雄」の医師も死亡

ロイター 7月30日(水)8時23分配信

7月29日、エボラ出血熱の感染が過去最悪の規模で拡大する西アフリカの
シエラレオネで、医療チームを率いていたシェイク・ウマル・カーン医師
(写真)が感染により死亡した。6月撮影(2014年 ロイター)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000042-reut-m_est

5: 2014/07/30(水) 06:46:32.45 ID:gErmLUuN.net
エバラ焼肉のたれが効くんじゃないかな。名前的に。

8: 2014/07/30(水) 11:32:21.95 ID:gum2Hr8o.net
ウクライナでエイズ研究者の乗った飛行機が撃墜されて得をするのはどこの誰でしょう

10: 2014/07/30(水) 12:09:28.50 ID:TwA93D6I.net
いや、潜伏期間が長いと拡散するぞw

24: 2014/07/30(水) 21:31:25.63 ID:JqErE97b.net
エボラは所詮先進国にとっては他人事だもんなあ
死者数もエイズ、マラリアとかと比べたら微々たる人数だし
予算はなかなか降りないわな

25: 2014/07/30(水) 21:57:55.44 ID:q8lMxFjw.net
で、どこの株買えば儲かるの?

27: 2014/07/30(水) 23:05:17.26 ID:0t5VsIyP.net
>>25
アクエリアスとかポカリスエットとか作ってる会社の株(初期症状の時に必要)
塩とかアルコール取り扱ってる会社の株(◯菌目的)
エアコン関係の会社の株(扇風機は密閉状態の部屋で使っても効果無いから無駄)
タオルとかティッシュとかシーツ作ってる所の株(全身から血が出るので)
レトルトとか災害時に使える備蓄できる食品作ってる会社の株(自己隔離とか引き篭もって生活するのに必要)
マスクやゴーグルとか軍手作ってる所の株(感染防ぐ為)
ネットとかの外に出なくても情報知る事のできるメディアの株(新聞だと外部と接触するからアウト)
ホームセンター関係の株(リアルでゾンビ映画になる事を覚悟しとけ)
部屋や家や物置をマイナス20℃まで冷やせる業務用冷凍庫作ってる会社の株(エボラで死んだ死体を冷凍して感染拡大を防ぐ為)
放射線紫外線赤外線で空気を◯菌消毒できる機械や設備を作ったり売ってる所の株(エボラ入りの空気を◯菌する為)
空気清浄機作ってる所の株(完全には防げないだろうけど感染する確率を減らす事は出来る)

26: 2014/07/30(水) 22:04:13.76 ID:ZzIV5egz.net
アグネスは金にならない話に興味は有りません

29: 2014/07/31(木) 01:30:46.34 ID:LTxCUXqF.net
結局自然宿主は見つかったのか?
コウモリって噂もあったけど 

30: 2014/07/31(木) 02:11:04.52 ID:yLbOCAmG.net
>>29
エボラウィルスが中大型コウモリに感染するのは分かっているがウィルスと共存形態にあるのかまでは確定してない
ヒトや霊長類と同じく最終宿主である可能性もある
いずれにせよサルやコウモリの肉を食べたりあるいは調理する行為はエボラエイルス感染の危険がある

31: 2014/07/31(木) 11:12:15.11 ID:xOhaOmj6.net
>>30
でもそれって昔からやってきたことなんじゃないの、最近やり始めたこと?

32: 2014/07/31(木) 11:30:39.20 ID:DhV7tWW4.net
昔から食ってる連中はウィルス耐性ができてるだろ。
他所の連中が真似して広まったんだろうな

33: 2014/07/31(木) 16:38:46.30 ID:2MOTeWNB.net
エイズウイルスに耐性のある人だっているんだし、チフスのメアリーみたいに特定の感染症に感染しても発症しない人は100万人に1人の割合でいるからなー
世界人口が70億だから、全世界で最低でも7000人はエボラへの免疫持ってる奴は必ずいるって事だ
文明崩壊しても人類滅亡はしないから安心だな

34: 2014/07/31(木) 17:07:38.32 ID:tnCI3trZ.net
>>33
ただしアジア人には、一人も見つかってないけどね

49: 2014/08/01(金) 06:14:31.61 ID:VMf3lZuM.net
>>33
7000人まで減っても300年後には70億に戻るよ
その勢いで7000億に増えるかも

35: 2014/07/31(木) 17:08:46.71 ID:p1noZqS4.net
7千人しかいなくなったら大変だろ
誰がコンビニの店員やんだよ

36: 2014/07/31(木) 17:34:20.58 ID:2MOTeWNB.net
客もいなくなるからコンビニで働く必要も無い

38: 2014/07/31(木) 19:43:26.57 ID:J32hG6ov.net
インターフェロンはどうかなぁ?
ウイルス選択性なく効くでしょ?

48: 2014/08/01(金) 05:50:31.29 ID:oCXXdmqT.net
>>38
ヒント、インターフェロンは高額

40: 2014/07/31(木) 20:15:38.40 ID:rpJN0sET.net
感染拡大の原因が衛生観念の欠如だったとは
タモリピンチ

45: 2014/08/01(金) 00:17:54.88 ID:Y+XDksi5.net
医療ボランティア出国
現地は大混乱で治安悪化
一刻を争う状況なのでは?

47: 2014/08/01(金) 02:28:45.79 ID:uGM8ih/b.net
>>45
アメリカのボランティア組織引き上げの事を言ってるのなら医療チームじゃねーぞ
そいつらは日本で言う青年海外協力隊みたいなもんだがアメリカ文化の植え付けが主目的
居なくても問題ない
アメリカセレブ層の奉仕活動(節税になる)の受け皿なんで政府としても危険にさらす訳に行かない

(アメリカ政府関係者以外には)重大でも何でもない話

46: 2014/08/01(金) 00:38:36.24 ID:y73Cw4pI.net
だけど現地民は祈祷か呪い。
こりゃダメだな。

51: 2014/08/01(金) 12:49:35.71 ID:qB2Awgc6.net
医者が感染して死んでるのに、その感染の理由と思われることを説明しないのが妙だよなあ。
「手袋が引っかかって素手で患者に触ってしまいました」とかさ。

何も思い当たる節がないなら、感染の仕組みが変わってしまって、
今の防護体制じゃまずいってことになる。

58: 2014/08/01(金) 16:57:56.95 ID:lsW07PZZ.net
>>51
・手元が狂って注射針自分に刺しちゃった (エボラに限らず非常に多いパターン)
・防護服に破れ、隙間があった (現場は戦場レベルで、繕う暇もなさそうだから)
・防護服脱ぐ前の洗浄が不十分 (何度も何度も着替えてりゃどうしてもそうなる)

このへんだろう。感染原因を検証する余裕すら今はないだろうし。
そうそう簡単に空気感染に変異はしないと思われる

70: 2014/08/02(土) 02:00:44.50 ID:ZaVd67cU.net
>>51
発症前の感染者が、その辺にゴロゴロいるんだろ
目からも飛沫で伝染るからな
飛行場から降り立つときから、ゴーグルとマスクつけた完全防備でもしないかぎり、高リスクで感染の可能性がある状態だってことくらい、想像できないのかね?
その脳シナプスの貧弱なオツムは

56: 2014/08/01(金) 14:32:07.22 ID:MUnPE1eP.net
アメリカの軍事機密クラスなら、既にワクチンくらい持ってそうだけどな。
エボラウイルスがバイオテロリストにばら撒かれても、上層部は大丈夫くらいにしてあるだろ。
民間は金欲しくて騒いでるみたいだが、無駄な人口も減るし紛争も収まりそうだし、国家レベルでは様子見じゃないの?
自分とこの国で広まらないようにはしてあるって、アメリカならな。

日本は理研のレベルからしてワクチンは無理だけど、島国だからなんとか検疫でやれるかもな。

57: 2014/08/01(金) 14:42:04.79 ID:MUnPE1eP.net
なんかこの前、アメリカが病気とその治療法を独占するとか言ってたじゃん。
アホな貧乏人に、ワクチンなど渡してたまるかとか思ってそう。

この場合でも下手に漏れると、エボラテロで一国から一地域が滅びかねないから守秘してるんじゃ。
自分たちの身だけは確実に安全なら、幹部まるごと自爆信者組織でなくともアナーキーも使いそうだし。
政府側のアメリカ人なら、まあ大丈夫だろ。

63: 2014/08/01(金) 20:12:07.34 ID:xtw0fUa7.net
あえて開発を遅らして
アフリカの人口が減ってきてから発売するんだろ

64: 2014/08/01(金) 20:31:17.44 ID:zCYetyV1.net
ワクチンが在るのなら、治験なしで本番で使うしかない、
発病すると助かっても内臓が広範囲にやられて大変らしい。

防護服が安全でないのは大問題、普通に使っていても完全には
防げないで感染しているのでは、エボラほど危険でないから
今までは無視されてきた。

68: 2014/08/01(金) 23:38:40.62 ID:uGM8ih/b.net
>>64
>助かっても内臓が広範囲にやられて大変らしい
必ずそうなる訳じゃ無いよ
エボラが好んで増殖するのは肝臓・脾臓、血管内皮細胞、そしてマクロファージや樹状細胞などの免疫細胞
免疫抗体による感染増強効果でほぼ全身に感染しうるけどそれでも筋肉や神経細胞には感染しにくいので
再生し易い臓器の内皮が破壊される程度(とはいえこれで著しく体力を消耗してしまうんだけど)

後遺症が残るのは血管内皮細胞の障害で全身至る所に出来る内出血や血栓が血流遮断に弱い臓器に生じた場合
代表的なのは脳や目

また再生し易いとは言えひとつ残らず破壊されてしまうと再生できない訳で腎臓や腸が広範囲にやられると機能を失ってしまう

血管障害も細胞絶滅も免疫獲得までに時間が掛るとリスクが高まるので

65: 2014/08/01(金) 21:18:37.81 ID:yJgfN+jc.net
あとはダスキンに任せよう

66: 2014/08/01(金) 22:52:55.45 ID:b9iaZnrt.net
そうだ!アグネスを送り込もう

39: 2014/07/31(木) 19:56:40.62 ID:b1BV6A6z.net
下手に免疫活性化するとエボラの思う壺かもしれないのが厄介なとこ