1: 2014/05/28(水) 20:06:30.23 ID:???.net
地球最古の生命?おそらく違う、新しい研究は言う

Tia Ghose, May 27, 2014 03:00pm ET

およそ34億7200万年前に、現在の南アフリカのバーバートン緑色岩帯に当たる、
海底で噴出した玄武岩質枕状溶岩。枕の縁は水と接触したガラス質の急冷周縁部。
黒っぽいガラス質の縁にチタン石の微細構造が生じる。
http://i.livescience.com/images/i/000/066/536/original/pillow-lava.jpg

地球上で最古の生命の痕跡だと考えられていたものが生命起源ではなかったことが、新しい研究で分かった。

南アフリカの太古の岩石に刻まれた管状の「化石」は当初、約34億年前の始生代に海底の火山ガラスを穿孔する太古の細菌によって形成された(生物変質と呼ばれるプロセス)と考えられた。

しかし昨日(5月26日)米国科学アカデミー紀要に発表された新しい研究によって、 これらの小さなトンネルが実際は約29億年前に付近の火山岩の冷却によって形成されたことが分かった。

「我々の新しいデータは、始生代の枕状溶岩の縁に起こったと提唱されるこの複雑な『生物変質モデル』に反するものだ」と研究の共著者でベルゲン大学(ノルウェイ)の地球科学者、ユージーン・グロッシュ(Eugene Grosch)はLive ScienceへのEメールの中で語った。

◆生命の痕跡

いくつかの化石が地球最古の生命のタイトルをめぐって競っている。地質学者たちは西オーストラリアのドレッサー累層の岩石に刻まれたさざなみ状の波打ったテクスチャが約34億年前の微生物マットによって形成されたと考えた。ストレリー・プール累層と呼ばれる西オーストラリアの別の地層にある、ストロマトライトと呼ばれるドーム状の構造もほぼ35億年前に微生物によって形成された可能性がある。

そして2004年、南アフリカのバーバートン緑色岩帯を掘る研究者たちは、チタン石と呼ばれる鉱物でできた、顕微鏡サイズのフィラメント構造を新しい分析で発見した。
彼らはそれが約34億9000万年前の海洋地殻内にいた太古の微生物が形成したと考えた。

しかし何十億年も前に棲息していた小さな微生物の証拠を見つけるのは極めて難しく、地質学者たちはこれらの標本のどれが真に最古の地球上の生命のヒントなのか、激しく議論している。

南アフリカのバーバートン緑色岩帯で見つかった枕状溶岩の典型的なチタン石の微細構造。
http://i.livescience.com/images/i/000/066/537/original/titanite-filaments.jpg

>>2以降につづく

ソース:LiveScience(May 27, 2014)
Earth's Oldest Life? Probably Not, New Study Says
http://www.livescience.com/45900-ancient-life-evidence-debated.html

原論文:PNAS
Eugene G. Grosch and Nicola McLoughlin, 2014. Reassessing the biogenicity of Earth's
oldest trace fossil with implications for biosignatures in the search for early life
http://www.pnas.org/content/early/2014/05/23/1402565111.abstract

引用元: 【地質学】地球上で最古の「化石」は生命起源ではなかった

2: 2014/05/28(水) 20:06:41.38 ID:???.net
>>1からのつづき

◆謎の形成過程

グロッシュと彼の共同研究者でベルゲン大学の地球科学者の、ニコラ・マクローリン(Nicola McLoughlin)は、バーバートンの微細構造を太古の微生物が形成したことに納得しなかった。その考えを確かめるため、チームは180メートル掘削して微細構造が見つかった岩石を採取した。

彼らはボーリングコアの端から端まで何百もの微細構造を測定し、サイズと形状の分布を分析した。それらのフィラメントは現在の海洋地殻内の微生物が形成した微細なトンネルと比較して、巨大な直径をと大きなサイズの分布を持っていた、とグロッシュは話した。

チームはウランと鉛の同位体(陽子の数は同じだが中性子の数が違う元素)の崩壊も使って、このチタン石の年代を見積もった。(これらの元素は異なった率で崩壊するため、二つの比率は岩石の年代を明らかにする。)

◆生命なし?

これらの小さな「生痕化石」は29億年から28億年前のあいだに形成されたことが分かり、地層全体の形成より約6億5000万年新しかった。

チームは枕状溶岩付近の冷却状態の計算モデルも使って、チタン石構造が当時の冷却されつつある岩石中の一般的な環境で形成された可能性が高いことを示した。

約29億年前、マグマがさらに古い岩石へと貫入してそれを熱し、それが冷却されるとともにチタン石構造が形成されたとチームは考えている。

これらの研究結果は「生痕化石」が地球上の生命の夜明けに原始的細菌によって形成されたという考えを却下すると研究者たちは主張している。

「これらの微細構造は生物起源でも微生物活動に関連するものでもない」とグロッシュは話した。

おわり

3: 2014/05/28(水) 20:11:01.95 ID:dJLF0I3t.net
確認できない学問は何でも言えるからいいね。

4: 2014/05/28(水) 20:42:54.50 ID:YwMkY2Sr.net
「無から生命が誕生した」と教科書には書かれている。
いかにももっともらしく唱えられているが、この説の正体は完全なオカルトである。

元々こうした考えは「生物の自然発生説」として、太古から人々にとって「常識」だった。
紀元前4世紀にアリストテレスは『動物誌』や『動物発生論』で
「昆虫やダニは露や泥やゴミや汗から自然に発生する」
「エビやウナギは泥から自然に発生する」などと唱えた。

この説が発展して目に見えない「生命の胚種」があちこちに遍在しており、
生命は親だけでなくそうしたものからも自然に「生まれる」と、
科学者の間でも思われていたのである。

こうした誤った考えを実験によって完璧に打ち砕いたのが
細菌学者のルイ・パスツール(1822~1895年)である。
彼によって生物は無から生まれる事はなく、
生物は生物によってしか作られる事はない事が証明された。

慌てたのは学界である。
この事実を認めてしまえば「原初の生命は無から誕生した」という、
それまで連綿と築かれてきた学説、
いや彼らの信仰する根拠皆無の「宗教」が根底から覆されてしまう。

そこでいまだにこの説を撤回する事はせず、
「地球史は非常に長い。恐ろしく長い時間さえ経過すればその中で生命が発生する」
などという、およそ何の証明もできていない妄想の中へ、
学界まるごと逃避する事にしたのである。
この体質はいまだに変わっていない。

さて、こんにちの教科書には太古の地球に生命が産まれた発端について
「原始地球の大気はメタンやアンモニア、水素などからなる『還元型』大気だった」
「そこからアミノ酸が生まれ、それが長い年月の後に原始的生物になった」…
などという話が、いかにも事実のように書かれている。
しかしこれも単なる妄想であって厳密には科学ではないのである。

この説は1953年にシカゴ大学のハロルド・ユーリーとスタンリー・ミラーが、
アンモニア・メタン・水素の混合ガスと水の入った容器に電気火花を飛ばしたところ、
グリシン・アラニン・アスパラギン酸などの各種アミノ酸が
生成されたのを発見した事に端を発している。

9: 2014/05/28(水) 20:57:35.87 ID:v91izZGP.net
>>4
生命の起源なんて、大抵の教科書には書かれてないと思うが
どの教科書のことを言ってるんだ?

5: 2014/05/28(水) 20:46:07.83 ID:ptbDu/gj.net
ジーンダイバー思い出すな
今となっては古い説が多いみたいだけど

6: 2014/05/28(水) 20:49:22.70 ID:piQF/kd/.net
無生物と生物の境界は曖昧だぞ
なんだ今さら
生命起源が発見されたところで大したインパクトじゃない

7: 2014/05/28(水) 20:51:13.98 ID:YwMkY2Sr.net
これに飛びついたのは科学者たちである。
彼らは「無から生命が生まれた」という、自らの信奉する「宗教」の根本教義について
これまで何ひとつ確固たる証拠となるものを得ていなかったためだ。

そしてミラーの実験を知った彼らは
「これこそ無から生命が生まれるプロセスに違いない!」と思い込み
「原始の地球もこれと同じ大気という事にしてしまおう」
「最初の生命の誕生もこういう形にしてまおう」
「それなら無から生命が生じた事の説明がつく」
という実に都合のいいこじつけによって
誰も見たこともない最初に生命が誕生した頃の、
地球大気の組成を想定し、そのような環境の中で
最初の生命が生まれたと、既成事実のように「決定」してしまった。
いわゆる「還元型大気」である。

ところが実際には原始地球の頃の地層を調べたところ、
二酸化炭素や酸素がないと生成されない 「石灰岩」が発掘されたりと、
多くの物的証拠により、昔から地球の大気は『酸化型』であって
『還元型』ではなかったらしい事がわかってしまった。

更に検証すれば、科学者たちの唱えるこの仮説が
いかに支離滅裂なものであるのかよくわかる。

第一に全ての生命は酸素がなければ生きられない。
ところがアミノ酸は酸素に触れると分解してしまう性質がある。
また仮に酸素がなかったとすれば、大気にオゾン層は形成されず、
地球上に有害な紫外線が直接降り注ぐことになり、
この紫外線がアミノ酸を分解してしまう。

つまり酸素があめろうが無かろうがアミノ酸が分解されてしまうため、
アミノ酸の自然発生は不可能なのある。

次にこの矛盾の解決策として、科学者たちは
「地上に酸素が無かった時代、生命は紫外線の届かない水中で誕生し、進化した」
という仮説を提唱した。

ところがミラーの実験ではアミノ酸を生成するのに
アンモニア・メタンなどに電気を通す必要ずあるのだが、
雷は海の中のアンモニアとメタンガスにはほとんど届かないのである。

25: 2014/05/29(木) 10:15:28.52 ID:8du835yn.net
>>7
>第一に全ての生命は酸素がなければ生きられない。
笑わせてもらったww

10: 2014/05/28(水) 20:59:27.60 ID:YwMkY2Sr.net
更にそれだけでなく、万一偶発的にアミノ酸が発生したとしても、
水中では水分が多すぎるため、アミノ酸からタンパク質を合成する事は
化学的に不可能なのだ。
水分が多すぎるとせっかく出来たタンパク質もアミノ酸に戻ってしまうためで、
要するに水中では生命の元となるタンパク質の形成する事は不可能なのである。

第三に、「還元型大気での生物の自然発生説」が間違いである事を示す
決定的な証拠は、ミラーの実験で造られたアミノ酸は、
生命を形成するアミノ酸とは全く違うものだったという事だ。

アミノ酸には光学的に見て「左旋性」のものと「右旋性」のものがある。
生命は左旋性のアミノ酸からしか発生しない。
ところがミラーやユーレイの追実験の結果、
右旋性のアミノ酸しか発生する事ができない事がわかったのだ。
もしほんのわずかでも右旋性タイプのアミノ酸が混ざっていると、
新陳代謝のできない異構造のタンパク質に変り、生命の形成はできない。

このようにに、ミラーとユーレイの実験は、大騒ぎの末、
生命の起源については何の科学的価値もないということが判明してしまった。
それどこか10億年どころか100兆年待っても、還元型大気では
生命を誕生させる事ができない事が明らかになってしまったのである。

つまり「太古の地球は還元型大気だった」
「そこでアミノ酸が自然に合成された」
「それが全ての生物の元になった」
なる、いまだに信じられている通説は、その実間違いだらけどころか、
実は根拠が無く、悪質な意図をもって捏造されたカルト宗教なのである。

更に「地球上で最古の生命化石」と考えられてきたものが
実はただの火山岩の冷却による構造パターンだった事が判明した今
還元型大気による生命の自然発生説は更にその根拠を失ったと言えるだろう。

18: 2014/05/28(水) 22:03:56.01 ID:4T2MJO29.net
>>10
他は良くまとまってるけど、
ホ◯キラリティのとこだけはいただけないよ

こういうのはバランスが大事

13: 2014/05/28(水) 21:04:43.42 ID:piQF/kd/.net
祖先崇拝を疑えばよろしい

15: 2014/05/28(水) 21:11:42.55 ID:piQF/kd/.net
大事なのは積み重ね
猿もアメーバも進化過程の積み重ねですよ

人に対してだけ、『悟り』だの『神』だの美化する必要は無い
『悟り』だの『神』だのは再現不可能だから積み重ねが効かない
昨日の『悟り』と今日の『悟り』が同一である保証はどこにもない
明らかに非科学的な目的論への飛躍

16: 2014/05/28(水) 21:18:40.00 ID:L/+5nArz.net
レシピが分からないから出来てるものが嘘っぱちになるわけないし時系列で考えるなら日本の神様は中国人となるだけ。
日本人がウッホウッホ踊っていたときに文字と文明を携えてやって来た中国人はそりゃ神だろう。

19: 2014/05/28(水) 23:21:14.86 ID:J9OjHC47.net
ストロマトライトは大丈夫なん?

21: 2014/05/28(水) 23:46:11.81 ID:RSJYjHLm.net
>>19
生物起源じゃないストロマトライトもあるっていうね

20: 2014/05/28(水) 23:42:31.72 ID:L/+5nArz.net
シアノバクテリアやらミトコンドリアやら

22: 2014/05/29(木) 00:30:09.10 ID:MWDliI88.net
そもそも地球自体が生命体なんじゃないっすかねえ?

28: 2014/05/29(木) 15:29:02.10 ID:fd/Qtjgs.net
35億年前ってとてつもない話だな
人間は何億年も繁栄出来るんだろうか

29: 2014/05/29(木) 23:16:30.36 ID:L13p6xBP.net
まぁ、そんなことより
有機物を発見したとしても
生命の痕跡かどうか判別する方法が無くなっちゃったので
火星で生命の痕跡が見つかることは永遠に無くなっちゃったよ

30: 2014/05/30(金) 16:43:31.87 ID:LeLA8tjn.net
銀河系までコントロールできるような経済が成立すればまあ数億年は大丈夫だろう。
このまま洞窟を住みやすくする程度の経済のままなら望み薄。

14: 2014/05/28(水) 21:11:05.79 ID:XplpGXE0.net
火星の隕石が生命の源運んで来てたりしてな