1: 2014/09/04(木) 22:44:27.27 ID:???.net
ニホンオオカミ、固有種ではない 岐阜大が遺伝子解析
合田禄 2014年9月4日03時37分

写真・図版和歌山大が所蔵するニホンオオカミの?製(はくせい)
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140903003937_comm.jpg

 絶滅したニホンオオカミは日本の固有種ではなく、現在も世界に広く生息しているオオカミに属する亜種であるとする遺伝子解析結果を、岐阜大の石黒直隆教授と松村秀一教授らのチームがまとめた。骨の形の特徴から、ほかのオオカミとは別種とする説があったが、否定されたとしている。9日に日本獣医学会で発表する。

 研究チームは本州や九州、四国に生息していたニホンオオカミ6頭の骨から、細胞に含まれるミトコンドリアのDNAを採取。北米や欧州にいる57頭のオオカミのDNAなどと比較した。オオカミは現在、ハイイロオオカミ1種だけが生息しているとされている。

 解析の結果、ニホンオオカミは、ハイイロオオカミと同じ種であることがわかったという。12万~13万年前に枝分かれした亜種とみられる。朝鮮半島と陸続きだった時代に渡ってきたと考えられるとしている。
(続きはアクセス制限部分)

ソース:朝日新聞デジタル(2014年9月4日)
ニホンオオカミ、固有種ではない 岐阜大が遺伝子解析
http://www.asahi.com/articles/ASG923QRGG92ULBJ00B.html
(スレ立て時点で無料・無登録アクセスできる範囲から引用しました)

発表:第157回日本獣医学会学術集会 2014年 北海道大学
石黒直隆、猪島康雄、柳井徳磨
LO-12 絶滅した日本のオオカミの遺伝的系譜
http://www.knt.co.jp/ec/2014/jsvs157/pdf/program.pdf (PDF)

参考:Molecular Phylogenetics and Evolution
Shuichi Matsumura, Yasuo Inoshima, Naotaka Ishiguro. 2014.
Reconstructing the colonization history of lost wolf lineages by the analysis of the mitochondrial genome
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1055790314002711

http://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S1055790314002711-fx1.jpg

(注・論文はニホンオオカミ独自の歴史を強調していますが、記事は大陸種との近縁さを強調しています。
ニホンオオカミがスプリッターで有名だった某哺乳類専門家によって別種と主張されてきた歴史に留意。)

引用元: 【動物学】ニホンオオカミ、固有種ではない 岐阜大が遺伝子解析

2: 2014/09/04(木) 22:52:17.52 ID:UWNP9Nw3.net
日本人って人類の亜種ではないのか

4: 2014/09/04(木) 23:00:28.72 ID:jJxM83JH.net
亜種ということは遺伝的に同じということ?
それとも遺伝がちょっとしか違わないから同じ扱いでOKってこと?

7: 2014/09/04(木) 23:17:56.08 ID:sq4AnAEf.net
>>4
種としては同一種だけど、別種として分けるほどではない小さな差異があるということ。
例えばトラという種にベンガルトラやシベリアトラといった亜種があって、寒いところに住むシベリアトラは
熱帯のベンガルトラより体毛が長くて皮下脂肪が厚め、といった違いがあるのと同じ。

36: 2014/09/05(金) 07:23:42.40 ID:8DFVZZdW.net
>>7
へー。じゃ熱帯のをシベリアに、シベリアのを熱帯に移動しても行きていけるの?

40: 2014/09/05(金) 09:34:54.64 ID:0Q4POJ0x.net
>>36
生きていけそうなものが残って徐々に変化していくんじゃね

5: 2014/09/04(木) 23:04:00.49 ID:J8WjWtUr.net
独立した種ではないにしても何万年も孤立した個体群だっただろう
おそらく小型化していた

6: 2014/09/04(木) 23:10:10.42 ID:mzDx0nkC.net
二ホンオオカミは絶滅しちゃったからより神格化されたよな

8: 2014/09/04(木) 23:26:47.31 ID:r8e7lrq5.net
北海道にいたのは別なのか?

22: 2014/09/05(金) 00:47:12.03 ID:ewrtpYAD.net
>>8
北海道のはエゾオオカミだからまた別の亜種。
ちなみにエゾオオカミは残っている毛皮からミトコンドリアDNAを調査したら
カナダのユーコン地方のオオカミと完全に一致したというから、亜種でさえなかったのかもしれない。

30: 2014/09/05(金) 02:18:36.50 ID:D6DG508B.net
今いるオオカミを日本に連れてきて放牧したら、ニホンオオカミ復活の一歩になるんだよね?

>>22のエゾオオカミがカナダのと同一なら、そのまま連れてきて放牧して欲しいな
エゾシカの被害抑えられそうだし

33: 2014/09/05(金) 07:04:04.44 ID:xzI1izWT.net
>>22
ミトコンドリアじゃ、そこまでわからんだろ
黒人、白人の区別さえできない

48: 2014/09/06(土) 00:20:19.06 ID:RzXXYOQE.net
>>22
間宮海峡は冬季に凍結することもあるからハバロフスク方面の個体そのものが樺太あたりまで来ることもあるようだけど、
なんでそっちじゃなくてカナダなんだろう?

ベーリング海渡ったのなんてそれこそマンモスやライオンがその辺にいたころだろ、
そのころ北海道とカナダで分岐したならとっくにもっとはっきりと亜種化してるでしょ。

50: 2014/09/06(土) 00:46:26.87 ID:s0XEFWhX.net
>>48
ヨーロッパ系のオオカミは複数回ベーリング海峡を渡ってるようなんだけど
カナダとの共通性はたぶんその中でもLMG後の最後の移動によるものなんだろうね

というか、これの系統図が見えたら色々とはっきりすると思う

11: 2014/09/04(木) 23:43:16.74 ID:Eqfn2RRY.net
オイラ、ニホンオオカミには生きていて欲しかったと思う。。
あまり動物には興味の無いオイラだけど、
ニホンオオカミに関してはネットで色々調べた経験あり。。
紀伊半島の山奥が最後の生存地で明治時代だそうだけど、
実際は昭和の初めくらいまで生きていたんじゃないのかな。。?
惜しい事をしたな。。

12: 2014/09/04(木) 23:49:59.45 ID:itRyQyHO.net
イリオモテヤマネコやツシマヤマネコも
発見当時は原始的なヤマネコの大発見とさわがれた

調べたら実は大陸のベンガルヤマネコとほとんど同じだった

13: 2014/09/04(木) 23:59:32.67 ID:qK/Oc7fo.net
>>12
遺伝的な差異は小さいが極めて特殊化してる感じがヤマネコもオオカミも興味深い。

しかし、ヤマネコはなんであんな離島にしか残らなかったんだろう、
本土からも化石は見つかってたはずだし、あの離島の変種ならともかく、
元のベンガルヤマネコは近代以前の日本の環境で人間に滅ぼされるほど生存力の弱い生物じゃないし。

42: 2014/09/05(金) 10:19:32.12 ID:NH11Gud4.net
>>13
オオヤマネコは、わりと最近、縄文時代の終わりの頃まで本州に残っていたらしいね

あと、大陸で広範囲に分布するハリネズミが、日本では生き残れなかったのも不思議

ヒグマやヘラジカ、ヤベオオツノジカ、ナウマンゾウといった大型動物連中の絶滅はまだ分かるけど

15: 2014/09/05(金) 00:05:12.34 ID:pzQ8DVW+.net
>>12
ニホンオオカミを固有種だ言ってたのもイリオモテヤマネコを古代ネコだと言ってたのも同じひとなんだよね・・・

34: 2014/09/05(金) 07:07:48.77 ID:xzI1izWT.net
>>15
ネアンデルタール人と人って別種だよね?
固有種って何なんだ

37: 2014/09/05(金) 08:04:55.90 ID:pzQ8DVW+.net
>>34
遺伝的には生殖隔離が確立していないが、地理的・身体的制約などで実質的に生殖隔離が実現している場合に、
同種の亜種とするか別種とするかは、もはや分類群の専門分野ごとの文化の違い
大型哺乳類屋さんは亜種とすることが多い

ニホンオオカミについては、科博にいた哺乳類分類学の権威がイヌともオオカミとも違う独立種だと主張して、
それが今でも図鑑等で常識となっている現状がある
一方で、ニホンオオカミはオオカミとは関係なくイヌなんじゃないか、という意見もあってたびたび議論になっていた
(某県博館長がことあるごとに、歯のサイズは保守的な形質で裂肉歯の大きさを見ればオオカミと分かると強調していた)

16: 2014/09/05(金) 00:08:41.00 ID:WD6PdcQa.net
まあ流石にアマミノクロウサギに関しては覆りそうにないけどな。

17: 2014/09/05(金) 00:11:52.31 ID:pzQ8DVW+.net
>>16
どっちからどっちに覆りそうにないのか分からんが、この記事貼っとく

「原始的」ではなかったアマミノクロウサギ
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140729/269388/

18: 2014/09/05(金) 00:15:48.15 ID:WD6PdcQa.net
>>17
でもなんか他のウサギの亜種ですってことはまずないんだろ(属のレベルで違うことになってるけど)。

21: 2014/09/05(金) 00:41:13.21 ID:jSMyf9W2.net
>>16
アマミノクロウサギはたしか近縁種が他に存在しない
属レベルで新しいウサギだっただけで生きた化石でいいんじゃね

20: 2014/09/05(金) 00:39:45.78 ID:Ct4UIAtR.net
>>1
>12万~13万年前に枝分かれした亜種とみられる。朝鮮半島と陸続きだった
時代に渡ってきたと考えられるとしている。

(笑) ユーラシア大陸だろ、日本が陸続きなら半島なんか在るわけないじゃん┐(´д`)┌ヤレヤレ

23: 2014/09/05(金) 01:02:51.09 ID:uFyhXTMY.net
だからこれ、山犬を「ニホンオオカミ」って呼び出したから
分類上ややこしいことに成ってるって聞いた

25: 2014/09/05(金) 01:35:44.49 ID:VsE5SmN3.net
そもそも狼と犬って属性が同じだからな
交配可能だし剥製標本とか見た目はまんま日本古来からいる土着犬
数年前に話題になった野犬の崖っぷち犬にもそっくり

29: 2014/09/05(金) 02:02:19.13 ID:b9ucFFtb.net
最近は犬も狼の亜種って考えが主流なんでそ?

39: 2014/09/05(金) 09:20:55.85 ID:JKnzpK0L.net
DNAマップを作って樺太方面からなのか中国朝鮮方面からなのか知りたいね。その混血もあるかもしれんし。
人類の移動と似てるかもな

43: 2014/09/05(金) 11:42:10.89 ID:iNRVZhD0.net
ベンガルヤマネコはロシアと中国の国境付近にもいる、極寒の地でも乾燥していれば餌を取ることができて生息できるのだろう。
島は一度個体群が滅んでしまうと他の地域から流入するということがない。大陸ならある地域一帯が全て滅んでもいずれ他から流入してくる。
日本は世界的にも豪雪の国らしい。湿気を多く含んだ空気が日本上空に流入してくるからだ。
2メートルを越すような豪雪が地表を覆い尽くしたらヤマネコは生き残れないのではないだろうか。
ヤマネコはキツネやタヌイ、イタチ、テンなどより雪に弱そうだ。
今年2月に山梨の豪雪、山梨は豪雪地帯ではないが稀に仮に千年に1回でもああいうことがあるとしたら
過去にももっと広範囲に豪雪を降らせたこともあったのかもしれない。

49: 2014/09/06(土) 00:26:38.79 ID:RzXXYOQE.net
>>43
ベンガルヤマネコは無理だったが極東には本来生息しないリビアヤマネコが全国で野生化というのもなんか不思議。

53: 2014/09/06(土) 13:16:07.99 ID:XJ70TZ6h.net
>>49
北海道では野良は冬を越せず死滅するらしいぞ

46: 2014/09/05(金) 20:48:43.77 ID:5qvFku3R.net
ほっほう、やっぱ普通に考えて
ヨーロッパ狼の侵入を受けるまえからの
古い型の狼はいたんだな。

まぁ、中国にも居るんだから当然だろうけど

10: 2014/09/04(木) 23:35:42.84 ID:jF2aGztd.net
それでも、ペルシアネコとアメリカンショートヘアぐらいの差はあるのでしょ?