1: 2014/09/07(日) 23:49:08.37 ID:???0.net
小児の脳死移植:限定的 改正法施行4年で5例
http://mainichi.jp/select/news/20140907k0000e040127000c.html
毎日新聞【河内敏康、大場あい】 2014年09月07日 13時09分(最終更新 09月07日 15時02分)

http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20140907k0000e040120000p_size8.jpg
図表:臓器移植を巡る主な動き

 日本臓器移植ネットワークは6日、東京医科歯科大病院に入院していた40 代男性が臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。男性は書面で臓器提供の意思を表示していなかったが、家族が承諾した。15歳未満の小児を含め家族承諾での臓器提供を認めた改正臓器移植法施行(2010年)後で200例目の提供となった。だが、同法の目的の一つである小児からの提供は5例と限定的だ。

 「改正臓器移植法は、重い心臓病で苦しむ小児に希望の光をともした。だが、これほど進まないとは」。患者団体「全国心臓病の子どもを守る会」(東京)の神永芳子代表理事は述べた。

 心臓は、心停止したドナー(臓器提供者)からの提供でも対応可能な腎臓と異なり、脳死ドナーから受けるしかない。また、心臓は肝臓のように分割できず、体格が近い人からの提供が求められる。

 1997年に臓器移植法が施行され、脳死ドナーからの臓器提供が可能となった。だが15歳未満の小児からの提供は本人の意思確認の在り方が問われて認められず、心臓病の子どもが国内で心臓移植を受ける機会は事実上、閉ざされていた。

 2010年の同法改正で、15歳未満の小児からも提供可能となったが、実現したのはこれまで5例で、提供の3%にとどまる。移植ネットは「最愛の子どもを亡くしたばかりで、親は気持ちを整理できない。法律に基づいて虐待の有無を調べられる必要があり、負担感が大きいことも影響しているのではないか」と分析する。

 15歳未満で5例目となった今年7月の臓器提供では、親が心臓だけの提供に承諾した。移植ネットによると、「子どもでは心臓の提供が少ない」というのが承諾した理由という。米国では、心臓移植を受けた小児は年間350人以上に及ぶ。神永さんは「日本でも理解が少しずつ広がるのを待ちたい」と話す。

 脳死下での臓器提供は今月6日で286例となったが、提供数は伸びていないのが実態だ。

続きはソースで

引用元: 【医療】小児の脳死移植、提供伸びず…改正法施行4年でわずか5例 [9/7]

4: 2014/09/07(日) 23:56:31.96 ID:4zMEXosm0.net
仲介業者が提示してくる額があまりにも低すぎるんだよな
謝礼として包むのが10万20万円ってナメてるのかよ
1000万円が基本ラインだろうに
脳移植なら3000万円からが相場だ

7: 2014/09/08(月) 00:00:21.80 ID:USdO9Bba0.net
>>4
高額にすると売買になり、本人の意思とは無関係に
金のために臓器を売る家族がでてくる懸念があるからじゃね
自分自身の血液ですら、売血時代に売る人が出て問題になってたし

13: 2014/09/08(月) 00:11:33.06 ID:viLoiTpl0.net
>>7
血液なんざ飯食って寝りゃ勝手に増えるだろw

18: 2014/09/08(月) 00:14:12.74 ID:USdO9Bba0.net
>>13
血液は一定量以上献血すると貧血などの健康上の問題を引き起こすよ

19: 2014/09/08(月) 00:19:11.12 ID:BvoxkDgY0.net
>>13
「黄色い血」って知らない?

20: 2014/09/08(月) 00:21:03.93 ID:viLoiTpl0.net
>>19
おお、ライシャワー事件とか勉強になったわ
しかし日本は本当に外圧が無いと変わらんのだなぁ

6: 2014/09/07(日) 23:57:24.63 ID:PBXgFzrZ0.net
拒否表示していないと内蔵取られるな

8: 2014/09/08(月) 00:02:54.91 ID:PEB/tC220.net
金目でしよ?

9: 2014/09/08(月) 00:07:03.68 ID:mLaQggA40.net
逆の立場になれば分かること
自分の子が死んだからどうぞなんて、まともな親なら言わない

15: 2014/09/08(月) 00:12:38.50 ID:JGYhI1mq0.net
>>9
それでも他の子に自分の子の臓器をあげれば自分と同じ悲しみは減るはず

っていう建前になるわけもなく、むしろ欧米はどうしてるんだろうね

64: 2014/09/08(月) 06:02:22.35 ID:qUzdu1FS0.net
>>15
そこは宗教観の違いだな。
日本と違って肉体は魂の容れ物、医者や家族が手を尽くして肉体を救えないなら
いつまでもその肉体にこだわるのはおかしい、臓器移植で救える他の命があるなら
それに使おうというのが基本的な考えかた。

ドイツでは初期の自動車事故の再現実験のダミーに本物の御遺体を使ってたし
根本的に日本人の魂と肉体の在り方とは違う考え方。

68: 2014/09/08(月) 06:38:13.48 ID:6nfenwHpO.net
>>64
スペインは移植提供者を出した病院には国から褒賞金が出る。
施行後一年でドナー倍増。
要するに病院のさじ加減で左右されるということ。
「脳死になりそうな状態」で既にドナーリストに登録もできるようになっている。
移植が盛んな国の実情はこんなもんだ。
アメリカは何故かドナーの出現は1月~二月に多い。
だから年末に他国から入国して待機リストに載る。

71: 2014/09/08(月) 06:48:35.38 ID:qUzdu1FS0.net
>>68
宗教が現代医学に一番の影響を与えるてとは考えてないけど
根底には根強くあるっしょ。っというユルい考えです

73: 2014/09/08(月) 07:09:36.85 ID:6nfenwHpO.net
>>71
確かにそれはあると思う。
だから欧州は「臓器提供する事」を前提に法整備されつつあるんだろうな。
イタリアは生前に明確に「臓器提供拒否」してないと「承諾」とみなされる。
オランダは18歳になると臓器提供の可否を問う書類が国から来て記入後の返送が義務づけられる。
返送しなかった場合は同意とみなされる。
イギリスは脳に物理的損傷を受け意識不明になった場合、回復しても重い障害が残ることが確実な場合は脳死扱いにしてドナーにできるという、
恐ろしい法案が可決寸前まで行った事が数年前にあった。
さすがに障害者団体等から猛抗議があったが「入れ物」という考え方が行き着くとここまでやるのかと思った

11: 2014/09/08(月) 00:07:57.65 ID:Mp/t+yMq0.net
それでも、無償で見ず知らずの他人に子供の臓器やるなんて
やっぱりムリだろ

16: 2014/09/08(月) 00:13:44.17 ID:nJjlzL2+0.net
15歳も小児なのか?
法律によって呼び方違うからややこしいわ。

24: 2014/09/08(月) 00:26:24.13 ID:o1B5R4/z0.net
>>16
都内の某病院(神田沙也加が誕生したとこ)は、中学卒業までは小児科
ただし夏休みと冬休みの外来は、小児科は小学生までだった
理由は混雑緩和のため

38: 2014/09/08(月) 01:51:16.25 ID:bv566dAii.net
>>16
喘息で通院してたとき18歳までは小児科でも良いって言われたよ
まあでも高校生になったら小児科から別の科に移ったけど

21: 2014/09/08(月) 00:21:39.71 ID:7NN7aPwH0.net
わが子の体に触れれば暖かいし、心音も確認できるのに
そのまま腹を裂いて臓器出しますよ
ってのに同意すんのは相当な覚悟が必要だろ

31: 2014/09/08(月) 00:45:17.95 ID:27QZMBWt0.net
>>21
そこらへんは、大人の場合とは気の持ちようがまったく違うよね。

59: 2014/09/08(月) 04:49:50.20 ID:sKt3V/qW0.net
>>21
まだ温かい、心臓も動いてるのに、親である自分が我が子の命日を作らないといけない
そんなの無理だ

25: 2014/09/08(月) 00:28:29.67 ID:QX6gaI5c0.net
脳死した子供の数とそのドナーの割合で話をしてくれないと
日本社会は子供の臓器提供に理解が無いとか言われても首肯できないし
事務手続きが煩雑だから簡略化しろと言われても、ドサクサにまぎれて何言ってんの?としか

27: 2014/09/08(月) 00:35:03.40 ID:sJ3vf/7C0.net
事務手続きが煩雑だから待機患者が心臓移植を受けられないって聞いたことがあるな。

ちゃんと事務手続きをすれば小児心臓移植が増えて患者が助かる。
ようは、医者が悪いんだよ。事務手続きをしろよ。

30: 2014/09/08(月) 00:44:04.52 ID:vWYNxfTf0.net
臓器提供はいやでも火葬はOK?

燃やしちまうなら子供の一部が誰かの一部として生き続ける方が
子供がこの世に生まれた意味があるってものだと思うが
俺自身その意味で臓器提供意思表示をしてる
自分がこの世に生まれて死ぬ時に、子孫を残すか、他人の命を救うか、
子供のいない俺には後者しか意味を残せないからなあ
まあ無事に人生を全うして、後に子孫も何も
生きた証を残さずに終わる可能性が大だが

37: 2014/09/08(月) 01:36:33.07 ID:YqUPMefI0.net
>>30
その子として生まれて、その子のまま全うさせてやりたいだけ。親だって、いずれ死ねば火葬だ。

人間は物じゃない。こことここのパーツ以外は要らないから遺体の残りは返すよ、なんてことが
平気な親なんか居ない。我が子の身体がバラバラになって散らばるとか、悪夢でしかない。

122: 2014/09/08(月) 17:19:59.24 ID:lF8uMscv0.net
>>37
でも自分の子が重い心臓病になったら、脳死した他の子どもの心臓が欲しくてたまらないんでしょ?

36: 2014/09/08(月) 01:20:03.51 ID:ZR8FrT4l0.net
お葬式でさ
この子の中身空っぽなんだ、とは思いたくない

40: 2014/09/08(月) 02:28:18.42 ID:m4P8403b0.net
自分の子なら、臓器提供どころか苦痛を長引かせるだけの延命措置すらやめる決断ができなそう。
子供の体が冷え切って二度と目覚めなくなるとか無理。受け入れられない。

自分は臓器提供の意思表示してるし、親や配偶者のことならそんなに取り乱したりしないと思うけど。

42: 2014/09/08(月) 02:32:05.09 ID:pSNlv1W50.net
移植した心臓を無理やり体内に収めなくてもいいんじゃないの?
胸骨と肋骨を部分的に切除して大人の心臓を子供に移植すればいい
大人になったら体内に収める手術すればいいよ、ただ漫然と死を待つよりかなりマシだろ

44: 2014/09/08(月) 02:34:57.21 ID:E0S+rmbr0.net
>>42
皮膚で覆えなければ感染症でパァだ。

46: 2014/09/08(月) 02:36:57.13 ID:E0S+rmbr0.net
>>42
そもそも血管神経をつなげられる位置に収めなければ意味ないんだが

45: 2014/09/08(月) 02:35:48.21 ID:MgHDmCF90.net
臓器提供したら国が税制とかで見返りくれてやればいいのに

49: 2014/09/08(月) 02:52:52.62 ID:3JKjIWVgO.net
若ければ健康体が多いのだから、臓器が臓器略奪制度に回る訳ねえじゃん(笑)
必要としているのは殆どが年寄りだからな(笑)
しかも不摂生が原因とか多いしな。
なんで年寄りに臓器をやるよ(笑)
免許証の臓器欄には勿論拒否の意思表示している。

51: 2014/09/08(月) 03:38:48.88 ID:mrwcGU3QO.net
医療が発達して脳死が回復する可能性があるかもしれんじゃないか。