1: 2014/09/19(金) 06:13:28.89 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
全身の筋力が衰える筋無力症のマウスを遺伝子治療で回復させることに成功したと、東京大医科学研究所の有村純暢(すみまさ)助教と山梨裕司教授らのチームが発表する。

19日付の米科学誌サイエンスに論文が掲載される。筋肉や神経に異常がある筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症(ALS)など、他の病気でもこの遺伝子治療が有効な可能性があるという。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/articles/ASG9L5H5HG9LULBJ00R.html

引用元: 【社会】ALS治療にも光か…筋無力症マウスの遺伝子治療に成功

スポンサーリンク
4: 2014/09/19(金) 06:16:08.77 ID:uAxuoSIG0.net
バケツリレー!!!

7: 2014/09/19(金) 06:19:03.79 ID:yVY5aEjD0.net
ホーキング博士がスタスタ歩きだす日も近い

8: 2014/09/19(金) 06:20:08.62 ID:rWchSOkB0.net
こう言う介護で生かされてれるだけになっちゃうのが、
治るようになればありがたいだろうな。
治験希望者◯到するだろう。

11: 2014/09/19(金) 06:23:06.87 ID:mVeWAIqG0.net
無気力マウスと聞いて

13: 2014/09/19(金) 06:23:57.22 ID:AZC9/E9v0.net
皇潤ピンチw

14: 2014/09/19(金) 06:25:10.09 ID:nSNeG0zB0.net
協会は募金を研究費に回せよ
協会の活動費とかふざけんな

15: 2014/09/19(金) 06:25:21.45 ID:lJDSEpEf0.net
アイスバケツとはなんであったのか

16: 2014/09/19(金) 06:27:18.25 ID:bgpNwDAK0.net
バケツ水の募金はどこに流れたの?

19: 2014/09/19(金) 06:35:30.70 ID:249o0nIPT
遺伝子操作でALSマウスを作り遺伝子操作で治すw

22: 2014/09/19(金) 06:36:56.75 ID:FXmMVvks0.net
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%E7%87%E7%AD%8B%E7%A1%E5%8A%9B%E7%87
>重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう、Myasthenia Gravis; MG)とは、狭義には
>ニコチン性アセチルコリン受容体(神経伝達物質であるアセチルコリンの筋肉側における受け皿)
>に抗アセチルコリン受容体抗体が結合し、アセチルコリンによる神経・筋伝達を阻害するために
>筋肉の易疲労性や脱力が起こる自己免疫疾患である。日本では厚生労働省により特定疾患に
>指定されている難病である。主な診療科は神経内科である。
>なお、広義にはMusk抗体由来症例や原因不明の類似症例等も重症筋無力症に含める場合もある。

23: 2014/09/19(金) 06:38:00.38 ID:FXmMVvks0.net
>疾患概念
>神経筋接合部は血液神経関門の保護がなく、自己抗体依存性疾患が生じやすい特徴をもっている。
>重症筋無力症(MG)は、神経筋接合部の疾患のなかで最も頻度が高いものである。日本のMGは
>約80~85%がAChR抗体陽性であり、数%がMuSK抗体陽性である。残り数%から十数%はdouble
>serenegative MG(DS-MG)と分類され眼筋型のように検出感度以下のAChR抗体推定されるもの、
>あるいは未知の自己抗体によって破掌するものが含まれている。AChR抗体、MuSK抗体以外にMGと関連
>する自己抗体としてはLDL受容体関連蛋白4(Lrp4)や横紋筋標的抗原(titin、ryanodine receptor、
>Kv1.4)などの自己抗体が報告されている。

24: 2014/09/19(金) 06:39:25.49 ID:mJEbeZbK0.net
ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは、神経系難病の一つで、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に
必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、
筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけ、脳から
「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。

初期症状は転倒しやすくなったり、全身のだるさを感じやすくなったりすることですが、進行すると
食べ物を飲み込んだり、呼吸をすることが困難になったりします。その一方で、体の感覚や知能、
視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが特徴です。発症原因は不明で、病状の進行が
極めて速く、発症からの平均寿命は2年から5年です。 最終的には目しか動かなくなり、それが
唯一のコミュニケーション手段となります。

現在のところ薬で症状の進行を遅らせる以外、有効な治療法は確立されていません。

25: 2014/09/19(金) 06:46:57.29 ID:zIbgFE3i0.net
そんな事より補助金の出ない難病に光が当るような活動が待たれる所ではあるなあ

と感じています

26: 2014/09/19(金) 06:47:36.64 ID:vJp9FEFV0.net
早く正規薬作ってやればいいのに
困っている人一杯いるだろうに

30: 2014/09/19(金) 07:07:29.78 ID:8FdeNjln0.net
お前らこの病気を遺伝的に持ってる俺に謝れ
親戚の半分がこれで死んでる。
男しか発病しないから、4分の1かもしれんが

39: 2014/09/19(金) 09:23:52.88 ID:SYoqvmO6i.net
>>30
> お前らこの病気を遺伝的に持ってる俺に謝れ
> 親戚の半分がこれで死んでる。
> 男しか発病しないから、4分の1かもしれんが

うちは叔父と母がそうよ

31: 2014/09/19(金) 07:11:35.94 ID:Hk3Ps8XO0.net
遺伝型は孤発型にくらべて研究が進んでいるはず。
治癒率も高いということだから希望を持って!







毎日を有意義に

36: 2014/09/19(金) 07:54:50.47 ID:d1enNmwP0.net
重症筋無力症は、る神経・筋接合部でのアセチルコリンによる神経・筋伝達が阻害されるために
筋力が低下する病気だから、アセチルコリンを増やしてやればとりあえず症状は改善する。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、脊髄の前角にある運動ニューロンの神経細胞が死滅する結果、
全身の筋肉が動かなくなる病気だ。

両者は発症のメカニズムが全く違う病気なんだから、重症筋無力症に有効な治療法があったとしても、
それがALSにも有効な可能性があるというのは単純すぎる。

38: 2014/09/19(金) 09:21:52.16 ID:SYoqvmO6i.net
今度は効くといいな
ERでALSの教授がマウスには効くのに俺には効かないって
嘆いてる回が身につまされた

41: 2014/09/19(金) 10:25:24.26 ID:vAyFKNbf0.net
ALSは早く治療薬とかが欲しいわ

42: 2014/09/19(金) 10:47:55.76 ID:/7CHS2+y0.net
宇宙兄弟がピンチだ!

43: 2014/09/19(金) 11:45:33.16 ID:w4IRPupdi.net
筋ジストロフィーも治療できるかな?

44: 2014/09/19(金) 20:56:29.04 ID:aT/6xFWh0.net
>筋無力症は、神経から筋肉に信号を伝えているつなぎ目の部分をきちんと形作れない病気。
>このうち、つなぎ目を作るのに必要なたんぱく質が十分にできないために起こるタイプは
>世界で数百人以上の患者がいると

数万人に一人ぐらいの割合で筋無力症患者はいるけど、
これはこの 「たんぱく質が十分にできないために起こるタイプ」
だけにしか効果がないのだろうか?

45: 2014/09/19(金) 21:01:35.94 ID:dzhDy0jE0.net
実験に成功したとか
○年までに実用化をめざしてとか
難病を治す画期的治療法がみつかったような記事をみても
それが実現してバンバン患者がなおってるという状況は
あまりきかないな
歯科治療とかもいまだに歯の再生できないしメクラが
完全に治るとかもなさそうだし
おとたけさんに手足が生える治療法はまだか

46: 2014/09/19(金) 21:25:55.42 ID:ByECq9mi0.net
>>45
ヒトデみたいだな

28: 2014/09/19(金) 06:49:02.27 ID:ToWzSszW0.net
バケツリレーで集めたお金ここに突っ込め!