1: 2014/09/23(火) 23:43:16.42 ID:???0
エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい。

■エリート音楽家はみんな努力している

2014年6月、『Psychonomic Bulletin & Review』に掲載された新しい研究結果によれば、「すぐれた音楽家は、その技能を獲得するために必要な長時間の練習ができるよう遺伝子にプログラムされている」という。米ミシガン州立大学心理学教授のザック・ハンブリック氏らによって発表された。

音楽やスポーツなどの専門的技術の発達については、これまでにも「生まれ(遺伝)か育ち(環境)か」
という論争が繰り広げられてきた。最近は「遺伝と環境が相互に関連している」とする説が有力だ。
過去には、エリート音楽家は20歳になるまでに平均して約10,000時間も練習に費やし、普通の(エリートと呼ばれる域に達しなかった)音楽家より数千時間も多いという研究結果もある。
生まれつき音楽的な才能に恵まれていても、大成するには努力が不可欠だとわかるが、今回の研究のユニークな点は、その「努力」さえも遺伝の影響を受けていると示唆した点だ。

■自分が「努力遺伝子」を持っているかどうか気になる

調査は双生児850組を対象に実施された。行動遺伝学で「双生児法」と呼ばれるこの手法は、100%同じ遺伝子を共有する一卵性双生児と50%の遺伝子を共有する二卵性双生児を比較するというものだ。
一卵性と二卵性では、遺伝の類似性に差異はあるが、育った環境は同じ。そこで、一卵性双生児のほうが二卵性双生児よりも似た性質を示せば、それは遺伝の影響がより強いためと推察できる。

ハンブリック氏らは、名人級の音楽家は普通の音楽家よりもはるかに多く練習しているという調査結果を得た。
そのうえで双生児法を用い、「より多くの練習を行う傾向は遺伝の影響も受けている」という結論に至った。

今回の研究は音楽家を対象にしたものだが、もし勉強や仕事にも同じことが言えるとすれば、自分が「努力遺伝子」を持っているかどうか気になるところだ。突出した才能がなくても、せめて努力する遺伝子だけでも先祖から受け継がれていないものか...?
過去の自身の行動を顧みれば、すでに答えは出ているのかもしれない。

アンチエイジング医師団 取材TEAM/監修:山田秀和
近畿大学医学部 奈良病院皮膚科教授、近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長
http://www.j-cast.com/2014/09/23216302.html?p=all

参考論文
The genetics of music accomplishment: Evidence for gene-environment correlation and interaction
DOI: 10.3758/s13423-014-0671-9
ミシガン州立大学ニュースリリース
http://msutoday.msu.edu/news/2014/rosin-up-that-bow-maestro-and-thank-your-genes/

★1の立った時間:2014/09/23(火) 12:18:27.23
前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1411459128/

引用元: 天才は「生まれ」か「育ち」か 努力できるのも遺伝の影響とする研究結果★3

3: 2014/09/23(火) 23:45:04.82 ID:fbcNVWa00
>努力できるのも遺伝の影響とする研究結果
何を今更

5: 2014/09/23(火) 23:46:06.86 ID:oCRY3dyN0
天才の親って名が知られてないだけで実は天才だったりするの?

9: 2014/09/23(火) 23:51:38.89 ID:LhETSYfe0
先天的な部分が殆どだと思う 歴代の天才ってアスペばっかだろ 驚異的な記憶力と引き替えに人間性は駄目

10: 2014/09/23(火) 23:51:40.19 ID:x+hKg1BU0
日本の場合は
それなりの水準の大学に通えるように
受験勉強に対応できる予備校で勉強できる環境が整っていたかどうかで人生が決まります。

323: 2014/09/24(水) 02:01:05.03 ID:i4+C+Ezq0
>>10

地方の高校生は現役で予備校なんて行く方が少ないだろ

892: 2014/09/24(水) 10:54:00.53 ID:htfudxNm0
>>323
予備校で「志望校に応じた受かるための受験テクニック」を踏まえて勉強する受験勉強と
馬鹿正直に学力を上げるためにやってる受験勉強じゃ効率が違いすぎるって話なわけだろうが
今時、超ど田舎じゃなきゃ通える範囲に大手予備校の一つぐらいはあるわな。
通えなくてもネット講義だってあるんだし。
ただ、地方の子で上昇指向の強い子は受験以前に指定校推薦を獲れるかどうかで勝負してんじゃないの?
うちらの時代はそんな感じだったが

11: 2014/09/23(火) 23:51:42.44 ID:cbUtOefc0
脳みその出来の違いが大きいだろ

俺は劣等生で、進学校にも行ったが、6年間落ちこぼれた
毎日勉強してもマーチが関の山だった

いわゆる、授業真面目に受けてるのに成績悪いタイプだ
努力する才能は別にしてやっぱ、生まれ持った脳みその違いは大きいよ

222: 2014/09/24(水) 01:17:55.57 ID:LVWwRMyn0
>>11みたいな人はギリギリで進学校に行くよりワンランク下げた
そこそこ頭のいい学校で上位成績を取り推薦で大学に行ったほうがよかったかもね

892: 2014/09/24(水) 10:54:00.53 ID:htfudxNm0
>>222
そういう事をちゃんと理解出来てる親や恩師がいるかどうかとか、
環境って大事だよな

15: 2014/09/23(火) 23:54:09.45 ID:H+8lwmO30
努力が遺伝なのはわかった。

問題をギリギリまで先送りにするか事前に処理するかが
遺伝かどうか教えてくれ。

17: 2014/09/23(火) 23:55:08.64 ID:qj8FMlNx0
>>15
遺伝性の障害の場合もあるね。

21: 2014/09/23(火) 23:57:35.11 ID:/c768r8w0
>>15
それって
どちらにしても2分の1だろ?

親に似てたら遺伝で良いんじゃねえの?

26: 2014/09/24(水) 00:00:52.16 ID:hgtT2tDF0
>>15
処理能力と経験じゃないだろうか。
ぎりぎりで処理してきて痛い目見てなければそのままだろうし。

8/31まで宿題やらずにその日の夜にすべて仕上げるタイプが
天才肌かどうかということだな。

20: 2014/09/23(火) 23:57:05.42 ID:oCRY3dyN0
環境が大事と言っても、ほとんどの人間は凡人なんでしょ?
凡人だらけの環境の中でも天才は育てることができるのか
天才が生まれるようなところは元々凡人とは違った環境にいるのか
どっちなの?

39: 2014/09/24(水) 00:07:50.67 ID:ULbrPdfj0
>>20
不思議なんだけど、ある特定の時代の、特定の場所で
天才が集中して輩出するということはあるみたい
19世紀末のウィーンとか

49: 2014/09/24(水) 00:12:09.38 ID:oCIOYNxg0
>>39
それまでと全く違った何かを時代が求めたからだろう。
黎明期のコンピュータみたいに、ちょっと才覚のある奴が参入すればすぐに成果が出せる状況。
ある程度その分野が成熟してくると、レベルが上がって初心者お断りになるか、分野自体が潰れる。

330: 2014/09/24(水) 02:04:23.47 ID:i4+C+Ezq0
>>39
そこまでたいそうな話じゃないけど
デザインとかの専門学校だと学年によってちゃんとプロでやってける連中が
いっぱい居たり居なかったりと偏ったりするらしい

一人すごいのが居ると周りも引っ張られて伸びたりするらしい

24: 2014/09/23(火) 23:59:05.23 ID:FCm79+EC0
>エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、

 エジソンは「99%の努力があっても1%のひらめきがなければ無意味」
と言いたかったらしい。

856: 2014/09/24(水) 09:58:03.35 ID:FPI07zQO0
>>24
それは無い。

27: 2014/09/24(水) 00:00:58.57 ID:UuNGq1wc0
才能と環境
例えば、
音楽の天才だとする、しかし音楽の教育を行わない環境で育てる。
そうすると、音楽の才能が埋もれて、凡人として生活する。

28: 2014/09/24(水) 00:01:14.99 ID:Ec3xW6J10
たとえば子供は大人数のマンモス校で育つより、少人数学級で育つほうがより積極的に
課外授業に参加したり責任を持つようになる。これは個性に依らない。完全に環境でそうなる。

人間、人生なんてのは「他者性」、つまり「環境」の中で多くが培われる。
自分が「人生を選んでる」なんて大きな勘違いだ。

人生のほとんどが環境に左右されて決定されてしまう。
そのことに気づけるかどうか、がまず第一関門で、それに気づいて自分の手で「環境を変える」ことが
できるかどうかが問題になってくるだろう。そのとき「カネがあるかどうか」が大きくモノを言う。

もちろん貧乏人だからこそ、それに気づけないでいた奴が大半なのだからカネが無い。環境を選べない。
こうして社会的格差は固定されていくのだ。

こないだ本当は金持ちの家に生まれた60歳のオッサンが生まれた病院で貧乏人と取り違えられて
ひどい人生を送った話があっただろ?

金持ちの家に紛れ込んだ貧乏な奴は「幸福な人生」を送ったあれだ。
環境で人生は決まる、もっと言えば「カネで人生が決まる」これが真実なんだよ。

31: 2014/09/24(水) 00:03:47.53 ID:o9Z3jGJ00
>>28
金持ちの家に取り違えられたおっさん、その一家では圧倒的に劣等生だったじゃん

29: 2014/09/24(水) 00:01:46.02 ID:FaBYUmIW0
天才ではないけど国立大学卒です。ちなみに両親は高卒、だけど私の教育には気を使ってくれた。
遺伝の影響ではなく、むしろ環境と本人の資質(努力)の問題。

32: 2014/09/24(水) 00:03:49.63 ID:TJfmQCES0
>>29
だから、努力できるかどうかが遺伝で決まってるって言う話なの。

33: 2014/09/24(水) 00:04:44.64 ID:/+KPe69T0
>>29
勉強はあまりしてないけどそこそこの国立大卒業したぞ
体が弱かったから高校でも夜10時には寝てた
授業だけはしっかり聞いてた

36: 2014/09/24(水) 00:06:25.50 ID:4/1F4a+k0
天才と言っても何かを生み出す才能と、何かを上手にこなす才能がごちゃ混ぜになってるな
芸術も含めて技法や技術は過去の経験則の積み重ねで形になってる物だから、
素晴らしい音楽家はセオリーを身に付ける為に訓練するだろうし、時には無意識に身に付けていた事もあるだろう

40: 2014/09/24(水) 00:08:20.57 ID:UuNGq1wc0
>>36

音楽家は、絶対音感が必須
芸術家は、ひらめきが必須

182: 2014/09/24(水) 01:03:38.09 ID:NiZRPXuK0
>>40
絶対音感のある音楽家の方が少ないと思う。
普通は相対音感。

216: 2014/09/24(水) 01:16:05.83 ID:TWsLtn8Q0
>>40
カラヤンは相対音感だったそうだよ。

42: 2014/09/24(水) 00:08:46.84 ID:TJfmQCES0
何に興味を持つかにもよるよなぁ。
音楽に10000時間費やした人が、
政治家になるために10000時間努力できるかというと疑問。

43: 2014/09/24(水) 00:08:59.12 ID:HnyYF85T0
10%の才能と20%の努力、そして30%の臆病さ
残る40%は、運だろうな

44: 2014/09/24(水) 00:08:59.58 ID:KVY+FbpS0
死にかけで生まれてくると幼児期は問題児だが記憶力いいよね

45: 2014/09/24(水) 00:09:17.18 ID:cF1/c14P0
努力したら天才になれるかっていうとやっぱ違うんじゃね。

才能ある人がものすごく努力したらボルトやメッシみたになれるかっていったら
やっぱなれない人がほとんどでしょ

47: 2014/09/24(水) 00:11:19.22 ID:UuNGq1wc0
>>45
アフリカ人が、生まれつき運動の才能がある。 彼らを鍛えれば運動選手になる確率が高い。 

111: 2014/09/24(水) 00:37:24.91 ID:1TRwTq+50
努力や環境で突き進められるには限界があって
その限界を超えられるのが生まれつきの才能を持った天才