1: 2014/06/02(月) 09:56:47.31 ID:???.net
『練習で上達』は大脳皮質深部の働き
掲載日:2014年6月2日

練習を繰り返せば、サッカーや自転車乗り、ピアノ演奏など難しいスキルを上達させることができる。
その仕組みは大脳皮質深部にあった。
運動を練習して熟達する中期から後期にかけて、学習した運動の記憶が大脳皮質深層、特に大脳基底核へ信号を送る細胞の新たな活動パターンとして保持されることを、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)の正水芳人研究員、田中康裕研究員、松崎政紀教授らがマウスの実験で突き止めた。

運動の学習や制御の仕組み、運動疾患に関する理解を深め、新しい人工知能や自律的に運動するロボットなどの設計に役立つ重要な発見として注目される。
東京大学大学院医学系研究科、玉川大学脳科学研究所、日本医科大学との共同研究で、6月2日に米科学誌ネイチャーニューロサイエンスのオンライン版に論文を発表した。

練習で脳に蓄えられる情報は「手続き記憶」と呼ばれる。練習中に脳の中で、どのような細胞の活動変化が起こって、この「手続き記憶」が形成されるのか、はこれまで謎だった。研究グループは、2光子顕微鏡を用いたカルシウムイメージング法で、生きたままマウスの脳活動を計測できるよう工夫した。マウスが道具を使って運動課題を学習する過程で、大脳皮質運動野の延べ8千個の神経細胞の活動を2週間計測するのに世界で初めて成功した。


▲引用ここまで 全文は引用元でご覧ください-----------

▼記事引用元 Science Portal 掲載日:2014年6月2日
http://scienceportal.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/06/20140602_02.html

▼関連リンク
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 プレスリリース 2014年06月02日
運動学習は大脳皮質深部の神経細胞活動パターンとして記憶される ?大脳皮質深部の神経活動を長期間にわたって記録することに世界で初めて成功?
http://www.nibb.ac.jp/press/2014/06/02.html

Nature Neuroscience (2014) doi:10.1038/nn.3739
Received 07 January 2014 Accepted 07 May 2014 Published online 01 June 2014
Two distinct layer-specific dynamics of cortical ensembles during learning of a motor task
http://www.nature.com/neuro/journal/vaop/ncurrent/abs/nn.3739.html

引用元: 【脳機能】『練習で上達』は大脳皮質深部の働き/基礎生物学研究所など

スポンサーリンク
2: 2014/06/02(月) 10:02:42.69 ID:Du+A9QBJ.net
記憶力悪くて悩んでいるひとは、一人神経衰弱を練習するといい。

3: 2014/06/02(月) 10:13:39.44 ID:Acfjw2MU.net
運動に関する学習は「成功体験」をメインにすべき。

4: 2014/06/02(月) 10:14:09.92 ID:UacNk8Fn.net
マウスの実験が人にあてはまるとは限らんやろ!
大丈夫なのかその論文?

9: 2014/06/02(月) 10:29:39.05 ID:tZozdUz9.net
小脳は細かい調整

>>4
そもそもこれがわかったところで実利的にどうこうはない
網膜の細胞の働きの一部はこう=その解明ですぐ視力5.0になるとか近眼治療術が開発されるとかではない

5: 2014/06/02(月) 10:18:53.43 ID:Acfjw2MU.net
逆上がりのできない人が何度も何度もトライしているケースがあるがダメ。
「失敗グセ」がついてしまう。
介助してもらいながらでも成功のみを繰り返すべき。

6: 2014/06/02(月) 10:20:54.45 ID:QP6jVsfj.net
小脳はどうなるの?

7: 2014/06/02(月) 10:28:13.21 ID:Acfjw2MU.net
一般に運動に関して脳は、失敗ケースは忘れ、
成功ケースを覚えるしくみになっているが
勉強のできる人は運動に関する失敗ケースも忘れられずにいるため
スポーツなど苦手な人が多い。

12: 2014/06/02(月) 11:30:18.07 ID:Du+A9QBJ.net
>>7 そうなのか!!ありがと!!
  幼少期運動神経よかったのに年々トロくなる理由を分析していたところだ!

13: 2014/06/02(月) 12:11:53.32 ID:fHnmX/C8.net
>>7

違うだろ。

勉強のできるやつは考えでやろうとする。
運動は本来手足の感覚をフィードバックして脳が動かす。

考えて処理できるのは1つか2つだが、
感覚にまかせて運動すれば、同時に1000くらい動きの処理ができる。

19: 2014/06/02(月) 14:54:53.67 ID:8WEBsHnC.net
>>13
たんに体を動かす経験が少ないから
体を動かすための記憶そのものが足りないんじゃないのかな
ボールを投げるにしても体のひねり方を知らないと
腕だけで投げてとても不恰好になるし

頭の良い悪いに関係なく経験のないものを上手にこなすのは難しいかと

10: 2014/06/02(月) 10:33:13.97 ID:6p6x3zcD.net
どうせ再現性のない結果だろ?

14: 2014/06/02(月) 13:04:19.65 ID:n3AYfNPF.net
楽器は小さいうちからやってないとどうにもならんw
1曲~100曲くらいまでならかなりの練習でそこそこまで上達できるけど
楽譜を見たらスラスラなんてレベルにはとても達しない

でもスポーツではそこまで器用さを要求されない
むしろ大事なのは、体重のせめて7割くらいの力が小さな関節にかかった時に
耐えられる筋力や腱の力である事が多い

足首が弱かったり握力が弱かったり肩関節が弱かったり脇腹が弱かったり膝関節が弱かったりで
出来ない事例の方が多い

15: 2014/06/02(月) 13:52:48.00 ID:b1FRvNsG.net
ロボットなら制御とか簡単だろ
いわゆる、技の記憶ってやつだね
人間の場合は、そう簡単に思ったとおりに体が動いてくれない

16: 2014/06/02(月) 14:22:29.05 ID:dWIMHE9D.net
大脳辺縁系と大脳基底核は機能が被ってるような気がするんだけど
運動に関する処理が大脳基底核でいいのかな

17: 2014/06/02(月) 14:27:20.24 ID:T+tLD2iF.net
絵が全く上手くならない
どうして上手い人と下手な人の差が著しいのか
努力量だけではない気がする
脳のどこかが違うんだ

21: 2014/06/02(月) 15:21:15.89 ID:n3AYfNPF.net
>>17一部の物体だけは上手く描ける、とかは無いか?

絵を上手に描く本なんてのもあるけど
デッサン力、構成力がまず大事
鉛筆で薄くいい加減に描いて、全体を見てバランスがおかしかったら
もう一回消しゴムで消して何度か書き直せば良いんだよw

陰と艶の付け方をマスターするのも大事
これは教科書がある

問題は水彩でも色鉛筆でも色付けだな

この場合、「陰をつけるためにどうやって重ね塗りしたら良いか分かってますか?」
「そのために必要な色を、コンスタントに絵の具を混ぜて作れますか?」というのが大事になる

で、慣れてきたら色鉛筆オンリー程度の絵ならあまり迷わずにスラスラ描けるようになるね

18: 2014/06/02(月) 14:39:43.19 ID:ceiJqdIq.net
頭脳学習と身体学習の大脳皮質深部での働きの違いは?

22: 2014/06/02(月) 15:36:18.29 ID:rkIH60EU.net
大脳にノウハウカキコすると一夜にして達人になるんか?

24: 2014/06/02(月) 18:24:06.86 ID:n3AYfNPF.net
>>22不器用な人はノウハウを覚えて実践してしくじってを繰り返して
少しずつ覚えていくしかない
そしてちょっとでも上手く行ったらその時のコツは即メモして保管だ

不器用だけど一生懸命頑張ったから達人になりました、なんてのが時々美談になるけど
その裏にはその人にしか通用しないノウハウ集みたいなのが山のようにあるんだ

そしてそのメモを見ながらやってたら、怖い先輩に「てめーの下らないノウハウなんか捨てちまえ!」って
ぶん殴られてノートを焼き捨てられたりする
だからそういうノウハウは、怖い先輩がいる限りは迂闊に見せたり出来ない
メモはプライベートルームで見るしかないな
同僚と相部屋の環境でもまずいw

・・・というわけで、不器用な奴にはなるだけどこの業界も来て欲しくないというのが現状だ
昔に比べてスマホ内にメモとか残せるからこの危険は減ったな

20: 2014/06/02(月) 14:59:26.34 ID:jegO+YEv.net
脳筋は馬鹿だって聞いたんだけど・・・