1: 2014/10/24(金) 00:13:35.23 ID:???.net
やっぱり学力は遺伝の影響が大!だが教育環境も重要との調査結果
2014年10月08日 13時00分

学校の成績の良し悪しは、教育環境よりも遺伝による影響が大きいことが、英ロンドン大学のEva Krapohl博士らの研究グループの調査により明らかになった。

だが同研究グループは、この知見が教育の重要性を損なわせるものではない、とも付け加えている。

一卵性双生児で比較調査

同研究グループは、学力と遺伝または教育との関連性を観察するために、就学中の一卵性双生児13306人について、GCSE(イギリスで義務教育終了時に実施される学力テスト)の結果などの比較調査を実施した。

一卵性双生児は、遺伝的には同一だが環境は異なるために、こうした遺伝か環境か、という類の比較調査の対象に挙げられるのだ。

そして調査の結果、GCSEの成績の良し悪しは、62%が遺伝、38%がそれ以外の「環境」によって決まることがわかったのだという。

教育が無意味ということではない

だが、遺伝による部分が大きいとはいえ、それが家庭や学校での教育が重要ではないことを意味するわけではない、とKrapohl博士は述べている。

確かに、この数字をどう捉えるかは人によって差がありそうだ。
遺伝以外の影響が4割弱というのは、それほど大きな差があるわけでもない、という見方もできる。

同教授は、生徒たちが、この研究での知見を、試験を諦める理由として使ってはいけない、と、釘をさしてもいる。

たとえ頭の良し悪しが主として遺伝によって決まるとしても、教育を受けること無しに、才能を開花させることはできない。

勉強は苦手という若者諸君、ひょっとしたら眠っているだけかもしれない才能を無駄にしないためにも、
くさらずに勉強に励んでみてはいかがだろうか。
http://irorio.jp/kamejiro/20141008/167334/

引用元: 【人体】 やっぱり学力は遺伝の影響が大!だが教育環境も重要との調査結果…英ロンドン大学

スポンサーリンク
2: 2014/10/24(金) 00:15:43.50 ID:QCggHbNi.net
やっぱ、努力する天才が最強wwwww

5: 2014/10/24(金) 00:35:28.09 ID:wkbdCo/H.net
>>2
努力している天才を見つけたら、上から目線でなんでそんなこともできないの?
とか言い出すオマエ。

天才が凡才の上位にあると信じてないか?

9: 2014/10/24(金) 00:43:32.36 ID:esuv6Dlt.net
>>5
確かにそんなこと言われ続けたらだめになっちゃうかもな
やっぱ環境も大事だな

4: 2014/10/24(金) 00:30:40.90 ID:wNH5XUDj.net
真面目にノートとったり宿題出したりするのに、
成績は常に下から5番以内ってやついたなぁ。
あいつは本当にかわいそうだった。

6: 2014/10/24(金) 00:38:27.26 ID:Ip5lVplK.net
天才でも幸福とは限らない。不幸に気付かない阿呆は、不幸に気付いてしまう天才より幸せ。

94: 2014/10/25(土) 10:57:29.50 ID:Lp7H0g5U.net
>>6
こういう頭の悪い奴って必ず登場する

7: 2014/10/24(金) 00:38:55.01 ID:bLT//L5l.net
田舎の出身なんだが、幼稚園時代に一人だけ論旨を立てて話のできる読み書きも
できる頭のいい子がいたんだ。そいつとは小学校からは別々で県下の進学校で、
一緒になった。そいつはずっと一番で東大に入った。ちなみにそいつの兄ちゃん
も東大行ったらしい。やっぱり遺伝だと思う。

48: 2014/10/24(金) 12:29:30.60 ID:74PU8uZ5.net
>>7
そのぐらい凄い兄弟なら親も凄いんだろうよ。家庭教育も凄かったんだろうよ。
家の中で話してる会話とかが他の家庭と違うんだよ。

91: 2014/10/24(金) 23:17:18.74 ID:HTcMhPHc.net
>>7
ご両親や親族、知人などの関係も気になるところ

10: 2014/10/24(金) 00:49:41.22 ID:A4QPbTk6.net
思考脳より記憶脳に意義を見出すのは、歴史の浅い民族の頼みの綱だよな
そして、日本固有の主義主張が目覚め始めると5次元が始まる
それでは、山に続く細い道でお会いしましょう、既に、何かが始まっています。

12: 2014/10/24(金) 01:11:43.37 ID:05HRZNbO.net
まあ、精神の成熟に従って自発的な向学心とか涌けば学力はある程度上がると思うよ。
物の見方とか考え方とかが良くなったりして。しかし、理数系のセンスとかそういうもんはどうしようもないよ。
メンデルの法則そのものっしょ。トンビは鷹を生まない

15: 2014/10/24(金) 01:44:43.98 ID:A4QPbTk6.net
>>12
けどさ、トンビが鷹を生まないのならノーベル賞にも世襲が多発するはずだよな?
どうかな?どうかな?
次世代にその血統が続いていれば、ノーベル賞の世襲が、結構、何度かあったよね?
それが、オチなのにどんな夢を見ているのかしら?この記事を書いた人w

14: 2014/10/24(金) 01:28:01.21 ID:K40Kv88A.net
天才が最善だと思ってるのか?
勉強不足をアピールしてる様なもんだろw
天才でググってみ

16: 2014/10/24(金) 01:53:26.16 ID:GsxaWDES.net
一卵性双生児が別々の家庭で育てられて、この結果になれば納得できるが
同じ家庭で同じように育てられたなら、環境による影響を評価なんかできない。
前提が間違っているバカな研究だ。

25: 2014/10/24(金) 06:23:48.35 ID:nd62xmuD.net
>>16
それ思ったわ

あと38パーセントって思ったより高かった。
もっと生得的な要素が多く関わると思ってた。

勉強しても絶対勝てないって確信できる天才居るからな
ああいうのみるとやる気なくすわ

64: 2014/10/24(金) 17:51:33.46 ID:L/n0Tn8c.net
>>16
俺も同じことを思った。
せめて同じ親から生まれたとはいえ遺伝情報は異なる二卵性双生児との比較くらいはしろと。

92: 2014/10/25(土) 00:39:11.46 ID:CBIMTb4E.net
>>16
その通り
これはかなりまずい研究だと思う
一卵性双生児がそれぞれ所得水準の違う家庭で育てられて、どの程度相関があるかを調べなければ意味がない
最低限所得差のある環境でないと相関のあるなしもわからない
教育水準と親の所得には一定の相関があるのだから、遺伝要因を測定するには、どうしても所得差をパラメータにする必要がある

17: 2014/10/24(金) 02:33:02.16 ID:fuQwnsKD.net
学力と天才は違うから 模試トップの東大悠々は大発明家で大創作家か 逆に古今一人もいないだろ

全国模試トップの例 鳩山邦夫、片山さつき、福島瑞穂

学力=記述物の大量の暗記力

ノーベル賞と天才も多少違うだろ 中村さんは天才頭脳か 山中教授や赤松教授でさえ
まあ鉱脈がこの方向にあるという勘、それをやりぬく根性、その強度を天才というならそうだがな

93: 2014/10/25(土) 00:45:08.65 ID:9Yrm5TyI.net
>>17
> まあ鉱脈がこの方向にあるという勘、それをやりぬく根性、その強度を天才というならそうだがな
天才が偏執狂であることはほぼ間違いない
チューリング、ノイマンもそうだが、ニュートン、アインシュタインにしても言える
これは学問に限った話ではない

音楽ならベートーヴェン
事業家も1から巨万の富を築き上げた者の多くは偏執狂の部分を持っている

唯一才能だけでも一流になれると思われる運動でも、偏執狂的なタイプが一定数いる
イチローなどがいい例だが

18: 2014/10/24(金) 02:44:22.52 ID:l9aNhqJJ.net
知能と遺伝、環境の関係はもう散々色んな研究で結果出てることだから今更な話だな
それより早く知能遺伝子の特定はよ、ガタカの世界まであと少し

19: 2014/10/24(金) 02:51:15.70 ID:Jm/geugc.net
そこらのテストでトップ取れる秀才よりも、時代を塗り替える天才になりたい。

21: 2014/10/24(金) 03:51:07.35 ID:TDiNH+3J.net
ふーん
同じ兄弟や親族でも
中卒と国立大卒の好成績で卒業した人がいるのは、何なんだろう?

24: 2014/10/24(金) 05:14:16.33 ID:j4ZS4H9o.net
>>21
地元に兄貴が理1、弟が高卒でスーパー店員ってのがいる

58: 2014/10/24(金) 17:11:47.01 ID:9KsarT8L.net
>>24
スーパー店員ってのも、なんか凄そうだな。

26: 2014/10/24(金) 06:27:49.00 ID:nd62xmuD.net
>>21
俺は、兄弟とかなり学力差あるが、それも遺伝だと思う

父親の頭脳遺伝するか母親の頭脳遺伝するかの違いだろ

優秀な兄のせいで、本当に苦労したわ…

23: 2014/10/24(金) 04:51:42.83 ID:vwgSH6no.net
馬鹿は生まれながらに馬鹿なのか

27: 2014/10/24(金) 06:29:07.40 ID:nd62xmuD.net
>>23
俺はそうだった

死にたくなるほど勉強できなかった

29: 2014/10/24(金) 06:49:26.60 ID:6NqCPuZN.net
どっちも大事だろ。
ドイツ製と中国製ソーセージの製造元の味の差と、
1週間、冷蔵庫内に保管したか、外に保管したかの環境影響差で
どちらが味に重大な影響をしたかとか判断できないだろ。

31: 2014/10/24(金) 07:05:35.39 ID:sb2mGXbL.net
まあ見の蓋もないが事実だろ、ウチの家系のふた世代前から見ても大学進学率なんて惨憺たるもの、従姉妹に一橋が居るけどほとんど突然変異

32: 2014/10/24(金) 07:13:23.07 ID:Y7ctAkoL.net
でもねぇ、人間の生活力って知能だけじゃなくて外見も重要だからね。

33: 2014/10/24(金) 07:22:29.69 ID:sb2mGXbL.net
顔は変えられるけど中身と身長はどうにもならん

34: 2014/10/24(金) 07:56:41.12 ID:vwgSH6no.net
あともうひとつはカネな
大方の人間は遺伝と親(教育と環境)と親のもってるカネの三つで決まる
次からはちゃあんと知能とカネの関係も調べろよ

42: 2014/10/24(金) 11:20:16.67 ID:0utlyoNw.net
一世代では変わらんかもしれんが、努力したバカの一族と怠惰なバカの一族とでは差は出るだろう。
才能のない努力も無駄じゃないんだよ。無いんだよ…

47: 2014/10/24(金) 12:28:04.86 ID:+dBvixRy.net
>>42
バカでも努力の分は遺伝子に刻まれているのかもな
それがいいのか悪いのか分からないが・・

43: 2014/10/24(金) 11:20:36.61 ID:ITYzxDTd.net
何百年やってんだよ!けっきょく、結論はいつも「どっちも大事」じゃないか