1: 2014/11/07(金) 02:07:26.78 ID:???.net
元寇の神風、本当に吹いた?
Devin Powell
for National Geographic News
November 6, 2014

1200年代、モンゴル帝国の皇帝フビライが日本に攻め込んだとき、嵐が船団を壊滅に追い込んだと伝えられている。
湖の堆積物を調べた結果、この伝説が事実である可能性が出てきた。

皇帝フビライが治めるモンゴル帝国の船団に攻め込まれた日本は、2度も神風に救われたという言い伝えがある。

マサチューセッツ大学アマースト校の生態学者ジョン・ウッドラフ(Jon Woodruff)氏は、13世紀に日本を守った台風並みの強風、“神風”の伝説の一部が事実である証拠を見つけたと主張している。

ウッドラフ氏は神風の証拠を突き止めるため、沈没した大船団の一部と考えられている残骸が発見された場所からほど近い湖の底を調べた。

「大気や海の状態が地政学的に重大な影響を及ぼした最古の事例の1つだ」とウッドラフ氏は述べている。

◆神風の伝説

13世紀、モンゴル帝国の初代皇帝チンギスの孫フビライは既に中国の大部分を征服し、帝国の拡大を企てていた。
そして、九州に攻め込むため、中国と朝鮮の軍勢を従えて巨大な船団を組んだ。
ウッドラフ氏によれば、14万人以上で構成される史上最大級の船団だったという。

1274年と1281年の2度にわたって対馬海峡を渡ったが、圧倒的な力を誇る船団は2度とも壊滅した。
言い伝えによれば、天皇が神風と呼ばれる巨大な嵐を呼び、フビライの船団はそのほとんどが沈没したという。

2度の嵐が神の定めだったかどうかはさておき、この伝説には1つの問題点がある。
船団に攻め込まれた九州は現在、強力な台風が比較的少ないという事実だ。
歴史学者たちはむしろ国を守った日本軍を称賛している。

ウッドラフ氏のチームは沿岸部の湖の底から、500年前の九州は現在より台風が多かったことを示唆する堆積物を発見した。
しかも、そのうち2つの堆積層は神風の伝説の基となった台風によってつくられた可能性がある。

「13世紀後半に2度の大洪水が起きたことを示すかなり強力な証拠だ」とウッドラフ氏は自信を見せる。
ウッドラフ氏は10月21日、アメリカ地質学会の会合で研究成果を発表した。

-----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

▽記事引用元
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141105004
National Geographic(http://www.nationalgeographic.co.jp/)November 6, 2014配信記事

引用元: 【地政学】元寇の神風、本当に吹いた?この伝説が事実である可能性/マサチューセッツ大学アマースト校__

スポンサーリンク
3: 2014/11/07(金) 02:10:37.63 ID:p9l1vXJz.net
膨大な記録が残っているのに伝説と馬鹿にしているところにアメリカ人の蔑視を感じる

28: 2014/11/07(金) 03:21:15.95 ID:bPZ9dA3I.net
>>3
あの国200年そこらしか経ってないから、
800年前の出来事なんて神話の世界なんだろ

55: 2014/11/07(金) 08:28:16.69 ID:AKi+qUWc.net
>>3
欧米ではこの時代まだ動物の革に字を書いてた
記録の概念が違うんだよな
古事記ですら転載の場合ソース元を明記してる
そういう意味では中国の近所でよかったと思うわ

86: 2014/11/07(金) 12:20:01.73 ID:BckOIdgP.net
>>3
たんにこの人が地質学者だから、地質学的アプローチをしただけでは。
しかし元寇をテーマにするとは渋いね。

4: 2014/11/07(金) 02:11:53.03 ID:p9l1vXJz.net
ヨーロッパの白人キリスト教徒が勝てなかったモンゴル軍に日本軍が勝った事実を
白人キリスト教徒は受け入れたくないのだろう

127: 2014/11/07(金) 19:04:37.57 ID:Yhq5w4PF.net
>>4

当時のヨーロッパは、
イスラム世界や中国やインドに比べて後進国だったんだよ。

6: 2014/11/07(金) 02:19:04.74 ID:Rw7nxmsq.net
>歴史学者たちはむしろ国を守った日本軍を称賛している。
いやこの言説は最近じゃないの?
技術や戦術、物量など全面的に劣る日本側がラッキーにも天気のおかげで勝てた言われてた。

7: 2014/11/07(金) 02:26:25.36 ID:b4SbKIJr.net
14万人も引き連れて 船で襲撃に来ていたのなら たとえ対馬かどこかの島嶼を
基地にしていたにしても 食料の確保だけでも大変だったろう。 
戦いが長くなれば 台風の被害が元寇には少々の損害であっても 日本への攻撃を
あきらめて国に引き返した可能性もあるだろう。

8: 2014/11/07(金) 02:26:34.60 ID:LNJuEvMn.net
普通に考えれば台風だろうけれど、竜巻とかダウンバーストかもしれんわね。

9: 2014/11/07(金) 02:29:18.18 ID:jaFeqNo0.net
台風になったら普通に上陸するよな
そのまま船中泊なんてしないだろ

10: 2014/11/07(金) 02:34:45.41 ID:uDergLwK.net
今リアルで神風吹いてるじゃん

11: 2014/11/07(金) 02:36:45.32 ID:0/yllowB.net
元寇の賠償金はいつ払われるんだろうな

12: 2014/11/07(金) 02:42:26.65 ID:+aLCHRrv.net
元・朝鮮の連合軍は、対馬でさらってきた日本のおんなの子達の手のひらを、釘で船首に数珠繋ぎでつないで、日本軍の攻撃を防ごうとした鬼畜。

こんな目に合わされたのに、対馬の土人は朝鮮通信使祭りとかのんきに行う。馬鹿じゃないのか?

13: 2014/11/07(金) 02:44:28.37 ID:ra2Qlama.net
船団の壊滅の原因

台風+朝鮮人が作ったボロ船

71: 2014/11/07(金) 10:29:47.22 ID:+I+s0xDd.net
>>13
わざと弱い船を作ってやったニダ
感謝するニダ
って、韓国人の中にはマジで言ってる奴がいるから

14: 2014/11/07(金) 02:46:02.91 ID:t1O4rWwB.net
じゃあサムライが実力で倒したの?
最強じゃん侍

15: 2014/11/07(金) 02:48:20.78 ID:3KbCpFhp.net
世界最長でロングボウを上回る威力の和弓
両手使いで鍛造の日本刀
負けるわけねえべ

16: 2014/11/07(金) 02:51:20.57 ID:IFP6XZ2W.net
朝鮮と組むと必ず負ける。
法則の方が説得力ある。

84: 2014/11/07(金) 12:18:16.33 ID:LSv17+Jc.net
>>16
大東亜戦争にベトナム戦争
アメが負けるほど強力

18: 2014/11/07(金) 02:54:29.67 ID:0PGVATAM.net
日本人は誰も嘘だとは思ってないよ
季節を考えれば納得できるもの

19: 2014/11/07(金) 02:58:20.08 ID:kKaTvO8e.net
神風吹かなかったら幕府軍は元軍に手も足も出ず完敗して日本滅んでたろうっていう
歴史サイトがあるが本当にそうなのか?

47: 2014/11/07(金) 07:25:34.81 ID:RruWdYwU.net
>>19
もしそうなら普通に上陸していたはず。
なのに連中は毎日船に引き返していたからねぇ。

陸だと昼夜問わず武士が斬り込んでくるのでビビったらしい。
その船でも闇夜に乗じて船に乗り込んでくるので戦意喪失したとか。
そして日本刀で斬り込まれるとなす術がないということで元寇後は大陸で倭刀が流行った。

108: 2014/11/07(金) 16:05:14.06 ID:Q8MyNmUD.net
>>19
陸上でも海上でも日本側が優勢だったからそれはないな
そもそも本州からの本隊が来る前に壊滅してる元側にそんな力はない

112: 2014/11/07(金) 18:10:27.55 ID:1n1cRJLd.net
>>19
神風が吹くまでの「二ヶ月間上陸を許してない」から
神風で船団が沈んだんだよ!

20: 2014/11/07(金) 03:01:56.09 ID:Xu+MW20L.net
戦ったのは武士政権の鎌倉幕府
記録残したのは京都で武士から領地の支配権を奪われ恨み骨髄、武士を身分的には自分達より下と考える公家達
当然、武士達の武勲より神のお助けによる偶然の勝利みたいなことにしたがるだろ

21: 2014/11/07(金) 03:03:16.54 ID:tXIMVCTm.net
夏は南風が吹いているが、9月頃から北よりの風が吹きはじめる。
帆船が大陸から日本に来るのにちょうどいい時期に台風シーズンとなる訳だが、更に大軍の集結には時間がかかるため、台風に遭遇する確率が上がったんだろうか

23: 2014/11/07(金) 03:10:53.29 ID:snlvWgku.net
>>1

ウィリアム・ハルゼー提督が率いる米国の第3艦隊が2回も神風台風で被害をだしました。
1度目は1944年の12月18日で、コブラ台風と呼ばれる台風に突入してしまい、駆逐艦3隻沈没、7隻が中小破、航空機186機、死亡者約800人という大きな損害を出しました。
2度目は1945年の6月5日で、艦船36隻が損傷、航空機142機喪失などの損害。
単純に比較する訳にもいきませんが
、航空機の被害は合わせて328機で、ミッドウェーで日本軍が損失した289機を上回る。

26: 2014/11/07(金) 03:19:55.65 ID:/7pCJSdN.net
一度目は上陸を許して博多を蹂躙されたけど
二度目は、九州御家人に命じて博多港に延々と防塁を築造させ
それを盾に戦い、モンゴル軍の上陸を許さなかったんだよ。
夜には恩賞目当てで、御家人や水軍(海賊)が小船で蒙古軍の大船に
夜襲をかける。
1ヶ月も上陸できず、海の上に船団を鎖でつないで浮かべていたら
食料は底を付いて飢餓が始まるし、疫病は流行るし、弱りきったところに
台風襲来。
上陸できて奥地へ進軍してたら、台風に会わなかったから侵略できた。

蒙古軍も南宋や高麗などの寄せ集め軍で、植民するつもりで農機具持参の
農民兵も多く、精鋭の騎馬民族のモンゴルは指揮官だけだった。

また鎌倉は意外と国際都市で、北条時宗は、滅ぼされた南宋の知識階級の僧侶たちを
鎌倉に寺を与えて住まわせ、先進国の知識を活用すると共に、蒙古の情報を得ていた。
日本は執権の北条氏によって、第三の蒙古襲来に備え厳戒態勢をとり続ける。

そのことが財政負担になり、御家人たちに勝利した証の恩賞の土地もあたえられず
御家人に不満が広がり鎌倉幕府滅亡の遠因になる。

NHK大河「北条時宗」に詳しく描かれてる。少しファンタジー大河だが、
狂言師の小泉元弥の時宗と、北村一輝の平頼綱と奥田栄治の日蓮と、本物の
モンゴル人俳優のフビライと、海賊の藤竜也や白竜や欣也やギバちやんとか
曲者ぞろいで面白かった。

63: 2014/11/07(金) 08:54:05.66 ID:cCJOW8WE.net
>>26
>、植民するつもりで農機具持参の農民兵も多く
確か江南軍(今の上海方面から船出した数的に言えば主力軍)は
征服された南宋軍の兵士のうち
老人兵とか精鋭(精鋭はモンゴル軍に編入)とはいえない連中を棄民する目的も有ったとか

72: 2014/11/07(金) 10:43:56.75 ID:WDYs7Ntf.net
>>63
遼の侵入に一時的に勝利した将軍たちの勢力が高まって、
王家の傀儡状態続いていたから、機を見て高麗王がモンゴルに接触し、
武臣政権を一掃した。日本も後鳥羽院や後醍醐帝みたいな野心家の
天皇や、得宗に反感を持つ北条一門や安達氏、三浦氏、足利氏みたいな
腹に一物ある一族に蒙古がすり寄ってたら危なかったと思う。

27: 2014/11/07(金) 03:19:58.13 ID:0PGVATAM.net
遣隋使、遣唐使の大陸から日本への航海は台風との闘いだったからな

29: 2014/11/07(金) 03:21:53.95 ID:uc5TsfIp.net
普通に記録として残ってるんだが…

30: 2014/11/07(金) 03:22:46.61 ID:0PGVATAM.net
阿倍仲麻呂が帰国できず、鑑真が何度も日本上陸を失敗したのか、考えれば分かること

31: 2014/11/07(金) 03:26:21.35 ID:EKkOPIzB.net
普通の台風だろ
武士団が上陸を阻止している間に台風に遭えば中世の船団なんかひとたまりもない

33: 2014/11/07(金) 04:54:45.98 ID:ax2j5rTS.net
日本には八百万の神々が居るからな。
アメリカが日本に原爆を落としたのも、この気脈を断つ為だと言われている。