1: 2014/12/13(土) 13:31:13.10 ID:???.net
Yahoo!ニュース - コノハチョウ擬態の謎、解明か (ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000001-natiogeog-sctch


 コノハチョウ属の仲間には、デッド・リーフ(オークリーフ)・バタフライと呼ばれる枯葉そっくりのチョウがいる。葉脈からカビの模様にいたるまで、その完璧に枯葉を模した翅がどのように進化したかは、これまで熱い論争の的だった。

 1800年代、博物学者のアルフレッド・ラッセル・ウォレスは東南アジアでコノハチョウを採集し、チョウがお腹を空かせた鳥から身を守るため徐々に葉っぱを真似るようになったと説明するダーウィンの自然選択説をさらに前進させた。

 その一方で、別の進化論を提唱する科学者らも現れた。例えば1940年代には、米国の遺伝学者リチャード・ゴールドシュミット(RichardGoldschmidt)が、翅の擬態は中間的な変化のない突然変異によって現れたとする、「有望な怪物」と呼ばれる説を提唱した。

 そして今回、日本人研究者らが少なくとも4段階の中間的な形状を経てコノハチョウが枯葉模様を進化させたとする新たな説を発表した。

「枯葉擬態の漸進的な進化を裏付ける初めての証拠を提供するため」、時間と共に微妙に変化していく翅の裏面にある模様を図化したと、研究の共著者である独立行政法人農業生物資源研究所の鈴木誉保(たかお)氏は電子メールで語った。

 ダーウィンの進化論から枯葉擬態を説明する現代の科学者は、ようやく自らの説を証明する手段を得たと同氏は話している。

◆徐々に? それとも突然に?

 一方、鈴木氏と同僚らが用いた解析方法があまりに新しいため、ダーウィンの正当性を証明したとは言い難いと、英国リバプール大学総合生物研究所のマイク・スピード(Mike Speed)氏は述べている。

「極めて専門的かつ特殊な手法のため、内容を把握し確信を得るには時間が必要だ」と、研究には参加していないスピード氏は言う。

 一般的に、擬態が進化するには遺伝子レベルで大きな変化あるいは突然変異が起こると推測され、「これらの形質が永い世代を経て少しずつ進化していくという説明に人々は概ね懐疑的だ」と同氏は付け加えた。

引用元: 【進化生物学】コノハチョウ擬態の謎、解明か

スポンサーリンク
2: 2014/12/13(土) 13:31:32.48 ID:???.net
◆擬態の解明

 とはいえ、“マスカレード(変装)”擬態と呼ばれるタイプの擬態は例外だとスピード氏は述べる。

 デッド・リーフ・バタフライの場合、もし祖先種が既にある程度の擬態を得ていたとするなら、「漸進的に進化するのはそう難しくない」。

「この研究の大きな価値の1つは、これまであまり研究されてこなかった変装擬態に着目したことだ。注目に値するにもかかわらず、ほかのタイプの擬態に比べ注目度は低かった」。

 最新の研究で使用された模様のマッピング法は、コノハチョウ以外の翅を持つ昆虫がどのように別の生物を真似るようになったかを明らかにするだろうと共著者の鈴木氏は述べている。

 実際、同氏はその手法を苔や樹皮に扮するガやチョウにも既に応用している。鈴木氏らの研究によって、昆虫界の変装名人のさらなる解明が進みそうだ。

 今回の研究結果は、「BMC Evolutionary Biology」誌に11月25日付けで掲載された。


コノハチョウの1種、インディアン・リーフ・バタフライ(Indian leaf butterfly、学名:Kallima paralekta)が枯葉に擬態する (Photograph by StephenDalton/Minden Pictures/Corbis)
http://amd.c.yimg.jp/im_siggNri9.flZOouL8LJVy_5zTQ---x450-y338-q90/amd/20141212-00000001-natiogeog-000-0-view.jpg

4: 2014/12/13(土) 13:34:05.12 ID:TMXed9Ba.net
ソースも見たけど、
肝心な部分に少しも触れていないじゃん。

12: 2014/12/13(土) 14:16:27.04 ID:sgZn7xe3.net
>>4
まだ読んでないけど鈴木氏の論文見つけた。
http://www.biomedcentral.com/content/pdf/s12862-014-0229-5.pdf

18: 2014/12/13(土) 14:45:19.39 ID:TMXed9Ba.net
ありがとう。  >>12
流し読みだし、英語、そんなに得意な訳じゃないけど、

34: 2014/12/13(土) 18:17:03.26 ID:xTSXcUy4.net
>>12
あーこりゃ凄いわ
図しか見てないけどw

5: 2014/12/13(土) 13:37:22.80 ID:EWbCz/jS.net
普通に違う植物や環境で育てて変わるかどうか調べりゃ一発じゃねえの?

6: 2014/12/13(土) 13:48:16.09 ID:WWEskYJe.net
見ないで解説すると、
紫外線の突然変異で一定の割合の生物は環境を開拓する運命にある。
手が4本の子も生まれているよね。
これがもしかしたら海面上昇して人類絶滅の時に
さらに水かきがついた子が生まれれば人類のしんかとして生存できる
そうやって生命は「たまたま茶色の葉っぱみたいな」方向に進化した
もんだけ生き残ってきている。


生命の意思?ナンデスかそれw

7: 2014/12/13(土) 13:55:59.76 ID:A1Bl4QOb.net
進化に意思は介在したか?

8: 2014/12/13(土) 13:56:12.52 ID:v/my228O.net
開くとキレイだよね
幼虫は水草として売ってるハイグロフィラ・サリチフォリアを食うのか

10: 2014/12/13(土) 14:05:09.28 ID:wm+Z3x2H.net
葉脈とカビ両方の超リアルな模様が羽に現れたチョウ
が突然生まれるっての自体がなんかすごいんだが
そんなだと、上戸彩そっくりの顔写真みたいな羽のヤツがいてもおかしくないって事になる

14: 2014/12/13(土) 14:18:47.03 ID:MQWDZI14.net
本当は、何億種のコノハチョウが居て、生き残ったのが現在のコノハチョウという自然淘汰と
元から擬態しようと言う意思があったのが進化したのか

どっちの要因が強いんだろう

15: 2014/12/13(土) 14:27:11.51 ID:7MdoNGRG.net
>葉っぱを真似るようになった
蝶の意志で真似てるような表現がそもそも馴染まないんじゃないか。

17: 2014/12/13(土) 14:44:07.03 ID:sgZn7xe3.net
>>15
原文は以下の通りで、直訳すれば「葉っぱを真似るようになった」というよりは
「葉に見えるように進化した」に近い。科学の読み物って下手に意訳しない方がいいよね。
In the 1800s, naturalist Alfred Russel Wallace collected Kallima butterflies in
Southeast Asia and used them to advance Darwin's theory of natural selection,
which would suggest the butterflies gradually evolved to look like leaves to
escape hungry birds.
http://news.nationalgeographic.com/news/2014/12/141210-butterflies-evolution-darwin-leaves-mimicry-science-animals/

19: 2014/12/13(土) 14:47:56.54 ID:VoxVHJxk.net
木の葉と蝶が交尾してできたんだろ

20: 2014/12/13(土) 14:50:08.97 ID:ZkPPEckX.net

22: 2014/12/13(土) 15:12:41.28 ID:GtBjUAxi.net
>>20
ええええええ?
まじなん?

24: 2014/12/13(土) 15:22:22.86 ID:goJ2CsVP.net
仮に木の葉そっくりになっても、バタバタ動いてたら意味が無い

やっぱり、擬態の意味を知っているとしか思えない

27: 2014/12/13(土) 16:23:29.99 ID:DfH1owpG.net
>>24
そもそも動きの活発な種は擬態とかの方にいかないんじゃyないか
ドン臭くて動かない種の中からそっち方面の成功者でてんだと思う

28: 2014/12/13(土) 16:32:48.34 ID:0AG8Ak0v.net
葉っぱになりたい、なりたい、なりたいって、1,000万年願ったから葉っぱになったんじゃないの?

29: 2014/12/13(土) 16:52:48.80 ID:4gR45h8S.net
あーこれは進化論では説明不可能だな
偶然こんな形になる訳がないから、神の意思によるもの

30: 2014/12/13(土) 16:56:55.14 ID:TMXed9Ba.net
たまたま近くにいて、
姿が似たら,外敵に襲われにくくなって、生き残った。

種の多様性というか、エントロピー(本来の使い方ではないけど。)に
反することではないのかと思うんだけど。

31: 2014/12/13(土) 17:55:47.84 ID:aXY8YogX.net
ここまで出来るなら透明にもなれそうな気がするな

33: 2014/12/13(土) 18:08:21.62 ID:+HnwSyQY.net
>>31
透明な羽の蝶もいるな…
それこそ枯れた葉っぱが葉脈の太いとこだけ残してスカスカになったような
先日のNHKのホットスポットでも出て来た

32: 2014/12/13(土) 17:57:35.32 ID:7pJXFN/+.net
論文をみた。凄いな。
系統進化・分化とそれに伴う羽の紋様の変化の過程を示している。

35: 2014/12/13(土) 18:23:36.09 ID:ZQUhrX/y.net
本当は地球外生物の仕業

36: 2014/12/13(土) 18:29:44.24 ID:b76l3m5T.net
食べられにくいものが残っただけだろ
人間もおなじだよ
生き残ったやつらの人格にそれが現れている

37: 2014/12/13(土) 19:22:50.07 ID:Q7e8t7GP.net
この間東京23区内のとある銀行の窓にコノハチョウとまってて
はじめて見たから5分近く写真撮ったり見つめたりしたがほんと枯れ葉のまんまなんだな
こさその間は同じ銀行にナナフシがいたけとまだれかの昆虫コレクションから逃げてるのかな

38: 2014/12/13(土) 19:24:57.54 ID:ZFmt7rML.net
外敵の攪乱を受けにくい姿が生き残ったのだから
カモフラージュによる耐性の一種だな
姿が似てないのも少数潜伏しているが
強い攪乱を受けるので出て来れないだろう

42: 2014/12/13(土) 21:11:06.93 ID:792u6uVw.net
結局、たまたま模様がある奴がどんどん生き残っていって淘汰圧がかかって
うまく擬態出来ているものだけが生き残ったんだろ。

自ら変装して相手を騙してるなんて、こいつらは理解できてないよ。
遺伝子に刻まれた特性のある行動を反射的に行ってるにすぎない。

21: 2014/12/13(土) 15:06:35.57 ID:lyitaMBH.net
プレデターや