1: 2014/11/06(木) 00:14:06.06 ID:???.net
2014.11.4 20:07
難病「視神経脊髄炎」に既存の抗がん剤活用 医師主導で治験

難病の「視神経脊髄(せきずい)炎」に特定の抗がん剤が効くとして、国立病院機構宇多野病院(京都市右京区)の田原将行医師(神経内科)が、患者に投与して効果を確かめる臨床試験(治験)を進めている。
視神経脊髄炎の医薬品として承認されれば、世界初となる見通し。
副作用が知られた既存の医薬品を活用することで、安全性の高い治療法の確立につながることも期待される。

治験中の薬は抗がん剤「リツキシマブ」で、血液のがんといわれる悪性リンパ腫の治療薬。
視神経脊髄炎に対しては日本だけでなく欧米でも未承認だが、効果を実証した臨床研究は複数あるという。
視神経脊髄炎は、失明を含む視力障害や両足のまひ、排尿障害などを引き起こす神経難病で、発症のメカニズムは解明されておらず、再発を繰り返せば神経組織が破壊されてしまう。

田原医師は、米国でリツキシマブを投与された視神経脊髄炎の患者に平成18年から、宇多野病院で投与を継続。
この患者を含む6人への臨床研究を通じ、1回の点滴で約9カ月間、発症を抑えられることを突き止めた。

大学病院の教授らと研究チームを作り、国の科学研究費の助成を受けて今年6月に治験を開始。
患者4人が協力しており、今後は40人を目標に患者を集める。
データを分析して効果が確認されれば、視神経脊髄炎の治療薬として承認を目指す。

----------- 引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください -------------

▽記事引用元
http://www.sankei.com/west/news/141104/wst1411040060-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/141104/wst1411040060-n2.html
産経WEST(http://www.sankei.com/west/west.html)2014.11.4 20:07配信記事

引用元: 【医療】難病「視神経脊髄炎」に既存の抗がん剤活用 医師主導で治験__

2: 2014/11/06(木) 00:23:31.33 ID:Y1SRMDaJ.net
へ~。
俺リンパ腫になってリツキサン投与してたわ。
保険適用前で、1回30万近いのだが…

4: 2014/11/06(木) 02:38:00.96 ID:Azw+vebQ.net
B細胞がなんか悪さするのかねえ

6: 2014/11/06(木) 06:36:51.49 ID:URQK3Jqm.net
血内でよく使う抗がん剤って最近いろんなとこで使われてるな

7: 2014/11/06(木) 11:40:58.16 ID:vQ87dI9y.net
ウイキより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AA%E3%84%E3%AD%E3%B7%E3%9E%E3%96
リツキシマブ(rituximab)は、抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体からなる
モノクローナル抗体であり、その製剤は分子標的治療薬のひとつとして抗がん剤などとして
使用されている。
製剤としてのリツキシマブが注射剤であり、日本はリツキサン(Rituxan)®の商品名で
全薬工業[1]および中外製薬から発売されている。
リツキシマブは2011年現在、金額ベースにおいて世界でベストセラーの抗がん剤となっている。
この背景には各国での治療適応疾患の拡大のほか、薬剤価格が高価であることがあり、
日本でも1瓶(500mg/50mL)あたりの薬価(保険適用前)が約21万円(2008年薬価改正時点)に
設定されている。

8: 2014/11/07(金) 20:53:43.41 ID:9iYrxFhv.net
難病が治療可能になっていくのはいいことだ

金持ち限定

5: 2014/11/06(木) 03:32:55.73 ID:iJukrGQU.net
聴神経のほうも何とかしてくだちい