1: 2014/12/16(火) 21:44:30.24 ID:???.net
2014年12月16日ニュース「腹ぺこ幼虫が満腹でサナギになる仕組み」 | SciencePortal
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/12/20141216_01.html

筑波大学 プレスリリース
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201412151900.html
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/bc36fc7bf066db55cd4cc1f3d6be7ee92.pdf pdf

科学技術振興機構 プレスリリース
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20141215/


幼虫がもりもり食べ続けて成長してやがて美しいチョウになる物語を簡潔に描いた幼児向けのベストセラー絵本「はらぺこあおむし」を裏付けるような研究がなされた。成長に必要なステロイドホルモンの生合成を促す新しい仕組みを、筑波大学生命環境系の丹羽隆介(にわ りゅうすけ)准教授と島田裕子(しまだ ゆうこ)・日本学術振興会特別研究員がキイロショウジョウバエで見つけた。子どもから大人への成長に欠かせないステロイドホルモン生合成のタイミング調節に迫る発見といえる。12月15日付の英オンライン科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。

ステロイドホルモンは、種を問わず、個体の発育や性的な成熟、恒常性維持に重要な役割を担い、特に子どもから大人への成長に際して適切なタイミングで生合成されることが重要である。しかし、その生合成のタイミングを調節する仕組みは謎がまだ多い。研究グループは、昆虫の主要なステロイドホルモンで、脱皮や変態の誘導に欠かせないエクジステロイド(脱皮ホルモン)の生合成の研究にこの10年間取り組んできた。

今回は、キイロショウジョウバエで、幼虫がサナギになるタイミングを調節する仕組みを探った。その幼虫は、摂取する栄養量に応じてサナギになるタイミングが変化し、ずっとはらぺこだとサナギになるのが大幅に遅れることが知られている。エクジステロイド生合成器官の前胸腺に分布する神経を詳細に調べたところ、摂食や睡眠などに関わる神経伝達物質のセロトニンを産生する神経が脳から軸索を伸ばして連絡していること
を見いだした。

続きはソースで

引用元: 【昆虫生理学】幼虫が栄養状態に応じてサナギになるタイミングを調節する仕組みを解明

スポンサーリンク
4: 2014/12/16(火) 21:45:58.23 ID:QeZsMPDi.net
※ こんなに科学が発展しても あなたのハゲは全く治りません。

12: 2014/12/16(火) 22:33:54.02 ID:Otn0VsJc.net
>>4
あと5年以内になんとかして貰わないと困る。
もう髪が保たない…。

15: 2014/12/16(火) 23:45:47.93 ID:mm4+PkcU.net
>>4
AGAなら薬呑めばなおるぞ。

5: 2014/12/16(火) 21:48:21.77 ID:x10TTaHd.net
完全なる変態

7: 2014/12/16(火) 21:55:31.70 ID:2alzVrFA.net
昆虫の変態は不思議
固形の体が一度液状になってから再構成して成虫になる
細胞組織がバラバラになってからもう一度組み直す訳だ
何か、単細胞の塊から多細胞生物が生まれた過程を見る様だ
恐らく、過去に似た過程で進化が起きたのだろう

10: 2014/12/16(火) 22:26:50.43 ID:/G/neF+r.net
幼虫とか蛹って、タンパク質の塊だろ?
フリーズドライで、家畜や、養殖魚の餌にすれば良くね?

11: 2014/12/16(火) 22:31:51.22 ID:shDt3P7H.net
変態は不思議だ

13: 2014/12/16(火) 22:49:25.03 ID:HocHzukn.net
子供の頃からカブトムシで一番好きな姿はサナギだったな。

14: 2014/12/16(火) 23:24:51.14 ID:PZm+qkIi.net
この研究が火星ゴキブリ誕生のきっかけである……

16: 2014/12/17(水) 00:09:27.83 ID:rKJfeS6f.net
猛暑の時に子供の自由研究でモンシロチョウを卵から育てた。卵は15個
プランター栽培の無農薬小松菜を毎日朝採りでふんだんに与えた。
夕方には虫かごに新聞紙をかけて夜を演出し、日中は直射日光を避けつつ
充分明るい環境にした。早いやつは15日、遅いやつでも18日で蝶になった。
15のうち、2齢で死んだのが1匹、さなぎで奇形になって羽化しなかった
のが1匹、他13匹は蝶になった。

19: 2014/12/17(水) 16:10:47.46 ID:YFI4oIiU.net
サナギマンがいるのに
ヨウチュウマンがいないことが問題だ

22: 2014/12/21(日) 21:06:42.40 ID:5NdE4gk7.net
昔カブトムシのサナギが割れて白いどろどろの液体が出てきたのを思い出した('A`)
なぜあんなに無防備なサナギを経由するんだろ。不思議だね

3: 2014/12/16(火) 21:45:37.36 ID:M7rVVGIL.net
サナギって中身どろどろの液体なんだよね
それをあれしてこれしてチョウチョとかになるってすごいね