1: 2014/12/25(木) 21:36:37.11 ID:???.net
掲載日:2014/12/25

 東芝とIHIは12月25日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「海洋エネルギー技術研究開発 - 海洋エネルギー発電システム実証研究」の共同研究先に採択され、水中浮遊式海流発電システムの実証研究に着手すると発表した。

 水中浮遊式海流発電システムは、対向回転する双発式のタービンを装備した発電設備を海底から係留して海中に凧のように浮遊させる仕組み。共同研究では、IHIがタービン、浮体などの製造を行い、東芝が発電機や変圧器などの電気機器を製造する。

 両社は2017年度までに実海域における発電実証に取り組み、近い将来に海洋エネルギー発電技術を実現し、ゆくゆくは海洋エネルギー産業の新規創出と、エネルギーセキュリティの向上に貢献することを目指すとしている。

<画像>
水中浮体方式の海流発電システムのイメージ図
http://news.mynavi.jp/photo/news/2014/12/25/400/images/001l.jpg

<参照>
「海流発電システム」の実証研究を開始 ~NEDOによる「海洋エネルギー技術研究開発」の共同研究予定先として~
|プレスリリース|2014年度|ニュース|株式会社IHI
http://www.ihi.co.jp/ihi/all_news/2014/press/2014-12-25/index.html

<記事掲載元>
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/25/400/

引用元: 【エネルギー】東芝とIHIが海流発電システムの実証研究に着手

スポンサーリンク
2: 2014/12/25(木) 21:39:06.77 ID:hKkFfFuE.net
海流が変わったら漁業とか生態系、もしかしたら気象にすら影響があるのか?

3: 2014/12/25(木) 21:46:08.85 ID:7rH0NrT3.net
>>2
そうだぜ
下手すりゃ国際問題にだって…

15: 2014/12/25(木) 22:56:27.14 ID:Sp76SyBc.net
>>2
変わるわけねーだろ
どんだけでかいの作るつもりだよ

4: 2014/12/25(木) 21:48:21.60 ID:y8RPqgZJ.net
大型タンカーを発電所にして黒潮に乗せておけ!
蛇行してもタンカーが母体なら幾らでも微調整可だろ

5: 2014/12/25(木) 21:51:15.33 ID:W+jICQkE.net
海流なんぞ、日常茶飯事変化しとるのをプロペラで回収出来るのか?

6: 2014/12/25(木) 21:52:19.71 ID:9uQQXmZz.net
どうやってメンテするんだろう。

29: 2014/12/26(金) 03:02:41.94 ID:dNeLxehX.net
>>6
潜水艦のように、メンテする時は浮かせるんじゃね?

7: 2014/12/25(木) 21:59:47.86 ID:aH/0/Un/.net
もうすぐ立命館や中国・韓国の視察団がくるよ
本当にきをつけろ

8: 2014/12/25(木) 22:01:52.98 ID:iETudI3A.net
海流なんかより鳴門海峡に沈めろよ
特許とろうかな

19: 2014/12/25(木) 23:26:13.24 ID:y3kOaUhH.net
>>8
行けそうだけど名物の渦潮がなくなってしまいそうなのでどうしようなんて実験結果が既にある。

58: 2014/12/28(日) 10:35:27.58 ID:rTmYQEOh.net
>>8
海流の流速はほぼ一定だが、潮汐には流速がほぼ0の時間帯がある。

9: 2014/12/25(木) 22:07:28.79 ID:QXIDl0Pp.net
発電したら海水温度が下がるのかな

55: 2014/12/27(土) 23:34:25.02 ID:GNfDAY9J.net
>>9
地球の自転が若干遅くなるだけじゃね?

10: 2014/12/25(木) 22:11:58.78 ID:RPP+nWiv.net
フジツボ問題は解決してんの?

11: 2014/12/25(木) 22:23:04.61 ID:WbRcdinN.net
こういうのは開発しがいがあると思うぞ
風力よりも海流や潮力発電の方が日本には向いてる

13: 2014/12/25(木) 22:29:01.01 ID:hqUCm8P4.net
海に大口径の長い筒を縦に沈める
海底側には可動できるフロート様のフタを付ける
海上側には固定の天板と空気を送り込むポンプと風力発電タービンを設置する

原発などの発電する余剰電力(主に夜間)で空気を送り込みフロート様の海底板を押し下げる
日中の必要な時に空気を排出して風力タービンで発電する

フジツボの問題は発生しない揚水発電の逆の発想

59: 2014/12/28(日) 10:37:12.55 ID:rTmYQEOh.net
>>13
陸上に巨大空気タンクじゃだめニカ?

16: 2014/12/25(木) 23:07:06.89 ID:dHPjxE/y.net
イメージ図考えた奴は素人なのか

17: 2014/12/25(木) 23:11:32.69 ID:Sjbg3v/1.net
これは本命 黒潮のエネルギーは莫大、
日本はとんでもない資源国だ!

18: 2014/12/25(木) 23:14:57.54 ID:A2Gxe0mS.net
海流の力を奪うわけだから、何かしら影響は出るだろうな。

20: 2014/12/25(木) 23:26:59.17 ID:pWJ+ltgv.net
これ色々言われてるので俺も試算したけど
現存する発電の中で最もコスパが悪いのが潮流発電。
キロワット100円超えを覚悟しなけりゃいけない。
もしどうしてもやりたいなら洋上風力発電のついでに潮力発電の設備をつけるくらい。
それでも採算は合わないけどね。

63: 2014/12/28(日) 11:26:38.63 ID:rTmYQEOh.net
>>20
面白いことを考えるものがいる。

金属マグネシウムに水を反応させると水素が発生し、マグネシウムは酸化マグネシウム又は水酸化マグネシウムになる。
この時の水素を様々なエレルギーとして利用する。
自動車での利用方法として、現在の燃料タンクに相当する部分に水を入れ、マグネシウムカートリッジを
クルマにセットする。後はマグネシウムカートリッジに水が供給され、発生した水素を利用して走行する。
酸化マグネシウムは極めて安定的なので、金属マグネシウムに戻すのに高温状態が必要となる。
そこで太陽光励起レーザー(太陽光レーザーじゃないぞ)を照射し、酸化マグネシウムから酸素を追い出す。

これをひとつのサイクルとして水素エネルギーを使用する。酸化マグネシウムは海水中に無尽蔵にあるので、
海洋国家である日本にはうってつけの資源だ。

なおこれはすでに千歳市での小規模な実験が終了している。現在UAE等での大規模な実証実験が計画されているという。

71: 2014/12/28(日) 14:03:28.66 ID:5q6N05Yf.net
>>63
>後はマグネシウムカートリッジに水が供給され、発生した水素を利用して走行する。

その場合、マグネシウムの持つエネルギーのほとんどは熱になるんで、効率悪すぎ

21: 2014/12/25(木) 23:29:13.10 ID:pWJ+ltgv.net
波力発電もコスパ的には論外なんだけど
ブイの電源としては最適だから、そちら方面では普及が見込める。

22: 2014/12/25(木) 23:32:34.03 ID:pWJ+ltgv.net
これの恐ろしいのは津軽海峡を全て閉鎖するくらいデカイ潮流発電所を作っても
作られる電力は雀の涙なんだよね。
日本の電力を全て賄うなら日本列島よりデカイ発電所が必要になる。

23: 2014/12/25(木) 23:42:44.73 ID:2hoEMrZY.net
やっと日本もはじめるのか
イギリスじゃとうの昔に(ry

24: 2014/12/25(木) 23:54:11.91 ID:9y2I0J+/.net
根室沖にたくさん連結して千島海流を弱めてやれヨ
そうすれば東北の冷害がなくなるからナ

26: 2014/12/26(金) 00:20:08.20 ID:xA8WacKM.net
日本は大規模地熱発電が一番向いてるよ
キロワット4円という驚異的な安さで発電できる上に
単位がメガワット以上で一基で数万件の住宅の電量をまかなえるのは大きい。

27: 2014/12/26(金) 00:56:54.90 ID:iUe/Tz1S.net
海水由来の腐食を抑えられる技術の開発は、海洋機械の汎用性・信頼性向上と共に
海砂利・海砂を建設用により使いやすくなる効果が

既にあるが、より改良があればいいなと

28: 2014/12/26(金) 01:45:18.58 ID:Xnvz49O4.net
関門海峡なんか船が前に進めないくらい海流が早い時間帯があるんだけど
狭いんだよなぁ。九州と本州の間が700mくらいしか無いのよ

33: 2014/12/26(金) 08:39:17.63 ID:FJUYwCSy.net
黒潮発電とか大本命だよな。これ以上安全で安定したエネルギー源ってないだろう。あとはメンテコストの問題だけだろうな。

39: 2014/12/26(金) 15:46:23.02 ID:xA8WacKM.net
でも、この「実証実験」ってそろそろ止めて欲しいよ。
とっくの昔に潮流発電はどんなに数が増えようが大規模になろうが
コストが下がろうがまるでコスパ的に採算は100%取れないと証明されてるのに。
研究費用という名目で税金にしゃぶりつくためだけにやってる。
仮に実用化されるとされれば無人島の離島に灯台を建てた時に電源として使う程度かな。

43: 2014/12/26(金) 19:30:50.35 ID:Pmh9/UmD.net
>>39
エネルギー密度的には太陽光や風力なんかよりよっぽどまともじゃねーの?

問題は送電で、水素かなんかにして備蓄するしかないだろうけど

44: 2014/12/26(金) 23:23:28.73 ID:xA8WacKM.net
>>43
違う。 俺もそのエネルギー密度詐欺に騙された。
漏斗みたいなものをつけて潮流を集めれば物凄く効率が良いと思ってたのだけど
実は猛烈に効率が悪かった。
またイメージ形状を見てもらえば分かるけど流木やイルカが来たら簡単にぶっ壊れる。
実用化されようとしてるものはもっと羽根が小さい。
また分厚い鋼鉄で頑丈に出来てる。

50: 2014/12/27(土) 18:51:29.52 ID:UYzIZBQa.net
>>44
潮流集めるはないし、この浮体とかも論外だけど、普通に前後にフィルターつけて大きな
プロべラ回せばいいんじゃねーの?

62: 2014/12/28(日) 10:56:56.24 ID:6NVTZt6e.net
>>44
空中と同じようなイメージで考えてないか?航空機や風力発電の
プロペラやタービンが鳥に弱いのは空気と鳥の密度が3桁違うからだよ。
水中浮体なんだから、海水と同じ密度のものしか流れてこない。

同密度でダメージの可能性があるのは、紐や網のようなもの、
硬くて大きいもの。後者は候補がない。

48: 2014/12/27(土) 05:19:34.01 ID:evm0VNky.net
海流に乗って移動する魚が一網打尽

31: 2014/12/26(金) 03:37:21.22 ID:ygZ0l/qR.net
お、やっと始めたか