1: 2014/12/25(木) 12:14:12.27 ID:???0.net
Yahoo!ニュース - 発達障害の関連遺伝子12個を特定、英研究 (AFP=時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141225-00000012-jij_afp-sctch


心臓欠損、てんかん発作、知的障害などを引き起こす恐れのある子どもの発達障害に関連する遺伝子12個を発見したとの研究論文が、24日の英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。

 論文を発表した英遺伝子研究機関ウェルカムトラスト・サンガー研究所(Wellcome Trust Sanger Institute)などの研究チームによると、これらの遺伝子は、診断未確定の重度の障害がある子ども1133人とその両親のゲノム(全遺伝情報)の詳細な調査で発見されたという。

 それぞれの症状に関与するDNA変異を特定することで「診断が確定する可能性のある子どもの割合は、これらの新たに関連が示された遺伝子によって10%増加する」と研究チームは記している。

 重度の発達障害をがある子どもの半数以下は、特定の遺伝子診断が下されていない。障害の中には極めてまれなものもあり、症状は人によって異なる場合がある。

 発達障害の診断を目的とした遺伝子研究プロジェクト「Deciphering Developmental Disorders、DDD」に参加するウェルカムトラスト・サンガー研究所は、発表した声明で、関与遺伝子を特定することは「新たな治療法の探究の出発点となる」と述べている。

 また関与遺伝子の特定は、一部の人々が発達障害を患う理由を医師らが理解することを助け、障害のある子どもを持つ人に生殖をめぐる選択について情報を提供することが可能になることが考えられる。

 DDDプロジェクトのウェブサイトによると、最も一般的な障害の一部では、発育障害、身体的変形、学習障害や行動障害などを伴うこともあるという。可能性のある症状としては、てんかん、自閉症、統合失調症、発育不良などが挙げられる。

 これら障害を引き起こす遺伝暗号の誤りが生じる原因は何かは分かっていない。遺伝子変異の中には、両親からの遺伝で受け継がれるものもあれば、子どもに初めて出現するものもある。

 発達障害の大半は出生前から始まっているが、負傷や感染症、環境的影響などの要因によって出生後に発現する可能性があるものもある。
障害は日常生活の機能に深刻な影響を及ぼす恐れがあり、その影響は生涯続く可能性がある。

 DDDプロジェクトは、最終的に1万2000家族分の遺伝情報を分析することを目的としている。

 論文の執筆者らは、診断を確定する必要に迫られている家族を助けるための「道徳的要請」に言及しつつ、自身の成果を他の研究者らと共有する意向を表明している。

「発達障害における遺伝子的要因をより多く特定し、診断率を国際的に向上させるためのデータを蓄積することについて、DDDプロジェクトが世界中のより多くの臨床および研究計画の後押しとなることを研究チームは期待している」と声明は述べている。

引用元: 【科学/遺伝学】身体的変形・知的障害・行動障害など発達障害の関連遺伝子12個を特定 生殖をめぐる選択について情報を提供することが可能に 英研究

スポンサーリンク
2: 2014/12/25(木) 12:15:34.76 ID:DNOZmclo0.net
医療関係者の子供は障害者多い気がする

7: 2014/12/25(木) 12:17:07.55 ID:IkVUwd+J0.net
あぁぁ・・・・・・・ついに禁断の部分をやらかしたな。

>>両親のゲノム(全遺伝情報)の詳細な調査

むかしからわかってたことなんだけど、人権団体の抵抗で
口に出しちゃいけないんだよね、これ。
特に医師は診断の過程で禁句。

あくまで、患者当人固有の問題にしないとならないんだよ。


大騒ぎになるな

10: 2014/12/25(木) 12:20:30.87 ID:he3I9pdb0.net
>>7
マイナス(と考えられてるもの)をゼロにするだけだからまだ禁断ではないな

15: 2014/12/25(木) 12:25:44.90 ID:IkVUwd+J0.net
>>10

取り除けないよ

13: 2014/12/25(木) 12:24:54.23 ID:G6Ie8lY20.net
暴力的な行動をする奴は排除してほしい

14: 2014/12/25(木) 12:25:38.58 ID:94yLVsL00.net
これは出産にも資格が必要だな
不幸な子供を増やさないためには遺伝子検査しないと

16: 2014/12/25(木) 12:27:06.23 ID:Lz+mAIIq0.net
遺伝子って治療できるの?

20: 2014/12/25(木) 12:30:24.59 ID:EWUvn3v40.net
また俺たちか!

25: 2014/12/25(木) 12:41:19.02 ID:IkVUwd+J0.net
これって、日本とドイツの戦前の研究で有名だね
今回のイギリスの研究は、それを個人単位へ置き換えただけだから。
親が一見正常に見えても、内部に異常遺伝因子を持ってる事が問題で
未来的には「異常遺伝子を持つ人」と「正常な人」を区分けする事になるだろうね。
工業的に子供を生産するようになっても、多様化は必要だから
異常遺伝子を持つ成人は、子供が作れないように処理されるかもね。

26: 2014/12/25(木) 12:44:29.91 ID:6FTBz+f60.net
>>25
異常遺伝子持ってない人いんの?
ガンや糖尿病含めれば相当数いくよ?

36: 2014/12/25(木) 13:20:08.25 ID:IkVUwd+J0.net
>>26
疾病遺伝子と、今回の話題は意味が違うでしょwwww

53: 2014/12/26(金) 00:29:33.00 ID:gQ7QVayf0.net
知らないから自分は完璧ですこしだけ足りないとか本気で思っている。>>25

完璧な人なんかほとんどいない。

ダニング=クルーガー効果とは、未熟・能力の低い個人が、容姿や発言・行動などを
通して実際の自己の能力よりも高い評価を他者に植え付けてしまう認知バイアス

(間違った認識を与えること)。自己の「愚かしさ」を認識することのメタ認知
(公正かつ冷静な振り返り)ができないことに生じる[1]。

28: 2014/12/25(木) 12:47:01.33 ID:StH8cc84O.net
異常があることと
異常が実際に発現することは全然違う

36: 2014/12/25(木) 13:20:08.25 ID:IkVUwd+J0.net
>>28
おっしゃるとおり。
でも高齢出産になると、発現率が上がる。
(一般疾病は発症率。障害因子は発現率)

29: 2014/12/25(木) 12:48:55.95 ID:FXx+SRKf0.net
日本の人権団体がまたイノチノセンタクガー言うんやろうな
事前に分かるなら利用するよ

32: 2014/12/25(木) 12:54:37.04 ID:MhIBGe3DO.net
人権団体が天使だからって騒ぎそう

36: 2014/12/25(木) 13:20:08.25 ID:IkVUwd+J0.net
>>32
すでに騒いでるじゃん。「天使」とか「個性」って言い訳は、
障がい者排除の差別性から生まれた。
最初から産ませなければいいだけだよね。

34: 2014/12/25(木) 13:08:01.34 ID:hXciGx830.net
対岸の火事と一緒で自分に火の粉が
かかってきたらこいつらは一変すると
思うよ。今までは障害者は要らないって
言ってたんだからな。

39: 2014/12/25(木) 13:47:51.54 ID:T0LN5BwN0.net
こんなことをすると、特別支援教育の教師たちが餓死してしまう。

51: 2014/12/25(木) 19:01:42.35 ID:7Uerkhzf0.net
>>39
ならない。
胎児期に定型発達だとしても、分娩時の事故や脳性麻痺、後天性の疾患や事故による
障害当事者は一定数いるから。
あと両親とも定型発達でも、突然変異による障害は避けられない。

41: 2014/12/25(木) 17:25:20.85 ID:0WtPC+bw0.net
もはや生まれながらの遺伝子の影響力は半分以下っていうのは常識で、エピジェネティックな研究が主流だろ

44: 2014/12/25(木) 18:06:39.26 ID:EH6I+9Yt0.net
甘えの遺伝子が生まれつき刷り込まれたわけか

46: 2014/12/25(木) 18:15:27.42 ID:a+UAoDFY0.net
今でさえダウン症についてギャァギャア五月蝿いけど
同じ苦しみを味あわせたいの?と言いたい。

47: 2014/12/25(木) 18:24:18.40 ID:ebWlJVVN0.net
ある遺伝子が環境要因によって発現したりしなかったりとか、
ある遺伝子は一度発現したらしっ放しで子供にも受け継がれるとか、
ある遺伝子異常に思わぬメリットがあったり(例:エイズ耐性)とか、
従来ゴミの山と考えられていた領域の遺伝子が機能する場面があることが分かったりとか、
遺伝学はまだまだ未発達の段階にあるから安易に優生思想に走るべきではないと思うがね

48: 2014/12/25(木) 18:26:53.46 ID:vawZjJkv0.net
自閉症や知的障害や反社会的人格が事前にわかればそれにこしたことはないね
介護大変だもん

50: 2014/12/25(木) 18:32:39.79 ID:LoXGvz8S0.net
正常な遺伝子ってあるんだろうか?
いや、正常な遺伝子しか持たない人。
たかだか7万年前にわずかか人数から別れたヒトが、潜在的に持っている、
「ヒト」の遺伝子そのものが原因で、まれに欠陥が発現するんじゃないかなあ。
それは、ウイルスとか細菌とか、何かヒトを絶滅させるような危機に
見舞われた時、多様性のお陰で絶滅しない恩恵と表裏の関係な気がする。

56: 2014/12/26(金) 12:06:25.69 ID:IXbBW5C+O.net
>>50
普段は身体的・知的欠陥として発現する遺伝子に、
ウイルスや最近に耐性を持つ機能があるとしたら、
排除か存続かどちらを選んだらいいんだろう。

55: 2014/12/26(金) 11:59:52.31 ID:E6TRCGnk0.net
産んでみなけりゃ分からない!
育ててみなけりゃ分からない!
次も産めるか分からない!

8: 2014/12/25(木) 12:18:46.50 ID:0rreFn9D0.net
来世紀には遺伝子操作されてみんな同じ顔になるのかな