1: 2014/12/25(木) 21:08:09.48 ID:???.net
掲載日:2014/12/25

 東京大学は12月22日、スーパーコンピュータ「京」を駆使することで、計算機の中で鉄系高温超伝導体の超伝導を再現することに成功し、さらに超伝導が起きる仕組みも明らかにしたと発表した。

 同成果は、同大大学院 工学系研究科 物理工学専攻の三澤貴宏助教、今田正俊教授らによるもの。詳細は、「Nature Communications」に掲載された。

 鉄系超伝導体は2008年に、東京工業大学の細野秀雄教授のグループにより発見されて以来、この物質群に属する化合物が多数発見されている。物質が超伝導を示す温度(転移温度)が-220℃を上回る高温超伝導体を含むことから、この物質群で超伝導が起きる仕組みを明らかにすることで、より高い転移温度の超伝導体を作る指針になると考えられ、全世界で精力的な研究が行われている。

しかし、超伝導が生じる仕組みは未だよく明らかにされていない。その1つの原因として、最近まで鉄系超伝導体のような複雑な化合物の理論模型を調べる有効な方法がなかったことが挙げられるという。

 研究グループは、スーパーコンピュータ「京」を活用し、鉄系超伝導体を第一原理計算によって理論解析することで、従来はあまり重要と思われていなかった一様な電荷感受率と呼ばれる電子密度のゆらぎの増大が超伝導の原因であることを見出した。

続きはソースで

<参照>
東京大学工学部 鉄系高温超伝導が生じる仕組みをスーパコンピュータ「京」を用いて解明
-電子密度の揺らぎと超伝導の出現が連動- : 物理工学専攻 三澤 貴宏助教&今田 正俊教授
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/epage/release/2014/141224_1.html

Cornell University Library - [1409.6536] Superconductivity and its mechanism in an ab initio model for electron-doped LaFeAsO
http://arxiv.org/abs/1409.6536

<記事掲載元>
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/25/223/

引用元: 【物理】東大、鉄系高温超伝導が生じる仕組みをスパコン「京」を用いて解明

スポンサーリンク
3: 2014/12/25(木) 21:16:30.33 ID:8fUKbY+v.net
で、ノーベル賞はとれそうなのか?

6: 2014/12/25(木) 21:19:32.75 ID:RPP+nWiv.net
>>3
常温超伝導を見つけてから。

5: 2014/12/25(木) 21:19:11.54 ID:rqVcIKNB.net
もし安価なドライアイス程度で超電導が生まれる鉄合金が発見されたら、
損失も発熱もないソレノイドがつくれる。
道路にマグネットを埋め込めば、一般的な交通手段が小型のリニアモーターカーになるかも。

8: 2014/12/25(木) 21:55:15.14 ID:8g6P3Y2y.net
「熱」に関係する研究には金つぎ込んでもいいよ
実用的だし様々な分野でブレイクスルーになる

9: 2014/12/25(木) 22:05:38.93 ID:5Rg47rt4.net
常温超伝導が発見されることを願ってるが、
あってもよっぽど特殊な構造なんじゃないかと思うんだ
でなければ、中国の古文書に磁石の上で宙に浮く
不思議な石が記録されてるはず

10: 2014/12/25(木) 22:07:50.91 ID:erQCdFrN.net
またノーベル賞ですか。お腹いっぱいですw

12: 2014/12/25(木) 22:23:50.37 ID:rTPxvAhX.net
>量子力学・統計力学の法則に従って、鉄系超伝導体の物質構造だけを入力して

物理の完成だな。初期条件与えてシュレーディンガー方程式を解けば全てシミュレーション可能
実験なんてアナクロ手法は駆逐されていくのだろう

13: 2014/12/25(木) 22:29:29.04 ID:FgsmwPpT.net
常温での超電導は有ると予言されているの?

18: 2014/12/25(木) 23:12:28.32 ID:EBPT3cxN.net
>>13
熱によるランダムな運動を部分的にでも制御できないかぎり、無理でしょ。

14: 2014/12/25(木) 22:30:27.10 ID:FgsmwPpT.net
ああ、木星内部の金属水素は超電導なんだっけか

16: 2014/12/25(木) 22:44:25.18 ID:FRdZhCVq.net
つまり電圧が導体内の電子密度に位相差を発生させて、その位相差が一様に
揺らぎつまり電子の運搬波の様に電子移動をアシストしてくれると言うことかも
しれない、つまり電圧が電子の移動をスムーズに手助け出来る状態、
本来抵抗に奪われてしまうハズの電荷の運動エネルギーが波の連鎖の様に
位相様相を作り出しポンプの様に電子移動をスムーズにしてくれるということ
かもしれない、それに導体分子の熱振動エネルギーも電子密度の差が
作り出した導体内の位相運搬波のエネルギーに合成されるのかもしれない。

17: 2014/12/25(木) 22:59:11.92 ID:9zluAXVQ.net
教科書にはよくクーパー対のことが書かれていたような気がするが
それとは発現機構はちがうのか

今回の機構は鉄系にだけあてはまるのか、それとも
ペロブスカイト構造の酸化物系にも適用可能なものなのか・・・?

29: 2014/12/28(日) 11:32:27.24 ID:rTmYQEOh.net
>>17
クーパーって乳房を吊り上げている靭帯のことか?

31: 2014/12/29(月) 12:23:20.57 ID:ubQhwsU7.net
>>17
BCS理論が適用できないってだけで、どんな超伝導状態でもクーパー対はあるのでは

19: 2014/12/25(木) 23:15:20.60 ID:ga8KMySS.net
解明しちゃったんだから急いで現物を作らないと、某国が人肉検索で先に発見しちゃうぞ
急げや急げ

22: 2014/12/25(木) 23:43:48.76 ID:BZadyO/X.net
そんなことより、早くリニア新幹線用の高温超電導磁石を作れよ。

23: 2014/12/25(木) 23:59:09.93 ID:FRdZhCVq.net
導体内の熱振動エネルギーのポテンシャルが高い部分と低い部分が
交互に来る位相状態が発生し、それと電子密度の差による位相とが
少し位相差を置いた状態でクーロン力的に干渉し合う事により、結果的に
熱振動のエネルギーも電荷移動と言う形で伝搬するんじゃなかろうか?

25: 2014/12/26(金) 09:03:27.87 ID:Bl0tuNP0.net
ソコで高温超伝導体自身の構造が重要になるんじゃまいか?

32: 2014/12/30(火) 02:20:33.50 ID:OcDrkSNN.net
鉄でそうなら、銅ではどうだろうか?