1: 2015/01/17(土) 01:47:34.58 ID:???.net
掲載日:2015年1月16日

 遺伝子のDNAの損傷の測定に新しい手法が登場した。炭素イオンビームをDNAに照射したところ、X線やガンマ線に比べて、遺伝子のDNAの傷がナノ(ナノは10億分の1)メートルオーダーで塊になっていることを、原子力研究開発機構(原子力機構)関西光科学研究所の赤松憲(あかまつ けん)副主任研究員と鹿園直哉(しかぞの なおや)グループリーダーらがこの新手法で発見した。

 重粒子線の高いがん治療効果が、DNAの複数の傷が互いに近接、密集して生じるためであることを示す重要な根拠といえる。また、放射線や化学物質などによるDNA損傷と修復の研究に新しい手がかりを与えた。
1月15日付の米放射線科学会誌Radiation Researchオンライン版に発表した。

 研究グループは、DNAの傷のうち、アルデヒドやケトン構造を含むものに蛍光分子の目印を付け、DNAの二重らせんの2、3回転ほどの10ナノメートル以内に近接した蛍光分子の間で生じる蛍光共鳴エネルギー移動を利用して、蛍光強度の変化からDNAの傷の分布を観察できる新手法を初めて開発した。この手法でDNAの傷のミクロな分布測定に道を開いた。

 原子力機構高崎量子応用研究所のイオン照射研究施設(TIARA)で発生させた炭素イオンビームをDNAに照射して、新手法でDNAの傷の分布を測定した。その結果、X線やガンマ線に比べて、蛍光共鳴エネルギー移動の効率が大きく、DNAの傷が塊となっていることを確かめた。「DNAの傷が密集するほど、傷の修復が難しくなり、細胞死に至る確率が高まる」とする従来の説を裏付けた。

続きはソースで

<画像>
図. DNAの傷が近接していると、蛍光共鳴エネルギー移動として観測できる原理(提供:日本原子力研究開発機構)
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/16/170/images/001l.jpg

グラフ. ガンマ線に比べて、炭素イオンビームの照射で、DNAの傷が密集して生じていることを示すデータ(提供:日本原子力研究開発機構)
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/16/170/images/002l.jpg

<参照>
重粒子による高いがん治療効果をもたらす 「DNAの傷の塊(かたまり)」を発見 ~放射線によって生じる
DNAの傷の微視的分布の観測に世界で初めて成功~ | 関西光科学研究所
http://wwwapr.kansai.jaea.go.jp/press-3277.html

Radiation Research: Official Journal of the Radiation Research Society - Localization Estimation of Ionizing Radiation
-Induced Abasic Sites in DNA in the Solid State Using Fluorescence Resonance Energy Transfer
http://www.rrjournal.org/doi/abs/10.1667/RR13780.1?=

<記事掲載元>
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/16/170/

引用元: 【医療/放射線】DNAの傷の塊発見、重粒子線効果に根拠

スポンサーリンク
2: 2015/01/17(土) 03:11:26.94 ID:W4caDFvI.net
いままで原理も分からずに治療に利用してたのか。

3: 2015/01/17(土) 03:50:39.90 ID:J9bO9oxI.net
>>2
そんなのはよくあること。医療はなによりも現場の治療に資することを優先する
原理が解明するのを待ってるほど頓馬ではないのだ

4: 2015/01/17(土) 04:24:11.64 ID:HoHp6+8w.net
効果もあいまい原理もわからず使うなら民間療法となんら変わらない

5: 2015/01/17(土) 05:33:04.00 ID:pcRMfUrB.net
>>4
民間療法でも効果のあるエビデンスがあれば使われるようになるけど?
エビデンスもつけらんない民間療法の方が好きなら個人的にどうぞ

19: 2015/01/20(火) 13:00:11.18 ID:K+MXL/uU.net
>>4
原理が分からないことは関係無い
効果の再現性や副作用の知見があるかどうかが重要

6: 2015/01/17(土) 05:58:12.74 ID:YYDl9LrL.net
アスピリンの効果原理なんぞ100年以上も不明だったんだっけか

7: 2015/01/17(土) 06:18:59.10 ID:V7tGsYZ1.net
その節は某所で知り合いが治験でお世話になりました(´・ω・`)

8: 2015/01/17(土) 06:38:38.23 ID:J5kshl51.net
重粒子線はがん細胞のDNAを壊すことができるが、同時に正常な細胞のDNAも壊すってことでおk?

15: 2015/01/18(日) 07:04:47.97 ID:7l6CFOar.net
>>8

ピークフラッグ効果ってのがあって
腫瘍だけ狙い撃ちできる

コンピュータでピークを立体構築できるから

重粒子線は保険適応外だけど、コンピュータでピークを立体構築する技術は
2006年に保険収載されてる

10: 2015/01/17(土) 08:05:16.69 ID:bQ6y6jVL.net
麻酔が効く原理もまだわかっていないと聞いたことあるな

11: 2015/01/17(土) 08:13:58.13 ID:lgKqNkAm.net
傷を観測しているのか、傷を付けているのかよくわからん
両方なのか?

14: 2015/01/17(土) 20:58:28.52 ID:KfJY6mOn.net
>>11
重粒子線で傷を付けたところに蛍光分子くっつけてX線あてると光る
蛍光分子間の距離が近いほどよく光る
昔からある分子間の距離を推定する一つの方法

12: 2015/01/17(土) 08:18:45.27 ID:r5/llyyI.net
そうだね。最近全身麻酔やったけど麻酔医が
本当にそう言ってた。

13: 2015/01/17(土) 09:19:39.26 ID:qY1Ci1TZ.net
なんかビームみたいので物理的に焼き◯してるのかとおもってたわ
DNA傷つけてただけなんだな

16: 2015/01/18(日) 10:19:38.75 ID:o1HTnVD7.net
薬がなぜ効くかが原理的に解明されていないから、治験が必要になってしまう
そもそも人間の体と心の原理的な解明ができていないと、薬効の原理的解明もできない

17: 2015/01/18(日) 16:53:27.14 ID:nZ5rRA/k.net
>>16
いやいや、原理が解明されたとしても、いずれにしても治験は必要

18: 2015/01/19(月) 17:08:26.50 ID:2ySbBbXk.net
薬効が原理的に解明されてるのと、どの程度効くのか、
どう運用するのかはまるで違う話だよ

原理が解明できたとして、被験者や状況の個体差を完全に観測できるわけでもない
原理主義やってたらいつまでたっても薬なんか使えないぞ馬鹿

20: 2015/01/21(水) 04:41:09.27 ID:CHxJLLRj.net
放射線を浴びせたら細胞が死ぬのはわかってて
じゃあ腫瘍に浴びせたらそこだけ死ぬだろ、で治療として使われてて
今回、どうやって死ぬのかが掘り下げられたって記事だよな。

23: 2015/01/27(火) 04:58:30.39 ID:+MboDep0.net
つまり、ガンマ線治療が、炭素イオンビームになったということだな?

24: 2015/01/27(火) 07:22:55.62 ID:8YoIetU5.net
ガンマ線とかと違って重粒子にやられた細胞はほぼ確実に死ぬから、治療による癌誘発の
可能性がほぼないってことかねー

9: 2015/01/17(土) 06:43:51.76 ID:VcUbfdRx.net
施設を小さくできればな