1: 2015/02/06(金) 12:52:44.21 ID:???*.net
2015年2月6日 12時34分
幹細胞を磁石で集め治療、広島大 関節の欠損軟骨修復

 さまざまな組織になる「幹細胞」の内部に鉄粉を取り込ませ、関節に注入後に体外から当てた磁石で患部に集め、欠損した軟骨を修復する再生医療の手術を広島大病院が6日実施し、発表した。
 内視鏡手術で実施でき、患者の体への負担が少ないのが特長。広島大によると、この手術は世界で初めてという。

 実施したのは、広島大病院整形外科の越智光夫教授のチーム。
 治療では、骨髄から採取した間葉系幹細胞に鉄粉をまぜて培養し、鉄粉を内部に取り込ませた幹細胞を作製。
これを患者の関節に注入し、体外から当てた強力な磁石の力で軟骨の欠損部に集め、修復につなげる。
(共同)

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015020601001438.html

引用元: 【医療】幹細胞を磁石で集め、関節の欠損軟骨修復 広島大

スポンサーリンク
2: 2015/02/06(金) 12:54:05.86 ID:0wvCX7vN0.net
ガンダムのマグネットコーティングだな。

6: 2015/02/06(金) 12:56:26.32 ID:5ieVaWCQ0.net
>>2
鋼鉄ジーグと言え。
マグネットコーティングは、引っ付きあう磁力を応用したものじゃなくて、
反発する磁力で物理的摩擦をゼロにしている。

4: 2015/02/06(金) 12:55:56.76 ID:s0dTZhBQ0.net
取り込んだ鉄粉はどう処理するのだろうか

5: 2015/02/06(金) 12:56:07.33 ID:jMh8Sj9F0.net
いいねえ
鉄粉が身体に長期的にどんな作用もたらすのか知らんが

8: 2015/02/06(金) 13:00:51.22 ID:5ieVaWCQ0.net
>>4,5
鉄粉だし、血中に取り込まれて、しばらくしたら体外に排出されてしまう。
体内に何キロも取り込む訳でないし、
「鉄中毒」にもならんだろう。
貧血にもならんし。

12: 2015/02/06(金) 13:07:32.12 ID:jMh8Sj9F0.net
>>8
へえ
身体って上手くできてるもんだな

23: 2015/02/06(金) 13:29:12.00 ID:5ieVaWCQ0.net
>>12
血中の赤血球の赤色はそもそもがヘモグロビンに含まれる鉄分の色。
鉄分が血中に有るから、全身に酸素供給も可能になるよ。

7: 2015/02/06(金) 12:59:07.31 ID:86gybluA0.net
関節に鉄粉が残ることになりそうだけど大丈夫なのかな?

10: 2015/02/06(金) 13:05:34.69 ID:ItPMKRhN0.net
MRIうけたら関節が爆発するぞw

13: 2015/02/06(金) 13:07:53.06 ID:RH+HKfPj0.net
MRIに突っ込んだら間接から火を噴くとおもいます

15: 2015/02/06(金) 13:09:29.65 ID:EXvujkyG0.net
>>13
そこまでの量は入っていないんじゃないかな?
刺青モンモンならともかくも。

14: 2015/02/06(金) 13:09:21.02 ID:WeIQkzvO0.net
軟骨がなくなるのは、栄養が届かなかったり、生育環境が悪いから。

そんなところに軟骨の「種」をまいても、育たない。

環境がダメで荒地になってる、という事実を
もういちど考え直そう

24: 2015/02/06(金) 13:30:35.54 ID:ariP9oet0.net
>>14
よく使いすぎでなくなるとか言うけど、回復はするの?

16: 2015/02/06(金) 13:11:30.65 ID:WeIQkzvO0.net
足の血管や心臓の血管も
糖尿や高血圧で環境が悪いからボロボロになってるから

そこに血管の種をまいても、生育して
太い血管を作ってくれるはずがない。

「幹細胞移植」の実験がことごとく失敗してるのには理由がある

22: 2015/02/06(金) 13:27:02.39 ID:RuIOttg/0.net
細胞シートとかほかの国であまりやってないし、細胞をシート化すると細胞が重力でペシャンコになるし、
そもそもシートが手術もせずにくっつくこと自体が怪しいからな。
怪しい細胞シートに変わる技術が出てきてよかった。

25: 2015/02/06(金) 13:33:31.68 ID:qZTlvxYD0.net
ピップエレキバンが本当に効くかも?

28: 2015/02/06(金) 13:41:56.07 ID:KSGq6TLz0.net
鋼鉄の肩の野球選手が作れそうだな。

投げすぎで、磨り減った肩が、シーズンオフの簡単な手術で元に戻る。

ただ、たった一部だけ再生しても結果は保証されんわな。

あとは、幹細胞自体は元々存在しているんだろ。
なくなったから、軟骨が磨り減ったわけじゃないから。

上手くいくかどうか。。ようわからん。。

29: 2015/02/06(金) 14:00:36.77 ID:wv6C7Qa/0.net
癌治療なんかにも
応用がききそうだな。
マイクロカプセルに高濃度の抗癌剤と磁性体入れて注射、
その後患部に電磁石で誘導

31: 2015/02/06(金) 15:48:55.07 ID:kxbcaHmd0.net
駅弁大学のくせにいい気になっとるな
こういう手柄は東大京大早稲田慶応に譲れ

32: 2015/02/06(金) 18:06:02.26 ID:wv6C7Qa/0.net
>>31
残念ながら早稲田に医学部はない。だから無理。
一生懸命作ろうとしているが。

35: 2015/02/06(金) 18:15:10.21 ID:4Hidgadu0.net
怖い
上と下に乖離ありすぎになりそう

9: 2015/02/06(金) 13:03:10.66 ID:sDLXOgMd0.net
とってもユニークな方法だなw