1: 2015/02/10(火) 20:22:14.22 ID:???.net
掲載日:2015年2月10日
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82195140R20C15A1000000/

 冬季うつに関するインターネット上の記事を見ると、押し並べて「冬の日照不足→うつ気分、過眠、過食→日光で改善」
というストーリー展開である。このシナリオは間違いではないが、それだけでは冬季うつ、ひいては日光と健康との関係を考える上で深みがなく残念である。冬季うつの病因や治療についてもう少し掘り下げてみよう。

2


 確かに冬季うつは日照時間が短くなる冬に発症することが多く、高緯度地域すなわち北国に多いのは事実である。
しかし前回(「『もっと光を!』 冬の日照不足とうつの深い関係」を参照)、鹿児島県名瀬市(現在の奄美市)の例でご紹介したように低緯度地域(南国)でも天候不順がちの場所では発症率が高くなる。

 また、春先にいったん症状が改善しても、梅雨に再燃することもある。さらに言えば、春でも夏でも天候次第で気分が悪くなることがある。とすれば、いったい冬季うつとはなんぞや…その回答は以下の通りである。

 冬に特異的に発症するうつ病なのかと問われれば、答えは「NO」。

 冬に症状が悪化する可能性の高いうつ病なのかと問われれば、答えは「YES」。

 すなわち冬季うつの冬季とは、冬に症状が出現しやすいといった程度の意味合いなのだ。

 冬は曇天日が多く、うつ症状が日々連続して出現するため不調(疾病)として認識されやすい。
冬以外でも気分不良は感じることがあるが、単発であることが多く、症状も軽めであるため生活に大きな支障が生じない。しかし、この天候に依存した気分の変わりやすさこそが冬季うつの本質的な問題なのである。

■朝に天気が悪いと気分が沈むのも冬季うつ?

 ここにオーストラリア・メルボルンの研究者であるLambertらが行った興味深い研究がある。彼らは101名の健康ボランティアを集め、首の奥にある動静脈から血液を採取して脳内でのセロトニン利用率(代謝回転)の季節変動を算出したのだ。

この研究が行われた2000年当時は、このようなすさまじい方法をとらなければ脳内のセロトニン利用率は正確に測定できなかったのだ。彼らの努力の結果判明したのは、健康な人でも冬に脳内セロトニン利用率が顕著に低下するという事実である。

 その後、PET(positron emission tomography:陽電子放出断層撮影)を用いた先端的研究により、冬に脳内のセロトニン神経機能の活動が低下することが確定した。

脳内セロトニン代謝回転の季節変動(Lambertらの研究から引用、2002年)。この研究は南半球にあるオーストラリアのメルボルンで行われたため季節と月が逆転している。冬季に脳内セロトニン利用率が著しく低下していることが分かる。
実はセロトニン利用率は季節というより検査当日の日照時間に相関していた。

続く

(イラスト:三島由美子、以下同)
http://www.nikkei.com/content/pic/20150210/96958A9F889DEAE0E3EBE7E3E6E2E0E3E2E3E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXZZO8219520021012015000000-PN1-8.jpg

引用元: 【神経科学】光だけではダメ 「バナナ」で冬季うつを治療

2: 2015/02/10(火) 20:23:03.38 ID:???.net
 セロトニンはうつ病の発症に関連する神経伝達物質として有名だが、うつ病の中でもとりわけ冬季うつと密接な関連がある。
セロトニン神経機能の低下は気分の悪化だけではなく過眠や過食の原因になり、まさに冬季うつの症状に合致するからである。
健常人でも冬に食欲が増し睡眠時間が長くなる背景には、このような脳内セロトニン機能の季節変動が関わっているのである。

 先のLambertらの研究ではもう1つ大事な発見があった。脳内セロトニン利用率は気温や降雨量などとは関係せず、日照時間、とりわけ「検査当日の朝の日照時間」と強く関連していることが明らかになったのである。

 このデータが意味するところは大きい。太陽光はその日のうちに(おそらくわずか数時間のタイムラグで)、脳内セロトニン機能を調整している可能性が高まったからである。これが本当であれば、梅雨時に冬季うつ症状が再燃したり、例え夏でも天候に気分が左右されたりする現象が容易に説明できる。いや、我々だって朝から天気がドンヨリしていると気分も沈み込むではないか。あれは曇天や雨という視覚や心理作用だけではなく、非視覚性作用の産物でもあるのだ。

■光だけではダメだった…

 日照時間が脳内セロトニン機能を調整するメカニズムも、徐々に明らかになってきた。目から入った光刺激は、脳幹部にある「縫線核(ほうせんかく)」という神経核(神経細胞の集まっている場所)に到達する。この神経核はセロトニンを合成して全脳に幅広く分布させる役割を担っていて、光はその活動を活発にさせるのだ。日照による気分のアップダウンはこの神経回路を介して調整されているらしい。

 冬季うつには人工的な高照度光を浴びる光療法が有効で、6~7割の患者さんに効果がある。冬の日照不足を補うというシンプルな発想から生まれたユニークな治療法で、ご存じの方も多いだろう。光療法には欠かすことのできない大事なパートナーがいる。セロトニンを生成するための原料となる必須アミノ酸、トリプトファンである。

 必須アミノ酸とは、体内で合成できず栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のことで、トリプトファンも9種類ある必須アミノ酸の1つである。したがって食事中のトリプトファンが不足するといくら日照や人工光で刺激しても縫線核内で十分量のセロトニンが合成できなくなり、光療法の効果が発揮されないのだ。

画像
http://www.nikkei.com/content/pic/20150210/96958A9F889DEAE0E3EBE7E3E6E2E0E3E2E3E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXZZO8219517021012015000000-PN1-8.jpg

続きはソースで
<参照>
Effect of sunlight and season on serotonin turnover in the brain. - PubMed - NCBI
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12480364

4: 2015/02/10(火) 20:31:56.45 ID:lgo3rG8y.net
バナナの薄皮には麻薬成分がある

これ豆な

5: 2015/02/10(火) 20:32:58.39 ID:5R1u8o5o.net
糖質制限ダイエット関連のスレを読むと、
「頭がボーッとしていた」みたいな体験談を見かけるが、
このメカニズムなんだろうな。

9: 2015/02/10(火) 20:55:33.05 ID:isn6EdsG.net
冬のバナナはマズイ

16: 2015/02/10(火) 22:01:27.82 ID:qPj7ze3G.net
>>9
シナモンシュガーを振りかけて、オーブントースターで焼くと美味いよw

12: 2015/02/10(火) 21:06:44.36 ID:DDHL5a5c.net
毎日バナナ大のうんうんを出す方が大事

14: 2015/02/10(火) 21:11:52.80 ID:Hy/imLt1.net
日が短くなってくる11月から2月まで、ヒドくはないけどヤバいんだ。
バナナ何本食えばいいんだよ?薬はもう呑みたくない。
なくてもコントロール出来るけど

17: 2015/02/10(火) 22:10:25.18 ID:gpzNG7fv.net
http://www.nikkei.com/content/pic/20150210/96958A9F889DEAE0E3EBE7E3E6E2E0E3E2E3E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXZZO8219520021012015000000-PN1-8.jpg

これって日照時間のグラフだけどそれではおかしい
その被験者が日光を浴びた時間にしないといけない
そうでないと、気温や湿度、不快指数、気圧などの他の季節変動のせいかもしれない

それはともかく日本の多くの第2次・第3次産業の従事者は日の出前に家を出て日没後に帰宅するから
全員うつ病であることは事実

18: 2015/02/10(火) 22:12:54.28 ID:H2sznzcl.net
俺は、真っ暗闇で電気つけながら勉強したり、ゲームやったりすると集中力が無茶苦茶上がるんだが・・・・
大学受験も、真っ暗闇の中、机だけ電気つけてやてったよ

光で目が覚めるって本当?

19: 2015/02/10(火) 22:33:42.03 ID:m4kod3RC.net
甘いもの食うとバナナなんかに含まれるトリプトファンが脳みそにエエ感じに届いて
セロトニンが生産されると

24: 2015/02/10(火) 23:05:57.09 ID:8qS5EBny.net
毎晩のようにドカ食いしちゃうんだけど、これは心の病だったの?
バナナドカ食いすればいいんかな?
真面目に悩んでるんで助けてほしい

26: 2015/02/10(火) 23:10:03.88 ID:H2sznzcl.net
>>24
液化して飲めば食ったことにならないんじゃないかな
苦肉の策だ

31: 2015/02/10(火) 23:42:12.22 ID:8qS5EBny.net
>>26
食ってるか飲んでるかの違いなだけで、意味が・・・

43: 2015/02/11(水) 09:56:23.27 ID:A1uLSdI8.net
>>24
俺もそう

セロトニン不足ってかストレスだろね

25: 2015/02/10(火) 23:09:26.06 ID:qwb2P3Nm.net
食いたくないと感じつつも毎晩どかぐいしてるなら
何らかの病気かもな

27: 2015/02/10(火) 23:25:34.47 ID:u0hO2bJO.net
鬱患ってる人にはホントに気の毒だし同情します
基本的には専門医受診がまず先決なんでしょうが
そこまでいかない軽めならば(精神系に効果ある)ビタミンB系摂取はいいかも
(あとビタミンCも大事かな)

ビタミン飲んでもどうにもならないなら専門医行ってください

29: 2015/02/10(火) 23:33:24.02 ID:rWhh2SrL.net
トリプトファンは動物性たんぱく質(赤身の肉や魚)や木の実が含有量高い
動物性より植物性の方が吸収率いい
ちなみにセロトニンを合成する材料になるのはトリプトファン以外にビタミンB6も必要
つまり鬱にいいのはまぐろ寿司

ついでにいうとアレルギーの薬としてよく使われる抗ヒスタミン剤って
ヒスタミンと一緒にセロトニンも阻害するから花粉症の奴は鬱になりやすくなるぞ

32: 2015/02/11(水) 01:56:26.90 ID:VweIzay5.net
バナナは黒いプツプツのシュガースポットが出てきてから食べると発がん抑制成分がよく摂取できる

豆な

33: 2015/02/11(水) 02:21:15.50 ID:Es+NrInl.net
ガラス越しや洋服越しの太陽光ではビタミンD合成ができないので
冬でもミニスカ生足の若い子は案外正しいかもね。

35: 2015/02/11(水) 02:43:08.17 ID:ZTMqiX2i.net
厳しい冬季になると
「よく食べて」「よく眠り」「なるべく動かない」ようになる…

いやいや、これ鬱とかじゃなくて
動物としての正しい本能だろ。

39: 2015/02/11(水) 08:27:45.59 ID:+pPcn6DM.net
>>35
いやよく食べるのは秋だろ

36: 2015/02/11(水) 03:00:17.31 ID:E1vFrQAy.net
そういえば耳の穴に光源を照らすと鬱症状が改善するとか澤口が言ってたっけな

37: 2015/02/11(水) 03:15:45.14 ID:nLVdiBDf.net
★トリプトファンの含有量(食品100g当たり)
バナナ 10mg/100g
豆乳 53mg/100g
牛乳 42mg/100g
ヨーグルト 47mg/100g
プロセスチーズ 291mg/100g
ひまわりの種 310mg/100g
アーモンド 201mg/100g
肉類 150~250mg/100g
赤身魚 200~250mg/100g
糸引納豆 242mg/100g
すじこ 331mg/100g
たらこ 291mg/100g
白米 89mg/100g
そば 192mg/100g

41: 2015/02/11(水) 08:58:06.14 ID:EwDM1nsM.net
>>37
要は普通に食事してりゃいいんじゃん!
しかもバナナ低いし

46: 2015/02/12(木) 11:30:32.07 ID:4+YQSbyN.net
>>37
これ見ればバナナなんかほとんど糖質だけなのに
なんでトリプトファンが多いなんて言ってのかな?

48: 2015/02/12(木) 12:05:23.22 ID:MOpz9MUm.net
すじこやたらこはちょっとしか食べられないし
塩分・カロリーオーバーでむしろ危険

牛乳とバナナを組み合わせると
骨粗鬆症や高血圧の人なんかにすごくいいらしい

40: 2015/02/11(水) 08:38:33.79 ID:cwUrGrWX.net
嗅覚だよ シナモン嗅げば治るよ

49: 2015/02/12(木) 12:43:48.30 ID:ZBWRr3oE.net
トリプトファンで治るうつは超軽度
こんなんでうつは治らんというか反応さえしない

52: 2015/02/12(木) 20:00:21.35 ID:CuyBcuz/.net
>>49
だから、どちらかというと、予防に有効ってこと
朝に朝日を浴びるのも同様

54: 2015/02/12(木) 20:41:20.59 ID:y3EgKL4J.net
雨の日だって楽しいことはあるのに。

57: 2015/02/12(木) 22:18:05.60 ID:SQGijo++.net
要はバランスですよ