1: 2015/02/16(月) 17:32:36.67 ID:???.net
アラスカの石油開発に大統領が「待った」 | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版サイト
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150210/435091/

画像1
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150210/435091/ph_thumb.jpg
オバマ大統領は、北極野生生物保護区(ANWR)のうち4万8600平方キロ以上を原生地域に指定した。(Photograph by Peter Mather, National
Geographic Creative)

画像2
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150210/435091/01.jpg
18万頭余りのポーキュパインカリブーがANWRの沿岸平野部を繁殖地とする。(Photograph by Peter Mather, National Geographic Creative)

画像3
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150210/435091/02.jpg
1987年にプルドーベイで撮影された油井の写真。当時、アラスカ州ノーススロープの石油生産はピークを迎えていた。(Photograph by George
Steinmetz, National Geographic Creative)

画像4
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150210/435091/03.jpg
イヌピアットの猟師たちが、チュクチ海から水揚げしたホッキョククジラの皮と脂肪をはぎ取っていく。(Photograph by Richard Olsenius, National
Geographic Creative)

画像5
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150210/435091/04.jpg
2013年、アラスカ州政府の歳入は92%が石油とガスによる税収だった。石油生産の減少で多額の財政赤字を抱え、アラスカは新たな石油採掘を切望している。(Photograph by James P. Blair, National Geographic Creative)


石油を掘るか、自然保護か、アラスカのせめぎ合い


 先週、米国のオバマ大統領は連邦政府が所有するアラスカ州の土地と海域において 、当面の石油探査を禁止する方針を打ち出した。対象となるのは北極圏国立野生生物保護区(ANWR) 内の土地4万8600平方キロと、ボーフォート海とチュクチ海にわたる4万500平方キロの海域だ。

 この政策は、米国の石油生産に大きな影響を与えることはないだろう。

アラスカ州の石油産出量は米国全体の7%に過ぎず、今回指定された区域の大半は数十年前から商業利用が禁じられているからだ。

 それでも、アラスカ州の政治家たちは大統領の方針に強く抗議した。新たにエネルギー・天然資源委員会 の委員長に任命された同州選出の上院議員リーサ・マーカウスキー氏は、「わが州の主権に対する前例のない攻撃」として非難している。

1


続く 

引用元: 【環境/資源】アラスカの石油開発に大統領が「待った」 石油を掘るか自然保護か、せめぎ合い

2: 2015/02/16(月) 17:32:55.11 ID:???.net
収入が枯渇するアラスカ

 他の国々は北極周辺の資源開発に積極的だ。ノルウェーは最近、北極海の一部であるバレンツ海の採掘地点を増やすと発表。同海域のゴリアト油田では、今夏に世界最北端の石油掘削リグで生産を開始する予定だ。

 現時点での世界最北端、ロシアのペチョラ海にあるプリラズロムノエ掘削リグでは、2014年に30万トンの石油を生産している。2012年と2013年には環境保護団体「グリーンピース」の抗議活動を受けたが、リグを所有するガスプロムは新たに4つの油井を掘削する計画だ。

 ロシアはルーブルの急落や各国からの経済制裁に苦しみながらも、西シベリア北部のヤマル半島で数十億ドル規模の事業に向けて動いている。
通年航行が可能な港や液化天然ガス(LNG)生産プラントを建設し、埋蔵された莫大なガスをヨーロッパやアジアに輸出するというものだ。

 しかし、アラスカ州の動きは逆を行く。アラスカ北部のプルドーベイ油田は1977年に石油生産を開始、1980年代にピークを迎えた。当時、アラスカの石油生産量は米国全体の25%に達していた。しかし、石油埋蔵量を評価している米国地質調査所の地質学研究者 デビッド・ハウスネット氏によれば、プルドーベイの石油生産量は減少を続けており、近年では最盛期の10%近くにまで落ち込んでいるという。人口が少なく、所得税も消費税もないアラスカ州は、税収のほとんどを石油や天然ガスに頼っている。 だからこそ、アラスカ州は新たな石油採掘地の探査に強い意欲を見せているのだ。

続きはソースで

文=Joel K. Bourne, Jr./訳=高野夏美

3: 2015/02/16(月) 17:36:49.32 ID:LGcV9r2d.net
きれいごとを並べるが
最後は金目

4: 2015/02/16(月) 17:37:19.50 ID:/JwBtLjS.net
自給自足の欲張らない生き方が一番幸せなのかもしれないな

8: 2015/02/16(月) 17:57:51.81 ID:aSX9nHtB.net
>>4
人間にとって幸せとは何なのか、良く考えてからね・・・

5: 2015/02/16(月) 17:39:35.22 ID:8t6pXzgF.net
待ったをかけたら貫き通せよ
どっちが良いかなんて俺には分からんが
ポーズだけってのが最悪だからな

7: 2015/02/16(月) 17:46:13.23 ID:N1RsJoa3.net
>>5
選挙のたびにひっくり返っても、それは多様な意見を平等に取り入れる成熟した民主主義だそうですからw

9: 2015/02/16(月) 18:01:10.93 ID:8YUkWgFw.net
ロシアの話だが、
日本の商社なども参加する「サハリン1」「サハリン2」などサハリン沖の
原油&天然ガス開発が進められる過程で、自然保護団体が反対運動を展開した
訳だが、ロシアの政権側がその反対運動を上手く利用し、開発の休止を言い
渡し、外資有利であった権益の見直しを迫った例があるわな。

10: 2015/02/16(月) 18:40:35.22 ID:wVZdZ2ks.net
でも結局やるんでしょ。

11: 2015/02/16(月) 18:54:56.22 ID:yunbcspM.net
元々国家戦略として米国内の油田は非常用の備蓄代わりに開発しない方針なだけで
「自然保護」は票に繋がるから後付けしているだけだと思う

12: 2015/02/16(月) 19:15:43.51 ID:Ciyig+Yz.net
きれい事で動くやつなんておらんやろ

13: 2015/02/16(月) 19:24:09.73 ID:Kw85M/ks.net
掘るか掘られるか?

14: 2015/02/16(月) 21:31:00.64 ID:pqOYIQmY.net
外から買えるものは買っといた方が良い
有事になった時などどうしようもない時までとっておけ

18: 2015/02/18(水) 18:47:14.27 ID:6gtS6EB9.net
反対側から掘ればいいじゃん

16: 2015/02/17(火) 07:47:23.64 ID:twSMff8q.net
アラスカの自然環境を荒らすか?