1: 2015/02/26(木) 15:33:11.53 ID:???.net
東京医科歯科大、自閉症・強迫症などが発症する仕組み解明-グリア細胞機能が異常に
引用元:日刊工業新聞 掲載日 2015年02月26日
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020150226eaak.html

01


東京医科歯科大学難治疾患研究所の田中光一教授や相田知海助教らは、自閉症や不安な気持ちが続く強迫症などを発症する仕組みを解明した。
脳内で情報処理や免疫反応などに関わる「グリア細胞」の機能が異常になると、脱毛や皮膚傷害になるほど毛繕い行動を頻繁に繰り返すことをマウスでの実験で明らかにした。
九州大学、東京大学、慶応義塾大学、理化学研究所、独ルードヴィッヒ・マキシミリアン大学との共同研究。

脳を興奮させる神経伝達物質グルタミン酸が過剰に働くことで繰り返し行動を引き起こすと推定されていたが、詳しい仕組みは分かっていなかった。
 
グリア細胞中でグルタミン酸を同細胞内に取り込むたんぱく質「GLT1」に着目。
GLT1を欠損させた遺伝子改変マウスを作製し、10分間の観察で毛繕い行動の時間を調べた。

続きはソースで

------------
▼関連サイト
東京医科歯科大学
自閉スペクトラム症などの病的な繰り返し行動を脳のグリア細胞の異常が引き起こす仕組みを解明
― 強迫症や自閉スペクトラム症に伴う繰り返し行動の治療薬の開発に拍車―
http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20150226.pdf

引用元: 【脳機能】自閉症・強迫症などの病的な繰り返し行動を引き起こす仕組みを解明 グリア細胞の機能が異常に/東京医科歯科大など

スポンサーリンク
2: 2015/02/26(木) 15:34:24.59 ID:TDY9Lg8g.net
味の素株暴落

5: 2015/02/26(木) 15:40:53.76 ID:mWyXd0Ap.net
>>2

なお、グルタミン酸は、血液脳関門を透過しないので、
循環系から脳に供給されることはない 
by痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief - 伝達物質

3: 2015/02/26(木) 15:38:05.00 ID:mi2N9TFY.net
うまみのグルタミン酸?

繰り返し行動となると、ネット依存とかもそうなるのかな?

6: 2015/02/26(木) 15:52:04.76 ID:YsO5mhtz.net
解明したと言うニュースはたびたび聞くが
改善しというニュースはほとんど聞かない

7: 2015/02/26(木) 16:11:07.04 ID:1tm5Endw.net
>>1
>自閉スペクトラム症などの病的な繰り返し行動

いわゆるアスペルガー症候群のことかな?

27: 2015/02/28(土) 07:55:30.64 ID:PAiEY6F7.net
>>7
アスペルガーも自閉症圏(自閉症スペクトラム)の一つ。
主従が逆。

10: 2015/02/26(木) 17:04:20.65 ID:xVI36/PU.net
グリア細胞が関係していることは分かったとしよう
しかしこの実験では、非グリア細胞でも神経伝達物質グルタミン酸が過剰に働くようになったはずなので
非グリア細胞が関係していないとは決していえない

>運動の制御に関わる脳の部位の間でのグルタミン酸による情報伝達が過剰に働いていることを突きとめた。

おそらく小脳だろうから、大脳皮質が極めて発達した人間とは関係する程度が違うと思われる

38: 2015/02/28(土) 17:53:44.04 ID:q+PifhPK.net
>>10
大脳新皮質には体性感覚器がある。
グルタミン酸入力は大脳新皮質を通すと考えられる。
前頭皮質、眼窩前頭野が関係してくる。

今回の発表でも緑内障も関連するとしている。
視神経の入力もグルタミン酸系統。
マウスの実験で、ヒゲの反射に関係しているとなっていたので、
おそらく、触覚にも関係するはず。

基本的に体制感覚入力だが、そこには平衡感覚入力なども含まれるので、運動系統全般に関わる。
小脳変性疾患は多系統萎縮(MSA)だが、おそらく別の病気ではないか。

11: 2015/02/26(木) 18:23:36.68 ID:7j6DzyH/.net
正常な繰り返し行動にも同じことが言えるんじゃないの?

12: 2015/02/26(木) 20:27:04.03 ID:gtqqIXnQ.net
酔っ払いや年寄りが同じこと繰り返して言うのは
全く違うシステムなんだろうな。

14: 2015/02/26(木) 23:49:37.47 ID:junN9Wc7.net
たしかグルタミン酸トランスポーターの欠陥でシナプス伝達後のグルタミン酸の細胞内の再取り込みがうまくいかなくて過剰なスパイクを起こすとかだっけ
去年講義受けたけどよく覚えてないや

18: 2015/02/27(金) 15:37:47.17 ID:W74NSgQj.net
ふつうに抑制系が働くように調整すればいいだけ
アンタゴニスト突っ込んどけ

19: 2015/02/27(金) 16:03:25.14 ID:A9hjgPOt.net
マジか!こういう研究待ってたんだよ!

20: 2015/02/27(金) 16:21:28.56 ID:4Hm0qq/g.net
なんでもいいから早く新薬作って
それかメマンチンを強迫にも認可してくれ、効果があるのは前からわかってるんだから

25: 2015/02/28(土) 07:26:55.29 ID:SV5p59js.net
>>20
>メマンチン
効果の証拠ができていない薬を使うより
効果が証明されている認知行動療法でも受けに行ったら?

21: 2015/02/27(金) 16:31:03.02 ID:AamKlRWs.net
自分のとった行動が悪くなくても、それが残り確認繰り返したり頭痛を起こすこともあるし
神経質な奴はその強迫の素質があるからな

24: 2015/02/28(土) 07:22:24.24 ID:SV5p59js.net
>>1
>毛繕い行動を頻繁に繰り返すマウス
これと多様な自閉症のこだわり行動をどうつなげるのだ?

26: 2015/02/28(土) 07:39:13.43 ID:cWDgmQiS.net
自閉症はヘイトスピーチになるから
これからはグリアな奴と呼ぼう。

29: 2015/02/28(土) 09:39:44.21 ID:fq0G+Ncz.net
人の表情を読めないから、人が嫌がることも平気でやる

30: 2015/02/28(土) 10:33:24.15 ID:7flEQdXW.net
GLT1を欠損させたらグルタミン酸はグリア細胞に取り込まれないんじゃないの?

31: 2015/02/28(土) 11:56:05.56 ID:koOgPOrQ.net
グリア細胞でない脳細胞にも取り込まれなくなると思う

33: 2015/02/28(土) 17:23:28.46 ID:q+PifhPK.net
今回のポイント

アストロサイトがGLT1欠損の為にグルタミン酸を取り込み出来なくなり神経細胞間でグルタミン酸過剰になる。
メマンチンはグルタミン酸受容体拮抗薬であり、受容体側を塞ぐ形となる。
これによりアストロサイトが取り込めなかったグルタミン酸の過剰流入を防ぐことが出来る。
しかし、過剰なグルタミン酸は遊離してしまうので、メマンチンの拮抗作用が外れると服薬前より過剰になる。
実際、アルツハイマー向けとしては、飲み始めたら最後まで飲み続けるという形ではなかったか。
自閉症スペクトラムによる強迫やチックを治療する目的でメマンチン服用は疑問に感じる。
対症療法として服薬中は症状改善するとは考えられる。これは以前から薬理作用から予想されていたこと。

発達期であれば、受容体を増やす事が出来るのではないか?
逆に、受容体を増やすことが出来ないとなると、グルタミン酸放出自体を抑制しないことには治療にはならないのではないか。
グルタミン酸放出源としてミクログリアが分かっている。
発達期において、ミクログリアの活性化抑制をしてしまうと、グルタミン酸受容体が増加不良となることが分かっている。

このことから、そもそもグルタミン酸過剰に陥るのは、グルタミン酸受容体が少ないことが問題である。
少ないグルタミン酸受容体で、放出側を抑制してしまうと、興奮性抑制状態になるのでは?

であるから、発達期にミクログリアの活性化抑制をしてしまうことが、自閉症スペクトラムの原因と考えられる。

35: 2015/02/28(土) 17:33:41.05 ID:q+PifhPK.net
グルタミン酸を経口摂取してもアゴニストとはならないのでは?

76: 2015/03/04(水) 14:28:29.28 ID:E+dfmQNz.net
>>35
直接BBBを通過するとは思えないので
体内のアンモニアをつなげてグルタミンになってからしか
脳みその中に入らないと思う
脳みその中のアミノ酸のほとんどはグルタミンだから影響ないはず

36: 2015/02/28(土) 17:34:55.10 ID:q+PifhPK.net
それに、グルタミン酸アゴニストを発達期に摂取すると、受容体増になるのでは?

39: 2015/02/28(土) 18:02:49.11 ID:q+PifhPK.net
温度感覚も関係するらしいが、これも体制感覚入力で大脳新皮質だろう。
自律神経失調と混同され小脳に原因があるとされてしまうケースがあるかもしれない。

41: 2015/02/28(土) 19:39:23.60 ID:6yd5NIl1.net
学生の頃習ったな?臨床心理の講座で、森田療法について。
結構頻繁に名が出てきたような気がするけど高名なのか。
自分が治療必要な奴じゃなかったから分からなかったわ。

43: 2015/03/01(日) 03:54:33.17 ID:bG9yw2sc.net
>>41
日本独自の療法で、様々な療法の理論と矛盾しないから、今でも評価は高い。
様々な療法=認知行動療法、応用行動分析学、行動療法、認知療法、精神分析学など
しかし、普及せず。最近も森田療法を育てた病院が閉鎖した。

方法が独特で確立していなかったこと(例えば、療法者によって重視する点が異なる)。
エビデンス(本当に効果があるのか)の調査が積極的に行われなかったこと。

当たりが原因かな。

42: 2015/02/28(土) 23:44:34.64 ID:nhn2VDSp.net
30代で強迫性障害に突然なった
日常生活すら出来ん歯すら磨けない髭剃りしたら血が流れて悲鳴あげても止めれない

49: 2015/03/01(日) 13:16:19.70 ID:oEcji8Mr.net
>>42
何故歯が磨けないの?

55: 2015/03/01(日) 17:40:56.50 ID:o1R0vPJJ.net
>>49 歯磨き以外でも何やっても止められないんだよ
何かで一度つまずくとイメージが重なって何も出来なくなる
確認強迫と不完全強迫なんだよ

51: 2015/03/01(日) 16:17:08.75 ID:0rx5BjsR.net
>>42
SSRIは効かない?

55: 2015/03/01(日) 17:40:56.50 ID:o1R0vPJJ.net
>>51
アラフラニールとセニラン飲んでるよ
最初に飲んだ時は劇的に効いてなんとか日常生活出来るようになったけどそれ以上は完全には治らないんだよ

44: 2015/03/01(日) 04:03:28.79 ID:bG9yw2sc.net
あ、あと、日本独特の療法なため、外国では研究されず
洗練化が進まなかったのも一つだな。

それに、患者への強制(隔離+禁止事項)が多いし、医者が神聖化されていた時代じゃないと通じない療法。

45: 2015/03/01(日) 04:39:53.77 ID:tzwnWEAB.net
昨年末だと、何とかサイクロン?抗生物質だか抗菌剤だかが効いた話も2chでスレ立ってたよね。
あれもグルタミン酸系の興奮を抑える作用なのでしょうか?
Dアスパラギン酸とかは違う受容体向けかな
薬以外でもアンタゴニストはあるのかな。

46: 2015/03/01(日) 11:04:38.18 ID:VGLiPJGv.net
>>45
ミノサイクリンのことかな?
ミクログリアの活性化を抑制する作用が有名。
厚労省高橋氏はNMDA拮抗作用だとしている。
(数日の服薬で脳卒中急性期の症状が改善したほど強力)

ミクログリアがグルタミン酸を放出しているとすると、その活性化を抑制することでグルタミン酸放出を抑制することになる。
それがNMDA拮抗作用に見えることもあるのでは?

56: 2015/03/01(日) 18:10:36.05 ID:tzwnWEAB.net
>>46
レスありがとうございます。
ミクログリアが暴走するのは原因はなんなんでしょうね?
免疫系の疾患とか、免疫グロブリンが足りないとか
もしくは何らかのアレルギー持ちでそれに対して体が反応してるとか
ミノサイクロンは興味深いですけど、それ以外で効果が見込める何か
よい方法ないでしょうかね。

59: 2015/03/01(日) 19:22:35.84 ID:hs8HL9o0.net
>>56
なんかラットの実験で、免疫系をどうにかしたら、地肌が露出する程の毛繕いが治ったとかいう記事を見た事がある。
強迫って免疫系も関係してるんじゃないかな?

62: 2015/03/02(月) 11:56:30.96 ID:qDESHjZL.net
>>56
ミノサイクリン以外でグルタミン酸系統は、抑肝散があるが、悪化することもあるから万人向けではない。

71: 2015/03/03(火) 19:26:16.62 ID:q/ZUbPXw.net
この分野の研究は進んで欲しいな。グルタミンン酸と強迫との関係。