1: 2015/03/18(水) 15:27:24.17 ID:???.net
掲載日:2015年3月17日
http://news.mynavi.jp/news/2015/03/17/191/

no title


 日本の南極観測が新しい観測を成層圏に広げた。第56次日本南極地域観測隊で、九州大学と福岡大学が共同開発した無人観測航空機Phoenix-S(フェニックス エス)1号機が上空22kmのエアロゾルサンプルの回収、上空23kmのエアロゾル濃度測定に成功した。 科学的な観測の高度は、無人、有人を問わず、航空機として前例のない高さに初めて達した。エアロゾルなどの研究に役立つ新しい観測手段として注目される。
国立極地研究所と福岡大学、九州大学が3月13日発表した。

 同機は、翼幅が3m、最大全重量が10.5kg、高度10kmで最大飛行速度は時速260km。2015年1月24日午後6時5分、昭和基地東方約20kmの南極大陸氷床上のS17地点からゴム気球につり下げられて放球され、エアロゾルの濃度観測とサンプル回収を行いながら上昇し、西方約7kmで高度23kmまで達した。そこで気球が破裂し、パラシュートで降下した。
次いで、高度12kmでパラシュートを分離、コンピューターによる自律滑空飛行で、午後8時10分にS17地点へ戻った。
最後の高度約100mからは再びパラシュートを使い、南極の雪原に下ろした。飛行は順調に終わった。

 この無人航空機は1機約400万円。通常の自由気球を使った観測では使い捨てにされる高価な観測装置を確実に回収し、繰り返し使用できる。より経済的で、気球並みの実用的な観測高度到達能力を持つ。さらに、自由気球では困難なサンプルの回収が容易にできることを実証した。高度30kmでは、空気密度は地上の約 1/100となり、飛行条件が地上付近と同じ場合、機体の速度は音速近くに達して、機体の強度や機体制御系の限界を超える。このため、一気に滑空させるのではなく、航空機を気球から分離し、一旦パラシュートで対流圏に近い高度まで降下させ、さらにパラシュートから分離して滑空を開始する2段階分離方式を採用した。加えて-80℃の低温環境にも耐えるよう機体を作った。

 九州大学大学院工学研究院の東野伸一郎(ひがしの しんいちろう)准教授らが5年前から、無人観測航空機を開発し、試験を阿蘇山やモンゴルで重ねた。福岡大学理学部の林政彦(はやし まさひこ)教授らが搭載する小型のエアロゾル観測機器の開発と観測を担当した。気球分離型無人観測航空機のフェニックス3号で2013年に、南極で高度10kmまで観測した。今回は、さらに改良したフェニックスS1号機で快挙を成し遂げた。飛行は、第56次日本南極地域観測隊の夏隊隊員として参加した東野伸一郎准教授らが南極の現地で実施した。搭載したカメラで、空の黒さと南極大陸の白さのコントラストが印象的な写真も撮影した。

続きはソースで

<画像>
写真1. 放球直後のフェニックスS1号機(撮影・第56次南極地域観測隊 小塩哲朗隊員)
http://news.mynavi.jp/news/2015/03/17/191/images/001l.jpg

写真2. 高度23kmから帰還・回収されたフェニックスS1号機(撮影・第56次南極地域観測隊 小塩哲朗隊員)
http://news.mynavi.jp/news/2015/03/17/191/images/002l.jpg

<参照>
国立極地研究所│ニュースとお知らせ
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150313.html

CiNii 論文 - A Balloon-Assisted Gliding UAV for Aerosol Observation in Antarctica
http://ci.nii.ac.jp/naid/130004696953

引用元: 【極地研究】【極地研究】日本の無人機が南極の超高空で観測に成功 - 国立極地研究所など

スポンサーリンク
4: 2015/03/18(水) 15:45:35.08 ID:5/fXXISv.net
コスパよさそうな研究で素晴らしい。

5: 2015/03/18(水) 15:48:05.45 ID:pfviw/LX.net
来月には中国が同じもの制作して、全世界に報道されます!

6: 2015/03/18(水) 16:01:09.36 ID:UwW/I/TC.net
捨てられた気球ってどうなるのかね?かなりデカそうなんだが海に落ちてゴミになるのか?

7: 2015/03/18(水) 16:14:30.84 ID:Z9PJ0vnR.net
ただのバルーンだろ

8: 2015/03/18(水) 16:16:40.32 ID:kW6i1FY8.net
只のラジコン機

10: 2015/03/18(水) 20:22:10.03 ID:t3eIKNNy.net
高度を稼ぐならヘリの方が簡単かも、垂直に上がっていく。

11: 2015/03/18(水) 20:57:08.76 ID:i5j3IJPR.net
>>10
馬鹿は黙ってろよ
な?

16: 2015/03/18(水) 21:48:23.54 ID:8VGOYrPF.net
>>10
音速を何倍も超える速度でローターを回せ!
できるか?

18: 2015/03/18(水) 22:20:57.92 ID:pzfGX0rS.net
>>16
え? それで垂直上昇できるの?
レシプロ機の独力音速飛行に光が……胸熱

27: 2015/03/24(火) 17:51:58.36 ID:VotoJ2IZ.net
>>10
ヘリコプターの最高高度記録は12,440mな

13: 2015/03/18(水) 21:05:49.47 ID:y6jNMsFl.net
軍事に応用できるかな

17: 2015/03/18(水) 22:17:17.86 ID:W91+Qf6t.net
航空機っていうか気球だよな。
装置の回収に航空機使ってるだけで。

でも発想はいい。

19: 2015/03/18(水) 23:33:10.21 ID:PLrEY7AA.net
>>動力飛行時間(min) - 5
>>http://news.mynavi.jp/news/2015/03/17/191/images/003l.jpg

えっ? 短っ・・・
航空機というか、グライダーじゃん。

20: 2015/03/19(木) 00:04:54.11 ID:BSkBTxFH.net
無人機によるパラシュート型爆弾の投下実験成功

21: 2015/03/19(木) 01:27:21.49 ID:y9xnPn4/.net
こんなちっこいのに凄いな

22: 2015/03/19(木) 06:25:19.62 ID:P0s5eQlk.net
気球にスマホぶらさげて成層圏から撮影した子供いたよね
あれも無事帰還してたと思うが

23: 2015/03/19(木) 06:57:36.95 ID:EMV/Ku96.net
ヤダすごい超高空だって~
この無人機ヤバくない?
もうマジ航空機~

24: 2015/03/21(土) 05:51:04.99 ID:oh/PsLiB.net
>>1
ああ、これ20年くらい前衛星観測データ扱っていた頃
本来なら欧米が開始したような無人グライダーによる高層調査が必要なのに、なんで衛星を優先してるんだろうねって話ししてたっけ。
極地研はやるべきことをきちっとやる人が居て素晴らしいなぁ。でもあれから20年も掛かるとは予想外だった

25: 2015/03/22(日) 14:31:03.26 ID:rdbQ3SZy.net
採取されたサンプルの分析が知りたい。 くびを長くして待つ

26: 2015/03/24(火) 17:42:53.95 ID:nMwFdQve.net
この技術で無人爆撃機つくれよ

15: 2015/03/18(水) 21:32:05.29 ID:FgtjFh4Z.net
すげぇ