1: 2015/04/16(木) 12:41:16.24 ID:???.net
様々な医薬品、机の上で製造 東大が夢の合成法  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO85706180V10C15A4000000/

画像
http://www.nikkei.com/content/pic/20150416/96958A9F889DEAE7E5E2E4E3EAE2E3E7E2E6E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO8571251015042015000001-PB1-11.jpg
机にのるほどの小型装置で簡単に医薬品が合成できる=小林修東京大学大学院教授提供
http://www.nikkei.com/content/pic/20150416/96958A9F889DEAE7E5E2E4E3EAE2E3E7E2E6E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO8570614015042015000001-PB1-26.jpg
8段階の化学反応を連続して起こしロリプラムを合成する


 東京大学がこれまで難しかった医薬品などを原料から一貫して連続合成する技術を実現した。机の上にのるほど小型の設備で効率よく複雑な化合物を生産でき、生産コストを大幅に引き下げられる。研究が進めば液晶などの幅広い精密化学製品でも利用が広がりそう。医薬品製造で日本が世界をリードする可能性をもたらすとともに、海外勢におされて苦戦している日本の化学産業を復活させる切り札になるかもしれない。

■脳機能の改善薬、縦横1.5mの装置で生産

 原料を送り込むとチューブを通りながら化学反応が進み、出口から出たときには医薬品になる物質ができあがっている。石油化学などでは可能な「連続合成」と呼ばれる製造法だが、医薬品をはじめ精密な化学合成が必要な製品の大半では実現していない。

 小林修東京大大学院教授らのグループはこの連続合成の手法で抗うつ剤や脳機能の改善薬などとして期待されている「ロリプラム」を作ることに成功、16日発行の英科学誌「ネイチャー」に成果を発表した。

 実験では縦横1.5メートルほどのテーブルにのる装置を使い、1週間の連続運転で生産したロリプラムは10グラム。化学組成は同じでも右手と左手のように立体構造が違う光学異性体を作り分ける不斉合成も効率よく実現できる。「医薬品でも連続合成が可能なことを実証できた。将来は医薬品や精密化学製品でも広く連続合成が使われるようになるだろう」と小林教授は期待する。

 現在の医薬品製造の主流になっている「バッジ法」と呼ばれる合成法は、何段階もある化学反応をひとつひとつ別の設備で行い、次の工程に送る。途中で次の工程に送る材料と不要な副産物を選別する作業も必要だ。一定量を生産するためには化学反応ごとに大きなタンクを使い、複雑な医薬品になると数十段階もの化学反応を経て生産される。それだけ巨大な設備が必要になるわけだ。

2: 2015/04/16(木) 12:41:59.38 ID:???.net
■生産調整が容易、製造コストも大幅に低減

 しかし東大が実現した製造法ならば、カラムと呼ばれるチューブの中に原料を流しながら化学反応を起こす。大きなタンクが不要になるだけでなく、必要に応じた生産量の調整もしやすい。
運転の自動化も容易で、合成段階が多くなるほど時間のロスも減る。またバッジ法では各段階ごとに生じている副産物の廃棄も少なくなり、環境への影響も抑えられる。複雑な化学合成が必要で価格も高くなりがちな抗がん剤などの医薬品では大きな製造コストの低減が期待できる。

続きはソースで

(電子編集部 小玉祥司)

a
 

引用元: 【技術/化学】様々な医薬品、机の上で製造 東大が夢の連続合成法

スポンサーリンク
3: 2015/04/16(木) 12:49:16.32 ID:bNp2jA9Q.net
だからといって安くならないだろう薬価

4: 2015/04/16(木) 13:03:47.53 ID:5Ua8Esro.net
医薬品の開発って、決まった触媒とかプロセスを使うだけの単純作業ってこと?

6: 2015/04/16(木) 13:09:49.56 ID:z5rbX50S.net
こうした技術こそきちんと管理しないと
途上国などで合成麻薬が作られ世界に蔓延する
一因となりそうです。

8: 2015/04/16(木) 14:47:44.46 ID:kNlLTNKt.net
よくわからないんですけど、誰か説明してくれませんか?
なにがすごいのかさっぱりわかりません

24: 2015/04/17(金) 05:17:43.57 ID:P61169/O.net
>>8
「トヨタがネジ一本の部品製造から最終的な自動車組み立てまで、期間工一人で連続的に出来るシステムを開発した、しかもガレージに収まるサイズで」
くらいの話だよ。

28: 2015/04/17(金) 07:22:45.60 ID:i00ir4VF.net
>>8
ちょっとあの薬が欲しいなあという時に、業者に発注しなくとも
研究室の設備で作れるようになる。

時間も金も比較にならない程掛かるけど。

10: 2015/04/16(木) 15:13:24.89 ID:Lku4aE1A.net
全合成の成功に40年かかったタキソールも簡単に合成できるの?

11: 2015/04/16(木) 15:15:52.98 ID:6hhXdtho.net
だいたいにおいて、こんなことやったって製薬会社に勝てるわけねえだろが。
製薬会社でロリプラムを必要だったら、もっと効率のいいシステムを作る。
それが連続合成機かどうかはわからない。それは費用対効果で決めることだ。
つまり、大学でこんな研究をやる理由がないだろがアホか
違う化合物には全く違う装置の設計を一からやんなきゃなんないし。

そんなことよりヅラを取れ

19: 2015/04/16(木) 21:46:51.78 ID:qBPRBZwp.net
>>11
費用対効果の一覧表を変えることも重要だろう

13: 2015/04/16(木) 15:30:48.97 ID:fnhfohxX.net
おまいらはさ 食い物入れて ウ◯コ出す連続合成機なんだが 逆の連続合成機ができんか

14: 2015/04/16(木) 15:46:09.04 ID:kNlLTNKt.net
>>13
つ 細菌、植物、草食動物、肉食動物

15: 2015/04/16(木) 17:35:52.75 ID:KQjzk87C.net
これは凄いね
ビッグデータやコンピュータで解析が進むと色々わかるかも
早く臨床実験とか次から次にとかやって欲しい

でも怪しげな薬に応用する奴が出てきそう

16: 2015/04/16(木) 18:52:48.39 ID:E2d/g2Jq.net
もし植物や大便を原料に薬を合成出来るなら

近い将来の火星ミッションに不可欠となるのではないだろうか

21: 2015/04/16(木) 22:26:11.61 ID:ykBgKIFo.net
もし家庭向けに作られたら世界中が面白いことになりそうw

23: 2015/04/17(金) 01:19:53.94 ID:YT+zpztw.net
麻薬が作りやすくなるって事?

3Dプリンタのように軍事とか宇宙船なんかで使えそう
あとは医薬品の開発とか?

25: 2015/04/17(金) 06:16:40.68 ID:kQ9ht2O2.net
(´・ω・`)これ、技術的にできるかも?っていう段階で、
実際にこんなあいまいなつくりかたの薬をにんげんにはつかえないよね?


なんていうか実験用の試薬をとりあえずつくるときの手早い製造方法って感じで終わるんじゃないの?


あんまり意味ない気がする

27: 2015/04/17(金) 06:47:39.37 ID:Skpyhxu+.net
夢ではあかんやろ、はやく現実に目覚めよ。

29: 2015/04/17(金) 08:13:28.94 ID:laNWzwxd.net
今までは理論上の薬を作るのにちまちま手作業で薬を作ってたけど
材料入れるだけで手間をかけずに薬を少量作成して
効果を判断できる。

薬の3Dプリンタだね。

30: 2015/04/17(金) 08:36:55.34 ID:lLEfXcWM.net
ここからどんどん改良して実用的になる事を期待

31: 2015/04/17(金) 08:37:45.56 ID:+YJgFvWN.net
なんだよまたノーベル賞かよ

32: 2015/04/17(金) 10:52:33.79 ID:FMxc1DtK.net
この発表のと同じように色んな化合物を自動的に合成する装置って
少し前に欧米の研究者が発表してたと思うんだが

33: 2015/04/17(金) 11:39:59.73 ID:OCmJmDDm.net
>>32
今までも星の数ほど公表されていた。
ちなみにオウムもサティアンに当時最新鋭の自動合成機を入れていた。

37: 2015/04/19(日) 08:50:49.86 ID:RiIUfwkf.net
そもそも京大の吉田潤一先生が始めたのがフローケミストリーだっけ

それの応用版か

48: 2015/04/19(日) 16:01:33.97 ID:zsVb8qyV.net
昭和40年代以前の大学の化学の実験の教科書の記述例
「まず、物質Aをフラスコに300グラムとり、それを。。。」
昭和50年代以降の大学の化学の実験の教科書の記述例
「まず、物質Aを試験管に1グラム入れて、それを。。。」
最近の場合はたぶんこんな感じ
「物質Aを5ミリグラムとり、それを、、、」

段々と使う実験で使う試薬の量が少なくなっている。

61: 2015/04/19(日) 18:24:38.02 ID:TB3mvd5r.net
プラモデル組み立て式化学

62: 2015/04/19(日) 18:35:26.32 ID:TFmybi3Z.net
「バッジ法」ではなく
「バッチ(Batch)法」な。

26: 2015/04/17(金) 06:28:23.41 ID:Ay3csVfS.net
無から対生成しろ