1: 一般人φ ★ 2013/05/31(金) 00:17:56.93 ID:???

 川崎重工業は30日、利用されていない非食用の稲わらから低コストでバイオエタノールを製造する技術を確立したと発表した。食用のサトウキビなどを使う技術が普及しているが、食糧不足が問題になる中、非食用の植物を使う技術への期待は大きい。今後、南米や東南アジアで売り込みを図り、サトウキビの絞りかすを原料にする技術の開発なども進める。 

農林水産省の公募事業で、2008年度から5年間、実証試験を行っていた。秋田県潟上市に日産200リットルの能力を持つプラントを建設。従来のように硫酸や酵素を使わず、熱水で稲わらの糖化処理を行う独自技術により、1リットルあたり40円でバイオエタノールが製造できるようになった。

▽記事引用元 産経新聞(2013.5.30 15:41
)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130530/biz13053015430031-n1.htm


▽川崎重工業プレスリリース
http://www.khi.co.jp/news/detail/20130530_1.html
d9708ea2.jpg



スポンサーリンク
~管理人の周りの声~

1.俺の家で米作ってるから田んぼあるけど、ほとんど収入にならないんだよね。
しかも田舎だから公共機関なんてあってないもんだし、車がなきゃ話にならないから、この技術が少しでも早く実現して欲しい。
そうすれば米の収入の他に余りまくってる稲も売りたい。
そしてその稲から作ったバイオエタノールで走る車があれば、ガソリン代の足しにもなるし。

2.東北出身だから、秋田と言わず東北各地でやって欲しい。
土地は腐るほどあるし、家の関係とかで都会に行けず貧困に苦しむ若者もいっぱい居るから雇用対策にもなると思う。

3.稲わらがエネルギーになるのは素晴らしいけど、問題はコストだよね。
今あるエネルギーより安くなるならいいけど色んな利権がらみの問題で無くなりそう・・・

4.将来、バイオエタノールで走る車とか発電施設とか出てくるのかな。
車に関しては、バイオエタノールだけじゃなくガソリンや電気など燃料を選ばずに走れる車が出来ればいいな。
(お金掛かりそうだけど)
てか電気自動車だとどの燃料を車に入れるとか気にしなくていいから、電気スタンド増やしてくれ。

~周りの声おわり~




2: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:22:17.93 ID:WdKOs2qz

こんなの米中露が認めないだろ


90: 名無しのひみつ 2013/06/01(土) 06:31:41.21 ID:Hhrmc9hu

>>2
アメリカは認めるだろ。シェールガス持ってるんだから。


3: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:28:39.90 ID:Hy/TDZiY

なるほどそもそも日本の稲わらの大部分は石油化学肥料で出来てるから
カロリーいっっっっっっぱいだね。


4: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:31:29.15 ID:b0/I3YQJ

川重は何でもやってのけるな。
後はかの国に技術を盗まれないように
頑張って欲しいと真面目に思う。


67: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 18:34:45.98 ID:Por1j0fo

>>4
日本の企業は危機管理が無いに等しいので
すぐチョンやチャンコロにパクられるよ


5: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:31:51.22 ID:tta6jbLV

日産200L..


8: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:34:56.90 ID:OtTttM/R

>>5
2リッターのクルマみたい。


6: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:34:27.71 ID:1rhXQ3iZ

この調子で 原爆も開発してくれ


7: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:34:56.88 ID:zUx6C9ev

あーあ、もうこりゃ川崎買うしかねえ


9: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:35:40.96 ID:g1G03zVh

>>1

>バイオエタノール製造を製造する


10: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:36:30.95 ID:yXl4cAdF

嘘くせえ


11: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:39:58.08 ID:Hy/TDZiY

稲のセルロースがどれだけのエネルギーを含んでいるのか知らないから
判断できませんけどね。日本の米の全生産量は約800万トンくらいだから
全稲わらからエタノール作ったとしても実である米の澱粉ほどにはエネルギーを
取り出すことができないだろうね、例え繊維を分解できる牛はセルロースを分解
してエネルギーを取り出すことが出来るが、仮にコメを直接エサとして与えた
としたらやはりコメの方がカロリーを高密度に含んでいるように感じる。


12: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:40:47.68 ID:p/ICClWw

武田先生が一瞬で論破しそうな技術だな


13: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:42:58.20 ID:DKytjZxh

川崎重工って地下鉄屋ってイメージあったけどこんな分野も頑張ってるんだな


14: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:44:15.82 ID:b3jg+X4p

わらじから乗り物までってか


15: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:45:51.78 ID:2yIqVJAz

イネ科全般に可能性があるならかなり有望だが
いずれ海外の方が有利になってくだろうな。


16: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 00:47:35.46 ID:2M2PP8h0

日産200リットルでリッター40円って内職かよ
どういう前提なんだ?


39: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 02:33:01.39 ID:cc9Cina7

>>16
集荷費用と設備の減価償却費が入ってない生産コストなんだろうが
最終的に一番金かかるのは税金なんじゃねw

まあこういうのはでかいプラント作っても採算合わないんだろうから
スケールについてはそこそこ妥当なんじゃね?


41: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 02:38:44.18 ID:M5kNkWip

>>39
正直田んぼにある稲わらを回収するコストって
バカにならないと思うんじゃが、どうなんじゃろ?


17: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:05:15.05 ID:Hy/TDZiY

なんだ農林水産省の公募事業プロジェクトか、それなら絶対実用的に
役立つことにはならないのがすぐ理解できる。


18: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:06:24.57 ID:3wf7yUAO

米作りとバイオエタノールの製造販売やったら、日本の農業の競争力あがるんじゃないか?


21: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:08:29.95 ID:Hy/TDZiY

>>18
砂糖的思考。


19: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:06:38.26 ID:Aer6yH11

面積辺りってか製造面積どれくらいで日産200Lなんだろ?
縦に重ねて作れるなら地下化・ビル化して製造しても良いかもね

問題は大量の麦わらをどうやって確保するか
できれば国内で生産して欲しいが・・・だったらオイリックスの方が良いかも・・?


20: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:07:15.13 ID:fBk0y+pZ

現行のエンジンに使うと白サビ出るからエタノール混合ガソリンはダメ


22: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:10:58.21 ID:wO+LIdSA

稲の実る前の緑の状態のやつとか、そういうの?
稲穂を脱穀した後の茶色いヤツだったら凄いな


31: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:43:29.40 ID:3JQE4kdD

>>22
>>1
>非食用の植物を使う技術への期待は大きい
と書いてあるから、食べるものではないと思う


23: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:14:13.59 ID:heaKA2JK

セルロースなんだから
おがくずだろうが雑草だろうがいけるんじゃないの


24: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:20:47.65 ID:fbyunhP5

>>23
雑草はほぼのそのままいけるけど木材系はリグニンがあるからまた一工夫必要。
ただ雑草だとわざわざそのためだけに刈って集めなきゃだよね、
他の目的で刈って集まってる稲や麦と違って。


27: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:29:54.77 ID:heaKA2JK

>>24
春から秋までは山村では畑から道端から
何度も雑草を刈らないとぼうぼうになって
生活に支障が出て、この草刈が大きな負担になってるので
それが利用できれば過疎の村も少しは宝の山に


29: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:38:17.34 ID:ZDebDyV9

>>24
い草みたいに草そのものを使う目的で休耕地に栽培すればいいじゃない


25: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:26:15.59 ID:T6bjk3Va

利用されてない稲わらとかあるかな
米作ってたけど、ハーベスタで刈る時、自動的に細かく粉砕して田んぼに撒き
そのまま肥料にするし


26: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:26:49.06 ID:Mipojc9I

米国なんかでは麦わらやコーンの廃棄物が使えるね

穀物や果実を使うより全然マシ


28: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:38:13.98 ID:7119sN8f

川崎重工か・・・

ホンダのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む

ヤマハのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む

スズキのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む

カワサキのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む


58: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 12:25:00.60 ID:AB015UbL

>>28

そこはこうだろ。

ホンダのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む→普通に走る

ヤマハのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む→大きな音が出るが、走る。

スズキのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む→少し壊れるが、走る。

カワサキのバイクに
川崎重工製バイオエタノールを注ぎ込む→初めからマシンが壊れている。

カワサキか…


34: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 01:56:33.76 ID:2yIqVJAz

東南アジアみたいに陸稲を2期作3期作やってるとこで
作り出したら一気に追い抜かれる。

だいたい日本じゃ普通の流通米の田んぼの収穫は
コンバインでワラ切り刻んでその場に撒いてるだろ
稲ほしてるなんざプレミア米ぐらいだぞ。


57: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 10:09:44.76 ID:2d2Oyvr9

>>34
追い抜かれるって何だよ?
東南アジアにプラント作ってエタノールを日本に運ぶか、現地で販売すればいいだけだろ。


73: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 20:45:58.31 ID:yXl4cAdF

>>57
稲わらから作ったエタノールを重油を使って運ぶとか


84: 名無しのひみつ 2013/06/01(土) 00:33:37.75 ID:Oveiu440

>>57
だからさー 
折角、良心的な 技術者が 日本の杉間伐材からのエタノールやBTFを
ガソリンより安くして

  日本に経済成長と、雇用と、戦時の燃料自給をもたらそうとしても

  日本人の誰かが、インドネシアで、ネピアグラスで

  もっと安く生産を始めたら、

   日本の経済成長も、雇用も、戦時の燃料自給も 全部パーじゃないか

そりゃあ、
「真っ先に敵前逃亡したほうが個人的には保身的に得」だし

「円高・ルピア安では、インドネシアで生産したほうが安くしやすい」のは

誰だって知ってるけど、それを躊躇いなくやっちゃうのは「頭がいい」んじゃなく

単なるサイコパスだからさ


87: 名無しのひみつ 2013/06/01(土) 04:20:39.97 ID:2GRnVDZV!

>>84
・日本にある資源で商業的に成り立つエネルギー源が作れる

・現状でインドネシア産の原料が有利
とは分けて考えるべきだよ。

「現状では」インドネシア産の原料が安いのだから
この技術を使う工場はまずインドネシアに行くだろうし、
日本にとって雇用拡大などははじめから想定していない。
「将来」インドネシアのコストが高くなったり、
日本で独自に生産を始めるだろう。

君の考えは、因果関係とか時系列が逆なんだよ。


88: 名無しのひみつ 2013/06/01(土) 04:26:20.80 ID:2GRnVDZV!

>>87につけたし。
「日本としては」
外国産にせよ国産にせよ、安いエネルギー源が確保されれば成長の原動力となりうる。

「秋田県」は、現状では大規模工場の誘致に結びつかず、裏切られたと感じるかもしれないが、
そこで廃棄される予定の廃材や稲藁を少しでも有効利用できればOKだろう。
現状では0~マイナスのものが少しでもプラスになればいいんだから。


93: 名無しのひみつ 2013/06/01(土) 07:47:56.59 ID:0fKVnfIj

>>88
だからこういうのは集荷にコストかかるから
大規模にやったってダメなんだってww

小さな規模で採算が取れるような設備に設計しないと


102: 名無しのひみつ 2013/06/01(土) 14:49:19.04 ID:Oveiu440

>>93
そーでもない

RITE-HONDA法のように、エネルギー&酵素コストはかかるが
変換効率が良くて、3kgの原料で1Lのエタノールを生産できる場合

仙台港の火力発電所や、大船渡のセメント工場に隣接してエタノール工場を建てて、
発電所やセメント工場から廃熱や夜間余剰蒸気をもらってエネルギーコストを下げて

内航海運で、木質津波ガレキ/間伐材を津波被害地/その後背森林から船で集めて
大規模にやるというほうが安く付く
-------------
また、川崎法のように、酵素コストはかからないが、変換効率が悪くて
6.6kgの原料で1Lのエタノールしか取れない場合でも
火力発電廃熱や、セメント廃熱で「酒かす」を安く乾燥して
北海道・東北の畜産農家に「糖残存飼料」として高く売るとか
「糖化残滓」をセメント燃料や、もっと高付加価値の目的に

カスケード利用すれば 広域集荷の不利は克服できる
-----------
寧ろ、「インドネシアで安い原料を使う」では、
研究費を出資してくれた、日本社会や秋田県に悪いから
「日本有利・インドネシア不利な点」を考えると

日本のほうが「産業廃熱」や「鉄道インフラ」に恵まれているから
それを利用して、インドネシア産メタノールに勝てるほど安く生産できる方法
を考えたほうがいい

それに、日本は敗戦後に国家予算の9倍もの戦争負債が破裂して
激しいインフレになって 戦前1ドル4円が、戦後1ドル360円になった

円高が円安に振れるリスク、インドネシアの人件費の急上昇を考えず
目先のコストだけしか見ないで、しかも日本から研究費もらって海外生産考える
のは、如何なものかと思うね


49: 名無しのひみつ 2013/05/31(金) 07:51:53.15 ID:VMx/YR8L

藁を燃料に動くエンジン作ればいいんじゃね?


引用元: 【エネルギー】稲わらから低コストでバイオエタノール製造を製造する技術を確立、1リットル40円で/川崎重工