1: 白夜φ ★ 2013/06/16(日) 00:40:09.60 ID:???

新しい種類の変光星を発見、ESO
2013年06月13日 17:56 発信地:パリ/フランス

【6月13日 AFP】欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)は12日、南米チリにあるESOのラ・シーヤ天文台(La Silla Observatory)の1.2m望遠鏡で観測を続けてきた天文学チームが、地球から7000光年の距離にある興味深い星団の中に、これまで知られていなかった新しい種類の変光星を発見したと発表した。

ラ・シーヤ天文台で、ケンタウルス座(Centaurus)の散開星団「NGC 3766」にある約3000個の星を7年にわたって観測してきたスイス・ジュネーブ天文台(Geneva Observatory)の天文チームは、そのうちの36個の星の明るさがわずかながら変化していることを確認した。
変化の幅はわずか0.1%ながら、2~20時間の周期で光度が変化していることが分かった。

星自体が発するエネルギーの流れによって明るさが変わる変光星や脈動型変光星の存在は、かなり以前から認識されていた。
しかし、このほど見つかった星たちは、現在知られている変光星のどのカテゴリーにも適合しない。
約2000万年前に誕生したこれらの星は、太陽より若干熱くて明るいという以外に目立った特徴はない。

ジュネーブ天文台のSophie Saesen氏は、「新しいタイプの変光星の存在そのものが、天体物理学者にとっての挑戦だ。
現行の理論モデルに基づいた推測では、これらの星の明るさは周期的に変化しないはずだ。
こうした奇妙で新しいタイプの星の性質を、さらに把握するべく調査を進めている」と述べている。(c)AFP
____________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年06月13日 17:56配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2950120/10895608

▽関連
ESO
New Kind of Variable Star Discovered
Minute variations in brightness reveal whole new class of stars
12 June 2013
6b4b8a87.jpg

http://www.eso.org/public/archives/images/screen/eso1326a.jpg



2: 名無しのひみつ 2013/06/16(日) 00:47:20.65 ID:MUqFqwnB

隣の恒星にも行けないのに、そんなの調べても意味ないよ


3: 名無しのひみつ 2013/06/16(日) 01:03:09.42 ID:zTxsviSg

1光年先へ行く技術があれば宇宙のどの場所にも行けるよ
それくらい1光年の壁は厚い


5: 忍法帖【Lv=27,xxxPT】(1+0:8) 2013/06/16(日) 01:52:49.40 ID:ak14ePSj

>>3
 銀河系の大きさが、10万光年ぐらい。
 宇宙のどの場所にも行けるのなら、このぐらいは楽勝なはずだが。
 地球上で1kmを移動するのは歩いてできるはずなのに、地球半周
 2万kmを移動するのは難しい。

 なかなか、1光年の向こうに果てしない絶望的な延々とした
 壁があるように思うね。

 そりゃ1光年先に行くのだって無理なんだが。アリが地球の裏側の情報を
 知っているようなもんだと思う。


6: 名無しのひみつ 2013/06/16(日) 01:57:25.93 ID:5BkReBVy

時間かければ良いだけ。
数万年の寿命があればなんとかなる。


8: 名無しのひみつ 2013/06/16(日) 12:07:09.75 ID:KgtIyu3K

ワームホール


11: 名無しのひみつ 2013/06/16(日) 16:34:25.29 ID:zZsDuAZM

欧州南天天文台はどこにあるのかと思たら、
どうやら南米チリにあるラ・シーヤ!


引用元: 【天文】地球から7000光年 ケンタウルス座の散開星団「NGC 3766」に新しい種類の変光星を発見/ESO