1: 白夜φ ★ 2013/06/19(水) 01:20:22.41 ID:???

GKのシュート阻止は脚の役割分担が大事 筑波大が動き分析


サッカーのゴールキーパー(GK)がシュートを止めるには、ボールに近い側と遠い側の脚が適切に役割分担する必要があることを、筑波大のチームが実際にGKの跳躍の様子や脚にかかる力を詳細に分析して18日までに明らかにした。

分析では、GKにとって最も対応が難しいのが、遠くて高いコースに来るボールであることも判明した。
筑波大の松倉啓太特任助教は「GKのトレーニング方法開発に役立つ」としている。

ゴールマウスの端の高い位置や低い位置などにボールを固定。
大学サッカー部のGK11人に1・8~3・5メートル離れた場所からダイビングしてもらい、関節の動きや両脚にかかる力、ボールに触れるまでの時間などを調べた。

遠くて高い位置のボールに届くまでの平均の所要時間は0・61秒で最大だった。

このようなシュートに対応するには、まずボールから遠い方の脚が先に地面から離れ、近い方が後から離れる。
遠い脚で力強く地面を蹴る瞬間は、近い脚は跳ぶ方向などを調整していた。

その後、近い脚が地面を蹴る際には、進行方向から反対の方向に力を加えることでブレーキのような役割を果たし、上方向へ跳び出すための力を得ていた。
[ 2013年6月18日 20:59 ]

17c61cfc.jpg

_______________

▽記事引用元 Sponichi Annex 2013年6月18日 20:59配信記事
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/06/18/kiji/K20130618006040880.html

▽関連
筑波大学 プレスリリース
06/18 どうやってあのシュートを止めてしまうのか!~サッカーゴールキーパーのダイビング動作の両脚のメカニズムを解析~
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/press20130618.pdf



2: 名無しのひみつ 2013/06/19(水) 01:39:52.16 ID:kRkiFTDJ

夏休みの自由研究かよ
大学屋はのんきだね

なんだこれ↓wwww

> 分析では、GKにとって最も対応が難しいのが、遠くて高いコースに来るボールであることも判明した。


3: 名無しのひみつ 2013/06/19(水) 01:48:15.13 ID:orHjVsSJ

素人の感想が正しかったってことで桶
終わり


4: 名無しのひみつ 2013/06/19(水) 01:50:10.47 ID:nn56uFgd

>進行方向から反対の方向に力を加えることでブレーキのような役割を果たし、上方向へ跳び出すための力を得ていた。
なんだこれ。バカにしてんのか?
それとも日本の、人体の研究がこの程度のレベルなのか?


5: 名無しのひみつ 2013/06/19(水) 02:08:47.09 ID:kCe7/JSV

あまりにも悲惨なレベルで進歩のみられない日本のGK事情をどうにかしたい
そんな思いは伝わってくるが、もうちょっとがんばれ


6: 名無しのひみつ 2013/06/19(水) 08:43:54.84 ID:/Ombxhza

ポーランドやドイツのように世界的に最優秀のGKを輩出することで有名な国は、
こんな雲をつかむような分析よりも、国内のスカウティングシステムを充実して才能を発掘するほうを重視しとるわ


8: 名無しのひみつ 2013/06/20(木) 02:29:37.04 ID:B6dQM2sO

川口さんも苦笑い


引用元: 【スポーツ科学】サッカーGKのシュート阻止 脚が役割分担する必要 跳躍の様子や脚にかかる力を詳細に分析/筑波大