1: 2015/04/30(木) 18:02:52.74 ID:???.net
ここがすごい!ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/

画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/ph_thumb.jpg
ウェッブ宇宙望遠鏡の主鏡を構成する六角形セグメント。主鏡は合計18枚のベリリウム製セグメントから成り、赤外線を反射しやすいように24金でコーティングされる。(PHOTOGRAPH BY NASA/
MSFC/DAVID HIGGINBOTHAM)
https://www.youtube.com/embed/H5MwOCgzQ6M
ハッブルの写真で星の旅へ。数千個の星が集まるWesterlund2と、周囲に広がる星雲であるガム29の中をゆく。ハッブルで撮影した写真を使って制作。Video: NASA, ESA, G. Bacon, L. Frattare,
Z. Levay, and F. Summers (Viz3D Team, STScI), and J. Anderson (STScI)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/02.jpg
ウェッブに採用される新技術のひとつ、マイクロシャッタアレイ。数千個の小さなシャッタにより、1つの分光器で100以上の天体を同時に観測できる。(PHOTOGRAPH BY CHRIS GUNN, NASA
GODDARD)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/03.jpg
NASAゴダード宇宙飛行センターの巨大なクリーンルームで、2枚の試験用セグメントを検査する光学エンジニア。(PHOTOGRAPH BY CHRIS GUNN, NASA)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/04.jpg
膜のような形の巨大サンシールド。これを5層に重ねたシールドで、ウェッブを太陽、地球、月から守り、冷たい状態を保つ。飛行中、最初に配備されるパーツのひとつ。(PHOTOGRAPH BY
NORTHROP GRUMMAN AEROSPACE SYSTEMS)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/05.jpg
ノースロップ・グラマンという請負業者が、ウェッブ建設の大半を担当する。先ごろ、サンシールドの大規模実験を終えたばかり。5枚の断熱膜を用いた巨大サンシールドは、SPF100万の日焼け止めと同等の性能を持つ。(PHOTOGRAPH BY ALEX EVERS, NORTHROP GRUMMAN)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/06.jpg
打ち上げ前に、ゴダード宇宙飛行センターの巨大な低温チャンバーでウェッブの各部品の試験が行われる。打ち上げ後の修理は不可能だ。(PHOTOGRAPH BY CHRIS GUNN, NASA)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/042800075/07.jpg
ウェッブは、これまでの計器よりも過去にさかのぼることができる。宇宙の初期に誕生した星や銀河の観測、形成過程にある星や銀河の観測、太陽以外の恒星を回る惑星の調査、太陽系の監視などが可能だ。(ILLUSTRATION BY NORTHROP GRUMMAN)


 25年前の4月24日、史上最大で最高のハッブル宇宙望遠鏡は、スペースシャトル・ディスカバリーによって地球低軌道に打ち上げられた。時をさかのぼり、宇宙の秘密を解明することが目的だった。

 しかし、計画に20年もの歳月と15億ドルを費やしたハッブルが最初に送ってきた画像は、何ともひどいものだった。完ぺきな精度で作られたはずの集光ミラーに不具合があったのだ。 

 3年後、次のシャトルが修理に向かった。その後ハッブルは世界クラスの革新的な観測結果を送るようになり、壮大な画像に多くの地球人が魅了された。

 今でも現役のハッブルだが、永遠に宇宙を覗き続けることはできない。もうすぐ、ハッブルよりも大きい巨大望遠鏡が打ち上げられようとしている。

「これから、あらゆる種類の新発見が待っています。これにより、天文学の世界に再び変化が訪れるでしょう」と述べるのは、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のプロジェクトサイエンティストを務める
宇宙望遠鏡科学研究所のジェイソン・カリライ氏だ。

姉をしのぐ妹 

 ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、宇宙ベースの汎用天文台という意味では、ハッブルの後継にあたる。しかし、多くの関係者は2機を姉妹と考えている。短期間でもいいので2機を同時に運用し、姉妹の目で同じ天体を観測することを望んでいるのだ。 

 2018年に打ち上げが予定されているウェッブは、その赤外線カメラにより、宇宙誕生からわずか2億年後の光を集めることができる。宇宙誕生2億年といえば、初期の恒星や銀河が形つくられつつあった時代だ。また、太陽を含む恒星を回る惑星の調査も行う。これらのすべてを、地球から100万マイルの高見から行うのがハッブルとは異なるところだ。 

 アポロ計画で重要な役割を果たしたNASAの長官にちなんで名づけられたジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、口径6.5mもの鏡を持つ(ハッブルは2.4m)。六角形のベリリウム製セグメント18枚からなる反射鏡は、昆虫の複眼を彷彿させる。目的地までの2カ月の旅の間、すべてのユニットは折りたたまれた状態で運ばれる。それが展開する様子は、ハイテクな宇宙の折り紙とでも言おうか。 

 ただし、計画にリスクがないわけではない。宇宙ステーションなどが太陽と地球に対してずっと同じ位置関係を保てる場所は5つあるが、ウェッブはその1つであるラグランジュ点L2を目指す。そこは地球から100万マイルも離れているため、不具合が発生してもレスキューできる望みはない。 

続きはソースで

1


文=Nadia Drake/訳=堀込泰三
 

引用元: 【宇宙開発/技術】ここがすごい!ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 宇宙の過去を探る史上最強のタイムマシンにもなる“ハッブルの妹”

23: 2015/04/30(木) 19:57:57.25 ID:G+gC2Wku.net
>>2
>  ウェッブは絶対50度を

絶対温度50度って書けよ。。

3: 2015/04/30(木) 18:07:50.48 ID:vClE91EA.net
常に影になるように制御されるんで
筒がいらなかったっていう・・・

4: 2015/04/30(木) 18:10:33.83 ID:JqDpa+6A.net
打ち上げてみたら鏡が歪んでました、とかならないといいが

6: 2015/04/30(木) 18:15:18.20 ID:dUdC+8pK.net
>姉をしのぐ妹

姉エドウィン・ハッブルたんをしのぐ妹ジェイムズ・ウェッブたん

7: 2015/04/30(木) 18:40:40.59 ID:49PTGZ+6.net
え?メスだったの?

8: 2015/04/30(木) 18:41:41.28 ID:q5DMxdYv.net
ジェイムズなのに妹なのかい

9: 2015/04/30(木) 18:54:43.23 ID:JXPwAjD/.net
1億光年先に鏡を置いたら恐竜が直に見えるのか

11: 2015/04/30(木) 19:04:37.32 ID:xo1SjTjD.net
おう、L2言うたらサイド3の予定地か

13: 2015/04/30(木) 19:28:31.26 ID:bd3whfoS.net
>>11
ジェイムズ・ウェッブは太陽・地球系のラグランジュポイント
サイド3は月・地球系ね

18: 2015/04/30(木) 19:45:50.00 ID:xo1SjTjD.net
>>13
なるほど、“少々無理すれば有人でも行ける位置”ではないね

16: 2015/04/30(木) 19:39:01.60 ID:YExGgU5+.net
人工衛星は艦と同じで女なのか

19: 2015/04/30(木) 19:47:00.02 ID:QK0mUl9s.net
ジェイムズ・ウェッブ(James Edwin Webb、1906年10月7日-1992年3月27日)は、
アメリカ合衆国の官僚で、1949年1月28日から1952年2月29日まで第16代アメリカ合衆国国務次官、
1961年2月14日から1968年10月7日まで第2代NASA長官を務めた。
ウェッブはジョン・F・ケネディ政権の最初からリンドン・ジョンソン政権の終わりまで
NASAを監督し、マーキュリー計画での最初の有人飛行からジェミニ計画を経て、
アポロ計画による最初の有人飛行の直前までを担当した。
アポロ1号の火災事故の処理にも携わった。

20: 2015/04/30(木) 19:47:42.06 ID:dW60L+m3.net
秀才どもが機能追及してこのデザインなんだろうが
なーんか日本のアニメーターが作ったみたいでダサいんだよ

21: 2015/04/30(木) 19:51:13.64 ID:9m/cs3o5.net
ハッブル「姉より優れた妹などいねえ!」

22: 2015/04/30(木) 19:57:22.50 ID:QK0mUl9s.net
http://pcwobservatory.files.wordpress.com/2013/03/img_3053.jpg

こんなのがラグランジュポイントに浮いていると思うだけで胸アツだなあ。

24: 2015/04/30(木) 20:04:24.43 ID:IpPFufWH.net
ラグランジュポイントに送る技術はすでに完成してるのかね

31: 2015/04/30(木) 21:03:28.70 ID:GrfTt0yd.net
>>24
安定してる場所に安定させるんだから、比較的楽
中国だってやってる

37: 2015/04/30(木) 22:07:18.09 ID:QbIdMAu/.net
>>24
宇宙背景放射を観測する衛星は太陽の影響を避けるためにそこにおいてるよ
wmap、planckとかね
ジェームズ・ウェッブも同じ観測するからそこに配置する

26: 2015/04/30(木) 20:10:59.12 ID:QK0mUl9s.net
ベリリウムの層は、239Pu を爆縮させるための良好な核反応促進材であり、
初期の実験的な原子炉において中性子反射減速材として利用されていたように
良好な中性子反射体でもある。

27: 2015/04/30(木) 20:16:18.44 ID:fS/C0S9S.net
>>26
デーモンコアを包んでいた材料ね。
ルイス・スローティンがやっぱりしくじって臨界させちゃったけどw

35: 2015/04/30(木) 21:47:55.10 ID:nztNrrNd.net
ジェイムズってば男の娘だったのかよ。

38: 2015/04/30(木) 22:18:18.88 ID:q5DMxdYv.net
>口径6.5mもの鏡を持つ

地上の天文台でも大型の部類の口径だよな、これ
大型望遠鏡をそのまま宇宙空間に打ち上げなんて
ハッブルでも今までに無かった凄い映像を送ってくれたのに
どんな凄い天体観測を人類は手に入れるのかスッゲー胸熱やなあ

48: 2015/05/01(金) 00:43:16.85 ID:lzATl6vv.net
>>38
地上望遠鏡としては、そんなにデカくないぞ?

51: 2015/05/01(金) 01:01:48.74 ID:69YmgADD.net
>>48
今時の基準ではな
ずっとパロマ山天文台が世界最大だった世代からすれば
それ以上のものが宇宙に上がるというのは感慨深いものがある

39: 2015/04/30(木) 22:22:23.07 ID:hTn5uOk8.net
可視光のセンサもほしいところだね

40: 2015/04/30(木) 22:55:29.57 ID:lX4dDho5.net
>>39
可視光なんか飾りです。
愚民共には、それが分からんのです。

46: 2015/05/01(金) 00:37:56.85 ID:TEODSmS1.net
>>39
いらないだろ。無駄

49: 2015/05/01(金) 00:49:31.35 ID:VH8RInBZ.net
>>46
さほどのコスト高になるわけじゃないから、
赤外・可視光・紫外線まで対応させておけばいいものを。

45: 2015/05/01(金) 00:32:57.39 ID:OnBiePzI.net
かなり予算も予定もオーバーしてるらしいが最終的にはお姉ちゃんみたいに大成功を納めて欲しい。

52: 2015/05/01(金) 01:15:05.26 ID:hbR1RWDx.net
よくわからんが妹と聞いて飛んで来た