1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/27(木) 15:36:17.72 ID:???0

「ハダカデバネズミ」が、ガンにならない理由

ハダカデバネズミは酸素の少ない環境で生きるため呼吸のペースが遅く、非常に少量のエサでも生きることができ、苦痛にも強いことがわかっている。Photo: Smithsonian’s National Zoo
7

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130627/wir13062714010001-p1.jpg

ハダカデバネズミは、ガンマ線を打ち込んだり、腫瘍を移植したり、発ガン物質を注射したりしてもガンにならない。
その一因は「密度の高いヒアルロン酸」だとする研究が発表された。

ハダカデバネズミはアフリカに生息するネズミの一種だ。地中に平均80頭、最大300頭もの大規模な群れを形成し生活する。
このネズミが研究者たちの関心を引いているのは、彼らが30年近く生きられるためだ。
体の大きさは実験用マウスとほぼ同じであるにもかかわらず、寿命はマウスの10倍近くも長い(日本語版記事)ことになる。

ガンの研究者から見るとマウスとハダカデバネズミは、それぞれガンという病気の両極端にある。
マウスはガンの動物モデルとして使われるが、それは寿命が短くガンの発生率が高いからだ。
ガン発生のメカニズムの研究や、ガンに効く薬のテストにこの特徴が役立つ。

一方、ハダカデバネズミは長年の研究においてガンが発生したことがない。
研究では通常、ガンを誘発するためにガンマ線を打ち込んだり、腫瘍を移植したり、発ガン物質を注射したりするのだが、ハダカデバネズミはガンにならないのだ。

msn産経ニュース 2013.6.27 14:00
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130627/wir13062714010001-n1.htm

>>2以降へ続きます。



スポンサーリンク
4: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/27(木) 15:36:45.51 ID:???0

*続きです。

米ロチェスター大学のヴェラ・ゴルブノヴァとアンドレイ・セルアノヴは、
ハダカデバネズミがガンから身を守るメカニズムを発見したのではないかと考えている。

ふたりはハダカデバネズミの腋窩と肺から採った細胞を研究していて、細胞の周辺に化学物質が異常に密集していることを発見した。
その化学物質はヒアルロン酸(ヒアルロナン)だとわかった。

ヒアルロン酸はすべての動物に見られる化学物質であり、細胞の結合が主な役割だ。
ヒアルロン酸は力学的な強さを与えるだけでなく、細胞の数が増える際の制御にも関係している。

ガンでは細胞の無秩序な増加が見られるため、ヒアルロン酸は悪性腫瘍の発達に関係していると考えられていた(たとえば悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカーであり、胸水でのヒアルロン酸の検出は胸膜中皮腫を示唆する)。
しかしゴルブノヴァ氏によると、ヒアルロン酸の量と密度といったさまざまな側面が、細胞の増殖を調整している可能性がある。

重合体であるヒアルロン酸は、ひとつの鎖に含まれるヒアルロン酸分子の数が大きくなるほど密度が高くなる。
ヒアルロン酸の分子量が大きいと、細胞は数が増えないよう「命じられる」。
分子量が小さいと、細胞は増殖するよう「依頼」される。ハダカデバネズミは、ヒアルロン酸の分子量が普通よりも大きく、マウスや人間の5倍もあることをゴルブノヴァ氏は発見した。

*続きます。


5: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/27(木) 15:37:12.15 ID:???0

*続きです。

ゴルブノヴァ氏はヒアルロン酸を分解する酵素の量を増やして、ヒアルロン酸の分子量を減少させてみた。
するとすぐにハダカデバネズミの細胞がガンになったマウスの細胞と同じように、大きなガンの塊へと増殖を始めるのが観察された。

さらにゴルブノヴァ氏はこの仮説をテストする別の実験において、ヒアルロン酸を生成するようコード化された遺伝子を破壊することで、ヒアルロン酸を減少させるという方法を使った。
そのうえでガンを抑えるのではなく発生させるウイルスを注射すると、ハダカデバネズミの細胞が癌性になった。

ゴルブノヴァ氏は、ハダカデバネズミはヒアルロン酸の密度が高いことで、皮膚の弾力性が増しているのではないかと考えている。
そのためハダカデバネズミは、地下の小さなトンネルで暮らすことができるわけだ。
その特徴が図らずも、ガンを防ぐという新しい役割を得たのかもしれない。

今回の論文は『Nature』誌」に掲載された。

※ハダカデバネズミには生活環境が厳しい時に代謝を低下させる能力があり、それが酸化による損傷を防いでいるという説がある。ガンにならない性質については、遺伝子的な研究も行われている。

*おわり。


6: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:37:14.56 ID:XZNIPYCN0

どうぶつのくせにアリとかハチみたいに分業するんだよな


298: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 22:31:47.27 ID:YHL5osle0

>>6
まるで人間だな。


10: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:39:30.06 ID:1pVTLOY00

ハゲで出っ歯じゃいやだな


11: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:39:31.42 ID:kZ/9oiSz0

裸出歯人間もガンになりにくいのか?それなら今日から裸族になるが。


154: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 16:42:27.34 ID:qL6uu9yBi

>>11
多分ストレスで死ぬww


12: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:39:34.68 ID:uFtuVlN90

人間にハダカデバネズミの遺伝子を組み込んだアニメがあってね。


13: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:40:17.79 ID:B9soXjUzP

全裸で跳ね済み


15: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:40:47.41 ID:Yn4KZfE20

寿命30年ってすげーな、おい!
ヨウムとかリクガメに続く長寿命ペットに仲間入りするか!?


19: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:41:22.99 ID:Xn5SBQ76P

>>15
可愛くないからペットにはならん


225: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 18:17:04.42 ID:Pv76E/4R0

>>19
飼いたいとは思わないけど、写真見てみたら
「ぶさかわ」をコミカルな絵にしたときのお手本のような容貌で
これはこれでかわいいかもしれない。


16: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:41:03.83 ID:mOF/xj2f0

ハダカデバネズミには負けたw
こんな出っ歯は見たことない俺の出っ歯なんか可愛いモンだわさ


17: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:41:13.49 ID:QLvoJXkP0

健康食品業者大喜び?


18: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:41:21.08 ID:xsm1Yyym0

ハダカデバネズミ「ふはは!!効かぬ!!効かぬわぁ!!!」
もしくは『超ドM鼠』って事かな??


102: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 16:06:40.93 ID:rMHOf+9H0

>>18
女王様を中心とした習性を持ってるしw


21: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:41:31.73 ID:cE1bqRat0

裸出歯鼠・・・裸でいることが癌にならない原因と見た


29: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:42:56.70 ID:XZNIPYCN0

>>21
まねするなよ。絶対にまねするなよ。いいか


22: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:41:37.23 ID:Pit3P+hB0

如何に紫外線が有害か?って言うのが判るなぁ
人間も地下に住むしかないんじゃね?


226: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 18:18:26.59 ID:w+kC9U/e0

>>22
くる病になるぞ…

実は、生物にとって最も有害な物質は「酸素」
生物にとって最も有害な食物は「糖質」
生物にとって最も有害な電磁波は「紫外線」

いずれも、ほとんどの生物にとって不可欠なものなので、
生物は、「毒物に依存して生存し、かつ進化している」とすらいえる。
紫外線は、哺乳類にとって肉眼で見えない波長になってしまったが、大変に重要な帯域の電磁波で、
人類は、ヨーロッパや東アジア程度の曇り空すら、
アルビノすれすれの「色素薄すぎ」形質を、何十万年もかけて、固定させなければ、進出できなかった。
本来、人類の肌の色は黒人やアボリジニの色がデフォ。
ヨーロッパの白人と、(日本人や中国人レベルの)北方系黄色人種は異常形質。


30: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:42:59.97 ID:qngohTPNO

酷いこといっぱいされたんだろうな


31: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:43:04.67 ID:l9yM7iyK0

抗がん剤に応用できそうな話だな


34: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:44:04.56 ID:KqMzOMO40

癌のゴルハムの毛が抜けたらこんな感じ
思い出したら泣けてきた


35: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:44:07.24 ID:vbcixp5w0

でも実験につかわれて殺されるんだね


36: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:44:40.51 ID:2NcJUPvY0

このネズミ、えらい長生きなんだよな。
それ聞いてびっくりした覚えがある。


38: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:44:54.59 ID:vhm6uIMo0

ヒアルロン酸て飲んだところで分解されてお終いなんじゃないの?


180: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 17:18:26.95 ID:LpUm01050

>>38
そうだよ。このネズミはそれを体内で作れるから、その
遺伝子をたとえばブタに組み込んだ遺伝子組み換えブタを
作るか遺伝子治療(予防治療)をやって、そのブタが癌に
ならないとか長寿命って話になったら、遺伝子組み換え
人間の誕生になるかもな。


39: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:44:57.70 ID:/2DcJ2VD0

人間もブサイクの方がいろいろ耐性強い気がする


40: 名無しさん@13周年 2013/06/27(木) 15:45:00.49 ID:bpIdkSEY0

ビックリした おれの 赤ちゃん時代かと 思ったわ


引用元: 【科学】「ハダカデバネズミ」がガンマ線を打ち込んだり、腫瘍を移植したり、発ガン物質を注射してもガンにならない理由