1: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(WiMAX) 2013/07/21(日) 15:10:16.45 ID:3Y+PqEGK0● BE:1278279735-PLT(12001) ポイント特典

まるでSF映画みたい! 高速道路で自動運転も…研究進む夢のクルマ社会

人と車、道路が情報をやり取りすることで渋滞や事故が減り、コンピューター制御の自動運転も当たり前-。
SF映画のような次世代クルマ社会の実現に向け、高度道路交通システム(ITS)の研究が急ピッチで進んでいる。ただ、本格的な実用化には車載端末の普及など多くの課題がある。(伊藤壽一郎)

■完全自動で省エネ

全長約10メートルのトラック4台が、時速80キロで車間距離わずか4メートルの一列縦隊を保ったまま、1周3・2キロのテストコースを何回も走り抜ける。運転席に人はいるが、ハンドルやアクセル、ブレーキは操作しない。すべてハイテクで制御された完全自動運転だ。

これは今年2月、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が茨城県つくば市で行った公開実験の光景だ。平成20年度から約44億円を投じて開発した先進技術で、経済産業省の事業の一環。NEDOの岩井信夫統括調査員は「人にこんな運転は不可能でしょう」と笑う。

トラックは、前後のセンサーで車線を区切る白線を読み取り、これを基準にハンドル角度を調整し、走行
車線をキープする。前方車両との距離はレーダーで測り、アクセルとブレーキを調節して一定に保つ。
障害物や渋滞があれば安全な速度に減速する。

車間距離を4メートルに短縮することで、空気抵抗が減って燃費が約15%改善。トラックの集中で一般車が走行可能な道路面積が増え、国全体の経済損失が年間12兆円に達するとされる渋滞の解消にもつながる。42年以降に高速道路で実用化するのが目標だ。

a5e98d29.jpg


時速80キロのトラックが一列縦隊を保ったまま走行する公開実験の様子
http://www.youtube.com/watch?v=6TbI2oL9pdA



http://www.sankeibiz.jp/images/news/130721/bsa1307211247000-p1.jpg
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130721/bsa1307211247000-n1.htm



2: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(WiMAX) 2013/07/21(日) 15:10:38.78 ID:3Y+PqEGK0 BE:3067869694-PLT(12001)

■ドライブを快適に

ITS研究は経産省、国土交通省、総務省、警察庁の4省庁が取り組んでいる。経産省が商用車の省エネを主な対象としているのに対し、一般車の安全で快適な運転を目指しているのが国交省だ。

国交省はITS対応のカーナビ型端末を車に搭載し、道路にはITSスポットというデータ送受信機を設置。
衛星利用測位システム(GPS)や車体に付けたセンサーも使いながら、多彩な情報をやり取りする構想を進めている。

車が道路を走行すると、正確な位置や進行方向、車体の傾き、速度などが即座に割り出される。他車との位置関係も把握して、車載端末の画面に「車線を外れました」「前の車と距離が空きすぎです」などと音声付きのメッセージを表示。安全運転を支援し、渋滞も解消する。

見通しが悪い場所では「カーブの先で渋滞。追突に注意」などと注意を喚起。落下物や歩行者の有無など、はるか先の状況をいち早く伝える仕組みもある。

また、ドライブスルーに着く前に車載端末の画面でメニューを見て注文。支払いもすぐに完了し、店舗では商品を受け取るだけのキャッシュレス決済も可能になるという。

つづく


3: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(WiMAX) 2013/07/21(日) 15:10:55.38 ID:3Y+PqEGK0 BE:4175711977-PLT(12001)

■追突事故の減少

国交省は17年度、すでに普及が進んでいたカーナビの道路交通情報通信システム(VICS)を利用し、首都高速道路の追突多発地点の手前で、「この先、渋滞」と画面表示する模擬ITS実験を開始。事故件数が約6割減少する効果を確認している。

こうした実績を基に、政府は先月末に閣議決定した科学技術イノベーション総合戦略に、ITSの活用で「30年に交通事故死者数を年間2500人以下に」「32年に交通渋滞を10年前の半分に」などの実現目標を盛り込んだ。

ITSの基本的な技術はすでに確立されているが、課題も多い。自動運転車両は現在の車両保安基準に適合しないため、規制緩和や道路交通法などの改正が必要になる。

車載端末の浸透も重要課題だ。実はITSスポットは高速道路を中心に全国約1600カ所で整備され、23年に渋滞解消などの基礎的なサービスが始まっている。車載端末も5年間で1千万台を目標に販売が開始されたが、あまり普及していないようだ。

ITS対応のカーナビは、既存の非対応製品とほぼ同価格になってきたが、なかなか買い替えは進まない。
ITS社会の早期開花を目指すなら、自動料金収受システム(ETC)を一気に普及させた購入取付費用の一部助成制度が必要かもしれない。


以上です


6: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(中国地方) 2013/07/21(日) 15:17:34.07 ID:epQNojPS0

まず自動車が関わる交通事故をゼロにしろよ
他のことはそれからだ


7: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(三重県) 2013/07/21(日) 15:23:20.73 ID:OxT9ib1T0

パンクとか車にトラブルあったら玉突きでえらいことなるんじゃねえの?


8: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(埼玉県) 2013/07/21(日) 15:25:08.72 ID:KoeYs2EYP

トヨタはIMTSから事実上撤退しちゃったからなあ。
結局自動運転システム搭載で営業に漕ぎ着けたのはオランダAPTSシステム
(Phileas、BimodalTram)だけか。


9: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(SB-iPhone) 2013/07/21(日) 16:01:23.95 ID:JU2NW5YBP

自動操縦より自動事故回避システムでも開発しろ
衝突しそうになったら周りのクルマと連携して衝突しないように回避するみたいなやつだ


10: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(アメリカ合衆国) 2013/07/21(日) 18:32:46.70 ID:kV149zx50!

カリフォルニアはGoogleの自動運転の車が走り回ってるよ。
昔はアメリカは訴訟大国だから云々で、日本に比べると新しい技術を導入しにくいとか言われていた気がするんだけどな


5: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(やわらか銀行) 2013/07/21(日) 15:15:36.45 ID:+GYtJSzs0

しょぼいSFだなぁ


引用元: まるでSF! 研究進む夢のクルマ社会 ( ^ν^)「規制まみれで日本じゃ実用化できねーよ」