1: 白夜φ ★ 2013/07/18(木) 22:26:06.82 ID:???

ダウン症iPS、修正成功=余分な染色体の働き止める-将来は治療応用も・米大学


ダウン症候群の患者の細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、特殊な遺伝子を使って通常より1本多い染色体の働きをほぼ止めることに、米マサチューセッツ大医学部のジャンヌ・ローレンス教授らが成功した。17日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文を発表した。
 
この遺伝子は女性に2本あるX性染色体のうち、片方の働きを止めている「XIST」遺伝子。
 
ダウン症は21番染色体が通常の2本でなく、3本あることが原因で起きる。
知的発達の遅れや心臓疾患などの症状や程度はさまざまで、21番染色体にあるどの遺伝子の働きが多いことが原因なのか、詳しい仕組みの解明が進んでいない。
 
しかし、この技術を応用すれば、同じ患者の細胞で21番染色体の働きを制御して影響を調べられるため、症状と原因遺伝子の関係の解明が進むと期待される。
 
これまで一つの遺伝子の異常が原因で起きる病気には、遺伝子治療が試みられてきた。
ローレンス教授は「長期的にはダウン症患者の『染色体治療』ができる可能性がある」と説明している。
同教授らは今後、ダウン症のモデルマウスを使って、染色体治療ができるか取り組む方針。(2013/07/18-02:07)

e8186cc5.jpg

▽記事引用元 時事ドットコム2013/07/18-02:07配信記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013071800032

▽関連
Nature (2013) doi:10.1038/nature12394
Received 21 May 2012 Accepted 18 June 2013 Published online 17 July 2013
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature12394.html



スポンサーリンク
2: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 22:43:07.71 ID:oyfJJUGH

生まれてから治療して、どの程度補完されるものなのだろう。
あまり長く生きられない子が多いらしいが。


15: 名無しのひみつ 2013/07/24(水) 17:02:14.39 ID:B5Vo2ysj

>>2
治療法としては、まったく意味ないって


5: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 23:02:55.23 ID:5hAi0Ljq

身体があらかた出来上がってからじゃ効果が少なそうだな・・
胎児のうちにやるのかな?


6: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 23:04:20.20 ID:8MGSPZR6

ターナー症候群はどうなのよー?


7: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 23:33:27.34 ID:/5pivE18

ダウン症診断で陽性が出た段階ではじけば万事解決


10: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 11:16:05.83 ID:QHDqE0sP

>>7
それか、体外受精で治療してから子宮に入れる
しかないよな


11: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 12:19:21.30 ID:ZR/pKvSx

>>10

最初の8分割ぐらいで何個か細胞とって、
遺伝子「デザイン」して子宮に戻すってカンジか。

ある値度戻したデザイン細胞が育ったら、
元々あるヘタレ細胞を除去して
デザイン細胞に居座って貰うかんじかな。

まぁ100年後には実用化されてるだろうけど、
デザインベビーが社会にとけ込むあたりで
また別の問題とかができてるんだろうなw


15: 名無しのひみつ 2013/07/24(水) 17:02:14.39 ID:B5Vo2ysj

>>11
そこまでやるまでもなく、サンプルでダウン症かどうか診断して、駄目なら別の受精卵使えばよい


12: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 13:53:32.41 ID:5Z2vfdln

これはすごい。


引用元: 【医学】ダウン症候群 余分な染色体の働き止めることに成功 将来は治療応用も/米マサチューセッツ大