1: ジャンピングDDT(家) 2013/08/03(土) 06:53:49.09 ID:RLaIWOykP BE:1294628292-PLT(12000) ポイント特典

http://www.asahi.com/tech_science/update/0801/OSK201307310186.html
【鍛治信太郎】磁石の性質を持たないのに、磁場をかけると電気抵抗が大きく変わる金属を見つけたと、京都大などのグループが7月31日、発表した。これまでは磁石の性質を持つ(磁性体)金属でないと、こうした現象は起きないと考えられていた。将来、ハードディスクの読み取り部分に使うことで小型化につながるかもしれない興味深い成果だ。

8月2日発行の米物理学会誌「フィジカル・レビュー・レターズ」に掲載される。

この金属はコバルトとパラジウムの酸化物。電気を伝える電子をたくさん持つ一方で、磁気的な性質はない。京都大の米沢進吾助教(低温物理学)らは、この金属に強い磁場をかけた。すると、電気抵抗が零下271度で350倍に増え、室温でも6%増えた。

ふつうの金属酸化物は磁性がないので磁場をかけても電気抵抗に変化はないと考えられていた。だが、この金属は、内部で動き回っている電子に磁場によって力が加わり、それぞれ一定方向に向きが変えられることで、電気抵抗を増していた。この力は磁場で動く電子が受けるごく一般的な法則に基づくローレンツ力と呼ばれるもので、「フレミングの左手の法則」といわれる。

グループの前野悦輝(よしてる)・京都大教授は「こんな単純な法則で効果が出ることに、これまで誰も気付かなかった。金属の種類を変えるなどの工夫で実用的なものがつくれる可能性がある」と話している。
4



スポンサーリンク
2: ときめきメモリアル(神奈川県) 2013/08/03(土) 07:20:47.30 ID:T02PxtcM0

これで磁場(地場)産業が発展するな。


3: ダイビングフットスタンプ(WiMAX) 2013/08/03(土) 07:44:43.33 ID:7qNy5RTf0

逆に磁場をかけても電気抵抗は変わらないもんなのか


4: 中年'sリフト(愛知県) 2013/08/03(土) 07:47:34.28 ID:+Kg0lEVX0

コバルトって磁性体


6: ストマッククロー(滋賀県) 2013/08/03(土) 11:02:50.23 ID:3U028xfK0

この力は磁場で動く電子が受けるご
く一般的な法則に基づくローレンツ力と呼ばれるもので、「フレミングの左手の法則」といわれる。

ワロタw 中学生で習うだろw


7: 頭突き(兵庫県) 2013/08/03(土) 11:37:59.68 ID:r7Qq2cBK0

F=IBLsinθローレンツ力
大学の電磁気学の授業は難しかったな
岩波の入門コースレベルは解けるけど、それ以上はギブった
電磁気学は複素解析を理解してないといけないから、勉強のし始めは異様にキツかった記憶がある


9: クロイツラス(公衆) 2013/08/03(土) 12:42:57.17 ID:3F6hDs6f0

ローレンツ力がフレミングの左手の法則だと言ってるようで
なんか違和感のある文章だな


引用元: 【速報】磁性なしでも電気抵抗変わる金属 京大グループ発見