1: ウィンストンρ ★ 2013/08/12(月) 14:18:03.95 ID:???

長期間の飼育が難しいとされる国内唯一の淡水クラゲ「マミズクラゲ」の展示を滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)が1年以上続け、世界最長記録を更新している。成功の秘密は、水や空気をあえて循環させず、池で育ったエサを与えるなど本来の生息環境に近づける工夫だという。

マミズクラゲは体長約3センチで、全国の湖や池で生息が確認されている。一方、毎年同じ場所で発生するケースが少ないため採集が難しく、増殖も困難。
生態はよくわかっておらず、わずかな環境の変化で全滅することも珍しくないことから、国内での継続展示は碧南海浜水族館(愛知県碧南市)の105日が最長だった。

クラゲの幼生は「ポリプ」と呼ばれ、イソギンチャクのように小石などに固着し、水温が上がると先端からクラゲを発生させる。
クラゲになると自由に水中を泳ぎ回り、動物プランクトンを捕食しながら成長し、ポリプを生み出す。ポリプの状態でも分裂して増殖する。

琵琶湖博物館は昨年5月、岡山市の研究者からポリプの提供を受けて飼育を始め、クラゲを発生させた。
ポリプの増殖にも成功し、クラゲを安定的に確保できるようになったため同年8月2日に展示を始め、今月2日で丸1年が過ぎた。

クラゲを飼育する際は通常、卵の状態から水中で孵化するプランクトンを餌に使うが、同館では、敷地内の池で育った10種類程度のプランクトンを捕獲して与えている。また、濾過装置や空気ポンプを使用せず、水の循環が少ない池の環境に近づけるよう工夫している。

世界でも例のない長期展示を続けていることから海外の研究者からの注目も集めているといい、同館の楠岡泰学芸員は「飼育方法を確立させて、謎の多いマミズクラゲの生態解明に結びつけたい」と話している。
マミズクラゲは無料で見学できるコーナーに展示している。問い合わせは琵琶湖博物館へ)。

ソース MSN産経 関西版
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130812/wlf13081212390001-n1.htm
画像 滋賀県立琵琶湖博物館が1年超の展示に成功したマミズクラゲ(同館提供)
1

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130812/wlf13081212390001-n1.jpg



スポンサーリンク
4: 名無しのひみつ 2013/08/12(月) 21:30:59.07 ID:eeQ7f+/+

淡水にクラゲがいるとは知らなかった。


5: 名無しのひみつ 2013/08/12(月) 22:42:48.05 ID:F/BJjUp8

そこらへんの池にもクラゲがいるってことか


6: 名無しのひみつ 2013/08/12(月) 23:05:14.99 ID:82zzUID8

どうやって分布を広げてるのかが謎だな。


7: 名無しのひみつ 2013/08/12(月) 23:11:09.46 ID:hHxxSIaz

蒸発して空気に溶け込み、雨で別の場所へ


9: 名無しのひみつ 2013/08/13(火) 14:01:07.10 ID:maduizri

これを海に放つと強烈な毒くらげに変異するんだ
清浄な琵琶湖の水も腐海に沈みます。


8: 名無しのひみつ 2013/08/12(月) 23:14:06.59 ID:vtZgCT7i

海で大量発生するミズクラゲもいざ飼育するとなるとかなり難しいらしいな


引用元: 【生物】琵琶湖博物館(滋賀県草津市)が〝世界記録〟更新中! マミズクラゲ1年超え展示
 


卓上 クラゲが住む ミニ 水族館 3色イルミネーション機能で 幻想的 クラゲ3匹 付き 癒しアイテム 循環ポンプ 内蔵卓上 クラゲが住む ミニ 水族館 3色イルミネーション機能で 幻想的 クラゲ3匹 付き 癒しアイテム 循環ポンプ 内蔵


未来Network
売り上げランキング : 35859

Amazonで詳しく見る by AZlink