1: エタ沈φ ★ 2013/08/20(火) 12:03:43.83 ID:???

骨髄性白血病の原因になる遺伝子の異常を、京都大医学研究科の小川誠司教授や東京大などのグループが新たに突き止めた。がんの診断や治療薬の開発につながる成果といい、英科学誌ネイチャー・ジェネティクスで19日発表する。

急性骨髄性白血病や骨髄異形成症候群などの骨髄性白血病は、国内で年間1万人以上が発症しているが、骨髄移植しか根本的な治療法はない。遺伝子の働きを調節する遺伝子や、RNAの合成に関わる遺伝子の異常が原因になることが分かっていた。

グループは、骨髄性白血病の患者610人のがん細胞の遺伝子を網羅的に解析。細胞分裂時に染色体を束ねたり、遺伝子の働きを調節している、輪ゴムのような形をしたタンパク質複合体「コヒーシン」を作る四つの遺伝子のいずれかが、約10%の割合で変異していることが分かった。
コヒーシンの異常によって、骨髄性白血病が発症するらしい。

遺伝子に変異がある細胞に正常なタンパク質を入れると、細胞の異常な増殖が抑えられた。
コヒーシンを作る遺伝子は「がん抑制遺伝子」として働くとみられる。

小川教授は「コヒーシンを作る遺伝子に変異があると、悪性度が高くなる。
他のがんでも同様の変異がある可能性が高い」と話している。

2013年08月19日 02時10分 京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20130820000056

京都大学 プレスリリース
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2013/130708_2.htm

Nature Genetics
Exome sequencing identifies secondary mutations of SETBP1 and JAK3 in juvenile myelomonocytic leukemia
http://www.nature.com/ng/journal/v45/n8/full/ng.2698.html

画像1:SETBP1変異によるJMMLの進行モデル
66b7f683.jpg

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2013/images/130708_2/01.jpg
画像2:二次性変異が無移植生存率に及ぼす影響
15eb33b7.jpg

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2013/images/130708_2/02.jpg



スポンサーリンク
2: 名無しのひみつ 2013/08/20(火) 12:33:09.49 ID:5We8uYcm

ガンの原因遺伝子っていったい何種類あるんだよ!


3: 名無しのひみつ 2013/08/20(火) 12:48:58.75 ID:x6OXtnbz

>>2
ガンは細胞分裂の異常によって起きる病気だから


4: 名無しのひみつ 2013/08/20(火) 19:10:21.03 ID:uW+mYuqo

京大が日本一で良い


5: 名無しのひみつ 2013/08/21(水) 11:52:22.54 ID:LFbC88m7

染色体構築タンパク質の異常でガンになるって初めての報告じゃね


引用元: 【ゲノム】若年性骨髄単球性白血病の新規原因遺伝子を発見/京大など
 


DHCの遺伝子検査ダイエット対策キットDHCの遺伝子検査ダイエット対策キット


DHC
売り上げランキング : 8389

Amazonで詳しく見る by AZlink