1: エタ沈φ ★ 2013/08/22(木) 21:02:27.23 ID:???

大阪大病院は21日、慢性膵炎(すいえん)の患者から膵臓(すいぞう)を摘出し、インスリンを分泌する膵島(すいとう)だけを分離して体内に戻す自家膵島移植に国内で初めて成功した、と発表した。患者は口で食事ができなくなるほど症状が悪化していたが、数年ぶりに口で食事ができるまで回復したといい、生活の質(QOL)を上げる技術として注目される。

担当した伊藤寿記(としのり)教授(消化器外科)によると、患者は30代女性。5歳で膵炎と診断され、10年ほど前に慢性の中でも激しい炎症を繰り返す遺伝性と判明した。

膵炎の患者は食事をすると、自分で分泌した膵液によって膵臓が消化されてしまい、激しい痛みが生じる。
遺伝性はこの症状を繰り返し、食事ができなくなることがある。今回の患者も数年前から食事ができず、静脈に栄養液を直接注入していた。

患者はこれまでに膵臓の大部分を摘出しており、他人からの膵臓移植を待っていたが、伊藤教授は拒絶反応を懸念し、本人から残りの膵臓全てを摘出し、膵島だけを分離して体内に戻す方法を採用した。
7月3日に手術を実施し、肝臓の門脈(血管)に移植した膵島は正常に機能しているという。

国内で10万人あたり約40人いる慢性膵炎患者のうち遺伝性患者はまれだという。これまでの遺伝性の治療法は膵臓を全て摘出するため、その後はインスリンの注射が不可欠だったが、この手法だと、注射が不要になる場合がある。ただ、今回は分離した膵島がわずかなため、注射は今後も必要だという。

患者は近く退院する予定。21日に記者会見し、「食べても痛みがなくなり、とてもうれしい」と笑顔で話した。

毎日新聞 2013年08月21日 11時12分(最終更新 08月21日 12時07分)
http://mainichi.jp/select/news/20130821k0000e040212000c.html
673a2d7f.jpg



スポンサーリンク
2: 名無しのひみつ 2013/08/23(金) 12:42:43.88 ID:tVYkjlQi

膵島は我が国ノ領土アルヨ!!


3: 名無しのひみつ 2013/08/23(金) 14:53:39.60 ID:JgVdHh5s

ウリの領土ニダ


4: 名無しのひみつ 2013/08/23(金) 15:04:42.61 ID:/p5vKxiI

遺伝性以外でも使えるよね?
膵臓関係の病気はどれも辛そうなので、こういう技術はもっと発展してほしいね。


引用元: 【医療】自家膵島移植、国内初の成功/阪大
 


ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル ファミリーサイズ 200粒ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル ファミリーサイズ 200粒


大塚製薬
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る by AZlink