1: 一般人φ ★ 2013/09/04(水) 00:39:22.38 ID:???

最初の哺乳類は、2億2500万年以上前の三畳紀に登場した。これらの初期の哺乳類は、小さなトガリネズミのような形をしており、イングランドからはMorganucodon、南アフリカからはMegazostrodon、そして中国からはBienotheriumの化石として見つかっている。

これらの初期の哺乳類はこれまでの動物にはない特徴のある歯(切歯、犬歯、臼歯)と大きな脳を持ち、おそらく温血動物で、毛におおわれていたものと考えられている。こうした特徴の全ては、かれらの先祖の爬虫類にはなかったもので、これらの特徴が今日に至る哺乳類の大きな成功をもたらした。

しかし、University of Lincoln、National Museum in Bloemfontein、University of Bristol の共同研究チームによる新しい研究成果は、こうした特徴の全ては、突然、形成されたものではなく、長期の歴史のなかから生まれてきたものであり、おそらく最初の哺乳類は、海洋生物の90%と陸上生物の70%が喪失したペルム紀末の生命の大量絶命の結果として生まれた可能性があることを示した。

この研究のリードオーサーを務めたUniversity of LincolnのDr Marcello Rutaは「大量絶滅は一見するとネガティブなものであるように思えるかもしれない。しかし、ペルム紀末の生命の大量絶命の場合、キノドン類(cynodont therapsids)のような大量絶滅が起きる前にはとても少数しかいなかった種類が、その後の三畳紀には、草食から肉食まで多くのニッチな分野において適応を果たしたのです」と述べる。

「三畳紀を通じてキノドンはcynognathiansとprobainognathiansの2つの別のグループに分離した。
前者は主に草食で、後者は主に、肉食となる。そして、この2つの種類は隆盛と減少をランダムに繰り返しながら徐々に拡大していったのです。そして最終的には、probainognathians はもっとも多様性があり、適合能力のある動物と進化し、それが、大量絶滅の2500万年後の最初の哺乳類の隆盛へとつながったのです」とNational Museum in BloemfonteinのDr Jennifer Botha-Brinkは述べている。

▽記事引用元 ScienceNewsline(August 28, 2013.)
http://jp.sciencenewsline.com/articles/2013082815120015.html

42b55c7f.png

▽ブリストル大学プレスリリース(英文)
http://www.bristol.ac.uk/news/2013/9690.html

▽Proceedings of the Royal Society B
「The radiation of cynodonts and the ground plan of mammalian morphological diversity」
http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/280/1769/20131865.abstract



3: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 00:46:17.53 ID:xQ0SISu8

哺乳瓶が恋しい季節になりました


4: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 00:53:58.40 ID:8mJS+cqc

いやいやペルム紀末随分やられてるさ。
ゴルゴノプスあたりは消え去った。
運よく生き残った種が適応放散するのは当たり前だわな。
それがキノドンあたりの連中だ。


15: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 11:18:27.52 ID:HJlO4g29

>>4
ペルム紀の大量絶滅でキノドン類以外の殆どの哺乳類型爬虫類(昔の言い方がだ)は滅び去った


5: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 01:00:04.41 ID:5nBaOwAc

前からわかってる事じゃね


6: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 01:02:26.98 ID:tvNczS00

>大量絶滅の2500万年後の最初の哺乳類の隆盛

さらっと気の遠くなるような年月がロマン過ぎる


11: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 08:49:24.59 ID:QIjvCmUY

>>6
今数十年単位で起きてる環境変化がいかに尋常でないかだよな
隕石落下と大差ないぐらいの激変かも知れん


7: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 03:07:46.20 ID:dtkUwcG+

恐竜は体が大きすぎて、常に大量の食糧になる他の恐竜の肉が必要だったはず。
つまり、食糧の確保がいつも大変だったと。
草食恐竜や小型恐竜なんかを食べてたはずだけど、かんたんに捕食できてたかわからない。
草食恐竜や中小型恐竜の絶対数そのものが余裕があったとは思えない。

一方で、草食の哺乳類は雑食性の傾向がある。
つまり捕食するのは動物の肉じゃなくて、植物。
そこらじゅうにいろいろな草が生えている時代だから、食糧の確保は容易。
食糧になるものが極端に限定されると、その種は絶滅する。
哺乳類は広範な種類の植物や実などを食べていたんじゃないかな?
何でも食べられる種が生き残り、遺伝子を安定的に後世に残せた???


14: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 10:32:25.07 ID:OU6iTFpV

>>7
身体が大きいほどエネルギー効率が高いから、小型種の群れより少食で済むんじゃね?


16: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 11:26:32.51 ID:HJlO4g29

>>7
それはペルム紀が終わって一億年後に生まれた恐竜の話だ
ペルム紀とジュラ紀~白亜紀は環境が全く違うぞ
恐竜はペルム紀の大量絶滅を乗り切った成功者なんだよ(その頃恐竜はいなくて祖先の主竜類の段階だが)


8: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 05:39:31.74 ID:H7bLrJJQ

とかアホ臭い小学生レベルの妄想垂れ流している奴がいるが
それでは膨大な数がいた草食恐竜や
あまり餌を必要としない小型恐竜
世界各地の海水息に棲息していた三葉虫やアンモナイトらが揃って絶滅して、
トカゲやワニやカメやイカやタコやカブトガニなどが生き残った理由が
まったくつかんからな


9: ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. 2013/09/04(水) 05:46:54.82 ID:8F1e6RF2

恐竜 三葉虫 アンモナイトと鳥類哺乳類には明確な違いがある

哺乳類は用もないのに極めて多様に変化している。
多様性と大きさが生き残りファクターだろう


10: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 07:25:56.60 ID:J/NDBW/w

爬虫類って変温だから、あまり飯はたくさんいらないよな


12: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 10:23:38.44 ID:LWVVMa/V

酸素濃度が低いと卵生が厳しくなるって。
小型化は食料ではなく、呼吸に有利になるって。
 よんだ。


13: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 10:28:21.17 ID:TjL9dGzh

>>1
恒温動物が生き残るのに都合がよかっただけでしょ


18: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 11:41:35.64 ID:pvffc4HG

生命が自然発生したのは原始地球という環境でのみ可能だったことなの?
その後、何十億年の年月が経っても二度と生命が自然発生した事例は皆無だったんだろうか。


20: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 12:32:54.77 ID:3vfQ86VV

>>18
仮にバクテリアとかが自然発生しても
より進化した先輩がウヨウヨいるからあっという間に駆逐されそうな気がする


29: 名無しのひみつ 2013/09/05(木) 05:41:28.42 ID:x1F1ZEAe

>>18
これに関してはかなりの確度でYESだと思う。

生物が共通して持ってる要素が
生命が還元雰囲気中で生まれたことを示してて
その後に絶賛地球大改造して今に到るから

これに当てはまらない可能性があるのは
今のところパンドラウィルス位じゃないのかな?


30: 名無しのひみつ 2013/09/05(木) 05:45:29.75 ID:lIYnmVIh

>>29
実は今でも自然発生しているかもよ
問題は先住民族(微生物)が多すぎて誕生してもすぐ食われちゃう


32: 名無しのひみつ 2013/09/05(木) 07:54:15.27 ID:1zGHIY4w

>>29
初期生命は完全絶滅をしてその都度(数回?)誕生したという説もある。
たとえば月を作ったジャイアントインパクトの時に滅び、再び生まれたのが今の生物とか。


34: 名無しのひみつ 2013/09/05(木) 12:10:24.73 ID:wDCMEVKz

>>32
そうとは思えない
生命の自然発生は相当に稀な出来事なんじゃないかと思う

それとも条件さえ揃えばそんなに簡単に生まれるものなのだろうか?
だとするなら宇宙は生命に満ち溢れた世界だろうね
でもそうでないなら?


21: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 12:38:25.12 ID:oiiw+J+N

この説の通りだと、現在では哺乳類とはされないトリティロドンとかも外見は
ほとんど哺乳類で、すでに哺乳行為すらやってた可能性が高まるな


22: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 15:00:58.84 ID:nwL++SKs

そうじゃないだろ
哺乳類の先祖が大絶滅を引き起こして大繁栄したんだろ


24: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 20:09:37.75 ID:rhCsR4Qx

蛇っていつ頃生まれたんだろう?
温度を感じ取れる器官を持っているのは哺乳類を狩るため?


25: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 21:07:44.99 ID:x4IcJAaJ

>>24
白亜紀
筋肉使えば発熱するんで哺乳類でなくとも熱的慣性で周囲と温度は違う
あとヒトを含めてほとんどの動物の皮膚には温度を感じる機関はついてると思う
蛇の場合は赤外線画像感覚器に転用されてるのが特徴的だけど。


27: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 21:42:32.24 ID:7agN6uDP

今度大量絶滅が起こったら
ナメクジが覇者になるのか


19: 名無しのひみつ 2013/09/04(水) 12:16:23.98 ID:OJX4J/G1

大量絶滅っていうけど両生類も生き延びてんだよ
哺乳類の優位性とか関係ないだろ


引用元: 【古生物】世界の終わりは来なかった、なぜ生命の大絶滅が哺乳類の成功をもたらしたのか?/英研究
 


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット


HIKARI-HA
売り上げランキング : 64

Amazonで詳しく見る by AZlink