1: ベガスφ ★ 2013/09/13(金) 22:05:01.90 ID:???

"ついにマッピング成功 ――「少ない」と「多い」を識別する脳の領域"
Finally Mapped -- the Brain Region that Distinguishes Bits From Bounty

海辺の砂粒の量をそこにいるカモメの群の大きさと比べようとする時、人は組織分布図に示されるように構成された脳の一部分を使っている。

言い換えると、砂粒とカモメの比較といった「数量」の判断を行う時に働くニューロンは、もっとも緊密に関連するニューロンができるだけ短い距離で伝達や相互作用を行えるように配置されている。

組織分布図と呼ばれるこのような配置は、すべての一次性感覚
―― 視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚 ―― に特徴的なものであるが、科学者らは、一次性感覚ではないが(一次性感覚のように知覚される)数量感覚もそうした機能分布図によって特徴付けられるのではないかと考えてきた。

しかし、これまでのところ発見も証明もできておらず、数量の感覚に対する機能分布図の存在が疑われるようにさえなってきた。
(注:関連するポドキャストで論じられているように、数量は記号数とは異なることに注意されたい)

今回、脳に対して超高磁場機能的 MRI(fMRI)技術を用いて、Benjamin Harveyらは仮定されてきた数量の機能分布図が実際に存在することを示すシグナルを検討した。

ヒト被験者 8人が、時間の経過とともに変化する点のパターンを見ているあいだ、超高磁場 fMRIによって、すでに数量と関連付けられている脳の領域におけるニューロン反応性の特徴付けが行われた。次に、比較的新しいデータ解析技術を用いて、これらのヒトの fMRI反応性をモデル化し、数量に関する実験がより詳細に行われてきたマカクで得られたデータと照合された。

その結果、数量の機能分布図が明らかにされ、(被験者が観察したような)少ない量の点は脳のある部位で読解され、より多い量の点は別の部位で読解されていた。

この知見は、一次性感覚のような低レベルの認知機能だけでなく、高レベルの認知機能でも機能分布図が作成可能であることを示している。

科学者らは機能分布図についてよく知っている(また分布図を調べるツールをもっている)ため、今回の知見は、数の処理の基礎にある神経計算モデルのさらなる分析にとって有用であり、人に特有の数学的スキルのより深い理解を可能にしてくれるであろう。

4f87e7e8.jpg

Science 2013年9月6日号ハイライト
http://www.eurekalert.org/pub_releases/translations/sci090613jp.pdf

Topographic Representation of Numerosity in the Human Parietal Cortex
http://www.sciencemag.org/content/341/6150/1123.abstract



スポンサーリンク
3: とある妹 ◆FdCU8Fux7A 2013/09/13(金) 22:22:08.95 ID:vG7xGvEG

脳は36バイトまで圧縮が可能らしい


7: 名無しのひみつ 2013/09/13(金) 23:44:20.65 ID:U8GHL5oo

一升瓶に五合の酒が入ってるの見て「もう半分も呑んだのか」と嘆くのと「まだ半分もあるのか」と楽観するのも調べられてるの?


8: 名無しのひみつ 2013/09/14(土) 00:17:41.55 ID:4z16KndY

電線にスズメが20羽止まってるか21羽止まってるか
一瞬でわかる人がいるらしいな。将棋棋士とか。


9: 名無しのひみつ 2013/09/14(土) 01:03:32.58 ID:pngTUzgh

21羽であるかないかだけなら即時判定できるのは
サッカー選手


12: 名無しのひみつ 2013/09/14(土) 15:03:35.52 ID:QgLHumwB

で、脳内素子を人工生成してプログラムを書き込み、野鳥の会が双眼鏡を使わなくて済むようになる日がくるのか?


10: 名無しのひみつ 2013/09/14(土) 04:01:10.71 ID:n/HvXOFV

また東大か?


5: 名無しのひみつ 2013/09/13(金) 22:30:28.38 ID:tGg0ph5i

すれ違いざまに胸が大きいか小さいか0.3秒で見極める事が出来るのはこれか


引用元: 【脳科学】「少ない」と「多い」を識別する脳の領域のマッピングに成功