1: エタ沈φ ★ 2013/09/19(木) 17:12:31.68 ID:???

昨年11月に小笠原諸島・聟(むこ)島のアホウドリのつがいに生まれた未受精卵を調べていた山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)は、細胞内のミトコンドリアDNAの解析結果から、このメスが約1900キロメートル離れた沖縄県・尖閣諸島生まれである可能性が高い、と発表した。

絶滅危惧種にも指定されている国の特別天然記念物アホウドリは、19世紀末に羽毛採取のために絶滅したとされたが、1951年に伊豆諸島・鳥島で、71年には尖閣諸島でも少数の生息が確認された。同研究所や環境省などは鳥島にある営巣地の保全や保護に努めたが、噴火の恐れや地形の風化浸食も進んでいることから、約350キロメートル南方の聟島に繁殖地を作るプロジェクトに乗り出した。

2008-12年にはアホウドリのヒナ計70羽を聟島に移して飼育し、うち69羽を順に巣立たせた。巣立った若鳥は遠くベーリング海や米国西海岸などまで飛び、3-5年後に再び帰ってくる。その聟島には09年から野生のアホウドリが飛来し、11年からは目印の足環が付いた聟島出身の若鳥が帰還するようになった。

12年11月14日に、同研究所とNHKが共同で聟島に設置している監視カメラが、オス・メスのつがいと巣の中にある1個の卵の姿を捉えた。オスは08年に巣立った若鳥で、メスは、他の場所からやって来た野生のアホウドリだ。ところがこのメスは、間もなく巣から飛び去り、戻らなくなった。オスだけが2カ月間抱卵し続けたが、ふ化予定の今年1月半ばになっても気配はなかった。そのため同研究所の研究員が卵を回収して調べた結果、卵は未受精卵であることが分かった。

さらに、同研究所は北海道大学などと共同で、未受精卵のミトコンドリアDNAを解析した。
ミトコンドリアは母側から代々伝わる細胞内の小器官で、遺伝的な特徴も母側の系統を示す。
これまでの研究でアホウドリの系統は、鳥島生まれのグループと尖閣諸島生まれのグループに大きく分かれることが知られており、今回の未受精卵のメスは尖閣諸島のグループに属することが分かったという。

東邦大学理学部の長谷川博教授によれば、鳥島のアホウドリの数は12年8月時点で3,000羽ほどに回復しているが、尖閣諸島のものは05年の産卵期時点で300-350羽と推定されるという。
しかし尖閣諸島での調査はその後も、進んでいない。

eed5c824.jpg

マイナビニュース 2013/09/18
http://news.mynavi.jp/news/2013/09/18/031/index.html



スポンサーリンク
2: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:15:32.88 ID:3MaHQJ0x

>>1
スレタイに小笠原のを入れないと勘違いして騒ぐ奴が出そう。
…あのカップルうまくいかなかった理由ってもしかして亜種が違ったせいなのか?


3: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:16:47.60 ID:COnvD5hy

国籍は?


4: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:17:07.26 ID:e2VAwYjm

しかたないから調査しなきゃね 


5: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:17:23.27 ID:5qxP+0u2

BBCを尖閣に呼ぼう ディスカバリーチャンネルで放映だ


6: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:22:20.37 ID:m3xASbTQ

名前がかわいそう


9: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:27:10.73 ID:I0BGY2Tk

>>6
アホウドリ!
アホウと呼ばれているのは何故ですか?
ソース
http://www.cocoro-skip.com/animal/160013.html


10: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:28:44.29 ID:3MaHQJ0x

>>6
長谷川教授もそう思ってて「オキノタユウ」という新しい和名を提案している。


13: 名無し 2013/09/19(木) 17:39:37.06 ID:bxwBIHEz

>>6 >>9 >>10
「海の上を飛ぶ能力は鳥類の中でいちばん高く、ゆったりと海上を飛ぶので・・・ 「沖の大夫」(おきのだゆう) = 海に住む立派な鳥 と呼ばれていた時期がありました!!」

イイハナシダナー(;;)
イザリウオはカエルアンコウに改名したんだから阿呆鳥も改名したれよ


7: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:26:44.71 ID:I99ICEMt

カタカナなら
「アルバトロス」だ


11: 名前をあたえないでください 2013/09/19(木) 17:34:15.38 ID:Lz/xk3RU

そんなアホなw


12: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:35:52.25 ID:fXPEQWEe

>>1
初めて知った

尖閣諸島は自衛隊の部隊で観察しよう。


14: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:40:09.87 ID:H+XEaymr

アホウドリに住民所発行したら?


15: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 17:40:31.26 ID:HGkbhEU0

中国さんも対応に困る尖閣アホウドリ


18: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 18:14:49.17 ID:3WXSpPKe

日本が責任もって保護すべき

いい口実ができたわwwwwwwwwwwwっうぇw


19: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 18:22:11.91 ID:xeJHR0XE

アホウドリ研究の先生はこっそり尖閣上陸したことがあるそうです


23: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 20:01:25.17 ID:ta1hgIDJ

沖縄の復帰前に発行された尖閣のアホウドリの切手。
http://pinacles.zouri.jp/bunken/ryukyustampa.htm


25: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 20:30:23.10 ID:I/cZsvBA

てえか、ヤギも放置するし、尖閣諸島にしかいないセンカクモグラが絶滅しそうなのに、
調査する事すら絶対に許さない政府が動くわけもない。
アホウドリは小笠原にいるから絶滅はないが、センカクモグラが絶滅していたら
政府の責任は免れないだろうよ


27: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 20:55:08.67 ID:yuVjA3cB

アホウドリを絶滅させて
「日本人には尖閣を管理する資格が無い」
とか言い出しそうだから注意した方がいい


28: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 21:00:27.93 ID:I/cZsvBA

調査に行って対処すればいいだけ。
俺としてはむしろ言って欲しいぐらいだよ、中国のご機嫌取りしかできないようだし、
それで尖閣に日本人を入れる気になるなら、ありがたいぐらい


29: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 22:44:50.45 ID:O05yRTEa

尖閣のアホウドリは前から言われていたような気がする
たしか10年ぐらい昔の日経サイエンスでも記事があったぞ


30: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 23:17:17.90 ID:I/cZsvBA

1970年代から言われてたし、その前の琉球政府時代にも調査はしてたけどね。
確か沖縄で切手も出ていたはず。


32: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 23:48:12.97 ID:PkOI9/QN

デコイに恋しちゃった雄のアホウドリがいたなあ!


33: 名無しのひみつ 2013/09/20(金) 00:10:41.83 ID:wqmv4K9Q

雄は竹島出身らしいね


34: 名無しのひみつ 2013/09/20(金) 00:13:10.65 ID:3zPNXYYH

>>33
竹島のアホウドリはすべて韓国軍がおいしくいただきました。

…アシカはほんとにあいつらに殲滅されたっけな。


35: 名無しのひみつ 2013/09/20(金) 01:12:24.96 ID:Hq+w1Sg1

日本\(^o^)/万歳

羽根に日の丸マークつけようぜ


36: 名無しのひみつ 2013/09/20(金) 01:45:31.72 ID:/pHDjvIJ

アホウドリは日本産


37: 名無しのひみつ 2013/09/20(金) 03:01:43.38 ID:SXqvH+y7

人民解放軍が上陸しようものなら尖閣のは絶滅するだろうね


38: 名無しのひみつ 2013/09/20(金) 06:30:15.22 ID:Y93aiHiQ

戦後か戦前だったか尖閣諸島で羽毛狙いでアホウドリ乱獲したんだよな。
当時は規制とか無かったけどだんだん反対派がうるさくなってきてやめた。
この辺の話はまだググればどっかに転がってるハズ。

その時の日本人が建てた小屋とか設備とか残ってるはずなんだけど
個体回復調査とかですら上陸禁止なんで誰も見に行けない。
何度も何度も上陸許可を求めるけど日本政府は勝手にもう生息してないとか判断して
研究調査目的ですら上陸を禁止した。

欧米各国の自然保護区でも調査研究はOkが常識なのに
日本は中国様に配慮して頑なに禁止。

それが現在も続いてる。


24: 名無しのひみつ 2013/09/19(木) 20:22:40.36 ID:6sj8FlkA

新ニッポニアニッポン


引用元: 【生態】アホウドリのメスは尖閣諸島出身だった