1: 2015/05/21(木) 18:23:02.57 ID:???.net
2015年5月19日ニュース「牛の霜降り状態計測手法開発」 | SciencePortal
http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/05/20150520_01.html
産総研:牛の霜降り状態を計測できる核磁気共鳴スキャナーを開発
http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/2015/nr20150518/nr20150518.html


http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig.jpg
今回開発したプロトタイプによる肉用牛の霜降り状態の計測イメージ
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig1.jpg
図1 黒毛和牛の僧帽筋
画像寸法は、約4 cm x 10 cm。筋肉(赤)と脂肪(白)の交雑が確認できる。
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig2.png
図2 磁石と高周波コイルからなるセンサーユニットの概略図
探査深度は3 cm、感度領域サイズは1.9 x 1.9 x 1.6 cm3(画面に垂直方向に1.9 cm)。
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig3_1.jpg
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig3_2.jpg
図3 開発したプロトタイプ
(a)装置全体。PC、高周波増幅器、送受信機を搭載したコンソール(制御卓)とセンサーユニットがBNCケーブルで接続されている。(b)青いプラスチックカバー(直径約30 cm)のついた希土類
永久磁石と平面型の高周波コイルからなるセンサーユニット。
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig4.png
図4 開発したプロトタイプによる牛肉試料のプロトン緩和波形計測結果例
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig5_1.png
http://www.aist.go.jp/Portals/0/resource_images/aist_j/new_research/nr20150518/fig5_2.png
図5 17試料の(a)脂肪量と(b)水分量の計測結果
水分量を1.37倍して換算した筋肉量を、bの座標軸に示した。縦軸は、図3の装置で計測した数値。横軸は、従来の計測手法による真の値。赤い矢印は図1の僧帽筋試料のデータを示している。
なお、実線は誤差ゼロを示し、点線は誤差±10 wt%を示している。


高品質の霜降り肉かどうか生きた牛でも判別可能な計測技術を、産業技術総合研究所の中島善人(なかしま よしと)地圏資源環境研究部門 上級主任研究員が開発した。

核磁気共鳴法を利用した技術で、産総研がこれまで資源開発・地盤工学に応用するため開発していた片側開放型プロトン核磁気共鳴スキャナーを、牛の肉質評価に応用した。励起された原子核のスピンが、その後熱平衡状態に向かって緩和される時間が対象によって異なる核磁気共鳴法の原理を利用している。脂肪組織中の脂肪分子と筋肉組織中の水分子の量を測定することで、水分の量から筋肉量が推定できる。

霜降り肉の良しあしは、脂肪がどのように交雑しているかで判断されるが、これを直接確かめるロース芯(胸最長筋)は、牛の体表から10センチ以上深い所にある。

続きはソースで

ダウンロード

引用元: 【食品科学/技術】牛の霜降り状態を計測できる核磁気共鳴スキャナーを開発 産総研

スポンサーリンク
3: 2015/05/21(木) 18:36:37.83 ID:CsQ/3v2B.net
MRAこんなことに使って採算取れるんだろうか?

5: 2015/05/21(木) 18:47:43.54 ID:oEa/yKyh.net
核に反応して放射脳が騒ぎ出すなw

18: 2015/05/22(金) 00:34:32.37 ID:WehT19kM.net
>>5
それはない。NMRだMRIだの親戚なんだから

9: 2015/05/21(木) 21:09:34.15 ID:1JtOz1BN.net
お前らの腹の脂肪もこれで測ってみよう

10: 2015/05/21(木) 21:30:54.63 ID:oOuhEjyb.net
人間ドックのオプションとかでできる、MRIでの内臓脂肪計測の応用的なもの?

11: 2015/05/21(木) 21:49:08.00 ID:AjxYCnYY.net
霜降りスキャナーか…
次は霜降りプリンターだな

12: 2015/05/21(木) 22:22:24.08 ID:tVRS2idU.net
日本人はフォアグラを病気の鴨だと言い、
西洋人は霜降り和牛を病気の牛だと言う。
どっちも人間だったら死んでる不健康レベル

20: 2015/05/22(金) 00:41:42.86 ID:WehT19kM.net
>>12
日本食を見ればわかるが油の摂取量が非常に少ない
それゆえに油を欲しがるのさ

23: 2015/05/22(金) 01:43:03.79 ID:tH3tVdp3.net
>>20ああ、なんか納得。毎日食べる訳じゃないしね。

13: 2015/05/21(木) 22:39:54.96 ID:IsOA5ZMa.net
>>1、これ・・調整肉でも値出るよ?

放射能計測するほうがよくないか、オレゴンは汚染区域に近いし・・。

19: 2015/05/22(金) 00:35:55.31 ID:WehT19kM.net
>>13
放射性同位元素を区別できるなら面白そうだな

25: 2015/05/24(日) 14:18:09.64 ID:qFh4Dt5y.net
>>19
核磁気共鳴は同位体を区別できるけど(軽水素と重水素は共鳴周波数が違う)、
検出できない核がある上(炭素12とか酸素16とかの一般的な原子核が共鳴しない)
検出感度が恐ろしく低く、対象核種がミリグラム程度無いと検出できないので
微量分析には不向き。

15: 2015/05/22(金) 00:00:37.63 ID:SNtAi5/S.net
これで核の密輸や小型化によるテロを防げるかもしれんな
産総研はやっぱ日本の技術が結集してるだけあって凄いわ

22: 2015/05/22(金) 01:22:46.58 ID:x8sRM2JT.net
牛は赤みがうまい。霜降りはまずいよ。胃にもたれるしデブる。

24: 2015/05/22(金) 21:30:02.68 ID:0B4nwJF+.net
うまいものに対する日本人の執念には脱帽だな。すごいわ。