1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/09/27(金) 13:29:43.48 ID:???

アフリカに生息するカッコウハタオリは、他種の鳥を欺いて自分のひなを育てさせる托卵(たくらん)行動で知られているが、この鳥がどれほど厚かましく子育ての義務を逃れているかを明らかにした調査結果が、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された。

スズメほどの大きさの、羽に縞模様がある黄色の鳥、カッコウハタオリは、他の鳥の巣に、その鳥の卵と似た色の卵を産み落とす。
選ばれた鳥は自分が「仮親」であることに気付かず、自分の卵と一緒にカッコウハタオリの卵を温め、ひながふ化したら育てる。

科学者らは今回、カッコウハタオリがこの大掛かりな「詐欺計画」をいかに根気強く実行するかを、初めて目の当たりにした。

論文によると、カッコウハタオリの雌は、同じ仮親の巣に数回にわたり通い、できるだけ多くの卵を産むという。頻度は、おそらく2日に1個ほどとされている。
同じ巣に複数の卵を産むことで仮親は混乱し、侵入者の卵を見つけて巣の外に出す可能性がさらに低くなるのだという。

論文の著者の一人、英エクセター大学(University of Exeter)のマーティン・スティーブンス(Martin Stevens)氏は「カッコウハタオリは、宿主の防御を突破して自身の繁殖成功を高めるための斬新な戦略を進化させた」と指摘する。
「宿主の裏をかき、さらに多くのひなが育てられるのを助けることができる」

カッコウハタオリのひなは多くの場合、仮親のひなよりも早く成長し、より大きな鳴き声で餌をせがむ。侵入者のひなはよりも多くの餌を与えられるので、仮親のひなは餓死することになる。

英国と南アフリカの共同研究チームによる今回の調査が行われたザンビアでは、カッコウハタオリの標的になることが最も多い鳥は、アフリカマミハウチワドリ。
大きさはカッコウハタオリと同程度だが、よりくすんだ体色をしている。

スティーブンス氏によると、マミハウチワドリの巣の約5分の1にカッコウハタオリの卵が産み付けられるが、親の中には、侵入者の卵を発見して巣から蹴り出すものもいるという。

ソース:AFP(2013年09月27日 09:53)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2970682/11417816
画像:インド・アーメダバード(Ahmedabad)で撮影された鳥の巣の中の卵
1

http://img.afpbb.com/i-img/image_for_msafari.php?article_id=11417816&mode=normal_detail&.jpg
関連リンク:ネイチャー・コミュニケーションに掲載された記事
Repeated targeting of the same hosts by a brood parasite compromises host egg rejection(英文)
http://www.nature.com/ncomms/2013/130924/ncomms3475/full/ncomms3475.html



スポンサーリンク
2: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 13:36:15.43 ID:V/DzKdys

たくらんだな。


59: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 07:04:39.81 ID:9+3JgtBT

>>2


7: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 13:53:38.58 ID:SHfrboRo

日本の生活保護や特権で育てられてる在日の事かw


8: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 14:01:23.64 ID:x0Ddi52Y

日本のカッコウというかホトトギス科の雛は
他の卵や雛を巣から落とすよね


53: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 01:02:28.68 ID:Aosj9kfO

>>8
なるほど、種類が違うのか
この記事の写真見ると地面に巣つくってるな


13: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 15:56:06.97 ID:Dd/mSc3h

道徳としては正しくないが
適者生存としては正しいですな


14: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 16:06:22.58 ID:hgzBlPk5

日本のカッコウだと最初にカッコウの雛が孵って仮親の卵や雛を外に捨てるけど、
同じ巣に複数産んで撹乱するってことはこの鳥だとカッコウの雛同士のデスバトルが日常的に見れるのか
なんか面白いな動画無いかな。


30: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:43:56.42 ID:rc6n6ij2

>>14
>同じ巣に複数産んで撹乱するってことはこの鳥だとカッコウの雛同士のデスバトルが日常的に見れるのか

数十年前にNHKでやっていた。
カッコウの雛が他の雛を巣から落として殺していた。
子供心に初めて絶滅した方がいいと思った動物だった。


15: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 16:07:03.87 ID:nMe2eLJ9

というかカッコウや托卵の話題が出るとすぐこういう話になるからなんだかな
自然界の人間のどうでもいい倫理観持ってくるなと
個人的に極めて興味深いし、まともな議論が聞きたいのだが
馬鹿のせいでそれが殆どされないのは残念


16: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 16:27:17.50 ID:6pft1tr8

これダーウィンが来た、でやってなかったっけ
寄生された親鳥も、餌を与えられなくなった雛もかわいそうだよな
本当のこどもの横で、むっちゃでかい体の偽者が、ぴよぴよ餌をねだるんだよ
角田容疑者もこれを真似たのだろうか


22: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 16:58:05.95 ID:xAMwoWO9

カッコウの託卵対策の進化をしたルリオーストラリアムシクイというのがいてな


90: 七つの海の名無しさん 2013/09/28(土) 23:06:21.97 ID:eqXerCZk

>>22
wikipedia 見てきた。面白いな。
俺が思い出したのはキツネ。
あいつら娘が翌年に生まれた弟妹の世話を手伝うんだよな。

《ルリ・オーストラリア・ムシクイ》

新生児は目が開いておらず、赤くて羽毛はないが、すぐに羽毛が生え褐色となる。
目は5~6日中に開き、10日目までには羽毛が生えそろう。
10~14日間、群れ全体で給餌や糞の排出を行う。
巣立ちビナは40日目までに自分で採餌できるようになるが、他の群れへ移るか、群れを占有できる地位を引き継ぐまでの1年から数年の間、ヘルパーとして家族の群れに残る。
この役割の中で、若鳥は兄弟に給餌、保護し、カッコウ類や外敵を追い払う。
ルリオーストラリアムシクイはマミジロテリカッコウ(Chrysococcyx basalis)や、稀にヨコジマテリカッコウ(C. lucidus)、ウチワヒメカッコウ(Cacomantis flabelliformis)の宿主とされることがある。


23: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:06:15.16 ID:fUSdIbg6

お前んとこの子供は実は俺の子なんだけどな


24: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:19:53.48 ID:nMe2eLJ9

ネタや笑い話ではなく、それ結構多いから

ある調査によれば1%~30%は現在の男親の子ではない
もちろん連れ子とかそう言う意味ではない。その親の子とされている場合だ


25: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:29:30.31 ID:xAMwoWO9

>>24
はいはい♪


28: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:38:57.84 ID:nMe2eLJ9

>>25
事実だが。

http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51914346.html
金融日記:先進国では3%~4%の子供の父親は違う

http://d.hatena.ne.jp/ogura-osamu/20120318/1332050559
25人にひとりは父親と遺伝子が違うのこと - 巨椋修(おぐらおさむ)の結果オーライ

これは先進国だからこんなもんだが、発展途上国とかではもっと多い。


40: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 19:01:43.92 ID:xAMwoWO9

>>28
30%のソースは
只の予想かな?


63: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 10:48:17.76 ID:5mMeXkDr

>>24
割合の幅が大きすぎて参考にもならん


65: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 11:54:14.83 ID:HlkiBp+y

>>63
> 割合の幅が大きすぎて参考にもならん
ログあまり読んでなさそうだが、別にお前の父親や息子が他人だとしてもおかしくない、
と言うだけならあれで十分な話じゃね


27: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:37:13.96 ID:2wrmu7Av

ちなみにドイツでは、母親の許可を受けない遺伝子の親子診断は禁止です
戸籍上の父子に3割以上血縁関係なしという結果でたから…


29: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:41:48.27 ID:nMe2eLJ9

>>27
うむ。
確かドイツでもアンケートで1割くらい父親が別とかいう調査結果があって、
それで大問題になって、結果そういう事になったと聞いたなあ。


32: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:53:35.86 ID:V/DzKdys

カッコウの標的やね。


38: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 18:48:08.37 ID:6pft1tr8

>>32
・・・・・


33: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 17:54:23.36 ID:E2zYJ4AR

人間の赤ん坊が母親の倍も大きくなってきたらおかしいと考えるけど鳥頭ではおかしいと考えられないんだろう


34: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 18:01:10.10 ID:iqGSgKLQ

スズメ目 テンニンチョウ科 カッコウハタオリ
カッコウ目 カッコウ科 カッコウ

違うんじゃね?
托卵の習性は同じとして。


42: 名無しのひみつ 2013/09/27(金) 19:08:44.24 ID:ijw7Eu/f

知らん顔して子供の口の粘膜を綿棒でかきとる。
同じく自分の口の粘膜をかきとる。
で、ある所にそれを郵送する。

すぐに分かる・・


51: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 00:32:22.67 ID:A0gRcvYb

カッコウって体温低くて自分で孵化させられないらしいぞ
しかも、日本では託卵先の鳥種に戦略を覚えられて生息数がだいぶ減ったらしい
なんつうか、いままでその戦略でよく絶滅しなかったな
主な託卵先を何百年かごとに乗り換えながら生きながらえてきたんだろうな


52: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 00:40:19.83 ID:HlkiBp+y

そう言う事だろう、だがいつまでも持つか分からない
一度カッコウにやられた鳥は覚えいて中々以前の状態には戻らぬと言うしな
仮にそれで絶滅するような事になってももはや今更子育てなんてできなくなってるしね

ちなみにカッコウみたいに托卵する鳥はほかにも一杯いるんだよな、有名なのがカッコウと言うだけ。


55: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 02:02:17.98 ID:HlkiBp+y

托卵してる鳥も先祖はもちろん子育てしていた。
カッコウ科の仲間でもしてる鳥とあまりしない鳥がいて、
托卵する種でも一部は個体によってしたりしなかったりするらしい。
最初は多分、たまたま余所の巣に産んだとか偶然だろうね。


56: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 05:00:17.50 ID:7I5mK3pG

親じゃなくてひなが他の卵を落としてるのをテレビで見た記憶がある
衝撃的だった


62: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 10:14:45.97 ID:HlkiBp+y

弱肉強食に過ぎない自然界の摂理に人間の感覚で物を言う奴は阿呆
所詮こんなのは寄生の一形態に過ぎず、托卵に限っても、鳥には結構多いし、
魚類など他の生物でもあること。これを叩いておいて、害虫を駆除する寄生バチは
益虫だという人間はどうしようもない。

例えばカラスなどは嫌われる事が多い鳥だが、そういった人はカッコウが、あの手の
害鳥や害獣に托卵したり寄生する鳥だったら褒め称えてたろうね。


74: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 16:12:16.32 ID:VsEonGN6

>>62
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AA%E3%AA%E3%AA%E3%8B%E3%AB%E3%83%E3%B3%E3%A6
オオオニカッコウ
Scythrops novaehollandiae

オオオニカッコウは世界最大のカッコウ類であり、体長は58-66cm、体重は550-930gである

宿主は場所によって様々であり、通常はカラス類、フエガラス類、モズガラス類、カササギフエガラス、チャイロハヤブサ、アカエリツミなどである

http://chouruidouga.web.fc2.com/onikakkou.html
オニカッコウ Eudynamys scolopaceu
全長:39~46cm
体重:225g
托卵性であり、カラス類やムクドリ類、コウライウグイス類、オウチュウ類などの巣に産卵する。オニカッコウの卵はカラスの卵に似ていて、仮親が産んだ卵より小さい。

こいつら度胸あるねw
なお食性は他のカッコウ科より果物依存率が高い
一般にカッコウ科は昆虫や小動物をよく捕まえ、地上性のミチバシリなどは将来哺乳類の捕食者が絶滅したら
フォルスラコスのように巨大化する鳥の候補になっている


87: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 21:40:21.66 ID:Ydw7pgLS

>>62
>弱肉強食に過ぎない自然界の摂理に人間の感覚で物を言う奴は阿呆

人間が人間視点で感想述べて問題無いと思うけどな。神の視点になんてなれないしなる必要もない。
益虫、害虫のくだりも発酵と腐敗の分類同様に人にとって意味有る言葉なわけで。


91: 名無しのひみつ 2013/09/29(日) 00:10:51.20 ID:zwy14hEV

>>87
> 人間が人間視点で感想述べて問題無いと思うけどな。神の視点になんてなれないしなる必要もない。

神視点と言うより、人の視点(正確には他人視点)で見るべきと言いたかったのだが。
別に害鳥じゃないし、どうでも良い事だろ。むしろ、人の道徳的に悪だから、俺が気に入らないから
絶滅すべき、と言うまるで造物主であるかのような傲慢な考えのが、逆に神視点じゃないのか、
と思うのだが。

> 益虫、害虫のくだりも発酵と腐敗の分類同様に人にとって意味有る言葉なわけで。

そう。物事は多面的に見るべきであって、一面的に見過ぎてはいけないね。
どんな生物でも本来生きる権利はあるし、ましてやこいつらは害鳥ですらもない。
前述のように寄生的生物だって、何らかの役に立つ可能性もあるわけでね。


71: 名無しのひみつ 2013/09/28(土) 14:46:28.29 ID:jPOligaJ

カッコウが托卵に格好の巣を見つけて早速托卵を企んでいるぞ


引用元: 【生物】他種の鳥を欺いて自分のひなを育てさせる「托卵」…カッコウの執念深い行動が明らかに