1: 2015/06/02(火) 22:50:55.50 ID:???.net
動物の新しい特徴が進化する仕組みを解明 -ショウジョウバエのcis制御領域の獲得によるwingless発現領域の獲得- — 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/150602_1.html

画像
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/images/150602_1/02.jpg
図: ミズタマショウジョウバエでは、新しく獲得されたエンハンサーにより、winglessの発現部位が増加している。


概要

 生物が、進化の過程でそれまでになかった性質を獲得する仕組みについては不明な点が多く残されています。近年、ゲノム情報(生物の全遺伝情報)が多く解読された結果、発生システムの根幹をなす遺伝子は極めて良く保存されていることがわかってきました。一方で、生物は多様な形態や性質を持っています。この不一致は、どのように説明されるべきでしょうか? 1975年、キングとウィルソンはヒトとチンパンジーの遺伝子配列を比較し、両者が極めて良く似ていることを示しました。ヒトとチンパンジーが形態や行動などの点において大きく異なっていることに触れ、遺伝子配列が非常に似かよっている以上、制御領域の違いによる発現領域や強度の違いが、ヒトとチンパンジーの違いをもたらしているのではないかとの仮説を提唱しました。

 この仮説を検証するため、ショウジョウバエ2種(キイロショウジョウバエとミズタマショウジョウバエ)の遺伝情報を比較しました。この2種では、形作りに重要な役割を持つwingless遺伝子の発現領域が異なっていることがわかっています。ミズタマショウジョウバエでは、翅に水玉模様があり、wingless遺伝子がこの模様を誘導しています。

続きはソースで

images


引用元: 【遺伝学】動物の新しい特徴が進化する仕組みを解明 ショウジョウバエのcis制御領域の獲得によるwingless発現領域の獲得 京都大学

スポンサーリンク
3: 2015/06/02(火) 22:55:07.52 ID:iD/XQLgu.net
ヤバイ

俺の超人遺伝子が解明されてしまう

4: 2015/06/02(火) 23:02:19.37 ID:pL8hRSiE.net
エンハンサー(遺伝子の発現量を増やすやつ)が獲得されたことが理由ってことか
まあ入力値を大きく出力することになるわけだから見た目にも変化があるだろうなぁ
人間にもそういうのがあったら「造顔美容法」とかできるかもな

7: 2015/06/02(火) 23:17:14.86 ID:nOEjBvPv.net
ライスサイクルが2週間程度で遺伝を調べるってw 生まれて食って寝て終わりじゃんか
経験値積めないし多様性もう◯こもない

8: 2015/06/02(火) 23:26:24.82 ID:eV02DFae.net
>>7
遺伝の影響見るためなんだから経験の影響ないほうがいいだろ。

10: 2015/06/03(水) 01:17:36.99 ID:e7O7ffEo.net
>研究では、wingless周辺の領域を数kbずつ取り出し、
>蛍光タンパク質の遺伝子とともに遺伝子導入することで、エンハンサーを探しました。


ROMイメージの適当な場所を書き換えてここがマップデータだ!とか乱暴な解析みたいなw

12: 2015/06/03(水) 04:17:21.64 ID:2qMf9Vtj.net
進化が中立である以上このスキームは当然のものと理解されてたが
具体的に実験したというのは確かにあまり聞いたことがなかったな

13: 2015/06/03(水) 04:52:09.65 ID:rPe24Ki8.net
チートで白魔導師に黒魔法覚えさせた感じ?

14: 2015/06/03(水) 04:52:53.53 ID:euRAMMJw.net
>生物が、進化の過程でそれまでになかった性質を獲得する仕組みについては不明な点が多く残されています。

進化が中立だという説は極めて疑わしい ランダム事象の積み重ねで目のような複雑な機構が出来るとは到底信じられない

17: 2015/06/03(水) 06:37:53.32 ID:BIu5oidM.net
>>14
中立という表現はあくまで不利じゃないという意味なので、
それでなんの問題もなく起ることはモデル化されてる。

18: 2015/06/03(水) 06:59:10.16 ID:euRAMMJw.net
>>17 ごめん進化が中立か

しかし普通、中立説は下記を意味する
中立進化説(ちゅうりつしんかせつ、neutral theory of [molecular] evolution)とは、分子レベルでの
遺伝子の変化は大部分が自然淘汰に対して有利でも不利でもなく(中立的)、突然変異と遺伝的浮動が
進化の主因であるとする説。分子進化の中立説、あるいは単に中立説ともいう。

この説で目玉が出来るわけがない 鳥が飛べるはずも無い 
見る必要があるから目玉は出来た 飛びたいから飛べるようになった そのメカニズムは未だに謎だがね

19: 2015/06/03(水) 07:43:01.29 ID:BIu5oidM.net
>>18
なにを勘違いしてるのか分らないが「遺伝子の変化は大部分が自然淘汰に対して有利でも不利でもなく(中立的)」という意味の中立で
目のような器官がちゃんと生じる可能性がモデル化されてるわけで。

光を感じる器官が一度生じて浮動により多数派になった集団において光を感じない個体は既に「中立」ではないのだよ、
また光の方向が判る形質を得た集団において…(以下くり返し)ってな具合でね。

遺伝子レベルで中立というのは現時点で残っている遺伝子が他の遺伝子に対して急速にピックアップされた形跡がないということであって、
一般的な突然変異率を超える速度で増えたわけではないことを示すけれど、不利な変異および結果的に不利になってしまった従来型が
淘汰によって消えていっているという現象についてはむしろ肯定されている。

厳密にはちょっとぐらい不利な形質でもOKなようだが。
積極的に前進しなくても後に下がらないようにだけしておいて動けるようにしておけば結果的に少しづづ前に進んでしまうってこと。

20: 2015/06/03(水) 07:51:41.14 ID:euRAMMJw.net
>>19 鳥類の飛翔で考えてみよう

飛翔の条件は羽毛と翼とそれを駆動する筋肉だ この三つが同時に備わらなければ飛翔は出来ない
逆に羽毛や翼があって飛べない鳥は生存に不利であり容易に淘汰される

中立説でこの3要件の突然変異が同時に起こりうる確率がどれほど有ると言うのだ 到底説明がつかない

21: 2015/06/03(水) 08:06:23.14 ID:BIu5oidM.net
>>20
三つがそろわないと今のような飛翔は出来ないだろうけど、三つが同時に現われなければいけないということは全く無いんだよ。
羽毛に関しては鳥でない恐竜の研究であきらかなように飛ぶなんて用途と全く別の形で生じてるし、
かなりちゃんとした風切り羽が進化した段階でもまだ筋肉の付着部が対して進化して無かったことまで判ってるくらいだからね。
ましてや翼と呼んでるもの事体は羽毛と特殊な筋肉がなければただの前肢じゃないか、木登りにだって使えるような(現にそんな鳥もいる)。

22: 2015/06/03(水) 08:11:14.74 ID:BIu5oidM.net
というか翼に関してそんなことを言うレベルだと中立とか優位な形質の選択とかの進化議論のレベルじゃなくて、
いきなりすごい知性が全部作りましたとか、どっかから翼セットの入ったウイルスが来て感染しましたとか
オカルトでも無い限り無理なんじゃないかと。

でそのすごい知性やら翼セットやらはどうして生じたのという結局なんの解決にもなってない話なわけだけど。

23: 2015/06/03(水) 08:15:34.61 ID:euRAMMJw.net
羽があろうと翼があろうと 飛ぼうと思わなければ(飛ぶ必要が無ければ) いつまでたっても飛べない
生命進化には中立説のようなランダム事象をベースにしているのではなく自己組織化という要素が必ずあるはずだ

今回の発見も ”遺伝子配列が非常に似かよっている以上、制御領域の違いによる発現領域や強度の違いが、
ヒトとチンパンジーの違いをもたらしているのではないかとの仮説を提唱しました。”
と有るように発生過程での自己組織化を示唆しているものとも考えられる 

生命は中立説で説明できるほど単純じゃないよ

24: 2015/06/03(水) 08:52:18.35 ID:BIu5oidM.net
>>23
>今回の発見も ”遺伝子配列が非常に似かよっている以上、制御領域の違いによる発現領域や強度の違いが、
>ヒトとチンパンジーの違いをもたらしているのではないかとの仮説を提唱しました。”

このどこに自己組織化の示唆があるのやら、どこが変異した結果ちょっとの違いなのに形や機能に大きな違いになったのか
というのを調べましたという話なわけで。

だからそういう否定の仕方は中立説じゃなくて遺伝子突然変異の蓄積としての進化現象そのものの否定になってしまうんだってば。
鳥が飛んでいるのは飛べる装置が生じたからだけじゃなくて飛ぶ行動そのものが変異蓄積の結果生まれてるのでなんの不思議もないんだけどね。
これまたいきなり完全な飛び方が生じたわけでも、完全な飛び方が必要とされるライフスタイル生じたわけでもないわけで。

38: 2015/06/04(木) 13:07:20.09 ID:rj1B33gk.net
この手の不思議だと。
「こんなに擬態が巧妙なのはおかしい」と言うよりも
環境が(その生物の)擬態能力を招いたのなら、
なぜ同ニッチの生物は皆、擬態してないかの方が不思議だね。

例えば、不十分ながら擬態能力が進んだとして。
同じニッチ内(擬態してなく、その他の能力もほぼ同じ)の生物と比べたら、
多少とも生存確率が上がってるのだから
それ以上に似せる作用ってのは弱まるはず。
(擬態してる生物より、擬態してない生物のが襲われ安いので)

しかし、やたらそっくりに擬態が進んでる生物がいる。
生存のために「そこまで似せる必要があったんだ」と言う事も出来るけど、
そこまで環境が生存に厳しいなら、同ニッチの擬態してない生物は、
とっくに全滅してないとおかしいんじゃない?
むしろ、なんで擬態してる生物と擬態してない生物がいるのかと。

39: 2015/06/04(木) 13:21:05.65 ID:yu7wwVw4.net
>>38
擬態以外の手段でそれを回避できたならば擬態の必要はなかったというのに終始するかと。
卵から死ぬまで完全にニッチが同じで近縁な擬態種と非擬態種が共存してるなんて事象がまずないわけだし。

55: 2015/06/05(金) 00:45:37.32 ID:qIiCNEtt.net
>>38
変異が生まれないと淘汰圧だけでは進化できないんですよ

47: 2015/06/04(木) 21:58:12.42 ID:MTLEMvyq.net
チンパンジーと人間との違いなんて、
単に人間の主観によって大きく思えるだけだったりして。

48: 2015/06/04(木) 22:24:24.69 ID:C2u6lwWL.net
進化に待ったは無いんだな
将棋と一緒で

63: 2015/06/05(金) 08:11:14.17 ID:mn9pH4k7.net
>変異速度そのものの加減速が起きている

この原因はなんだと考えてるんだ? ランダムに起こる突然変異以外の要因があるとは考えが及ばんのか

64: 2015/06/05(金) 08:14:44.88 ID:f6nQmIRG.net
>>63
生物ならありえない原因がウイルスにはあるのだよ。
時間が止まってしまったり突然動き出したりするという。

65: 2015/06/05(金) 08:18:13.90 ID:mn9pH4k7.net
DNAが生命分子・生命の本体で有ると同様 ウィルスも生命分子だよ 本質は変らない

67: 2015/06/05(金) 08:25:31.93 ID:f6nQmIRG.net
>>65
ウイルスにはDNA無い奴もたーんといますがな。
そもそも突然変異がいつ起こるものなのか理解できればウイルスでの不可解な現象もわかるかな。

68: 2015/06/05(金) 08:29:45.65 ID:mn9pH4k7.net
>>67 日本語が読めん様だな ウィルスもDNAと同様の生命分子だ と言っただけでウィルスがDNAとは誰も言ってない

69: 2015/06/05(金) 08:36:23.28 ID:f6nQmIRG.net
>>68
ウイルスはDNAのような分子じゃなくて生物と同じようにDNAやRNAを核酸を含む物体ですが?
ただ根本的に生物じゃないところがあるから「時間が止まる」んですけどね。

66: 2015/06/05(金) 08:19:45.60 ID:IvmwVUTK.net
遺伝子編集技術に役立てそう?

67: 2015/06/05(金) 08:25:31.93 ID:f6nQmIRG.net
>>66
どこいじればダイナッミクに変えれるかというのを探れるって意味ではね。

73: 2015/06/05(金) 19:38:23.42 ID:GgqsplXx.net
進化とか言ってるけど
自然環境がただ単に試練を与えて生き物を選んでいるだけ
進化じゃなくて雑魚は淘汰されただけなのさ

71: 2015/06/05(金) 08:53:14.62 ID:XGq0sMA9.net
進化ってよくわからん
空を飛びてえなぁーと何世代も強く思えば飛べるような身体になるの?
木の葉っぱとかに擬態する虫とかなんなの?あいつらあんな風になりたくてなっおの?