1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/10/07(月) 19:14:10.90 ID:???

今年のノーベル生理学医学賞はJames E. Rothman, Randy W. Schekman and Thomas C. Sudhofの3氏に。授賞理由は「私たちの細胞における主要な輸送システムである小胞輸送を制御するマシナリーの発見に対して」

公式ページ
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/2013/
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/2013/press.html
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/2013/advanced-medicineprize2013.pdf


62: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/10/08(火) 01:03:45.80 ID:???

2013年ノーベル生理学・医学賞 細胞内の物質輸送の解明に ( 2013-10-07 )

 2013年のノーベル生理学・医学賞は,細胞内の物質輸送を解明する研究で成果を上げたイェール大学のロスマン(James E. Rothman)博士,カリフォルニア大学バークレー校のシェックマン(Randy W. Schekman)博士,スタンフォード大学のスドフ( Thomas C. S?dhof)博士に授与されることになりました。

 理科の教科書で,細胞の絵を見たことがあると思います。
細胞の中には様々な小器官が入っていて,それらが互いに連携して機能を発揮しています。
この複雑な仕組みをきちんと動かすには,細胞内で作られたタンパク質を,それを必要とする各小器官に正確に届けなくてはなりません。
タンパク質を作るのはリボソームですが,そこからタンパク質は小胞体に入り,膜にくるまれた小胞となって出てきて,ゴルジ体などを経由し,細胞膜から外に出て行きます。
もちろん全部が出て行くわけではなく,経路の途中,必要とされるところでちゃんと止まり,利用されます。

 日々生成される膨大な種類のタンパク質を,細胞はいったいどうやって見分け,目的の場所に輸送しているのでしょうか? その解明に大きく貢献したのが,今回受賞する3人です。

 シェックマン博士は高温にすると物質輸送ができなくなる酵母の変異体をたくさん作り,どの遺伝子が機能しなくなるかを調べました。そうすることで物質輸送に重要な役割をする遺伝子を23個発見し,この分野の研究に先鞭を付けました。

 ロスマン博士は,動物細胞から精製した小器官やタンパク質を使って試験管の中で物質輸送を再現し,どんなタンパク質が輸送を担っているかをつきとめる新たな実験手法を確立しました。
また小胞と目的の器官などの膜が融合してタンパク質を放出するには,両者のSNAREタンパク質が複合体を作る必要があり,その組み合わせがタンパク質の行き先を制御しているとする
「SNARE仮説」を提唱しました。

 スドフ博士は2人が切り開いた物質輸送の仕組みが,ニューロン(神経細胞)が必要なときだけ必要な神経伝達物質を分泌するのにどのように関与しているかを明らかにしました。

 「まだ細胞内の物質輸送について何もわかっていなかった時にこの分野の研究を立ち上げ,ぐんぐんと進めていった。文句なしのパイオニア」だと,中野明彦東京大学教授は評価します。
今では細胞内のタンパク質の動きを直接観察できる時代になり,物質輸送がかつて考えられていたほど単純なシナリオでは語れないこともわかってきました。
輸送の異常と様々な疾患との関係についての研究も盛んに行われており,この分野は大きく発展しています。(古田彩)

https://www.nikkei-science.net/modules/article/index.php?id=97
3a0be119.jpg



スポンサーリンク
11: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 19:30:00.31 ID:6Gda4U+M

マクロだからミクロだか知らんが
実際にクソの役にも立たず、デフォルトしかけてるアメリカとかがある
ノーベル経済学賞が気になる。

「アリの巣の研究」とかかな?


12: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 19:31:33.56 ID:8qyi5uWw

解説してくれる人がいないとこういうのは全く分からんな


22: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 19:53:06.41 ID:bp8rG031

まあカブリ賞貰ったメンツで大学の教科書に確実に載ってる人だから堅実なところではあるが
社会的なインパクトではそんなでもなかったり

>>12
小胞の専門家で小胞輸送、小胞にくるんだりリリースしたりの詳しい仕組みの解明に貢献した人
エンドサイトーシスやエクソサイトーシスと言えば教科書級って感じがするっしょ


37: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:39:15.59 ID:RgcAuKVt

>>22
まだ賞とってなかったことに驚き。


16: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 19:41:19.09 ID:/86V3mIt

-man
で終わる名字はユダヤ人


まめちしきな


24: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:01:40.34 ID:OpkUD1Jf

>>16
映画監督のイングマール・ベルイマン(Ingmar Bergman)はユダヤ人ではないけど。


19: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 19:49:11.77 ID:RhUlN5MR

山中氏は素人受けも良かったからな


23: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 19:57:30.95 ID:RGXd14vn

NHKの村上春樹推しは異常。
もしや在日か?


37: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:39:15.59 ID:RgcAuKVt

>>23
ずっと前からこのネタで何度も話題に上がってる人だから別に普通だろ。


25: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:04:33.76 ID:jCTBObkn

ノーベル賞受賞者生年月日順

明治32年6月11日川端康成
明治34年3月27日佐藤栄作
明治39年3月31日朝永振一郎
明治40年1月23日湯川秀樹
大正7年10月4日福井謙一
大正10年1月18日南部陽一郎
大正14年3月12日江崎玲於奈
大正15年9月19日小柴昌俊
昭和3年8月27日下村脩
昭和5年9月12日鈴木章
昭和10年1月31日大江健三郎
昭和10年7月14日根岸英一
昭和11年8月20日白川英樹
昭和13年9月3日野依良治
昭和14年9月5日利根川進
昭和15年2月7日益川敏英
昭和19年4月7日小林誠
                ←馬鹿世代  
昭和34年8月3日田中耕一
昭和37年9月4日山中伸弥


66: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 04:14:58.02 ID:5+WBxajY

>>25
バカ世代が見事に団塊世代


71: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 09:16:08.23 ID:YQNdfFRz

>>25
そこは、戦中戦後生まれと書いてやれ。
少しだけかわいそうだ。


30: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/10/07(月) 20:16:59.90 ID:???

TwitterのTL見ていると、「教科書級なのにまだ取ってなかったのか」という科学者さんが
複数居るな。


32: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:23:46.28 ID:f5AABIb1

今年やっと小胞輸送じゃ予想のあったオートファジーなんて5年くらい先になりそうだな。


34: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:26:18.19 ID:pMnyJyAN

受賞者の何割かは、ユダヤ系の人なんだよね?


36: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:28:49.51 ID:KcWwRW49

薬学的にも重要だね
たぶん

  


39: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:44:03.34 ID:hFqtdyyc

~マン
~バーグ

ユダヤ人か

2/3 がユダヤ人だけど
イスラエル本国はノーベル賞ショボいよな、巨大企業も無いし
人材が軍・行政・インフラに持っていかれるからかな?


40: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 20:58:28.92 ID:f5AABIb1

>>39
ユダヤ人というかドイツから来たアシュケナジムによくいる姓だな。
ドイツ系非ユダヤ人にも似たようなのがけっこういる。


55: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 22:12:26.65 ID:eiKnyIe/

日本はこれからメダルラッシュだろう。
高度経済成長生まれの世代だから


56: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 22:42:00.57 ID:3A1Ei9Gd

細胞のクロネコヤマトみたいなものか、なんか知らんけどオメ。


57: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 22:56:22.74 ID:AeXk5OJ3

小胞輸送とは渋いところ来たな。今年は医学というより生物科学って感じだな。
医学と生物は正直分けた方がいいと思う。


59: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 23:23:09.07 ID:f5AABIb1

>>57
化学の生化学と生理医学の基礎生理は再編した方がよさそうな感じだな、
化学は物理の物性ともあいまいだし。


60: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 00:49:21.63 ID:nnJiCNlx

細胞内膜輸送か

膜タンパク質や分泌タンパク質は
リボゾームから小胞体~ゴルジ体~分泌小胞~細胞膜って流れで運ばれる。
これに関わる分子(タンパク質)の解明だろ。

高校の生物やってれば少しは分かると思う


61: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 01:03:28.68 ID:XYIwIono

>>60
>高校の生物やってれば少しは分かると思う
マスコミに入るような人の多くはそれを大学在学中にはもう忘れてる。


63: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 01:27:15.78 ID:FDWf1by0

医学生理学は、受賞して当然みたいな話はいくつくらい貯まっているのかな


69: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 08:38:02.76 ID:R4KVkdhp

生理学ってドグマ的な発見と確認に時間かかるから
物理や化学みたいにさっさと進まないのかな
まだ受賞してなかったんだ。確かに意外だった


72: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 09:25:26.04 ID:38Vojc/v

>>69
理論物理は、研究を発表してから、実験で確認されるまで何十年もかかるから、結構時間かかるよ。
去年の化学賞の根岸さんだって、40年くらいかかってるかなと。


76: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 14:26:48.89 ID:/oxiu0/a

生理学・医学賞って日本人にも有力視されてた人居たよね
取れなかったかー


80: 名無しのひみつ 2013/10/08(火) 15:30:03.71 ID:FnngGaY0

>>76
上にも書かれてるけどかなり今回は古い教科書級業績なんで
それより後の教科書級業績となるとまた5年後か……的な


3: 名無しのひみつ 2013/10/07(月) 19:16:16.99 ID:T3PmL0NT

おめでとうございます!


引用元: 【ノーベル賞】2013年のノーベル生理学・医学賞は細胞内の物質輸送システムを解明したジェームズ・ロスマン氏ら3人に