1: 白夜φ ★ 2013/11/10(日) 21:26:40.78 ID:???

日本在来ブドウ甲州、起源はコーカサスと中国

ワイン用として使われる日本の在来ブドウ品種「甲州」は、ロシア南部・コーカサス地方の品種「ビニフ◯ラ」と中国の野生種が交雑・交配して誕生したことが、独立行政法人・酒類総合研究所(東広島市)のDNA解析でわかった。

9日に山梨大(甲府市)で開かれる「日本ブドウ・ワイン学会」で発表される。

同研究所によると、奈良時代の僧・行基が薬師如来から授けられたなどの言い伝えを持つ甲州の起源を巡っては諸説あり、これまではビニフ◯ラがシルクロードを経て日本に伝わったという説が有力だった。

その一方で、「ビニフ◯ラではない」とする説もあり、同研究所が米・コーネル大などの研究チームと共同で昨年からDNA解析をしていた。

その結果、甲州は、71・5%がビニフ◯ラの遺伝子を、残り28・5%は中国の野生種の遺伝子を受け継いでおり、ビニフ◯ラと野生種が交雑した後、さらにもう1度、ビニフ◯ラと交配した品種である可能性が高いことがわかった。

同研究所研究企画知財部門長の後藤奈美さん(56)(ワイン醸造学)は「甲州の起源を解明することで、甲州の特長を生かした新種開発につながれば」と話している。
(2013年11月8日14時20分 読売新聞)

ダウンロード

▽記事引用元 YOMIURI ONLINE 2013年11月8日14時20分配信記事
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131108-OYT1T00388.htm

▽関連リンク
独立行政法人・酒類総合研究所 研究トピックス
‘甲州’ブドウのルーツを解析 -DNA解析から、中国を経由して伝えられたことを証明-
http://www.nrib.go.jp/data/nrtpdf/2013_1.pdf



スポンサーリンク
2: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:28:06.15 ID:B3avNwr1

行基って凄い坊さんなんだよな


3: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:30:18.12 ID:YxGzJzMt

< `Д´ >ウリ達はどこ行ったニカ?


5: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:36:48.41 ID:JYHc4v5v

黒い山葡萄の直系ニダ


8: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:41:04.93 ID:6q+TmOMD

すげーな、率直にそう思うわ
当時はシルクロードを旅するのに携帯の保存食(干しぶどう)として伝わったのかな、と考えてみたりして


10: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:52:37.66 ID:Tkg4snJL

随分古い品種なんだな
昭和になってから作られたとばかり


12: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:58:25.29 ID:rZs8OygW

なぜ、中国経由になっているんだ。
50ー50なら中国経由も成り立つが、さらにビニフェラが掛け合わせているんだぜ。

つまり、コーカサス地方で作られた可能性が高いということだろ。
(中国の野生種の一つがコーカサス地方へわたり、そこで交雑した可能性が高い)

そのあと、渡り鳥により運ばれた可能性や、海側で運ばれた可能性もあるわけ(シルクロードでは無く)。

コーカサス


15: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 22:01:01.39 ID:e7xXYsUF

>>12
コーカサスから中国経由しないで日本に来た例がまずないからな。


16: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 22:07:40.10 ID:rZs8OygW

>>15

海のシルクロードもあれば、渡り鳥という話もある。


18: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 22:32:40.63 ID:e7xXYsUF

>>16
コーカサスから日本に同じような緯度を東西に渡る鳥がいないし、
海のシルクロードはコーカサスから中国に来る別ルートなだけで
中国よらずに日本に到着した例がないじゃん。


22: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 22:38:55.52 ID:rZs8OygW

>>18

南蛮ルートや、黒潮ルートがあるだろ。
東南アジアから島伝いに日本にやっているルートが。
(シナを経由しないルートが)


26: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 23:35:18.58 ID:e7xXYsUF

>>22
葡萄の話だってことが完全に抜けて中国回避だけ考えてるでしょ、それじゃ稲作が満州経由で日本に来たとか言ってる人と
同じですよ。そのルートだとなんだかわからない種だけ延々東南アジア、沖縄、あたりを経由して本州に運ばれなきゃなんだよ
葡萄の栽培されるような地域を経由してないわけだから。

普通に考えて中央アジアのシルクロード沿線で栽培されてたものが中国近郊で野生種と交雑したものが
西安あたりでも栽培されててそれを食べた留学僧が日本に種持ち帰って栽培始めたとかそんな話のほうが普通かと。

寺で始まった話に尾ひれがついたのが行基が薬師如来から授かったになったというのも考えやすい。


13: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:58:55.61 ID:yvtFbZ+k

日本にもブドウが自生していたはずだが、
そいつらは役立たずだったのか?


30: 名無しのひみつ 2013/11/11(月) 01:17:40.86 ID:pGoP6Q89

>>13日本のヤマブドウそのものが、奈良時代に移入されてから野生化したと言われているのだ

国産のブドウ科植物だと、他に
エビヅル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A8%E3%93%E3%85%E3%AB
サンカクヅル
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-sankakuduru.htm
この2種類が食用になり、これらは在来種である

だが、名前がヤマブドウと紛らわしい、
ノブドウ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8E%E3%96%E3%89%E3%A6
これは不味い
色は美しいが全然ダメだ
また、この果実は某書籍によると、タマバチが寄生しているらしい

エビヅルやサンカクヅルを品種改良して食用にする試みもあるというが
エビヅルは青臭くてあまり評価されない、など上手く行っていない


14: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 21:59:12.56 ID:e7xXYsUF

中国の野生種と交配としてるけど中国では同系の栽培種はないのか?


17: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 22:12:44.70 ID:kvRhWc9C

夢のある話
現在でもシルクロードではぶどうの栽培が盛んだよね


19: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 22:34:12.95 ID:Jy+Kw0m4

さあ、シルクロード今どうなってるんだろうな


27: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 23:51:48.73 ID:/bsQVgN4

あれ、国内のは甲州含めてラブルスカ種ではなかったっけ?
ビニフェラ種何だ。良かったね。ワイン用としては。


28: 名無しのひみつ 2013/11/11(月) 00:22:34.30 ID:5MfnXGbh

甲州おいしくて好き


37: 名無しのひみつ 2013/11/11(月) 06:51:14.31 ID:GDx6102Q

古代から食べられてきた野菜や果物の品種がどう変化してきたかは、
興味が尽きないな。
たまたま、今読んでいる原田信男の「日本人はなにを食べていたか」は力作だけど、
その観点での分析が抜けているしな。


39: 名無しのひみつ 2013/11/11(月) 08:23:52.99 ID:6YXWAP7s

甲州ワインが美味しいのはウィグルのおかげじゃん


40: 名無しのひみつ 2013/11/11(月) 23:00:45.54 ID:J0TDYfLT

赤玉ポートワインは?


20: 名無しのひみつ 2013/11/10(日) 22:34:37.76 ID:N5iVfO1N

いろんなところを通ってきたんだねえ


引用元: 【遺伝子】日本の在来ブドウ品種「甲州」 起源はロシア南部・コーカサスと中国 DNA解析から解明/酒類総合研究所