1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/14(土) 21:45:11.74 ID:???0 BE:1028763465-PLT(12557)

長崎県壱岐市教育委員会は14日、弥生時代の環濠集落跡「カラカミ遺跡」(壱岐市)で、鉄生産用の地上炉跡が見つかったと発表した。弥生時代の地上炉跡は国内で初めての発見。
専門家は、弥生時代には明確に確認されていない精錬炉の可能性があると指摘、市教委は今後も調査を進める。

市教委によると、炉跡は弥生時代後期(紀元1~3世紀ごろ)のもので、少なくとも6基が見つかった。床面に直径約80センチの範囲で焼けた土が広がっており、床面に直接炉を作る「地上式」と確認した。

eb7f1cf5.jpg

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1402M_U3A211C1CR8000/



スポンサーリンク
2: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:47:22.45 ID:+xef44vBO

やはり発掘は行政がやるべき!


5: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:48:09.42 ID:2R73Zuso0

縄文土器 弥生土器 どっちが好き?


12: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:51:07.16 ID:h623Vugz0

>>5
どっきも好き


68: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:28:09.92 ID:2R73Zuso0

>>12
どっちも土器


890: 名無しさん@13周年 2013/12/16(月) 01:56:34.64 ID:6llJqtdn0

>>5
弥生。ちなみに、近畿で出土するような無骨な土器は弥生式なんかじゃないんだからね。プンスカ


6: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:48:11.79 ID:GFZIhnsEO

縄文は地面に掘るやり方だったな


8: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:49:34.75 ID:JoYgDzP00

壱岐か・・・半島がアップを始めました。


9: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:49:47.91 ID:xwiOfoOC0

ヤックルの化石はまだですか?
シシ神様の化石は?


10: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:50:31.11 ID:beTuK1ZI0

宗像教授がまたアップを始めました


11: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:50:41.14 ID:O3UQ/wpni

そこは韓国の領土


13: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:51:17.91 ID:sUvB9Mi+0

北から順に壱岐から九岐まであって
そのうち八岐にいた大蛇が八岐大蛇。
まめちしき


39: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:07:59.73 ID:89ibiQPQi

>>13
やはり草薙の剣も鉄製なのか?


58: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:20:28.07 ID:TPE3g7Ku0

やっべガチ雷火じゃん!
きてはぁ!

>>39
あれ白銅製らしい


457: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 09:49:13.53 ID:2znv4AG/0

>>58
祭器だからね。
すぐに錆びて輝きを喪ってしまう鉄は、いかに強靭でも霊的な力や格は銅に劣るって考えられたんだろうね。


14: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:51:20.08 ID:hPRGHR6U0

漫画で隕石から鉄器の素材をーみたいなの読んだことあるあるー


453: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 09:46:13.98 ID:2znv4AG/0

>>14
最初の鉄利用はそれだった可能性は大いにあるんだよね。
地球上にある鉄は基本的に全て酸化していて使い物にならないから、地球に落ちて来るまで
酸素にさらされておらず、還元しなくても、溶かして鋳型に流し込めばそのまま使える鉄質の
隕石が利用されたと考えられている。


16: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:53:41.51 ID:PN1V3r5dO

よし、あとはヒヒイロカネを発見するだけだな。


17: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:53:59.17 ID:XgeUdM4g0

もしも弥生時代が無かったら、人類は今も自然とともに自由に生きていたのだった。


18: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:54:07.77 ID:eaeddXKy0

邪馬台国うんぬんの話になりそう(*^▽^*)


20: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:54:52.51 ID:tAlozn590

邪馬台国は対馬もしくは五島列島


21: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:55:00.99 ID:oC4j21kU0

宮内庁は、古墳を開放しろ。


23: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 21:56:47.74 ID:YBU/QOVW0

>>1
>市教委によると、炉跡は弥生時代後期(紀元1~3世紀ごろ)のもので

基地外、洗脳、嘘、虚偽、でっち上げ、捏造
弥生時代は、九州だけ存在し、本州では紀元前に鉄精製は存在していただけ
誰が伝えたんだかw
テルミット反応まで伝えた人がいるようで、マジでw


28: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:03:06.20 ID:oBxFedae0

>>23
日本語でよろ


38: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:06:55.21 ID:YBU/QOVW0

>>28
純度の高い銅の支柱精製には、テルミット反応が必要
しかし、当時そのような技術を持つ人は存在しない
誰が教えたんだろうねw

ちなみに、ニニギの尊は、紀元前2世紀から1世紀にかけ存在していた人物
ニニギの時代は縄文時代と記されている

紀元前660年は創作


72: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:31:46.14 ID:qBASNpF70

>>38
全ての技術の大本は神しか知らないよ。
その神が人に教えたの。
昔の人々は今みたいに不純な考えが無かったから神と通じやすかった。


151: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 23:28:37.76 ID:0Rwo4t990

>>38
技術も何も
そんな昔にはアルミそのものが無いだろ


461: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 09:58:25.97 ID:dogEHvc10

>>38
青銅って「純度の高い銅」だっけ?

>ちなみに、ニニギの尊は、紀元前2世紀から1世紀にかけ存在していた人物
>ニニギの時代は縄文時代と記されている

>紀元前660年は創作

記紀は古い時代の伝承、記録を並べた結果ああなったというもので、そこに誤謬があるのならそれは
干支などの間違いや伝承が混合してしまったとかがまず考えられる。
これを「創作」「捏造」と言う者は実際に読んだことがないのは間違いない。


468: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 10:10:37.89 ID:Wd5//4JQO

>>461
青銅は銅とすずかなんかの合金だったと思う


475: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 10:20:07.29 ID:nqceax/n0

>>461
GEついでに、現存している竹内文書(オーパーツ)は、前世の時に組み込んだ異物
否定するなら人工ダイヤ製造を否定しなさい


478: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 10:25:10.50 ID:dogEHvc10

>>475
埼玉古墳群を行田古墳群と言う人を初めて見たわ。
稲荷山古墳と鉄剣の銘はどういう解釈しているの?


479: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 10:27:21.57 ID:Mbs9VnEh0

>>475
>馬具が多く出品された
>埴輪の中には、馬を形取る物が多く存在

金印がでたから、漢民族に征服された
っていうくらいアホらしいw


481: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 10:30:55.31 ID:BFVXIfJZ0

>>479
天文年間以降日本は鉄砲を持ってきた新民族に瞬く間に支配されてしまった
信長・秀吉・家康はすべてその外来民族
これ豆な


493: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 10:48:38.70 ID:nqceax/n0

>>479
旧約聖書に何て記述してあります
当然、読んだでしょw


25: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:01:53.58 ID:w2WEWvMe0

たたら?


544: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 11:42:49.03 ID:4WlehnWz0

>>25
ヒミコの同時代に書かれていたとおり、原材持ってきて製鉄したんだろ。
たたらが日本語であるのと同じで不思議でもなんでもない。


26: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:02:13.32 ID:3zIg1qa80

朝鮮半島は、鉄が出るから。
日本人、中国人らが競って取り合ってたんだろ。


27: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:02:53.36 ID:GN2hw/xL0

日本が鉄を作って朝鮮半島、中国に伝えたんだよ


30: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:03:49.91 ID:PecT9BaxO

マタ一つ(・o・)半島より進んでいた証拠発見


35: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:06:09.83 ID:ZOsDtqtc0

半島出土の炉と形式が一緒だから、半島南部が古くから倭の勢力圏だった証拠だな。


41: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:10:07.99 ID:vW/uh8Fp0

紀元前660年は創作

国東半島藤重遺跡からでてきた鉄剣はBC700
C14の鑑定済み
なのに、無視されてる


54: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:18:29.27 ID:YBU/QOVW0

>>41
紀元前660年 - 『日本書紀』によれば神武天皇が即位する。
神武天皇の親が、ニニギの尊と記されているようだw


43: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:13:26.31 ID:1spVYuyx0

半島南部からは鉄が採れたのか?


51: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:17:54.87 ID:ZOsDtqtc0

>>43
だから任那を置いて管理していたが、大伴金村が賄賂をもらって百済に割譲した。


776: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 18:29:51.03 ID:s/vT0q0e0

>>51

しかし、あの時代に任那を渡して正解だったよな。
あの土地にずっと日本が固執してたらと思うと冷や汗が出てくるよ。
チョンがずっと絡んでくる&中国情勢にビビりながら。これ以後、千数百年間そうなった可能性があるんだから。

たぶん、当時の日本人も任那なんか面倒だったんだろう。
だからこそ任那割譲もすんなり進んだんだと思う。


44: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:14:21.51 ID:YBU/QOVW0

考古学者は、名誉欲しさに事実を隠蔽し捏造しているから
何が本当で、どれが虚偽なのかが判らない


52: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:18:12.05 ID:xu0VsORb0

普通に中国経由で伝わったんでしょ
日本でも5、6世紀には製鉄もだいぶ普及してる


53: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:18:12.08 ID:rXe7ETSx0

ほんとかね?
砂鉄はともかく、炭はどこからもってきたんだ
直ぐ禿げ島になりそうだが


55: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:18:31.18 ID:lJawvj7sO

普及してないだけで技術自体が入ってきた可能性は十分あるよね
こういう話はワクワクする


56: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:19:24.70 ID:d3gbveCx0

青銅→鉄→鋼鉄と変わる度に国ごと全員皆殺しにされて、日本の民族は三回ぐらい変わってるって本当なのか?


59: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:20:39.02 ID:YBU/QOVW0

>>56
旧約聖書に準じる


60: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:20:45.46 ID:ZOsDtqtc0

>>56
青銅と鉄の伝播が同時期だから、そんなことを言ってる人間がいたら近寄らないことだ。


837: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 23:06:49.02 ID:tTxBFRQ10

>>56
中国w


57: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:19:32.45 ID:0TUtm0Rh0

日本は銅の鉱石は取れても鉄は砂鉄やわずかな鉱石しかなかったから
鉄は長らく貴重品だった
武士の日本刀など当時の貨幣価値だとどれだけ高かったことやら


63: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:21:57.32 ID:w8iSDnsg0

スサノオのヤマタノオロチ討伐の話は
銅剣→鉄剣へ技術進歩の話
どじょうすくい=土壌掬い→砂鉄集め
製鉄技術は縄文後期に流入している


69: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:28:13.38 ID:YBU/QOVW0

>>63
それは、西暦700年前後の話


315: 名無しさん@13周年 2013/12/15(日) 03:36:05.52 ID:PaH/6Pq30

>>63
古代日本では、心根が捻じ曲がった人間を蛇に例えたそうだ
だから、八又の大蛇は心根がものすごく捻じ曲がった人間の代名詞で、その実はアメノオシヒという反逆者だ
ハナキネはワカヒトに宮廷から追放された後、各地を放浪する
そしてある日、オシヒ反乱の噂を聞き、それを討伐に向かう
見事手柄を立てたハナキネは皇籍復帰を許され、八重垣の臣を代々務める家系の始祖となる
彼の息子の一人に、後に反逆者となるナムチがいるのは皮肉な話

これが須佐の男と呼ばれた人物の実話だよ


77: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:35:04.69 ID:tdankvUt0

稲作教えられた縄文人が弥生人になったの?
それとも縄文人って追放されたか移住したの?


79: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:35:58.84 ID:4+9abKsA0

鉄器がまったく出でこない近畿は、邪馬台国たり得ない。
近畿地方は今の北朝鮮みたいに、乞食しか住んでませんでしたとさ。


84: 名無しさん@13周年 2013/12/14(土) 22:39:36.76 ID:GGcb59r1P

おいおい、ゴッドハンドの仕業じゃねえだろうな。持ち上げたアホはまた恥かくぞ


引用元: 【社会】弥生時代に鉄精錬の可能性…壱岐に地上炉跡