1: 伊勢うどんφ ★ 2013/12/17(火) 23:51:23.21 ID:???

 熊本大大学院生命科学研究部の阪口薫雄(のぶお)教授と前田和彦助教らの研究グループは16日、同グループが2000年に発見したたんぱく質「GANP(ギャンプ)分子」が、エイズウイルスの感染能力を失わせる酵素「A(ア)PO(ポ)BEC(ベック)3G」をエイズウイルスの中に運び込むことを確認したと発表した。
同日発行されたアメリカの免疫学会誌に掲載された。

 アポベック3Gはこれまで、エイズウイルスの遺伝情報に作用し、感染能力を失わせることが知られていた。

 阪口教授らは、エイズウイルスに感染した白血球の一種「Tリンパ細胞」で、ギャンプ分子がどのように働いているかを研究。
ギャンプ分子と結合したアポベック3Gがエイズウイルス内に入り、ウイルスの遺伝子を変異させて感染能力を抑制したことを確認した。

 このことは、エイズに感染しても、感染能力を失ったウイルスを生体内で作ることができることを示しており、新たな治療法の開発につながる可能性があるという。

 前田助教は「今後、ギャンプ分子がアポベック3Gをどのように運ぶかを解明したい」と話している。

images

(2013年12月17日 読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=89868

熊本大プレスリリース
http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2013_file/release131216-2.pdf

JI
GANP Interacts with APOBEC3G and Facilitates Its Encapsidation into the Virions To Reduce HIV-1 Infectivity
http://m.jimmunol.org/content/early/2013/11/06/jimmunol.1302057.abstract



スポンサーリンク
3: 名無しのひみつ 2013/12/17(火) 23:59:58.80 ID:dwF8LQwX

教授の名前の読みから難解な話題ですね。


4: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 00:01:40.71 ID:1Ue3uQF0

そもそも
長い人類の歴史で、急に、1980年代に蔓延するようなものは
人工的につくられたウイルス兵器以外にありえないんだよ。


13: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 19:41:06.56 ID:3eMFpiI9

>>4
まったくだ


7: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 01:52:04.20 ID:FHel6bft

なんか凄そうなんだけど?


8: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 02:12:24.95 ID:AOlMQ5sB

GANP分子…?
タンパク質を分子と呼称するのに違和感があるのは俺だけ?
高分子であるのは間違いないんだけど、
タンパク質の名前であるGANPの後に分子という文字をわざわざ追加する必要があるのか?


9: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 02:17:46.22 ID:AOlMQ5sB

自分で書いておいて何だが、
アポベック3Gの方も分子、って書いてあるな。
HIVの感染能力を失わせる因子の中の一つ、という意味合いで分子と呼称してるのかね?
う~ん…


11: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 04:40:46.12 ID:HSpdu5On

どうせ特定細胞を取り出して実験しただけだろ?
実際に人間に使ったら問題引き起こすとかじゃないの?


12: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 18:15:04.57 ID:FfBZwYcW

フォレストGANP
スーパーゼビウス GANPの謎


6: 名無しのひみつ 2013/12/18(水) 01:33:16.09 ID:2RY/aDh4

40年近く前に見つかったウィルスの治療薬がまだ出来ないなんて。
まだまだ延命薬で稼ぎたいからか?


引用元: 【免疫】GANPがAPOBEC3GをHIVウイルスの中に運び込むことを確認、エイズの新たな治療法の可能性/熊本大