1: 白夜φ ★ 2013/12/28(土) 23:30:27.57 ID:???

脳を正確に形作る仕組み
―スケジュールされた細胞死による司令塔細胞の除去―

平成25年12月24日
東京大学大学院薬学系研究科

1. 発表者: 
野々村恵子(元・東京大学大学院薬学系研究科 薬科学専攻 特任研究員/現・スクリプス研究所(米国)研究員)
山口良文 (東京大学大学院薬学系研究科 薬科学専攻 助教)
三浦正幸 (東京大学大学院薬学系研究科 薬科学専攻 教授)

2.発表のポイント: 
◆ 周辺の細胞へ指令を出す司令塔の細胞集団を除去する仕組みとして、細胞死が活用されていることを、実験的に初めて示した。
◆ 細胞死により、司令塔の細胞集団を適切なタイミングで除去することが、胎児期の脳の形成に重要であることを明らかにした。
◆本研究により、先天性の脳・脊髄の発生異常の原因に細胞死の不全が関与している可能性が示唆され、
 今後、細胞死の制御機構を解明することで、こうした先天異常の病態解明に役立つと期待できる。

3.発表概要: 

私たちの脳が作られる胎児期の過程では、多くの細胞が死ぬことが知られています。
この細胞死が適切に起こらないと、例えば、脳が頭蓋骨外部に突出する外脳症などの発生異常の原因となります。
しかし、なんのために細胞が死ぬ必要があるのか、多くの点が不明なままです。

東京大学大学院薬学系研究科の野々村恵子元特任研究員、山口良文助教、三浦正幸教授らは、マウス胎児の脳の詳細な解析から、細胞死の一種であるアポトーシス(用語解説1)による速やかな細胞の除去がうまくいかないと、神経管閉鎖(用語解説2)不全を原因とする脳の形態異常が生じることを明らかにしました。これは、神経管障害などの先天性疾患の病態解明に役立つ可能性がある知見です。

さらに、シグナリングセンターと呼ばれる形成中の脳において司令塔としての役割を果たす特定の細胞集団が、アポトーシスにより適切なタイミングで速やかに除去されることを見出しました。
この司令塔細胞は、指令となるタンパク質を放出し、周りのたくさんの細胞の増殖や分化に影響を与えます。
こうした体作りのための指令は時々刻々と変化していきますが、今回の研究で、アポトーシスは不要となった司令塔細胞数の調節とその除去を行なう仕組みとして、正常な脳の形成に有用であることが明らかになりました。

アポトーシスは脳だけでなくさまざまな器官の司令塔細胞集団でも見られるため、体作りの指令を出す細胞集団の数を速やかに調節する仕組みとしてアポトーシスが同様に作用しているのか、ヒトを含む動物の体がどう作られ維持されているのか理解する上で、今後解明すべき重要な研究課題です。
この機構を明らかにすることは、先天性の脳・脊髄の発生異常の病態解明にもつながると期待されます。

5

------------- 引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください -------------

▽記事引用元 東京大学 記者発表一覧 
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_251224_j.html

▽関連リンク
Developmental Cell, Volume 27, Issue 6, 621-634, 23 December 2013
Local Apoptosis Modulates Early Mammalian Brain Development through the Elimination of Morphogen-Producing Cells
http://www.cell.com/developmental-cell/abstract/S1534-5807(13)00696-5



スポンサーリンク
2: 名無しのひみつ 2013/12/28(土) 23:46:10.97 ID:OiCLFTok

さっぱりわからん


3: 名無しのひみつ 2013/12/28(土) 23:52:39.57 ID:zLiy/qZg

>>2
つまり、うちらはアポトーシスが行き過ぎて、
司令塔細胞が足りなくなっちゃったんだな


4: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 00:17:49.35 ID:Naby5QzV

この理論でSSDの寿命を延ばせるかもねw


5: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 02:02:32.20 ID:MzBASU14

人間は自分の構造を模倣してモノや社会を形成する。
てことは、「適切」なタイミングで「指導者」「支配者」層が除去されることは人間社会の成熟にとって必要不可欠なのだろう。
官僚さんよ。


13: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 12:10:14.72 ID:iIMwnFBK

>>5
除去のレベルにもよるな。
王朝転覆クラスでも指導層は前体制の上位出身
であることが普通。

支那王朝でも創業者がまるっきり平民なんて数ある短命王朝ふくめて
数えるほどもも居ない。
共産革命でもレーニン、トロツキー、カストロ、毛沢東なんて上流階級。

かってな革命ロマンに思いを馳せるのもいいが、国家指導層となると
やっぱそれなりの身分出身じゃないと、勤まらないって事。


14: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 12:30:38.45 ID:iIMwnFBK

補足、官僚レベルなら革命おきても使いまわされることが普通。


18: 名無しのひみつ 2013/12/30(月) 12:04:26.31 ID:HwrRRXQJ

>>13>>14 そうだな。官僚も所詮は被使役層だからなw
ただ、俺が言いたいのは階層間闘争イデオロギーではなく、
       たとえば、会社組織、その中の末端部署など、
       それぞれのレベルの相似形態の人間社会組織中に
       中枢神経に似た構造があって、新陳代謝しなければ組織全体の発達は見込めないという当然至極のこと。


6: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 02:21:58.06 ID:yOLEGuYj

いや、より適切な表現としては
ある段階までは成長が必要とされる(天下り)官僚組織も
適切なタイミングにおいてその成長を停止させることが
人間社会において必要不可欠って感じじゃないかな

まぁパーキンソンの法則をどうするかという問題だけどw


7: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 02:26:12.65 ID:yOLEGuYj

人間の場合はマクロにおける資源配分と
ミクロレベルにおける収入の安定性をバランスさせないといけないんでむずい
さらに欲を利用しないと仕事を全然しないしw


9: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 11:20:56.15 ID:yOLEGuYj

占領が終了したら部隊をそれ以上増やさないような状況とかかな


10: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 11:23:26.33 ID:bvPRhHLD

やっぱり新陳代謝が出来る機械は無敵だな
シリコンでは一時的に必要な回路が後に邪魔になったとしても取り除きようがない


11: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 11:41:20.40 ID:Su7aqRNB

ここをどうにかすれば天才を量産できると思った国が
胎児を大量増産して人体実験を始める可能性を考えてしまうな
まぁやった指導者は今後1000000000000000000000050000000000回は生まれ変わりが被捕食性のダニだろうが


17: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 19:28:06.24 ID:rEhuFqpm

戦争と平和か


12: 名無しのひみつ 2013/12/29(日) 12:02:37.49 ID:aH0E5PSp

なるほど。  さっぱり解らん。


引用元: 【脳科学】脳を正確に形作る仕組み スケジュールされた細胞死による司令塔細胞の除去/東京大