1: 2015/06/19(金) 12:21:18.29 ID:???.net
蓄電・発電機器:存在が不明だった二次電池の“中間状態”、高速充電に効果があることが明らかに - スマートジャパン
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1506/17/news038.html
東京大学工学部 電池の充電を速くする"中間状態"を解明:化学システム工学専攻 山田淳夫教授
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/epage/release/2015/20150616003.html
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/pdf/2015/20150616_yamada.pdf

画像
http://image.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1506/17/rk_150616_tokyo01.jpg
図1 今回の研究で明らかになった中間状態の構造 出典:東京大学

http://www.t.u-tokyo.ac.jp/epage/release/20150616_yamada.jpg


東京大学の研究グループは、電池の充電速度の高速化に関係するといわれていた、電気をためる物質の“中間状態”を人工的に作り出すことに成功。充電速度を早くするためには、充電時に中間状態を発現させることが重要な方向性であることを明らかにした。


 電気を蓄え必要に応じて取り出すことのできる二次電池は、スマートフォンや電気自動車など身の周りの生活用品から、再生可能エネルギーの出力変動への応用など、あらゆる場面に用途が広がっている。現在の主流はリチウムイオン電池だ。しかしどんな用途であれ、電池の充電が現在より速やかに行えるようになれば利便性の向上が見込める。東京大学の研究グループは2015年6月16日、高速充電が可能な二次電池の開発につながる研究成果を発表した。

 これまでの研究では、電気を蓄える物質には充電状態でも放電状態でもない“中間状態”が存在し、これが充電反応中に現れることで充電を素早く行うことができるという学説が複数発表されてきた。しかしその内容は中間状態が本当に存在するのか、存在したとしてもどのような場合に現れるのかという議論にとどまっており、中間状態の具体的な性質については明らかにされていなかった。

 今回、東京大学工学系研究科の山田淳夫教授と西村真一特任研究員らの研究グループは、電気を蓄える物質の元素の構成比や熱処理の条件を最適化することで、室温で長時間安定的に存在する中間状態が人工的に得られることを発見した。

続きはソースで

ダウンロード



引用元: 【電気化学】存在が不明だった二次電池の“中間状態”、高速充電に効果があることが明らかに 東大

スポンサーリンク
2: 2015/06/19(金) 12:25:50.41 ID:mNqi0me+.net
フムフムなるほど!
っと言いたいところだが、
全然訳わかんねーw
まあ充電時間が短くなることはいいことだw

3: 2015/06/19(金) 12:26:27.11 ID:3eAmz6DV.net
電気自動車の勝利

4: 2015/06/19(金) 12:26:35.74 ID:yt0oDN+k.net
何か知らないが、革命的な充電池が登場するのか。

7: 2015/06/19(金) 12:37:29.05 ID:O533QswA.net
充電器のソフト側のアップデートでどーにかなるの?
サイクルとは違うんかいな?
教えてエ◯い人。

16: 2015/06/19(金) 14:18:30.87 ID:XUB+Qvsl.net
>>7
まず電池を改良(というか一から作り直さないと)

8: 2015/06/19(金) 12:39:47.13 ID:Iz1Tv5au.net
常温超伝導ならぬ、常温高伝導ってとこか

10: 2015/06/19(金) 12:44:47.59 ID:S/1HGRui.net
いまだにガソリン車乗ってるのは

バカなの?

11: 2015/06/19(金) 12:52:19.09 ID:gk3uQR2t.net
人間を電池にすればいい

14: 2015/06/19(金) 13:53:51.19 ID:n3/+QhNc.net
潜水艦に・・・
SSN不要

15: 2015/06/19(金) 14:16:10.68 ID:R2MKSJxb.net
弱くなったら冷蔵庫へ

17: 2015/06/19(金) 14:39:56.36 ID:AE5GmZmk.net
>>1
凄い発見。これで日本のあらゆる充電時間も縮められるん事に期待

21: 2015/06/19(金) 15:48:44.73 ID:6cXKmal3.net
触媒となるような物質、あるいは物理・化学条件を見つけて
常識を覆すような充電速度が得られたならノーベル賞も夢じゃないな

22: 2015/06/19(金) 16:47:42.37 ID:XwPh8tbC.net
充電速度より 充電容量の方がはるかに重要 

24: 2015/06/19(金) 17:01:00.39 ID:XUB+Qvsl.net
>>22
用途による。

例えば、軍用で、小型ドローンをファンネルみたいに飛ばして運用しようとしたら、
現在はバッテリーが切れたら、長時間充電するかバッテリー交換しないとだめだけど、
電源さえあれば短時間で充電終了。

25: 2015/06/19(金) 17:03:04.02 ID:7IoyhcVd.net
国立大学は全大学ともお国の為に奮起しろ。
国から税金軽減や補助貰ってる企業(殆んどの上場企業)はその商業生産に尽力すべし。
シナ・チョーセン留学生・助教を要請して国際化評価点取りに奔走するな。

26: 2015/06/19(金) 17:36:35.85 ID:/A/49KiX.net
>>25
それは真理に近いところを突いているな。
結局,どの国立大学の学長,執行部,教授陣も「理想の卒業生」こういう人物に育てたいという目標を描けないんだ。
「お国の為に役立つ人材」というのも一つの理想像。サヨクがかった教員ばかりなのでこの方向性にはいかない。
だが,対案として「理想の人材」像を提案できないんだよ。

だから,国際化評価点とか外国の大学ランキングとか上っ面の点数だけ気にしてトップ10を目指すとか言い出すんだ。

自ら理想像を描き,自らストイックな検証方法を作り,粛々と連綿と地道に続けていくことをしようとしない。

これでは何年たっても世界的な評価は受けられないだろうな

31: 2015/06/19(金) 20:01:33.81 ID:bx25vf34.net
これって存在を確かめただけでしょ
応用して急速充放電が可能になるとかいう話ではないと思う

35: 2015/06/20(土) 03:38:52.41 ID:nvuJV2pu.net
アモルファス結合を有機化することで振動数を抑えることが出来る
それが高速充電に間接的に寄与する
これはすごい発明だぞ

40: 2015/06/20(土) 15:33:53.69 ID:WMiJL3/R.net
充電時間を問題にするなら、キャパシタの性能上げた方が早いと思う

42: 2015/06/27(土) 16:08:07.49 ID:zWmWty6x.net
これで電解質の層の状態がきちんとモデリングできるようになるなら
1セルにもっと積層できるようになるんでない?

29: 2015/06/19(金) 18:44:31.60 ID:PwtlQVFz.net
地道にやってんのね。たいしたもんやわ。ノーベル賞日本はアジアで断トツじゃん。
現在20個か、30個も夢じゃないね。